New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

911ターボの伸びるアクティブ・エアロダイナミクス

f:id:carislife:20140601154541j:plain

ポルシェ911ターボの技術解説第2弾!

 

新採用されたエアロは、こんなに変化 

  

ダウンフォース140kg!日常にもうれしい可変エアロ 

※時間がない人は、変化が見られる1:24~

【関連記事はこちら】

第1弾動画 スペック・シャシー:ポルシェ 911ターボ 耐久テスト(笑)&シャシー解説動画

真ん中!新型ポルシェ911カレラGTS/カブリオレ

ラジコンカー vs ポルシェ 911ターボ 加速バトル!の結果に(笑)

 

新型911ターボにポルシェで初めて採用されたアクティブ・エアロダイナミクス・システム

 

このシステムは、フロントスポイラーとリアウイングが3段階に変化

 

1stステージでは、フロントスポイラー、リアウイングともに最大まで小さくなっていて、フロントは車高が低めの911ターボで擦りそうになる段差にも配慮

 

2ndステージは速度が120km/h以上になると、自動でそれぞれが途中まで伸びた状態に

 

そして、手動で切りかえる3rdステージは、フロント、リアともに最大まで伸びて、140kgにもなるダウンフォースをうけることができる

 

ちなみに、最大まで伸ばした状態になると、フロントスポイラーにグレード名の「turbo」や「turbo S」の文字が見えるというおまけつき!

(ここはいらなかったような気も…笑)

 

 

オーナーだと、このシステムは嬉しいんじゃないかな

 

たたまれている時間が一番長くはなりそうだけど、性能を追求し、突き詰めたエアロを日常で使うのは意外につらい

 

もしフロントスポイラーが割れてしまい、高額の修理費が必要になるかもと考えると、ドライブは楽しめないよね

(もしこのシステムを壊したら、今までより高くつくとは思うけれど…)

 

格納状態では空気抵抗が少なくなり、加速がいいというのも、性能に妥協していないと考えられそう

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。