車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

マツダ新型ロードスターND型初の改良!ハードトップRF&期間限定レッドトップの価格やスペックは

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150320/20150320145405.jpg

マツダが、2シーターオープンモデルのマツダロードスターと、ハードトップモデルのマツダロードスターRFの現行モデル初めての改良を発表しました。

 

期間限定のロードスターレッドトップも設定されるマツダ新型ロードスターについて、価格や装備、スペックなどをご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】マツダND型ロードスターが初めての商品改良!

▼マツダロードスターRF

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160323/20160323205349.jpg

マツダは2017年11月10日、現行モデルのロードスターで初めてとなる商品改良を発表しました。

 

4代目ND型のマツダロードスターは2015年に発売され、その後独自のハードトップ機構を持つロードスターRFが追加されていました。

 

新型ロードスターでは、その2モデルの魅力を伸ばすとともに、期間限定の特別仕様車が設定されています。

 

マツダ新型ロードスターの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150320/20150320145414.jpg

▼マツダ新型ロードスターの主な変更点

  • ロードスターとロードスターRFの両モデルのボディカラーに「ソウルレッドクリスタルメタリック」「スノーフレイクホワイトパールマイカ」「エターナルブルーマイカ」の3色を新設定
  • 先進安全技術「i-ACTIVSENSE」に「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」を新採用
  • リアコンソールボックス(キー付)の内部床面に遮音マットを追加し、小物類の転がり音を低減
  • サンバイザーに表皮巻きタイプを設定するなど装備の質感を向上
  • 布シートにシートヒーターを設定してオープン走行時の快適性を向上
  • ソフトトップモデルのロードスターのボディカラーに「マシーングレープレミアムメタリック」を新設定するとともに、リアサスペンションやステアリングフィールを改良して走りの質感を高め、静粛性を向上。タコメーターにLEDを追加
  • 4代目ロードスターで初めてとなる特別仕様車のレッド・トップを設定。注文を2018年3月31日まで受け付け

 

マツダ新型ロードスターの外装(エクステリア)デザイン

▼マツダロードスター(ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック)

f:id:carislife:20171110153557j:plain

▼マツダロードスター(ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ)

f:id:carislife:20171110153600j:plain

▼マツダロードスター(ボディカラー:エターナルブルーマイカ)

f:id:carislife:20171110153603j:plain

▼マツダロードスター(ボディカラー:マシーングレープレミアムメタリック)

f:id:carislife:20171110153607j:plain

新型ロードスターの外装では、ボディカラーに下記の新色が採用されました。

  • ロードスター&ロードスターRF共通
    ・ソウルレッドクリスタルメタリック
    ・スノーフレイクホワイトパールマイカ
    ・エターナルブルーマイカ
  • ロードスターのみ
    ・マシーングレープレミアムメタリック

今回の改良で、マツダの他モデルにも追加されていた人気カラーが選択できるようになりました。

 

加えてソフトトップのロードスターでは、ハードトップのロードスターRF登場に設定されていた、機械的質感をもった深みのあるグレー「マシーングレープレミアムメタリック」が設定されています。

 

マツダ新型ロードスターの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20171110154534j:plain

新型ロードスターの内装では、キーが付いておりオープン状態のままクルマから離れる際にも安心できるリアコンソールボックスの内部床面に遮音マットが追加され、小物を収納したときの転がり音が低減されました。

 

加えて、サンバイザーに表皮巻きタイプを設定することで質感を向上。

 

布シートにはシートヒーターが設定され、オープン走行時の快適性もアップしました。

 

マツダ新型ロードスターのエンジンスペックと走行性能

f:id:carislife:20171110155024j:plain

▼マツダロードスターのボディサイズとパワートレインスペック

  • 全長×全幅×全高:3915×1735×1235mm(ロードスターRFは全高+10mm)
  • ホイールベース:2310mm
  • エンジン
    ・ロードスター(ソフトトップ)
     エンジン:直列4気筒 1.5L「SKYACTIV-G 1.5」
     最高出力:131ps/7000rpm
     最大トルク:15.3kgm/4800rpm
    ・ロードスターRF(ハードトップ)
     エンジン:直列4気筒 2L「SKYACTIV-G 2.0」
     最高出力:158ps/6000rpm
     最大トルク:20.4kgm/4600rpm
  • トランスミッション:6速MT or 6速AT
  • 車重
    ロードスター:990kg
    ロードスターRF:1100kg
  • 駆動方式:FR

マツダロードスターのソフトトップモデルには、1.5Lエンジンが搭載されています。

 

ファストバックスタイルを持ち、ソフトトップからは100kgほど車重が増加するロードスターRFには、ハードトップの導入前は海外仕様にのみ搭載されていた2Lエンジンが採用されています。

 

▼マツダロードスター1.5Lエンジンと2Lエンジンの比較

1.5Lと海外版2Lの差は!?マツダ ロードスター 試乗動画

 

改良ではロードスターRFでの経験から、ソフトトップモデルのリアサスペンションやステアリングフィールが改良され、走りの質感と静粛性が向上しています。

 

▼ロードスターRF

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160323/20160323205343.jpg

 

マツダ新型ロードスターの燃費

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

マツダND型ロードスターの燃費は以下の通りです。

  • ロードスター(ソフトトップ&1.5Lエンジン):18.8km/L
  • ロードスターRF(ハードトップ&2Lエンジン):15.6km/L

マツダロードスターの燃費は、100kg軽量で排気量が500cc小さいソフトトップモデルが3.2km/L低燃費になっています。

 

トランスミッションでは6速MTモデルの燃費が良く、6速ATモデルでは0.2km/L燃費値が低くなります。

 

マツダ新型ロードスターの安全装備は?

▼マツダi-ACTIVSENSEのアダプティブLEDヘッドライト

f:id:carislife:20171110160716j:plain

マツダ新型ロードスターでは、先進安全技術のi-ACTIVSENSEに「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」が新採用されました。

 

アダプティブLEDヘッドライトは、左右各12ブロックのLEDを個別に自動点灯・消灯することで面倒な操作なしに夜間の視認性を高め、ドライバーの危険認知をサポートする技術になっています。

 

ND型初の特別仕様車ロードスターレッドトップ発売!

▼ロードスターレッドトップ

f:id:carislife:20171110161850j:plain

f:id:carislife:20171110161855j:plain

新型マツダロードスターでは、4代目のND型ロードスターで初めてとなる特別仕様車のレッド・トップ(RED TOP)が設定され、2018年3月31日までの期間限定で販売されます。


ロードスターレッド・トップは、これまでブラックのみが設定されていたソフトトップに、ダークチェリー色が新採用されました。

 

ドアミラーはボディ同色を設定することでボディカラーとダークチェリーソフトトップのコントラストを強調。

 

また、高輝度塗装の16インチアルミホイールを装着して特別感を演出。内装色に赤褐色のオーバーンを設定するとともに、シート表皮にはナッパレザーを用いて華やかさと上質さが高められています。

 

11月10日~2018年3月31日の期間中には、マツダR&Dセンター横浜の1階ロビーと、マツダブランドスペース大阪で、ロードスターレッド・トップが展示されます。

 

マツダ新型ロードスターの価格は?

▼ロードスターRF

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160323/20160323205348.jpg

▼マツダロードスターのグレードと価格

  • ロードスターS
    6速MT:2,494,800円
  • ロードスターNR-A
    6速MT:2,646,000円
  • ロードスターS Special Package
    6速MT:2,700,000円、6速AT:2,808,000円
  • ロードスターS Leather Package
    6速MT:3,045,600円、6速AT:3,153,600円
  • ロードスターRS
    6速MT:3,207,600円
  • 期間限定特別仕様車ロードスターレッド・トップ
    6速MT:3,045,600円、6速AT 3,153,600円

▼マツダロードスターRFのグレードと価格

  • ロードスターRF S
    6速MT:3,250,800円、6速AT:3,272,400円
  • ロードスターRF VS
    6速MT:3,585,600円、6速AT:3,607,200円
  • ロードスターRF RS
    6速MT:3,747,600円

マツダ新型ロードスターには、特別仕様車のレッド・トップが設定され、2018年3月31日までの期間限定で販売されます。

 

マツダはエンジンなどを改良する次期マイナーチェンジモデルの開発も進行してます。

 

▼マツダ次期型ロードスター

【マツダ新型ロードスターND型最新情報】マイナーチェンジ!ハードトップRFや発売日、価格、スペックは?

  

マツダロードスターを「おさらい」

▼マツダロードスター(ボディカラー:クラシックレッド)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161216/20161216164759.jpg

マツダロードスター(Roadster)は、マツダが製造・販売するオープンタイプのスポーツカーです。

 

初代NA型は1989年5月にアメリカで発売され、日本国内でも同年8月に先行予約を開始し、9月1日に発売。

 

当初は、マツダの5チャンネル販売体制から「ユーノス・ロードスター」 の名称で販売。

 

1998年1月に初のフルモデルチェンジを受け2代目のNB型に変更。日本での販売名称が「マツダ・ロードスター」に変更されました。

 

2000年には生産累計53万1,890台を達成し、「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネスブックにも認定。

 

2005年には3代目NC型が登場し、新たに電動格納式ハードトップを備え、現在のロードスターRFにつながるモデルに。

 

2015年には約10年ぶりのフルモデルチェンジで現行型の4代目ND型が登場し、増加し続けていた車重が1トン未満まで軽量化され評判になりました。

 

海外でもマツダ・MX-5(Mazda MX-5)のモデル名で販売され、ライトウェイトオープンスポーツカーの代名詞的存在になっています。