車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ポルシェ新型718ボクスター最新情報】マイナーチェンジ!GTSやスペック、価格、燃費は?

f:id:carislife:20180524112605j:plain

ポルシェがミッドシップオープン718ボクスターの改良を発表しました。

 

魅力をアップした新型718ボクスターについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】ポルシェ新型718ボクスター2019年モデルに改良!

▼ポルシェ新型718ボクスターの画像

f:id:carislife:20180524102509j:plain

ポルシェは、2019年モデルとなる718ボクスターの日本仕様改良を発表しました。

 

ポルシェ新型718ボクスターは、前モデルの「ボクスター」から、過去に活躍したレーシングカーの名前を使用しモデル名が変更されていたポルシェのミッドシップスポーツモデルです。

 

改良では、クーペの718ケイマンとあわせ装備を見直すことでモデルの魅力をアップしています。

 

▼ポルシェ718ケイマン

【ポルシェ新型718ケイマン最新情報】マイナーチェンジ!GTSやスペック、価格、燃費は?

 

ポルシェ新型718ボクスターの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ポルシェ新型718ボクスターの変更点

  • オプション設定されていた「パークアシスト(リア)」を全モデルで標準装備
  • GTSモデルに標準装備されていた「スポーツエグゾーストシステム」を全モデルに採用

 

ポルシェ新型718ボクスターの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160127/20160127202805.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160127/20160127202803.jpg

ポルシェ新型718ボクスターの外装は、ポルシェの伝統的フロントスタイルと、ミッドシップに最適化されたリアデザインに仕上げられています。

 

▼新型718ボクスターGTS

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171018/20171018112920.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171018/20171018112937.jpg

上位スポーツモデルとなる718ボクスターGTSには、専用のエアロパーツが採用され、フロントライトモジュールとバイキセノンヘッドライトもGTSモデル特有のブラックに着色。

 

標準装備されていたスポーツエグゾーストシステムは、改良により全モデルに拡大採用されました。

 

ポルシェ新型718ボクスターのボディサイズは?

f:id:carislife:20180524111139j:plain

▼ポルシェ新型718ボクスターのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4379×1801×1295mm
    ※全高は718ボクスターSが1280mm、718ボクスターGTSが1272mm
  • ホイールベース:2475mm
  • 車重
    ボクスター:1335kg
    ボクスターS:1355kg
    ボクスターGTS:1375kg
    ※PDKは+30kg

ポルシェ新型718ボクスターのボディサイズは、全長4379mm、ホイールベース2475mmと、ハンドリングの鋭さを重視した設計となっています。

 

車高はモデルが装備するサスペンションにより変化し、ベースモデルとGTSでは23mmの違いがあります。

 

車重は2.5Lエンジンを搭載するSとGTSでアップしますが、大きくなるエンジントルクでさらなる速さが追求されています。

 

ポルシェ新型718ボクスターの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180524104946j:plain

f:id:carislife:20180524104937j:plain

f:id:carislife:20180524104949j:plain

ポルシェ新型718ボクスターの内装は、ミッドシップスポーツの運動性能を楽しむことができる上質な仕上げとされています。

 

▼718ボクスターGTS

f:id:carislife:20180524104940j:plain

f:id:carislife:20180524104952j:plain

f:id:carislife:20180524104943j:plain

718ボクスターGTSでは、標準装備となるスポーツクロノパッケージのストップウォッチがダッシュボードの中央コンポーネントに統合されており、運転席と助手席にはセンタートリムにアルカンターラを使用したスポーツシートを装備。

 

ヘッドレストにGTSロゴを冠したスポーツシートプラスは、2wayの電動調節機能を備え、サイドサポートと快適性が強化されています。

 

ポルシェ新型718ボクスターのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180207121818j:plain

▼ポルシェ新型718ボクスターのエンジンとスペック

  • 【718ボクスター】
    水平対向4気筒 2L ターボ
    最高出力:300ps
    最大トルク:38.8kgm
    0-100km/h加速:5.1秒
    最高速度:275km/h
  • 【718ボクスターS】
    水平対向4気筒 2.5L ターボ
    最高出力:350ps
    最大トルク:42.8kgm
    0-100km/h加速:4.6秒
    最高速度:285km/h
  • 【718ボクスターGTS】
    水平対向4気筒 2.5L ターボ
    最高出力:365ps
    最大トルク:43.8kgm
    0-100km/h加速:4.6秒
    最高速度:290km/h
  • トランスミッション:6速MT or 7速DCT
  • 駆動方式:MR

ポルシェ新型718ボクスターには、モデル名にあわせ前モデルの水平対向6気筒自然吸気エンジンから変更されていた、水平対向4気筒ターボエンジンが搭載されています。

 

排気量はベースモデルで2L、「S」と「GTS」で2.5Lとなっており、高いパフォーマンスと環境性能が両立されています。

 

トランスミッションは素早いシフトチェンジが可能な7速デュアルクラッチのほか、ミッドシップスポーツの軽快な走りをより楽しむことができる6速MTが設定され、好みで選択することができるようになっています。

 

ポルシェ新型718ボクスターの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ポルシェ新型718ボクスターの燃費

  • 718ボクスター:9.0L/100km(約11.1km/L)
  • 718ボクスターS:9.5L/100km(約10.5km/L)
  • 718ボクスターGTS:10.9L/100km(約9.2km/L)

ポルシェ新型718ボクスターの燃費は、2Lエンジンを搭載するベースモデルで約11.1km/Lとなっています。

 

2.5Lエンジンを搭載する「S」と「GTS」も、350ps以上の出力を発揮しながら10km/L前後と、現行モデル登場時のダウンサイジング化により良好な燃費値が確保されています。

 

ポルシェ新型718ボクスターの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ポルシェ新型718ボクスターの価格

  • 718ボクスター
    6速MT:7,120,000円、7速PDK:7,592,000円
  • 718 ボクスターS
    6速MT:9,010,000円、7速PDK:9,482,000円
  • 718 ボクスター GTS
    6速MT:10,380,000円、7速PDK 10,922,000円

ポルシェ新型718ボクスターの価格は、装備の変更にあわせ改良前モデルからベースモデルで18万円アップされています。

 

上位モデルとなるGTSはスポーツエグゾーストシステムが標準装備されていたことから変更幅が小さくなり、前モデルと5万円差になっています。

 

クーペモデルとなる718ケイマンとの比較では、39万円アップに設定されています。

 

ポルシェ新型718ボクスターの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

2019年モデルとなったポルシェ新型718ボクスターは、2018年5月23日から受注が開始されました。

 

ポルシェはエントリーモデルとなるボクスターシリーズの装備を充実することで、ユーザーに魅力をアピールする予定です。

 

ポルシェは今後、718ボクスターのハイパフォーマンスモデルとなる「718ボクスタースパイダー」の発表も予定しています。

 

▼718ボクスタースパイダー

4L搭載!【ポルシェ新型718ボクスタースパイダー最新情報】スペックや価格、発売日は?

 

ポルシェ・ボクスターを「おさらい」

▼718ボクスター(左)と718ケイマン(右)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171018/20171018112833.jpg

ポルシェ・ボクスター(Boxster)は、初代が1996年に登場したミッドシップロードスターモデルです。

 

車名の由来は、ポルシェが伝統的に採用する水平対向エンジンを表す「ボクサー」(Boxer)と、ポルシェのオープンモデルの呼び名である「スピードスター」(Speedster)を組み合わせた造語になっています。

 

以前販売されていた「ポルシェ968」の後継モデルとなりますが、直列4気筒エンジンとFRレイアウトの組み合わせから、水平対向エンジンとMRレイアウトに大きく変更され、20年ぶりに登場したポルシェのミッドシップスポーツとなりました。

 

フラッグシップスポーツに設定されているポルシェ911に配慮し、ブランドのエントリーラインとなるエンジン出力とされていますが、ミッドシップ2シーターのスポーツカーに適したパッケージから独自のファンを獲得しています。

 

2004年に登場した2代目では、ボクスターをベースに製作されたクーペボディの初代ケイマンを2006年にラインナップし、ポルシェのエントリーラインを充実。

 

3代目として2012年に登場した現行モデルの981型は2016年のマイナーチェンジにあわせ、ボクスターとケイマンをポルシェ「718シリーズ」として統一し、エンジンもそれまでの水平対向6気筒自然吸気から、水平対向4気筒のターボチャージャーつきに変更。

 

同時に、ボクスターからケイマンが製作された経緯からコストがかかるオープンカーが安くなっていた価格設定を見直し、ケイマンのほうが低価格とされました。

 

「ポルシェ 718」の名前は、1958年のル・マン24時間レースでクラス優勝をはたしたレースマシンに由来しています。

 

新型718ボクスターについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!