車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

レクサスNXとハリアー比較 違いはサイズと考え方?

f:id:carislife:20140729200537j:plain

【新型はこちら】

一気5モデル改良!レクサス 2016新型 HS / RC / RC F / NX / LS 発売

 

レクサスがコンパクトSUV「NX」を発売

 

考え方がかわった?

  

レクサスNX、トヨタ ハリアーとの差は小さく大きい

▼レクサス NX 走行動画

▼レクサス NX “F SPORT”

f:id:carislife:20140729200523j:plain

f:id:carislife:20140729200525j:plain

f:id:carislife:20140729200527j:plain

f:id:carislife:20140729200529j:plain

レクサス NX スペック・グレード・価格

共通スペック(括弧内はトヨタ ハリアー比較)
  • 全長×全幅×全高:4630(-90)×1845(+10)×1645(-45)mm
  • ホイールベース:2660(±0)mm
  • ステアリング操作連動「LEDコーナーリングランプ」をレクサス初装備
  • 「キーシリンダーヒドンプルタイプドアハンドル(照明付き)」を世界初採用
  • ルーフは、アルミルーフレール、パノラマルーフ、ムーンルーフから選択可能
  • ボディカラーは全10色
  • レーザースクリューウェルディングやスポット溶接の増し打ち、構造用接着剤の使用により高剛性化
  • ハイブリッドモデルに「ばね上制振制御」を採用
    参考:新型ハリアーはダウンサイズとばね上制振制御!
  • “F SPORT”のボディー前後にパフォーマンスダンパーを採用。
    ソレノイド制御により減衰力調整を従来の9段階から30段階に増やしたNAVI・AI-AVSを採用。
    ブラック塗装、切削加工18インチホイール専用オプション設定
  • 車両を撮影したような映像を表示する「パノラミックビューモニター」、
    「左右確認サポート」をレクサス初採用
  • ミリ波レーダー式「プリクラッシュセーフティシステム」
  • ブラインドスポットモニター
  • タッチパッド式「リモートタッチ」、おくだけ充電装備
ハイブリッドモデル(NX300h)スペック(括弧内はハリアーハイブリッド比較。※FFモデルなし)
  • パワートレイン:直列4気筒 2L+フロント・リアモーター(同ハリアー)
  • エンジン最高出力:152ps/5700rpm
  • モーター最高出力:F 143ps、R 68ps
  • エンジン最大トルク:21.0kgm/4400-4800rpm
  • 車重:1760kg~1850kg
  • 4WDシステム:電気式4WD E-Four
    (スリップ率フィードバック制御、ヨーレートフィードバック制御「低μ旋回時制御」を新採用)
  • 燃費:FF 21.0km/L、4WD 19.8km/L(ハリアHV 4WD 21.8km/L)
ターボモデル(NX200t)スペック(括弧内はハリアーNAガソリンモデルスペック※ターボモデルなし)
  • エンジン:直列4気筒 2Lターボ
  • 最高出力:238ps/4800-5600rpm(ハリアー 151ps/6100rpm)
  • 最大トルク:35.7kgm/1650-4000rpm(ハリアー 19.7kgm/3800rpm)
  • 車重:1710kg~1800kg 
  • 燃費:FF 12.8km/L、4WD 12.4km/L(ハリアー FF 16.0km/L、4WD 15.2km/L)
  • 4WDシステム:前後トルク配分を100:0から50:50まで自動制御「ダイナミックトルクコントロールAWD」
  • 世界初水冷式エキゾーストマニホールド一体シリンダーヘッド+ツインスクロールターボチャージャーを採用
  • 4-2集合エキゾーストマニホールドを内蔵するシリンダーヘッドによって排気干渉を排除
  • ターボチャージャーの効率を高めて加速レスポンスを向上、トルクバンドを拡大
  • 排出ガスの冷却効果によって理論空燃費の運転領域を拡大
  • 燃料噴射システム直噴D-4Sを進化、シリンダーヘッドの吸気ポートに高タンブル(強い縦渦)を生み出す形状を採用
  • ファンスプレー式インジェクターとセットで使うことで高効率な高速燃焼を実現
グレード・価格(ハリアーは279万7714円~459万7714円)

ハイブリッド

  • NX300h “version L”(FF):556万円
  • NX300h “version L”(4WD):582万円
  • NX300h “F SPORT”(FF):556万円
  • NX300h “F SPORT”(4WD):582万円
  • NX300h “l package”(FF):506万円
  • NX300h “l package”(4WD):532万円
  • NX300h(FF):492万円
  • NX300h(4WD):518万円

ターボ

  • NX200t “version L”(FF):492万円
  • NX200t “version L”(4WD):518万円
  • NX200t “F SPORT”(FF):492万円
  • NX200t “F SPORT”(4WD):518万円
  • NX200t “l package”(FF):442万円
  • NX200t “l package”(4WD):468万円
  • NX200t(FF):428万円
  • NX200t(4WD):454万円

【関連記事はこちら】

レクサス NXはパワートレイン選択から

レクサス NX レビュー動画でエクステリアを再確認

レクサス NX 300h 試乗動画2本!得意のハイブリッド

クアラルンプールを飛ぶ光の人!レクサスCMがアート

will.i.amカスタムのレクサスNXはとにかくワイド!

サイズUP!レクサス フルモデルチェンジ新型 RX350/RX450h 日本発売は秋

 

海外試乗映像でも感じていたけれど、レクサスが新規参入する激戦区”コンパクトSUV”だけに、気合がもう…(笑)

 

それを表すかのようなライトデザインは、やはりNX一番のポイントだね 

 

f:id:carislife:20140729200531j:plain

 

けれどサイズは、トヨタが昨年発売したハリアーを少し小さくしたくらいでほぼ同じ

 

その差はいったいどこにあるのか

 

 

まずは高級車ブランドのレクサスらしい豪華装備

 

快適さを追求し尽くしたとも感じる装備品は、ライバルの上級SUVと比べても遜色はないと思う

 

▼キーシリンダーヒドンプルタイプドアハンドル(照明付き)

f:id:carislife:20140729200533j:plain 

f:id:carislife:20140729200546j:plain

f:id:carislife:20140729200548j:plain

f:id:carislife:20140729200553j:plain

▼パノラミックビューモニター

f:id:carislife:20140729204323j:plain

 

そして走行システム

 

ハイブリッドシステムはハリアーとまったく同じで、もう少し違いが欲しかった

 

でも目玉のターボエンジンは、同排気量のハリアーNAエンジンから、トルクで16.0kgmの大きな差

 

▼NX200t ターボエンジン

f:id:carislife:20140729200535j:plain 

 

ハイブリッド、ターボともに燃費でハリアーに譲っているけれど、全長と全高が小さくなったわりに、装備で車重が増えてしまっているから仕方がない…のかな?

(車重差はハイブリッドモデルで10~50kg)

 

 

シャシー性能は、以前プリウスPHVのテコ入れのときにも採用していた、レーザースクリューウェルディングやスポット溶接増しなど、コストを充分にかけている

レーザースクリューウェルディングについて:プリウスPHVにレーザースクリューウェルディング

 

ハリアーとはまったく違う仕上がりになっていそう

 

“F SPORT”に採用されているパフォーマンスダンパーは、「プレミアムアーバンスポーツギア」とメーカーがいうだけあって、スポーツSUVらしい装備だね

 

▼レクサス NX 走行性能解説動画

 

▼“F SPORT”パフォーマンスダンパー

f:id:carislife:20140729200539j:plain

 

しかし、全体的にまとまりがあるNXも、トヨタグループのレクサス車としては気になるところも…

 

▼インテリア

f:id:carislife:20140729200542j:plain

f:id:carislife:20140729200544j:plain

f:id:carislife:20140729200556j:plain

f:id:carislife:20140729200559j:plain

 

昨年はNAをメインと考えていると話していたトヨタが、このレクサスNXではターボエンジンを採用

トヨタNAエンジンについて:NAのトヨタ対ターボのフォルクスワーゲン

 

開発者の方は動画で、ターボエンジンは「レクサスの強みになる」と語っている

 

▼レクサス NX チーフエンジニアインタビュー動画

 

しかし、ターボエンジンのFFモデルの燃費は12.8km/Lと魅力にはなっていない

 

日本メーカーは全体的に、ヨーロッパメーカーに比べてパワートレイン技術で遅れをとっているから厳しいと思うけれど、もう一押しも欲しかったところ

パワートレインについて:自動車8社が遂に!エンジン研究組合「AICE」設立!

 

NA、ターボ、ハイブリッドのすみ分けが、うまくいっていないんじゃないかな

 

 

ヨーロッパメーカーが得意とする走行性能では、ライバルに対抗できるようにターボやシャシーで個性を出した

 

けれど、得意のエコはハリアーと共通のハイブリッドシステムにまかせ、”らしくなさ”をみせたNX

 

発売したばかりだけど、ターボエンジンはこの後の改良も気になるね