New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

e-NV200は本気で検討したい商用電気自動車

f:id:carislife:20140609213801j:plain

日産が、初の商用電気自動車「e-NV200」を発表

 

リーフよりも、電気自動車の魅力は上かも

 

「使う」ため、本気でコストと性能を考えた 

▼日産 e-NV200 技術解説

f:id:carislife:20140609213804j:plain

日産 e-NV200 概要・スペック・グレード・価格

概要
  • 「NV200バネット」をベースに、「リーフ」のパワートレーンを組み合わせた電気自動車
  • 月間販売目標:500台
スペック(括弧内は、ガソリンモデル NV200との比較値)
  • 全長×全幅×全高:4560(+160) × 1755(+60) × 1855(±0)mm
  • ホイールベース:2725(±0)mm
  • 最高出力:109ps
  • 最大トルク:25.9kgm
  • 出力はリーフと同じだが、減速比を8.194から9.301の加速性能重視に
  • 加速重視による電力消費を補うため、「新世代 新規回生協調ブレーキ」採用(実走行パターンで14%改善)
  • 駆動:FF
  • 車重:1510kg(+300kg)
  • リチウムイオン電池を床下に配置できるようにモジュールを見直し、NV200と同じ荷室容量(3600L)を確保
  • 最大積載量:600kg
  • 普通充電時間(200V):7~8時間
  • 急速充電時間:約30分で80%
  • 航続距離:190km
  • 最大1500Wの100Vコンセントを、センターコンソール下部、助手席シート下に設置
  • コンセントからの給電は、自動停止するバッテリー残量を任意で設定可能
グレード・価格(最大85万円の購入補助金を受給可能)

バン

  • VX(ルートバン):388万440円

  • VX(2人乗り):388万440円

  • VX(5人乗り):399万1680円

  • GX(ルートバン):397万8720円

  • GX(2人乗り):397万8720円

  • GX(5人乗り):407万8080円

ワゴン

  • G(5人乗り):462万4560円
  • G(7人乗り):478万6560円

【関連記事はこちら】

【日産新型e-NV200最新情報】マイナーチェンジ40kWh電池!7人乗りワゴン/バン電気自動車の航続距離や充電時間、価格は?

 ウルトラマンギンガS UPG車 リーフ&e-NV200動画 

 

ベースとなったガソリンモデルより、補助金をいれても150万円ほど高くなるe-NV200だけど、動力源は電気だから、そのコストを回収するのにかかる走行距離は8万キロほど

 

商用車ならこれくらい、まったく問題がない距離だよね

 

 

そして使い勝手もこれまた不満なし

 

ガソリン車よりも劣る…とあっては、実用性が問われる商用車で売るのは難しいということを、日産も重々承知のようで、ガソリン車に対するハンディはなし!

 

パワートレインこそ乗用車のリーフと同じだけど、ギヤ比をかえ、回生ブレーキも新しく、荷室容量を守るためにバッテリーまで薄く

 

電気自動車に本気、日産の気合を感じる

 

▼e-NV200 パワートレイン

f:id:carislife:20140609213811j:plain

▼e-NV200 バッテリー

f:id:carislife:20140609213813j:plain

 

そしてガソリン車以上だと感じるのが、電気自動車の大容量バッテリーから得ることができる100V電源

 

▼100V コンセント 

f:id:carislife:20140609213815j:plain

 

これは、航続距離を気にしなくていいようにリミッターまでつけ、ユーザーを考えた仕様に

 

以前日産が公開していた、バッテリーから調理器具への電力供給などにクルマを使うなら、ガソリンを使いエンジンで発電しなくても済む分、さらにコスト安に

【関連記事はこちら】

 e-NV200で実現するかもしれない未来が面白い!

 

8万キロなんて走る必要はないかも

 

 

インテリアは、日産が電気自動車の魅力を出したと語っているものの、さすがに商用車

 

必要充分というくらい

 

f:id:carislife:20140609213803j:plain

 

▼ワゴン 室内

f:id:carislife:20140609213806j:plain

▼バン 室内

f:id:carislife:20140609213809j:plain

けれど、バッテリーの張り出しがないこの空間

 

なにげないけれど、技術としてはかなりのもの

 

問題なしのパッケージだよね

 

 

しかし、新時代の商用車として大きな可能性を感じさせてくれるe-NV200も、やはり電気自動車共通の問題、航続距離の短さは気になるところ

 

長距離を走ることが前提ならこのクルマはむかない

 

けれど市街地だけなど、ある程度のエリア内での走行で済むなら、真っ先に検討してみると、大きなコストダウンにつながるかも

 

乗用とは違う、商用としての電気自動車の魅力

 

見せられるだけのポテンシャルを、e-NV200は持っているんじゃないかな

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。