車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【BMW新型M4最新情報】 カブリオレ日本初導入!クーペやコンペティション、スペック、価格、発売日は?

f:id:carislife:20180528101455j:plain

BMWが、ハイパフォーマンスモデル「M4」の新モデルを発表しました。

 

さらなる走りを追求するBMW新型M4について、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】BMW新型M4カブリオレを日本初導入!30Jahreも限定発売

▼BMW新型M4カブリオレの画像

f:id:carislife:20180528101536j:plain

BMWは、ハイパフォーマンスモデル「M4」の新モデルとなる「M4カブリオレ」の日本発売を発表しました。

 

BMW・M4は、ブランドのミドルクラス「4シリーズ」をベースに高スペックのエンジンを搭載し、走行パフォーマンスを日常からサーキットまで楽しめることから人気になっているモデルです。

 

発表された新型M4カブリオレは、これまでクーペのみが販売されていたM4の新しいボディバリエーションとして日本に初導入。

 

M4カブリオレの前モデルにあたる「M3カブリオレ」の発売から30周年を迎えるのにあわせ、世界限定300台で販売される「M4 カブリオレ 30 Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」も10台限定で日本へ導入されます。

 

BMW新型M4の【変更点・特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型M4クーペの変更点・特徴

  • オープンボディタイプの「M4カブリオレ」を日本で新設定
  • 世界300台限定車「M4カブリオレ 30Jahre」を10台導入し、専用のメリノ・レザー・インテリアを採用。
    専用オービット・グレー塗装軽量構造20インチ鍛造Mライト・アロイ・ホイール、「Edition 30 JAHRE」レタリング採用シートヘッドレストやカーボン・ファイバー製インテリアトリム、ドアシルプレートを装備

 

BMW新型M4の外装(エクステリア)デザイン

▼BMW新型M4クーペ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170509/20170509154937.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170509/20170509154938.jpg

BMW新型M4には新しくカブリオレが設定され、これまで販売されていた2ドアクーペと選択することができるようになりました。

 

▼BMW新型M4カブリオレ

f:id:carislife:20180528102542j:plain

f:id:carislife:20180528102545j:plain

f:id:carislife:20180528102549j:plain

f:id:carislife:20180528102552j:plain

新型M4カブリオレのルーフは、3分割式のリトラクタブル・ハードトップを採用していることで、ルーフを開けている時には車体後端までフラットに伸びるキャビンを、閉じた状態ではBピラーのない2ドアクーペに近いルーフラインを楽しむことができます。

 

リトラクタブル・ハードトップは、走行速度約18km/h以下で開閉でき、センター・コンソールのボタンで20秒以内に操作を完了することができるようになっています。

 

新型M4は、クーペとカブリオレの両モデルにベースとなる4シリーズからアップデートされた専用エアロや軽量ホイール、スポーツエキゾースト、大容量ブレーキシステムが装備され、スタイルが差別化されています。

 

BMW新型M4のボディサイズは?

f:id:carislife:20180528103605j:plain

▼BMW新型M4のボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4685×1870×1385mm
  • ホイールベース:2810mm
  • 車重(欧州値)
    クーペ:1635kg
    カブリオレ:1865kg
  • 参考
    ・M2クーペ
     全長×全幅×全高:4475×1855×1410mm
     ホイールベース:2695mm
     車重:1580kg

BMW新型M4のボディサイズは、クーペとカブリオレで大幅な変更はなく、スタイルの違いで選択できるようになっています。

 

下位モデルとなるM2クーペとの比較では、全長と全幅が拡大されているものの全高は下げられ、さらにワイド&ロースタイルになっています。

 

▼BMW・M2クーペ

【BMW新型M2クーペ最新情報】コンペティション公開!スペックや価格、発売日は?

 

BMW新型M4の内装(インテリア)デザイン

▼BMW新型M4クーペ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170509/20170509154942.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170509/20170509154941.jpg

BMW新型M4の内装は、専用のMスポーツシートやインテリアトリムにより、高いパフォーマンスが感じられる仕上げになっています。 

 

▼BMW新型M4カブリオレ

f:id:carislife:20180528104744j:plain

f:id:carislife:20180528104753j:plain

追加された新型M4カブリオレもクーペ同様の仕上げが採用されているほか、オープンとすることで後席でも開放感ある走りが可能となっています。

 

f:id:carislife:20180528104747j:plain

f:id:carislife:20180528104750j:plain

トランクスペースも大きくとられ、ロングドライブにも対応。

 

リアシートを倒すことで、長尺ものを積載することもできるようになっています。

  

BMW新型M4のエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180528105346j:plain

▼BMW新型M4のエンジンとスペック

  • エンジン:直列6気筒3Lツインターボ「S55」
  • 出力
    ベースモデル:431ps/56.1kgm
    M4コンペティション:450ps/56.1kgm
  • トランスミッション:6速MT or 7速デュアルクラッチデュアルクラッチ式
  • 0-100km/h加速
    ベースモデル(クーペ):4.1秒
    M4コンペティション(クーペ/カブリオレ):4.0秒/4.3秒
  • 駆動方式:FR

BMW新型M4のエンジンには、高回転まで滑らかな伸びをみせる直列6気筒3Lツインターボエンジンが搭載されています。

 

スペックはベースモデルで431psを発揮し、クーペで上位モデル、カブリオレで標準として用意されているコンペティションでは450psを出力します。

 

これにより0-100km/h加速は最高4秒とされ、重量がアップするカブリオレとクーペの差は0.3秒に抑えられています。

 

トランスミッションには素早い変速が可能な7速デュアルクラッチ式のほか、クーペにはより操作を楽しむことができる6速マニュアルトランスミッションが用意されています。

 

BMW新型M4の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼BMW新型M4の燃費

  • M4クーペ:12.2km/L
  • M4クーペコンペティション:11.9km/L

BMW新型M4の燃費は、クーペの日本検査値が公開されており最高12.2km/Lとなっています。

 

ハイパフォーマンスモデルとなるコンペティションでは0.3km/L差の11.9km/Lとなり、欧州検査値でカブリオレはクーペから約-0.4km/Lと発表されています。

 

BMW新型M4の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼BMW新型M4の価格

  • M4クーペ
    7速DCT:1233万円、6速MT:1182万円
  • M4クーペコンペティション
    7速DCT:1304万円、6速MT:1253万円
  • M4カブリオレコンペティション
    7速DCT:1380万円
  • M4カブリオレ30Jahre【10台限定日本発売】:1483万円

追加されたBMW新型M4カブリオレの価格は、1380万円に設定されました。

 

グレードには450ps仕様のコンペティション&7速DCT仕様のみが用意され、クーペとの価格差は76万円となっています。

 

M4カブリオレの発売にあわせ、世界限定300台「M4 カブリオレ 30 Jahre(ドライシッヒ・ヤーレ)」が日本10台限定で販売され、専用のインテリアや20インチ鍛造Mホイールなどが装備されます。

 

BMW新型M4の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

BMW新型M4カブリオレは2018年5月に日本での受注が開始され、納車開始は2018年秋以降と発表されています。

 

BMWはハイパフォーマンスモデルにカブリオレを設定することで、ベースとなる4シリーズからくるハンドリング性能やラグジュアリー性をアピールする予定です。

 

BMW・M4を「おさらい」

f:id:carislife:20180528111830j:plain

BMW・M4は、2014年に初代となる現行モデルが登場したハイパフォーマンスモデルです。

 

2013年に前世代の3シリーズからクーペやカブリオレを独立し登場した「4シリーズ」の最上位モデルとして企画され、より高スペックのマシンを楽しみたいというユーザーのニーズにこたえる仕上げとされました。

 

エンジンは、前モデルとなるM3クーペが搭載していたV型8気筒4L自然吸気エンジンから直列6気筒3Lツインターボエンジンに変更することで、11ps/15.3kgmもの出力アップと、25%以上の燃費改善を実現。

 

同じパワートレインを採用するM3がセダンバージョンとしてラインナップされていますが、M4はクーペのボディタイプからレーシングカーのベース車として採用されるなど、よりスポーツ性能がアピールされています。

 

新型BMW・M4については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!