車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【トヨタ新型ヴィッツ最新情報】マイナーチェンジ2018年5月31日発売!ハイブリッド/GRMN、サイズ、燃費、価格は?

f:id:carislife:20180531140556j:plain

トヨタが、コンパクトカー「ヴィッツ」のマイナーチェンジを発表しました。

 

改良により魅力をアップしたトヨタ新型ヴィッツについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】トヨタ新型ヴィッツにマイナーチェンジへ!

f:id:carislife:20180418100015j:plain

トヨタが、ヴィッツのマイナーチェンジを発表しました。

 

トヨタ・ヴィッツは、ブランドを代表するコンパクトカーとして販売され、海外ではWRCにも参戦する「ヤリス」の車名で知られるグローバルモデルになっています。

 

改良された新型ヴィッツでは、安全システムを強化し、特別仕様車を設定することでユーザーへ魅力をアピールしています。

 

トヨタ新型ヴィッツの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型ヴィッツの変更点

  • 衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」に、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)」を採用
  • 「Toyota Safety Sense」の価格を1万円ダウン
  • 駐車場などでアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」を新規にオプション設定
  • 女性向け特別仕様車「ヴィッツ・アミー」、安全装備を強化した特別仕様車「F“Safety Edition Ⅱ”」を設定

 

トヨタ新型ヴィッツの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170112/20170112134235.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170112/20170112134236.jpg

トヨタ新型ヴィッツの外装は、2017年のマイナーチェンジにあわせ新デザインが採用され、ワイドスタンスが強調されていました。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170112/20170112134247.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170112/20170112134248.jpg

ヘッドライトには、スモークメッキ加飾Bi-Beam LEDヘッドランプがオプション設定され、ライン発光のLEDクリアランスランプとの組み合わせにより精悍さを強調。

 

LEDライン発光テールランプをオプション設定しストップランプに6個のLEDを組み込みこむことで、リヤビューを印象的なものにしています。

 

特別仕様車「ヴィッツF“Safety Edition Ⅱ”」「ヴィッツF“Amie(アミー)”」発売!

▼トヨタ新型ヴィッツF“Amie”

f:id:carislife:20180531134801j:plain

f:id:carislife:20180531134757j:plain

トヨタ新型ヴィッツには、エントリーグレードの「F」と「HYBRID F」をベースとしたお得な特別仕様車「F“Amie(アミー)“」「F“Safety Edition Ⅱ“」が設定されました。

 

f:id:carislife:20180531134804j:plain

f:id:carislife:20180531134750j:plain

新型ヴィッツFアミーは、内装を落ち着いたブラックを基調に、インストルメントパネル周辺にはカッパー加飾を施し、シックでおしゃれなデザインとされています。

 

また、スエード調ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートを特別装備し、上質感を演出。

 

さらに、「Toyota Safety Sense」や「スマートエントリーセット」を特別装備し、魅力ある仕様とされ、ボディカラーには特別設定色のダークレッドマイカメタリック、ボルドーマイカメタリック、ダークブルーマイカを含む全6色が設定されています。

 

▼トヨタ新型ヴィッツF“Safety Edition Ⅱ”

f:id:carislife:20180531134747j:plain

f:id:carislife:20180531134754j:plain

もう一台の新型ヴィッツF“Safety Edition2”は、通常Fグレードでオプションとなる「Toyota Safety Sense」や「インテリジェントクリアランスソナー」などを装備することで、お得に安全性を高めた特別仕様車になっています。

 

トヨタ新型ヴィッツのボディサイズは?

f:id:carislife:20180418102012j:plain

▼トヨタ新型ヴィッツのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3945×1695×1500mm
  • ホイールベース:2510mm
  • 車重
    ガソリン:970kg
    ヴィッツハイブリッド:1100kg
  • 参考
    ・トヨタ・アクア
     全長×全幅×全高:4050×1695×1455mm
     ホイールベース:2550mm
     車重:1060kg

トヨタ新型ヴィッツのボディサイズは、欧州でBセグメントに分類されるコンパクトカーとして設計されています。

 

ハイブリッドモデルをラインナップすることで近い存在になったトヨタ・アクアとの比較では、全長はアクアのほうが105mm大きく、全高では逆にヴィッツのほうが45mm高くなっており、室内空間の形状に違いができています。

 

トヨタ新型ヴィッツの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170112/20170112134242.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170112/20170112134243.jpg

トヨタ新型ヴィッツの内装は、グローバルモデルとして質感を高め、多彩なデザインが用意されています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170112/20170112134239.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170112/20170112134241.jpg

ハイブリッドモデルでは駆動用バッテリーをリヤシート下に配置することで、ガソリン車と同等の居住空間・荷室の広さが確保されています。

 

また、2017年の改良では新構造のショックアブソーバーの採用、ボディ各部のスポット溶接増し打ちなどによるボディ剛性の強化、インストルメントパネル周りのブレースの板厚アップにより、優れた操縦安定性と乗り心地が確保されました。 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170112/20170112134245.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170112/20170112134246.jpg

ハイブリッドモデルは専用のメーターパネルが用意され、システムの稼働状況がわかりやすくなっています。

 

トヨタ新型ヴィッツのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180418103257j:plain

▼トヨタ新型ヴィッツのパワートレインとスペック

  • 【ヴィッツハイブリッド】
    直列4気筒1.5L+電気モーターハイブリッド
    エンジン出力:74ps/11.3kgm
    モーター出力:61ps/17.2kgm
    駆動方式:FF
  • 直列3気筒1Lガソリン
    出力:69ps/9.4kgm
    駆動方式:FF
  • 直列4気筒1.3Lガソリン
    出力:FF 99ps/12.1kgm、4WD 95ps/12.1kgm
    駆動方式:FF or 4WD
  • トランスミッション:CVT

トヨタ新型ヴィッツのパワートレインには、1.5Lハイブリッド、1Lと1.3Lのガソリンの3種類が用意されています。

 

1.5Lハイブリッドシステムはトヨタ・アクアにも搭載されており、1.8Lガソリンエンジンにせまるトルクを持つ電気モーターにより、軽快な走りを楽しむことができます。

 

ガソリンモデルは、小排気量の1Lと1.3Lが設定され、1Lの「SMART STOPパッケージ」装着車と1.3LのFF駆動モデルはアイドリングストップ機能にも対応しています。

 

トヨタ新型ヴィッツにはGRカスタムも!最強ヴィッツGRMNも設定

▼トヨタ・ヴィッツGRMN

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171121/20171121134105.jpg

▼ヴィッツGRMNのニュルブルクリンク8分44秒66アタック動画

▼トヨタ ヴィッツGRMNのスペック

  • エンジン:直列4気筒1.8Lスーパーチャージャー
  • 最高出力:212ps/6800rpm
  • 最大トルク:25.5kgm/4800rpm
  • トランスミッション:6速MT
  • フロントサスペンションタワーバー
  • ブレース補強シャシー
  • SACHSショックアブソーバー
  • トルセンLSD
  • 275mmフロントブレーキディスク
  • BBS製17インチアルミ鍛造ホイール&ブリヂストン ポテンザRE050Aタイヤ
  • 専用スポーツタイプフロントシート、スポーツアルミペダル、コンビネーションメーター
  • 2018年5月13日まで全国のGRガレージ店頭と専用サイトにて商談申込を受け付け、150台を販売。

トヨタ新型ヴィッツにはスポーツブランド「GR」から、最強限定モデル「GRMN」のほか、通常ラインナップの上位スポーツ「GR」、運動性能を高めた「GRスポーツ」の3種類のカスタムモデルが設定されています。

 

ヴィッツGRモデルでは、ベースラインにないマニュアルトランスミッションも用意されており、強化された足回りなどによる爽快な走りを楽しむことができます。

 

▼トヨタ・ヴィッツGR SPORT“GR”

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170919/20170919133136.jpg

▼トヨタ ヴィッツGRの専用装備

  • SACHS製ショックアブソーバー
  • スポット打点追加
  • ブレース追加
  • 10速スポーツシーケンシャルシフトマチック(CVT車のみ)
  • アルミペダル
  • 小径ステアリングホイール
  • 設定モデル
    ・ヴィッツ1.5Lガソリン(5速MT/CVT)

▼トヨタ・ヴィッツGRスポーツ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170919/20170919133148.jpg

▼トヨタ ヴィッツGRスポーツの専用装備

  • 専用チューニングサスペンション
  • スポット打点追加
  • 設定モデル
    ・ヴィッツハイブリッド
    ・ヴィッツ1.5Lガソリン(5速MT/CVT)

▼トヨタGRモデル一覧

トヨタ新型GR/GRスポーツ/GRMN車種とスペック、価格一覧!新車種も続々!

 

トヨタ新型ヴィッツの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型ヴィッツの燃費

  • ヴィッツハイブリッド:34.4km/L
  • 1Lガソリン:24.0km/L
  • 1.3Lガソリン:25.0km/L

トヨタ新型ヴィッツの燃費は、1.5Lハイブリッドシステムを搭載するヴィッツハイブリッドで最高34.4km/Lとなっています。

 

ガソリン車でも1.3Lモデルで25.0km/L、1Lモデルで24.0km/Lと低燃費になっており、車両価格も含めたコスト重視での選択もしやすくなっています。

 

トヨタ新型ヴィッツの安全装備は?

f:id:carislife:20180418110433j:plain

トヨタ新型ヴィッツの安全システムには、これまで搭載されていた「Toyota Safety Sense C」を進化させた衝突回避支援パッケージとして、「C」が外れた「Toyota Safety Sense」が装備されました。

 

新しい「Toyota Safety Sense」は、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせた「プリクラッシュセーフティ」を採用することで、昼間の歩行者も検知できるようになっています。

 

▼インテリジェントクリアランスソナー

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180403/20180403134619.jpg

新型ヴィッツでは加えて、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害を軽減する安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」が新規にオプション設定されています。

 

この改良により、「Toyota Safety Sense」と「インテリジェントクリアランスソナー」装着車は、政府が普及啓発する「セーフティ・サポートカーS(通称 : サポカーS)」の「ワイド」に対応する安全性が確保されました。

 

▼トヨタ新型ヴィッツの安全装備

  • トヨタセーフティセンス
    ・プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ)
    ・レーンディパーチャーアラート
    ・オートマチックハイビーム
  • インテリジェントクリアランスソナー
  • ドライブスタートコントロール
  • Bi-Beam LEDヘッドランプ
  • ヒルスタートアシストコントロール
  • 先行車発進告知機能
  • 緊急ブレーキシグナル
  • VSC&TRC
  • EBD(電子制動力配分制御)
  • 車両接近通報装置

  

トヨタ新型ヴィッツの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

トヨタ新型ヴィッツの価格は、先に同様の改良が行われたアクアと同じく安全装備のトヨタ・セーフティセンスが1万円値下げされました。

 

ヴィッツはFグレード以外でトヨタ・セーフティセンスが標準装備されていることから、多くのモデルで販売価格がダウンしています。

 

▼トヨタ新型ヴィッツの価格

  • 【特別仕様車】
    ・HYBRID F“Amie”
     2,007,720円
    ・F“Amie”
     1,513,080円~
    ・HYBRID F“Safety Edition Ⅱ”
     1,896,480円
    ・F“Safety Edition Ⅱ”
     1,373,760円~
  • HYBRID U/HYBRID U“Sportyパッケージ”
    2,076,840円~
  • U/U“Sportyパッケージ”
    1,787,400円〜
  • HYBRID F
    1,819,800円〜
  • F/F“SMART STOPパッケージ”/F“Mパッケージ”
    1,181,520円〜
  • HYBRID Jewela
    1,973,160円〜
  • Jewela/Jewela“SMART STOPパッケージ”
    1,462,320円〜
  • GR SPORT“GR”
    2,292,840円〜
  • HYBRID GR SPORT
    2,318,760円〜
  • GR SPORT
    2,076,840円〜

 

トヨタ新型ヴィッツの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

トヨタ新型ヴィッツは、2018年5月31日に発売されました。

 

トヨタはヴィッツの改良により、先に改良されたアクアとともにコンパクトカーをアピールしていく予定です。

 

▼トヨタ・アクア

【トヨタ新型アクア最新情報】マイナーチェンジ発売!価格、燃費、クロスオーバーは?

 

また、トヨタはヴィッツ後継モデルとなる「ヤリス」の日本導入も計画しています。

 

▼トヨタ・ヤリス

【トヨタ新型ヤリス最新情報】ヴィッツ後継フルモデルチェンジ!ハイブリッド/GRMN、サイズ、燃費、発売日や価格は?

 

トヨタ・ヴィッツを「おさらい」

▼トヨタ・ヴィッツ(初代)

1999-2001 Toyota Vitz.jpg

トヨタ・ヴィッツ(Vitz)は、初代が1999年に登場したコンパクトカーです。

 

ヴィッツの車名の由来は、英語の「Vivid」(鮮やか)とドイツ語の「Witz」(機知・発想の転換)を掛け合わせた造語になっています。

 

海外では「ヤリス(Yaris)」として販売され、由来はギリシャ神話の美の女神「カリス(Charites)」の単数形「Charis」からの造語になっています。

 

国内での販売はネッツ店の専売となっており、同チャネルを代表する車種となっています。

 

初代登場前に販売されていたスターレットの後継車として開発され、コンパクトカーながらデザインや機能性を高めたモデルとすることで大人気になりました。

 

現行モデルは3代目として2010年にフルモデルチェンジし、空気抵抗係数(Cd値)0.285の高い空力性能を実現。

 

長らくガソリン車のみをラインナップしていましたが、2017年には欧州で2012年から設定されていたヴィッツハイブリッドを日本国内でも発売。

 

モータースポーツでのベース車としても使用され、ワンメイクレースのほか、2017年からは世界最高峰ラリーにも海外仕様の「ヤリスWRC」にて参戦。

 

トヨタの新スポーツブランドとして2017年に発表された「GR」では、ブランド最上位の限定モデル「GRMN」が一番最初に設定された車種にもなりました。

 

新型トヨタ・ヴィッツについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。