車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ルノー新型ルーテシア最新情報】フルモデルチェンジ発表!ルーテシアRS、発売日や価格、スペック、ハイブリッド燃費は?

f:id:carislife:20190130090137j:plain

ルノーが、コンパクトカーとして販売している「ルーテシア(海外名:クリオ)」のフルモデルチェンジを発表しました。

 

日本での人気も高く、新世代モデルに進化するルノー新型ルーテシアについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ルノー新型ルーテシアにフルモデルチェンジ発表!

▼ルノー新型ルーテシアの画像

f:id:carislife:20190130090231j:plain

ルノーがフルモデルチェンジするコンパクトモデル「ルーテシア(海外名:クリオ)」を発表しました。

 

ルノー・ルーテシアは、ホットハッチとなるルーテシアRSもラインナップし、その運動性能やデザインが日本でも人気になっているモデルです。

 

フルモデルチェンジする新型ルーテシアでは、最新のデザインを採用するほか、デジタルメーターや大型インフォテイメントディスプレイを採用することで、ブランドの主力コンパクトカーに仕上げられています。

  

▼ルノー新型ルーテシア(海外名:クリオ)の動画

▼ルノー新型キャプチャー

【ルノー新型キャプチャー最新情報】フルモデルチェンジ!PHEV燃費やサイズ、発売日、価格は?

▼ルノー・ルーテシア(前モデル)

新デザインに!ルノー マイチェン新型「ルーテシア」日本発売 5速MT限定車も設定

▼ルノー・ルーテシアRS

最低価格23万円ダウン!ルノー新型「ルーテシアRS」マイナーチェンジ2017 試乗動画

 

ルノー新型ルーテシアの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ルノー新型ルーテシアの変更点

  • ボディサイズを縮小しながら、室内空間を拡大
  • コンパクトカーに最適化した「CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)」プラットフォームを使用
  • 新世代の小排気量エンジンを搭載
  • ハイブリッドモデルを設定
  • デジタルメーターや大型インフォテイメントディスプレイを採用

 

ルノー新型ルーテシアの外装(エクステリア)デザインは?

▼ルノー新型ルーテシアの画像

f:id:carislife:20190130090634j:plain

f:id:carislife:20190130090646j:plain

ルノー新型ルーテシアには、先に全面改良を受けている上位モデルのメガーヌからくる最新のブランドデザインが採用されました。

 

f:id:carislife:20190130090640j:plain

f:id:carislife:20190130090637j:plain

デザインラインは、ブランドの象徴となる「ロザンジュ」エンブレムを中心に左右に伸びるものに。

 

また、フロントグリルが大型化され、フロントバンパーの形状も工夫することでエンジンの冷却効率もアップされています。

 

あわせて、全高も前モデルからダウンすることで、人気になったボディスタイルの魅力が伸ばされています。

 

▼参考:ルノー・メガーヌ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171004/20171004144227.jpg

▼ルノー・メガーヌ

【ルノー新型メガーヌ最新情報】マイナーチェンジ!スポーツツアラー/GT、ハイブリッド燃費、サイズ、価格、発売日は?

▼ルノー・メガーヌRS

【ルノー新型メガーヌRS最新情報】フルモデルチェンジ日本発売日、スペックや価格は?

 

ルノー新型ルーテシアを前モデルと比較!

▼ルノー・ルーテシア(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170202/20170202145632.jpg

▼ルノー・ルーテシアRS(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170706/20170706143043.jpg

ルノー新型ルーテシアを前モデルと比較すると、ブランドの統一性を意識した、上質なデザインに仕上げられていることがわかります。

 

ホットハッチとしてハイパワーなエンジンを搭載するルーテシアRSも引き続き設定が予定され、より上級を意識するスポーツスタイルとして製作されます。

 

ルノー新型ルーテシアのボディサイズは?

f:id:carislife:20190130090643j:plain

▼ルノー新型ルーテシアのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4048×1798×1440mm
  • ホイールベース:2595mm
  • ※参考
    ・ルーテシア(前モデル)
     全長×全幅×全高:4095×1750×1445mm
    ・ルーテシアRS(前モデル)
     全長×全幅×全高:4105×1750×1435mm
     ホイールベース:2600mm

ルノー新型ルーテシアのボディサイズは、前モデルから全長と全高が縮小されています。

 

全高は場所によって前モデルから30mmも低く設計されており、滑らかなボディラインに仕上げ。

 

あわせて、ボディ単体では22kgの軽量化が行われています。

 

しかし、最新のプラットフォームを採用することで室内空間は拡大され、前モデルのユーザーの要望にもこたえた仕上げになっています。 

 

ルノー新型ルーテシアの内装(インテリア)は?

f:id:carislife:20190129085631j:plain

ルノー新型ルーテシアの内装は、最新の技術を採用することで上質なデザインに仕上げられています。

 

メーターには、プレミアムブランドで人気になっているデジタルメーターをコンパクトカーながら採用。

 

メーターはデザインを変更することができるほか、ナビゲーションなどもドライバーの確認しやすい位置に表示することができるようになっています。 

 

f:id:carislife:20190129085637j:plain

センターには、デジタルメーター同様にクラストップとなる縦型の大型インフォテイメントシステムを搭載することで操作性を向上。

 

f:id:carislife:20190129085634j:plain

インテリア素材を見直すことで質感も大幅に引き上げられ、魅力ある空間がつくられています。

 

室内サイズは、後席のレッグルームを26mm拡大し快適性を向上。

 

グローブボックスが大きく使いやすくなり、荷室容量は391Lとクラス最大のスペースがつくられています。

 

最上位!ルノー新型ルーテシアRSも設定!

▼ルノー新型ルーテシアRSの予想CG画像

f:id:carislife:20190204090016j:plain

ルノー新型ルーテシアには、ハイスペックバージョンとなる「ルーテシアRS」の設定が予定されています。

 

新型ルーテシアRSは、専用のエアロや足回り、大容量のブレーキなどにより走行性能を向上。

 

エンジンには、上位モデルのメガーヌRSにも搭載された最新の1.8Lターボエンジンが搭載されるとみられ、前モデルからさらにパワフルな走りに仕上げられます。

 

▼ルノー・メガーヌRS

【ルノー新型メガーヌRS最新情報】フルモデルチェンジ日本発売!RSトロフィーやスペック、価格は?

 

ルノー新型ルーテシアのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20190130091947j:plain

▼ルノー新型ルーテシアのパワートレインとスペック

  • 直列3気筒1L
    最高出力(2種):65ps or 75ps
  • 直列3気筒1Lターボ
    最高出力(2種):100ps or 130ps
  • 直列4気筒1.5Lディーゼル
    最高出力(2種):85ps or 115ps
  • 直列3気筒1L+ハイブリッド【2020年追加設定予定】
    最高出力:エンジン90ps+電気モーター40ps
  • 【ルーテシアRS】【追加設定予定】
    直列4気筒1.8Lターボ
    最高出力:230ps
  • トランスミッション:6速MT or 6速EDC(デュアルクラッチ)
  • 駆動方式:FF

ルノー新型ルーテシアのパワートレインには、1Lガソリンと1.5Lディーゼル、新開発ハイブリッドシステムが搭載されます。

 

直列3気筒1Lエンジンは、スーパーコンパクトとしてラインナップされている「トゥインゴ」に搭載された0.9Lエンジンの進化バージョンとなり、ルーテシアでは出力違いをエントリー&ミドルモデルとしてラインナップ。

 

2020年に追加が予定されているハイブリッドモデルは、90psのガソリンエンジンと40psを発揮するモーターを組み合わせ、容量1.2kWhのバッテリーを搭載。

 

ルノーはこのハイブリッド仕様について、「都市部では70%を電気で走り、EVのようだ」とコメントしています。

 

その他、ハイスペックスポーツモデルとしてルーテシアRSの設定も予定されており、ルノー・スポールが手がけた最新の1.8Lターボエンジンを搭載。

 

前モデルまで搭載されていた1.6Lエンジンの最高220psから出力をアップし、230psほどになるとみられています。

 

▼ルノー・トゥインゴ

【ルノー新型トゥインゴ最新情報】トゥインゴGT追加!MTやスペック、価格、燃費は?

 

ルノー新型ルーテシアの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ルノー新型ルーテシアの燃費(予想値)

  • 1Lガソリン:23km/L
  • 1Lガソリンターボ:21km/L
  • 1Lハイブリッド:30km/L

ルノー新型ルーテシアの燃費は、最新のパワートレインとサイズダウンした車体により、前モデルから改善されます。

 

高い環境性能を持つ1Lエンジンは、1.2Lエンジンを搭載する現行モデルの17.4km/Lを大幅に更新する23km/L以上になるとみられ、追加設定が予定されるハイブリッドでは30km/L以上が目標値とされています。

 

ルノー新型ルーテシアの安全装備は?

f:id:carislife:20180209142110j:plain

ルノー新型ルーテシアの安全装備には、自動運転技術を採用した最新システムが採用されます。

 

最新システムには、ステアリングアシストを含むアダプティブクルーズコントロールが搭載され、走行状況にあわせた操舵や加速、ブレーキが可能となります。

 

これにより、高速道路での走行や渋滞時などでの安全性が大幅に高められる予定です。

 

ルノー新型ルーテシアのプラットフォームは?

▼ルノー日産「コモン・モジュール・ファミリー」画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171213/20171213100511.jpg

ルノー新型ルーテシアには、ルノー・日産グループが開発した最新プラットフォーム「CMF(Common Module Family、コモン・モジュール・ファミリー)」が使用されます。

 

CMFは、プラットフォームを「コックピット」、「エンジン」、「フロントアンダーボディ」、「リヤアンダーボディ」の4つにわけ、「電子アーキテクチャー」を加えた5つのモジュールから構成されます。

 

これにより、セグメント(車格)ごとに設計されていたプラットフォームを、部分的に共通化することが可能になり、コンパクトカーから上級セダン、SUVまで幅広く対応し、コストを下げることが可能になっています。

 

ルノー新型ルーテシアの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ルノー新型ルーテシアの価格(予想値)

  • 210万円~240万円

ルノー新型ルーテシアの価格は、最新のパワートレインや安全装備の採用により現行モデルから10万円ほどアップするとみられています。

 

しかしルノーは低価格モデルを積極的に設定することから、現行モデルの日本スタート価格の199万円を変更しない、200万円を切るモデルが設定される可能性も考えられています。

 

ルノー新型ルーテシアの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ルノー新型ルーテシアは、2019年3月に開催されるジュネーブモーターショーで一般公開されます。

 

発売日は欧州で2019年春のスケジュールとなっており、日本発売日は2019年後半になるとみられています。

 

ルノー・ルーテシアを「おさらい」

▼ルノー・クリオ(初代)

Renault Clio I Phase II Dreitürer RN.JPG

ルノー・ルーテシア(LUTECIA)は、初代が1990年に登場したコンパクトカーです。

 

海外ではルノー・クリオ(Clio)のモデル名で販売されていますが、日本では「クリオ」の商標をホンダが所有(過去にディーラー「ホンダクリオ」として使用)していたことからモデル名が変更されています。

 

ルノーのモータースポーツ部門が手がけるホットハッチ「ルノー・スポール(R.S.)」は、初代でラリーのホモロゲーション獲得のためにF1に参戦するレーシングチーム「ウィリアムズ」とコラボした「クリオ・ウィリアムズ」が人気になったことから、1998年に登場した2代目からラインナップ。

 

ハイスペックな2Lエンジンを搭載したほか、後席空間に3LのV型6気筒エンジンを搭載し後輪駆動(MR)とした「クリオ・ルノー・スポール V6」も販売しました。

 

現行モデルは4代目として2012年に登場。過去にマツダでデザイン本部長を務めたオランダ人デザイナー「ローレンス・ヴァン・デン・アッカー」が手がけた大胆なデザインや、デュアルクラッチトランスミッションによる軽快な走りが人気になっています。

 

新型ルノー・ルーテシアについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。