車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【トヨタ新型シエンタ最新情報】マイナーチェンジ発売日は2018年9月11日!改良点やハイブリッド燃費、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150709/20150709151514.jpg

トヨタがコンパクトミニバンであるシエンタのマイナーチェンジを予定しています。

 

新型シエンタとしてデザインや性能がアップするマイナーチェンジについて、最新情報から価格や燃費、発売日などをご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】トヨタ新型シエンタがマイナーチェンジで新デザインに!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150709/20150709151512.jpg

トヨタが3列シートコンパクトカーのシエンタのマイナーチェンジを予定しています。

 

シエンタは、2015年に12年ぶりとなるフルモデルチェンジが実施されていた、コンパクトミニバンです。

 

新型シエンタのマイナーチェンジでは、全面改良を受けたライバル車のホンダ・フリードに対抗しリフレッシュされます。

 

トヨタ新型シエンタの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型シエンタの改良内容

  • 新デザインのヘッドライトとグリルにより、新世代のフロントデザインに変更し、ボディカラーを見直し
  • LEDヘッドランプを標準装備
  • 2列シート5人乗り仕様を新設定し、6人乗り仕様を廃止
  • ”流れるウインカー”となる「シーケンシャルターンランプ」を採用
  • インテリアの仕様を見直し、質感を向上
  • ハイブリッドシステムを最適化し、燃費性能を向上
  • ボディカラーに2トーンカラーを新しく設定
  • 9インチナビシステムに対応し、ディーラーオプションとしてT-Connectナビ9インチ仕様を追加
  • 安全装備に衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車標準装備
  • 先進安全システム「トヨタセーフティセンス」を標準装備する特別仕様車「シエンタ G Cuero」を廃止し、通常グレードに吸収

新型シエンタは、2016年にフルモデルチェンジされたホンダ・フリードに対抗し、現行モデルの登場から3年になるのにあわせて新デザインが投入されます。

 

あわせて、インテリアも新しい仕立てとすることで、上級モデルを意識した質感にアップ。

 

安全システムのトヨタセーフティセンスCを標準装備していることで人気になっている特別仕様車「シエンタG Cuero」は廃止となりますが、安全装備を標準装備することで魅力がアップされます。

 

トヨタ新型シエンタの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170801/20170801150803.jpg

新型シエンタの外装には、フロント周りを中心とした新デザインの採用が予定されています。

 

新型はヘッドライトやグリル、バンパーの形状を変更することで印象をかえ、ホイールも新意匠のものに。

 

ヘッドランプにはLEDが標準装備され、”流れるウインカー”として人気のシーケンシャルターンランプも採用。

 

ボディカラーに2トーンカラーを用意することで、デザインパターンも増加します。

 

▼トヨタ・アクア

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619135014.jpg

2017年に新デザインになり、共通のパワートレインを搭載するアクアに近いデザインとすることで、現行モデルでもアピールされているスポーティな印象をアップするとみられています。

 

▼トヨタ・アクア

クロスオーバー追加!トヨタ新型「アクア」2017マイナーチェンジ 価格178万5240円~

 

トヨタ新型シエンタのボディサイズは?

f:id:carislife:20180604093210j:plain

▼トヨタ新型シエンタのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4235×1695×1675mm
  • ホイールベース:2750mm
  • 車重:1310kg
  • 乗員:5人~7人

トヨタ新型シエンタのボディサイズは、全幅1700mm未満の5ナンバーサイズながら、7人乗りにまで対応する広い室内空間が確保されています。

 

タイヤを車体の前後端に配置するロングホイールベースにより、最後列でも余裕があるスペースがつくられています。

 

トヨタ新型シエンタの内装(インテリア)デザイン

▼トヨタ・シエンタ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170801/20170801150810.jpg

新型シエンタの内装は、外装にあわせて新デザインとされ質感がアップすることになります。

 

ナビディスプレイは9インチの大画面に対応できるように変更し、インパネ全体のスタイルをリフレッシュ。

 

▼シエンタ7人乗り仕様

f:id:carislife:20180809083851j:plain

▼シエンタ6人乗り仕様

f:id:carislife:20180809083854j:plain

シートレイアウトにはこれまで用意されていた3列シートの7人乗りに加え、荷室を重視した2列シート5人乗りが新設定されます。

 

この変更にあわせ、3列シート6人乗り仕様は廃止される予定です。

 

トヨタ新型シエンタのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20171206120143j:plain

▼新型シエンタのパワートレインとスペック

  • ハイブリッドモデル
    直列4気筒1.5L「1NZ-FXE」+電気モーター
    エンジン最高出力:74ps/4800rpm
    エンジン最大トルク:11.3kgm/3600-4400rpm
    モーター出力:61ps/17.2kgm
  • ガソリンモデル
    ・FF
     直列4気筒1.5L「2NR-FKE」
     最高出力:109ps/6000rpm
     最大トルク:13.9kgm/4400rpm
    ・4WD
     直列4気筒1.5L「1NZ-FE」
     最高出力:103ps/6000rpm
     最大トルク:13.5kgm/4400rpm
  • トランスミッション:CVT

新型シエンタのパワートレインには、現行モデルと同じくハイブリッド、ガソリンのFF用と4WD用の3種類のパワートレインが設定されます。

 

出力には変更がありませんが、ハイブリッドモデルではアクアの改良時と同じくエンジンやハイブリッドシステムの制御見直しが実施され、燃費が向上します。

 

トヨタ新型シエンタの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼新型シエンタの燃費

  • シエンタハイブリッド:FF 27.8km/L
  • シエンタ(ガソリン):FF 20.6km/L、4WD 15.4km/L

新型シエンタの燃費は、ハイブリッドモデルでシステムの制御見直しにより改善します。

 

現行モデルでシエンタハイブリッドは27.2km/Lとなっていますが、27.8km/Lとされます。

 

トヨタ新型シエンタの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170801/20170801151026.jpg

トヨタ新型シエンタの安全装備は、これまで搭載されていた「Toyota Safety Sense C」を進化させた衝突回避支援パッケージとして、「C」が外れた「Toyota Safety Sense」が装備されます。

 

新しい「Toyota Safety Sense」は、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせた「プリクラッシュセーフティ」を採用することで、夜間の歩行者検知機能や自転車の検知にも対応。

 

アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストなども利用できるようになります。

 

▼インテリジェントクリアランスソナー

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180403/20180403134619.jpg

新型シエンタでは加えて、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害を軽減する安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」が新規にオプション設定されます。

 

この改良により、「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー」装着車は、政府が普及啓発する「セーフティ・サポートカーS(通称 : サポカーS)」の「ワイド」に対応する安全性が確保されます。

  

トヨタ新型シエンタの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

新型シエンタの価格は、安全装備が全車標準装備となるため、価格がアップすることになります。

 

これまでシエンタでは安全装備が全車オプションとされていたため、全グレードで5万円ほど価格が変更されます。

 

▼参考:シエンタの価格(現行モデル)

  • シエンタハイブリッド:2,226,763円〜2,329,855円
  • シエンタ(ガソリン):1,689,709円〜1,980,327円

 

トヨタ新型シエンタの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

トヨタ新型シエンタの発売日は、2018年9月11日が予定されています。

 

当初は7月の予定でしたが、同時期の前モデル受注停止から時間がとられマイナーチェンジされます。

 

現行モデルの登場は2015年7月だったため、販売期間3年ほどでリフレッシュされ、再度ユーザーにアピールされます。

 

トヨタ・シエンタを「おさらい」

▼シエンタ(初代)

f:id:carislife:20171206123610j:plain

トヨタ シエンタ(SIENTA)は、初代が2003年に登場したコンパクトミニバンです。

 

2001年に登場したホンダ・モビリオ(後継車はフリード)の対抗車種として計画され、コンパクトカーサイズとしながらも室内には最大7人乗りに対応できる3列シートを搭載。

 

2010年8月に一度販売を終了していましたが、後継車として製作された「パッソセッテ」「ブーンルミナス」の売れ行きが不調だったことから、9か月後の2011年5月に製造を再開。

 

その後、2015年に現行モデルの2代目が登場するまで12年間販売を継続。

 

アクアと同じシステムを搭載するシエンタハイブリッドも用意され、ミドルクラスミニバンでは大きいと感じるユーザーに人気のモデルになっています。

 

新型シエンタについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!