車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

日本カーオブザイヤー2017−2018最終選考結果発表!注目の受賞車は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170309/20170309123544.jpg

日本の2大カー・オブ・ザ・イヤーの1つ、「日本カーオブザイヤー2017−2018」の最終選考結果が発表されました。

 

この記事では、選出によりさらに注目される受賞車をご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

日本カーオブザイヤーとは?歴代受賞車は

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171115/20171115135024.jpg

日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は、RJCカー・オブ・ザ・イヤーと並び、日本における二大カー・オブ・ザ・イヤーの1つです。

 

▼RJCカーオブザイヤーの結果はこちら

2018年次RJCカーオブザイヤー発表!注目の受賞車は?

 

1980年(昭和55年)から始まり、今回の2017年で38回目となります。

 

特徴は、選考委員に元レーサーや自動車ジャーナリストが多いことから、自動車メーカー出身者が多く技術や使いやすさが高評価になりやすいRJCカーオブザイヤーより、走りが評価されやすいと言われています。

 

歴代受賞車は、昨年がスバル・インプレッサ、その前にマツダ・デミオが選出されていました。

 

▼日本カーオブザイヤー歴代受賞車

2014-2015日本カーオブザイヤーはデミオ!各映像も

2016-2017日本カーオブザイヤーはスバル「インプレッサ」!プリウスは2位に

 

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーはボルボXC60!

▼ボルボXC60

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170309/20170309123532.jpg

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーで最高点を獲得したクルマに送られるイヤーカーには、ボルボのミドルサイズSUV「XC60」が選出されました。

 

なお、カーオブザイヤーに輸入車が選出されたため、今年のインポート・カー・オブ・ザ・イヤーは未選出となっています。

 

ボルボXC60は、2008年の初代発売から連続してボルボのベストセラーとなっていたモデルで、フルモデルチェンジにより2Lガソリンやディーゼル、プラグインハイブリッドなどの最新パワートレインを採用。

 

ボルボがこだわりを持つ最新安全システムも搭載され、上級SUVとしての評判をアップしていました。

 

ボルボは今年発表された2018年次RJCカーオブザイヤーの輸入車部門でフラッグシップワゴンのV90が選出されており、今年2つのカーオブザイヤーを獲得しました。

 

▼ボルボXC60

PHVも用意、ベストセラー2代目!ボルボ 新型「XC60」日本発売!価格599万円〜

 

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー「イノベーション部門賞」はトヨタ・プリウスPHV

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160323/20160323222722.jpg

革新的なアイディアや技術を搭載したクルマに贈られる2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー「イノベーション部門賞」には、トヨタ「プリウスPHV」が選出されました。

 

プリウスPHVは、フルモデルチェンジしていた「プリウス」をベースにしたプラグインハイブリッドモデルとして製作。

 

充電した電力で走行ができるほか、ルーフに搭載した大型ソーラーパネルにより太陽光発電を行い、電力を駆動用バッテリーや12Vバッテリーへ供給することも可能に。

 

EV航続可能距離は68.2kmまで延長されていました。

 

▼トヨタ・プリウスPHV

燃費37.2km/L EV68km!トヨタ 新型「プリウス PHV」発売 価格326万円~ 試乗動画

 

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー「エモーショナル部門賞」はレクサスLC

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160112/20160112202908.jpg

魅力的なデザインやドライブフィールを持つクルマに贈られる2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー「エモーショナル部門賞」には、レクサス「LC」が選出されました。

 

レクサスLCは、これまでRCを最上位にしていたレクサスの新たなフラッグシップクーペとして製作されました。

 

パワートレインは、V型8気筒5Lのガソリン、新型ハイブリッドシステム「マルチステージハイブリッド」から選択ができ、魅力的な走りとデザインが楽しめるモデルに仕上げられました。

 

▼レクサスLC

477馬力 旗艦クーペ!レクサス新型 LC500 / LC500h 日本発売 価格1300万円~

 

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー「スモールモビリティ部門賞」はホンダN-BOXとN-BOXカスタム

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171012/20171012090022.jpg

軽自動車や小型モビリティから選ばれる2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー「スモールモビリティ部門賞」には、ホンダ「N-BOX」「N-BOXカスタム」が選出されました。

 

大人気軽自動車のフルモデルチェンジモデルとして登場した新型N-BOXは、大きく動かすことができる助手席スーパースライドシートなどを採用し、評判のよかった大きな室内空間の使い勝手をさらにアップ。

 

パワートレインには、軽自動車で初めてVTECエンジンが採用され、安全装備も全車にHonda SENSINGを標準装備することで大きくあげていました。

 

▼ホンダN-BOX

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ徹底解説!燃費や価格、購入検討ガイド

 

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーと最終選考での得点は?

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーは、最終選考が行われた2017年12月11日の前の11月8日に、「決勝進出」となる「10ベストカー」の選考が行われていました。

 

これは2016年の11月から2017年の10月末日までに登場した国産車と輸入車のノミネート車から10台を選ぶものとなっており、最終選考での得点は以下の通りです。

 

なお、今年は日産とスバルが不正検査問題により、RJCおよび日本カーオブザイヤーの選考を辞退しています。

 

▼日本カーオブザイヤー2017−2018「10ベストカー」と最終選考の得点

  • スズキ・スイフトシリーズ:210点
  • トヨタ・カムリ:232点
  • レクサス・LC:115点
  • ホンダ・N-BOX/N-BOXカスタム:189点
  • マツダ・CX-5:83点
  • アルファロメオ・ジュリア:89点
  • BMW・5シリーズセダン/ツーリング:242点
  • シトロエン・C3:35点
  • ボルボ・XC60:294点
  • フォルクスワーゲン・ティグアン:11点

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。