New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【VW新型ティグアン最新情報】4WDディーゼル日本発売!PHV「GTE」やサイズ、価格、燃費は?

f:id:carislife:20180823091436j:plain

フォルクスワーゲンが、ミドルクラスSUV「ティグアン」の改良を発表しました。

 

魅力をアップするフォルクスワーゲン新型ティグアンについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】フォルクスワーゲン新型ティグアンにディーゼル日本導入!

▼フォルクスワーゲン新型ティグアンの画像

f:id:carislife:20180823091439j:plain

フォルクスワーゲンは、SUV「ティグアン」の日本仕様改良を発表しました。

 

フォルクスワーゲン・ティグアンは、ブランドのミドルクラスSUVとしてラインナップされ、現行モデルは2017年に日本でもフルモデルチェンジし新世代になっていました。

 

改良では、他モデルで人気になっている装備を設定するなど、ユーザーの要望にこたえる変更が実施されています。 

 

▼VW・ゴルフトゥーラン

【VW新型ゴルフトゥーラン最新情報】ディーゼル日本発売!3列シート7人乗りのサイズ、燃費、価格は?

   

フォルクスワーゲン新型ティグアンの【変更点・特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼フォルクスワーゲン新型ティグアンの特徴

  • 2Lディーゼルターボエンジンを搭載する「ティグアン TDI 4MOTION」を新設定
  • ディーゼルモデルの導入を記念した限定車「ティグアン TDI 4MOTION R-Line Black Style」を450台限定販売
  • 「Highline」「R-Line」グレードの標準装備を充実。
    ヘッドアップディスプレイ、ダイナミックライトアシスト、パワーテールゲート(挟み込み防止機能、“Easy Open & Easy Close 機能付”)を採用
  • オプション内容の変更・見直し
    ・アップグレードパッケージ(Comfortline)にパワーテールゲート(挟み込み防止機能、“Easy Open& Easy Close”機能付)を追加
    ・セーフティパッケージ(Comfortline)にハイビームアシストを追加
    ・テクノロジーパッケージを廃止し、テクノロジーパッケージの一部だったアダプティブシャシーコントロール“DCC”を DCC パッケージとして新設
    ・ レザー&パノラマルーフパッケージを分割し、レザーシートパッケージとパノラマスライディングルーフとしてそれぞれ新設

 

フォルクスワーゲン新型ティグアンの外装(エクステリア)デザイン

▼フォルクスワーゲン新型ティグアン(ベースモデル)の画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150915/20150915105015.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150915/20150915105008.jpg

フォルクスワーゲン新型ティグアンの外装は、先に全面改良されていたパサートなどにも採用された、上質さと最新のブランドデザインが融合したスタイルとされています。

 

ヘッドライトやグリルは高い位置に配置することでSUVならではのタフさを表現し、車体下部を全周ブラックアウトすることでクーペのように高さを抑えた印象に。

 

▼フォルクスワーゲン・パサート

【VW新型パサート最新情報】ディーゼル/ヴァリアント/GTEのスペックや燃費、価格は?

  

▼フォルクスワーゲン新型ティグアンR-Lineの画像

f:id:carislife:20180319101559j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150915/20150915105014.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150915/20150915105009.jpg

ティグアンにはスポーツスタイルとなるティグアン R-Lineパッケージも設定されており、左右を繋ぐことでワイド感をアップしたバンパーやダークテールライトなど専用の装備が採用されています。

 

限定車!ティグアンTDI 4MOTION R-Line Black Style発売!

f:id:carislife:20180829131611j:plain

新型ティグアンには、ディーゼルモデルの導入を記念した限定車「ティグアンTDI 4MOTION R-Line Black Style」が設定されました。

 

「ティグアンTDI 4MOTION R-Line Black Style」は、最上級グレード「R-Line」をベースにエクステリアのクロームパーツやアルミホイールをブラックに変更し、上級装備を標準化。

 

f:id:carislife:20180829131608j:plain

ブラックにペイントされた専用エクステリア(フロントグリル中央、フロントバンパー、ドアミラーハウジング、ウインドフレーム、サイドストリップ、リアスポイラー、リアストラップ)、ブラックルーフレールに加え、専用の19インチアルミホイール(ブラック)を装着。

 

インテリアではR-Lineロゴをあしらった専用レザーシートを標準装備するほか、アダプティブシャシーコントロール「DCC」を標準装備しています。

 

限定台数は450台、価格は554万円に設定されています。

 

フォルクスワーゲン新型ティグアンのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150915/20150915105011.jpg

▼フォルクスワーゲン新型ティグアンのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4500×1840×1675mm
  • ホイールベース:2675mm
  • 参考
    ・VW トゥアレグ
     全長×全幅×全高:4815×1945×1745mm
     ホイールベース:2905mm

フォルクスワーゲン新型ティグアンは、前モデルから全長+70mm、全幅+30mm、ホイールベース+70mmと拡大されています。

 

しかし全高は-35mmと抑えることでスポーティなスタイルに。

 

上位モデルのトゥアレグと比較すると、全長-315mmとコンパクト化されており、取り回しの良さが魅力になっています。 

 

フォルクスワーゲン新型ティグアンの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180319103222j:plain

f:id:carislife:20180319103330j:plain

f:id:carislife:20180319103233j:plain

フォルクスワーゲン新型ティグアンの内装は、ボディサイズの拡大により、室内長が+26mm、後席のニースペースが+29mmと快適性がアップしています。

  

f:id:carislife:20180319103413j:plain

メーターには、他モデルで人気のデジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」が採用され、ヘッドアップディプレイも装備することで、多彩な情報をドライバーが自然に受け取ることが可能になっています。

 

全グレードにモバイルオンラインサービス「Volkswagen Car-Net」が標準装備され、ネット接続によりナビの検索や案内精度を高める「Guide & Inform」も用意されています。 

  

f:id:carislife:20180319104446j:plain

ラゲッジスペースは前モデルから145Lも大きくなり、標準時でも615Lの容量が確保されています。

  

▼フォルクスワーゲン新型ティグアンの室内サイズ

  • ラゲッジ容量:615L~1655L

  

フォルクスワーゲン新型ティグアンオールスペースも発表!7人乗りモデルに!

▼新型ティグアン・オールスペースの画像

f:id:carislife:20180319104154j:plain

f:id:carislife:20180319104157j:plain

f:id:carislife:20180319104209j:plain

新型ティグアンには海外で、7人乗りモデルとなるティグアンオールスペースが発表されています。

 

新型ティグアンオールスペースは、ベースモデルから全長+210mm、ホイールベース+110mmとされ、室内空間を拡大。

 

世界的に人気が高まっている3列シート7人乗りSUVとされ、高い実用性を持つモデルに仕上げられています。

 

走破性アップ!新型ティグアン・オフロード公開!

f:id:carislife:20181026084559j:plain

f:id:carislife:20181026084603j:plain

f:id:carislife:20181026084608j:plain

フォルクスワーゲンは2018年10月、欧州でティグアンの新グレード「ティグアン オフロード」を公開しました。

 

ティグアンオフロードはその名の通りオフロードでの走破性を高めたモデルとして制作され、専用バンパーを装着することでアプローチアングルを26度に向上。

 

ボディ下回りを保護するスキッドプレートも装着し、エクステリアにはブラック仕上げのドアミラー、18インチホイールも採用されています。

 

駆動方式はアクティブコントロール付きの4WD「4モーション」を標準装備し、センターコンソールのスイッチによって、「オンロード」、「オフロード」、「スノー」の3種類のモードを切り替えることができるようになっています。

 

価格は、ドイツで4万0925ユーロ(約525万円)に設定されています。

 

f:id:carislife:20181026084605j:plain

f:id:carislife:20181026084610j:plain

 

フォルクスワーゲン新型ティグアンGTEのスクープ画像を撮影!

▼フォルクスワーゲン新型ティグアンGTEのスクープ画像

f:id:carislife:20180319100731j:plain

フォルクスワーゲンが開発を進めている、ティグアンGTEのスクープ画像が撮影されました。

  

追加モデルとなる新型ティグアンGTEは、2016年に公開されていた「ティグアンGTEアクティブコンセプト」の市販版となります。

 

f:id:carislife:20180319102009j:plain

f:id:carislife:20180319102012j:plain

ゴルフやパサートにも設定されていたプラグインハイブリッドとして、高環境性能とモーターの大トルクを発揮するモデルとしてラインナップされます。

 

▼ティグアンGTEアクティブコンセプト

f:id:carislife:20180319101110j:plain

  

フォルクスワーゲン新型ティグアンのパワートレインとスペックは?

▼フォルクスワーゲン製2Lディーゼルターボエンジン

f:id:carislife:20180829131223j:plain

▼フォルクスワーゲン新型ティグアンのパワートレインとスペック

  • 【ディーゼルモデル】【新設定】
    直列4気筒2Lディーゼルターボ
    最高出力:150ps/3500-4000rpm
    最大トルク:34.7kgm/1750-3000rpm
    トランスミッション:7速デュアルクラッチ「DSG」
  • 【ガソリンモデル】
    エンジン:直列4気筒1.4Lガソリンターボ
    最高出力:150ps/5000rpm〜6000rpm
    最大トルク:25.5kgm/1500〜3500rpm
    トランスミッション:6速デュアルクラッチ「DSG」
  • 【GTE(プラグインハイブリッド)】
    パワートレイン
     直列4気筒1.4Lターボエンジン+電気モーター×2(前後1基ずつ)
    システム最高出力:224ps
  • 駆動:FF or 4WD「4MOTION」

フォルクスワーゲン新型ティグアンには、新しく2Lのディーゼルターボエンジンが搭載されました。

 

2Lディーゼルエンジンは、排ガス後処理システムとして酸化触媒、SCR(選択触媒還元)、DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)などを採用することで日本のポスト新長期排ガス規制に適合。

 

トランスミッションに7速DSGを組み合わせることで、力強い加速とともに優れたランニングコストを実現したモデルとなっています。

 

センターコンソールには直観的に操作できる新しい「アクティブコントロールスイッチ」が装備され、「オンロードモード」「スノーモード」「オフロードモード」「オフロードカスタムモード」の4つの走行モードを設定。

 

オンロードモード内には、エコ、コンフォート 、ノーマル、スポーツ、カスタムの5種類のドライビングプロファイルが用意されています。

 

f:id:carislife:20180319104443j:plain

1.4Lガソリンターボエンジンは、気筒休止システム「ACT」やアイドリングストップ「Start & Stopシステム」に対応するほか、ブレーキエネルギー回生システムを採用することで、環境性能を向上。

 

2.5L自然吸気エンジンなみのトルクを、6速デュアルクラッチトランスミッションによりダイレクトにタイヤに伝達します。

 

追加設定が予定されるプラグインハイブリッドモデルの新型ティグアンGTEには、ゴルフGTEにも搭載されていたパワートレインを強化し、1.4Lターボエンジンのほか、前後に配置した電気モーターによる大トルクを楽しむことができるようになります。

  

▼ゴルフGTE

フォルクスワーゲン新型ゴルフGTE日本発売!燃費、価格、補助金は?

 

フォルクスワーゲン新型ティグアンの走り・使い勝手を試乗動画でチェック!

フォルクスワーゲン新型ティグアンは、注目度の高さから試乗動画が多数公開されています。

 

SUVならではのタフな走りと、実用性の高さが評判になっています。

 

   

フォルクスワーゲン新型ティグアンの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼フォルクスワーゲン新型ティグアンの燃費

  • 1.5Lガソリン(FF):16.3km/L
  • 2Lディーゼル(4WD):17.2km/L
  • 1.5Lプラグインハイブリッド
    燃費:18.5km/L(ハイブリッドモード予想値)
    EV航続距離:60km

フォルクスワーゲン新型ティグアンの燃費は、新設定された2Lディーゼルモデルが4WD専用ながらも17.2km/Lの低燃費になっています。

 

追加モデルとなるプラグインハイブリッドのティグアンGTEは、ハイブリッド化による燃費改善のほか、電気モーターにより約60kmのEV走行が可能になります。

 

フォルクスワーゲン新型ティグアンの安全装備は?

f:id:carislife:20180305114618j:plain

フォルクスワーゲン新型ティグアンには、ブランドの先進安全装備が採用されています。

 

システムにはアダプティブクルーズコントロールやレーンアシスト、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」なども用意され、半自動運転が実現されています。

 

▼フォルクスワーゲン新型ティグアンの安全装備

  • アダプティブクルーズコントロール「ACC」
  • パークアシスト
  • アクティブボンネット
  • ポストコリジョンブレーキシステム
  • レーンアシスト
  • トラフィックアシスト

 

フォルクスワーゲン新型ティグアンの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼フォルクスワーゲン新型ティグアンの価格

  • Tiguan TSI Comfortline(FF/1.5Lガソリン):3,699,000円
  • Tiguan TSI Highline(FF/1.5Lガソリン):4,509,000円
  • Tiguan TSI R-Line(FF/1.5Lガソリン):4,810,000円
  • Tiguan TDI 4MOTION Comfortline(4WD/2Lディーゼル):4,179,000円
  • Tiguan TDI 4MOTION R-line(4WD/2Lディーゼル):5,240,000円
  • Tiguan TDI 4MOTION R-Line Black Style(4WD/2Lディーゼル)
    450台限定:5,540,000円
  • ティグアンGTE:590万円(予想値)

フォルクスワーゲン新型ティグアンの価格は、装備の充実にあわせベースモデルで3万円ほどの価格アップになっています。

 

上位モデルとなるハイラインでは16万円のアップとされ、上位モデルらしい魅力ある装備内容とされました。

 

新設定された2Lディーゼル4WDモデルは408万円からとなり、ガソリンFF車から45万円のアップになっていますす。

 

追加モデルとなるティグアンGTEは他モデルの価格アップから、590万円ほどに設定されるとみられています。

 

フォルクスワーゲンは新世代となる上位モデル「トゥアレグ」、新コンパクトSUV「T-ROC」の導入も計画しており、SUVラインナップを強化することになります。

 

▼フォルクスワーゲンT-ROC

【フォルクスワーゲン新型T-ROC最新情報】新SUV!日本発売日やサイズ、価格、R-Lineは?

▼フォルクスワーゲン・トゥアレグ

【VW新型トゥアレグ最新情報】フルモデルチェンジ3月23日発表!発売日や価格、スペック・燃費、サイズは?

 

フォルクスワーゲン新型ティグアンの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されたフォルクスワーゲン新型ティグアンは2018年8月22日に、追加された2Lディーゼルモデルは8月29日に発売されました。

 

追加が予定されるプラグインハイブリッドモデル「GTE」は、2018年秋の公開が予定されています。

 

ゴルフやパサートに続いて日本導入も予定され、日本発売日は2019年前半になるとみられています。

 

フォルクスワーゲン・ティグアンを「おさらい」

VW Tiguan Sport&Style 2.0 TDI 4Motion Deep Black Facelift.JPG

フォルクスワーゲン・ティグアン(Tiguan)は、初代が2008年に登場したミドルクラスSUVです。

 

ティグアンの車名の由来は、ドイツ語の「Tiger(虎)」と「Leguan(イグアナ)」をあわせた造語になっており、俊敏な虎と力強いイグアナのイメージから名付けられました。

 

クロスオーバー人気の高まりにあわせ、フラッグシップSUVのトゥアレグに続く第2弾として計画され、人気モデルのゴルフをベースに製作されました。

 

ボディサイズは、最上級モデルとなるトゥアレグより大幅に小型化され、都市部での取り回しの良さが魅力とされています。

 

現行モデルの2代目は2016年に登場し、2017年に日本でも発売。

 

フォルクスワーゲンの最新プラットフォーム「MQB」を採用することで、ボディサイズを拡大しながらも高い剛性と軽快な走りを実現。

 

2017-2018日本カーオブザイヤーの「10ベストカー」にも選出されました。

  

新型フォルクスワーゲン・ティグアンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。