車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【三菱新型eKスペース最新情報】マイナーチェンジ発売!カスタムやACTIVE GEAR、スペック、燃費、価格は?

f:id:carislife:20180530102542j:plain

三菱が、軽自動車「eKスペース」の改良を発表しました。

 

改良により使い勝手をアップした三菱新型eKスペースについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】三菱新型eKスペースが改良で機能を大幅アップ!

f:id:carislife:20180530102610j:plain

三菱が軽自動車「eKスペース」の改良を発表しました。

 

三菱eKスペースは、ブランドの上級軽自動車としてラインナップされ、日産デイズルークスと共同開発された兄弟車となっています。

 

改良では安全装備を大幅に変更することで性能を伸ばすなど、使い勝手がアップしました。

 

▼eKワゴン

【三菱新型eKワゴン最新情報】マイナーチェンジ発売!eKカスタムやACTIVE GEAR、スペック、燃費、価格は?

 

三菱新型eKスペースの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型eKスペースの変更点

  • 安全システム「e-Assist」を従来のレーザーレーダー方式からカメラ方式に変更
  • 「踏み間違い衝突防止アシスト」を従来のレーザーレーダー方式からソナーとカメラ方式に変更、軽自動車で初めて前進時の歩行者検知に対応
  • 従来の加速抑制機能に加え、低速衝突軽減ブレーキ機能を追加
  • 一部グレードに、LDW(車線逸脱警報)を標準設定
  • 特別仕様車「eKスペースACTIVE GEAR」を新設定
  • 価格据え置きで17万9280円相当のナビゲーションなどがプレゼントされる特別仕様車「PLUS Edition」の対象グレードを拡大

 

三菱新型eKスペースの外装(エクステリア)デザイン

▼三菱新型eKスペース(ベースモデル)の画像

f:id:carislife:20180530102801j:plain

三菱新型eKスペースの外装は、馴染みやすさを持ちながらもボディラインを強調したスタイリッシュなデザインとされています。

 

▼三菱新型eKスペースカスタムの画像

f:id:carislife:20180530102805j:plain

eKスペースカスタムは、バンパーまで拡大した大型のグリルなどにより、力強いスタイルとなっています。

 

▼eKスペースカスタムACTIVE GEAR

f:id:carislife:20180530100515j:plain

また、eKワゴンや三菱の他モデルにラインナップされ人気になった「アクティブギア」も新設定され、オレンジ色のアクセントを装備したタフなスタイルを楽しむことができるようになっています。

 

三菱新型eKスペースのボディサイズは?

f:id:carislife:20180530103539j:plain

▼三菱新型eKスペースのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1775mm
  • ホイールベース:2430mm
  • 最低地上高:150mm
  • 車重:920kg
  • 参考
    ・eKワゴン
     全長×全幅×全高:3395×1475×1620mm
     ホイールベース:2430mm
     最低地上高:150mm
     車重:830kg

三菱新型eKスペースのボディサイズは、軽自動車規格をいっぱいまで使用した全長、全幅に設計されています。

 

これによりミドルモデルとして用意されているeKワゴンとの違いは全高のみとなり、高さのある室内空間と大きなドア開口部が魅力になっています。

 

三菱新型eKスペースの内装(インテリア)デザイン

▼三菱新型eKスペース(ベースモデル)

f:id:carislife:20180530103938j:plain

三菱新型eKスペースの内装は、軽自動車ながら高い質感をもった仕上げとされています。

 

▼三菱新型eKスペースカスタム

f:id:carislife:20180530103942j:plain

eKカスタムでは、ブラックのインテリアパネルやシートなどによりシックなデザインに。

 

▼eKスペースアクティブギア

f:id:carislife:20180530104125j:plain

eKカスタムアクティブギアでは外装と同じくオレンジのアクセントがプラスされ、躍動感が感じられるようになっています。

 

▼三菱新型eKスペースの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:2235×1320×1400mm
  • 乗員:4人乗り

 

三菱新型eKスペースのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180530102542j:plain

▼三菱新型eKスペースのエンジンとスペック

  • 直列3気筒660cc
    出力:49ps/6.0kgm
  • 直列3気筒660ccターボ
    出力:64ps/10.0kgm
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

三菱新型eKスペースのエンジンには、軽自動車規格に対応しながら力強い走りを発揮する直列3気筒660ccエンジンが搭載されています。

 

エンジンには可変バルブタイミング機構が採用され、幅広い領域で最適な燃焼が可能になっています。

 

トランスミッションにはCVTが組み合わせられ、無段階変速によりエンジンの出力を効率よく走行につなげることができるようになっています。

  

三菱新型eKスペースの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼三菱新型eKスペースの燃費

  • 660cc自然吸気:22.0km/L
  • 660ccターボ:22.2km/L

三菱新型eKスペースの燃費は最高22.2km/Lとなっており、車体サイズが大きいことからエンジントルクの大きいターボエンジンのほうが低燃費になっています。

 

自然吸気エンジンはターボエンジンと0.2km/L差となっており、車両価格とのトータルコストで選ぶことができるようになっています。

 

三菱新型eKスペースの安全装備は?

f:id:carislife:20180530104556j:plain

三菱新型eKスペースの安全装備は改良にあわせ大幅に構成が変更され、性能をアップしました。

 

全車標準設定されている衝突回避を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」は、従来のレーザーレーダー方式からカメラ方式に変更することで、新たに約10km/h~60km/hの車速域で歩行者に対しても作動するよう仕様を向上。車両に対する作動車速域は約10km/h~80km/hへと拡大されています。

 

f:id:carislife:20180529112954j:plain
f:id:carislife:20180529112958j:plain

また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」も従来のレーザーレーダー方式からソナーとカメラ方式に変更、軽自動車で初めて前進時に歩行者に対しても作動するよう性能を向上。さらに、後進時についても壁などの障害物に対して作動するよう機能が追加されています。

 

従来の加速抑制機能に加え、前後進時とも衝突するおそれがあると判断した場合に自動的にブレーキを作動させる低速衝突軽減ブレーキ機能も追加されました。

 

f:id:carislife:20180529112951j:plain

さらに一部グレードにLDW(車線逸脱警報)を標準設定。

 

これらの安全性向上により、経済産業省や国土交通省などが普及啓発をしている安全運転サポート車「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」の「ワイド」に対応しました。

  

三菱新型eKスペースの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

三菱新型eKスペースの価格は、FFモデルが約132万円、4WD車が約142万円に設定されています。

 

ターボエンジン搭載車は「T」がつくグレードとなっており、ベース車とカスタムのどちらでも選択することができます。

 

特別仕様車としてスタイルをアップする「アクティブギア」が新設定されたほか、ベース車から価格変更なく「ステアリングオーディオリモコンスイッチ」「リアスピーカー」などを標準装備し、さらに17万9280円相当の専用「ワイド2DINナビゲーション(ハイスペックモデル)」がプレゼントされる「 PLUS Edition」も改良によりラインアップが拡大されています。

 

▼三菱新型eKスペースの価格

  • T Safety Package
    FF:1,620,000円、4WD:1,726,920円
  • G Safety Package
    FF:1,514,160円、4WD:1,621,080円
  • M e-Assist
    FF:1,317,600円、4WD:1,424,520円
  • カスタム T e-Assist
    FF:1,805,760円、4WD:1,912,680円
  • カスタム T Safety Package
    FF:1,870,560円、4WD:1,977,480円
  • カスタム G e-Assist
    FF:1,621,080円、4WD:1,728,000円
  • カスタム G Safety Package
    FF:1,685,880円、4WD:1,792,800円
  • eKスペース ACTIVE GEAR
    FF:1,978,560円、4WD:2,085,480円
  • eKスペース カスタム T Safety PLUS Edition
    FF:1,870,560円、4WD:1,977,480円
  • eKスペース G Safety PLUS Edtion
    FF:1,514,160円、4WD:1,621,080円

  

三菱eKスペースを「おさらい」

▼参考:日産デイズルークス

f:id:carislife:20180530094733j:plain

三菱eKスペースは、初代となる現行モデルが2014年に登場した軽自動車です。

 

日産と三菱自動車の合弁会社NMKVが開発を担当し、日産デイズルークスと共同開発されました。

 

車名はeKシリーズになっていますが、実質的前モデルは2013年まで販売されていた「トッポ」となり、eKワゴンより高いルーフによる広い室内空間が特徴になっています。

  

車体は前モデルのトッポから全高が75mm高いスーパーハイトワゴンとされ、室内高は27インチ自転車も積載可能な1,400mmが確保されました。

  

新型三菱eKスペースについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!