New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

新型スカイラインターボ 200GT-t 試乗動画に軽さ!

f:id:carislife:20140725201115j:plain

ダイムラー製ダウンサイジングターボエンジンを搭載した、「スカイライン200GT-t」の試乗動画

 

意外にキャラクターは濃そう(笑)

  

ダウンサイジングターボだけどエコじゃない!スポーツのスカイライン 

【スペック・価格はこちら】 

スカイライン200GT-t ターボ2LはEクラス譲り

 

動画中常に存在を感じるのが、低く響く排気音 

 

上級セダンとしてはマイナスともとれるけれど、スポーツのスカイラインならプラスにも感じる

 

エンジンの供給元で、以前は静かさを絶対としていたメルセデスも、いつからかエンジンサウンドという言葉を使うようになったし、適度な音は走りの楽しみとしてありなんじゃないかな

 

 

インテリアは遠目で見ると高級感もあるけれど、シートに座ると少しシンプルすぎる気も

 

このあたりは好みもあり、いろいろありすぎるより…と思う人もいそうだけど、もうちょっと豪華さを演出しても良かったのかも

 

f:id:carislife:20140725202457j:plain

f:id:carislife:20140725202459j:plain

f:id:carislife:20140725202501j:plain

 

そしてスカイラインのターボモデルで気になる走りは、直列4気筒で軽くノーズが動いて、走りが楽しそう

 

エンジンでは、メルセデスで採用していて燃費に有利なリーンバーン(希薄燃焼)を、スポーツにとってはパンチがなくなってしまうデメリットと考えて、あえて非搭載としている

リーンバーンについて:リーンバーン - Wikipedia

 

エコはハイブリッドに任せて、ターボは走りの質を伸ばしてきた

 

f:id:carislife:20140725202952j:plain

 

最大トルクを前型より9.4kgmアップ、発生回転数は3550rpmも低くし、トルクフルなスカイラインターボ

 

ハイブリッドがメインになった新型スカイラインの中で、ガソリンエンジンの走りを楽しめる貴重な存在だね

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。