車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【メルセデス新型GLEクーペ最新情報】2019年8月28日フルモデルチェンジ発表!ディーゼル/PHV、サイズ、燃費、発売日や価格は?

f:id:carislife:20190828103546j:plain

メルセデス・ベンツが、上級SUVである「GLEクーペ」のフルモデルチェンジを発表しました。

 

全面改良を受けた新型GLEクーペについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】メルセデスベンツ新型GLEクーペにフルモデルチェンジ発表!

▼メルセデスベンツ新型GLEクーペの画像

f:id:carislife:20190828103558j:plain

メルセデス・ベンツが、ブランドの上級SUV「GLEクーペ」のフルモデルチェンジを発表しました。

 

メルセデス・ベンツGLEクーペは、前世代の登場時に「Mクラス」のモデル名で販売され、後期型でモデル名を変更した「GLEクラス」のクーペSUVバージョンです。

 

フルモデルチェンジした新型GLEクーペは、先に全面改良が発表されたベースモデルとあわせ新世代となり、より質感と走りを進化しています。

 

▼メルセデス新型GLEクラス

【メルセデス新型GLEクラス最新情報】フルモデルチェンジ日本発売!3列シート7人乗りやPHV、価格、燃費は?

 

メルセデスベンツ新型GLEクーペの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型GLEクーペの変更点

  • メルセデス・ベンツの新世代SUVプラットフォーム「MHA」(モジュラー・ハイ・アーキテクチャー)を採用
  • ホイールベースを延長しクラス最大級の居住空間を確保
  • 48Vシステムを採用する「E-アクティブボディコントロールシステム」を装備
  • マイルドハイブリッド3Lエンジンのほか、PHVモデルもラインナップし燃費を向上

 

メルセデスベンツ新型GLEクーペの外装(エクステリア)デザインは?

f:id:carislife:20190828103950j:plain

f:id:carislife:20190828104121j:plain

メルセデス・ベンツ新型GLEクーペの外装は、最新のデザインを採用することにより、力強さとスポーティなスタイルが両立されています。

  

f:id:carislife:20190828104327j:plain

ヘッドライトには、新設計されたL字型デイタイムランニングライトで囲まれるヘッドライトを採用し、先進的なイメージをアップ。

 

f:id:carislife:20190828104244j:plain

滑らかなボディラインにより、空力性能は前世代から9%改善されています。

 

▼メルセデスAMG GLE53クーペの画像

f:id:carislife:20190828104350j:plain

f:id:carislife:20190828104344j:plain

f:id:carislife:20190828104353j:plain

モデルラインナップには、専用のエクステリアを採用するハイスペックモデル新型AMG GLE53クーペもラインナップされ、より迫力のあるスタイルに仕上げられています。

 

 

メルセデス新型GLEクーペを前モデルと比較!

▼GLEクーペ(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160427/20160427203423.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160427/20160427203426.jpg

新型GLEクーペを前モデルと比較すると、スマートなデザインとなっていることがわかります。

 

前モデルではスポーツSUVとしての軽快さが重視されていましたが、新型GLEクーペではより質感が高められています。

 

メルセデスベンツ新型GLEクーペのボディサイズは?

f:id:carislife:20190828104830j:plain

▼新型GLEクーペのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4940×2010×1722mm
  • ホイールベース:2935mm
  • ※参考
    ・GLEクーペ(前モデル)
     全長×全幅×全高:4905×2015×1730mm
     ホイールベース:2915mm
    ・GLEクラス
     全長×全幅×全高:4924×1947×1772mm
     ホイールベース:2995mm

新型GLEクーペではプラットフォームが最新世代とされ、より広い室内空間が確保されています。

 

全長と全幅はベースとなるGLEクラスから拡大され、全高を50mmダウンすることでスポーティなスタイルがつくられています。

 

メルセデスベンツ新型GLEクーペの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190828105247j:plain

f:id:carislife:20190828105253j:plain

新型GLEクーペの内装には、さまざまな情報が提供される「MBUX(メルセデスベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」が搭載されています。

  

▼MBUXコネクティビティシステム

MBUXコネクティビティシステムは、先に最新世代になった「Aクラス」から採用されたシステムで、ボイスコントロールやAR(拡張現実)ナビゲーションに対応し、「ヘイ・メルセデス」の呼びかけから会話をするように自然に話すことで各機能を簡単に使うことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20190828105250j:plain

室内空間はホイールベースを延長したことで、後部ドアの開口部や後席のスペースが拡大。

 

ラゲッジスペースは通常時で655L、3分割式の後部座席を収納したときの容量は前世代から70L拡大した最大1790Lになっています。

 

▼メルセデスAMG新型GLE53クーペの画像

f:id:carislife:20190828105244j:plain

f:id:carislife:20190828105255j:plain

ハイスペックモデルとなるメルセデスAMG新型GLE53クーペには、赤色のシートやデザインアクセントが使用され、より走行性能の高さをイメージできるようになっています。

 

メルセデスベンツ新型GLEクーペのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20190828110009j:plain

▼新型GLEクーペのパワートレインとスペック

  • 【350d】
    直列6気筒3Lディーゼルターボ
    出力:272ps/61.2kgm
  • 【400d】
    直列6気筒3Lディーゼルターボ
    出力:330ps/71.3kgm
  • 【AMG GLE53】
    直列6気筒3Lガソリンターボ+マイルドハイブリッド「EQ Boost」
    エンジン出力:435ps/53.0kgm
    モーター出力:22ps/25.5kgm
  • トランスミッション:9速AT
  • 駆動方式:4WD「4MATIC」

メルセデス・ベンツ新型GLEクーペには、ブランドの最新パワートレインが搭載されています。

 

主力となるディーゼルモデルには、メルセデスの乗用車で最高水準の出力を持つ直列6気筒3Lディーゼルターボが搭載され、2ステージターボチャージャーを採用し、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を実現。

 

出力はエントリーモデルとなる350dで272ps/61.2kgm、上位モデルの400dで330ps/71.3kgmまで高められています。

 

ハイスペックモデルとなるAMG GLE53は、435ps/53.0kgmを出力する直列6気筒3Lガソリンターボエンジンに、マイルドハイブリッド「EQ Boost」を組み合わせ。

 

「EQ Boost」は25.5kgmのトルクを持つ電気モーターによりエンジンをアシストし、高い走行性能と環境性能が両立されています。

 

トランスミッションは全車9速オートマチックトランスミッションとされ、エンジン回転数を大幅に低減し、優れたエネルギー効率と快適性が確保されています。

 

新型GLEクーペにはあとからプラグインハイブリッドの設定も予定され、高い環境性能を持つパワートレインとされます。

 

メルセデスベンツ新型GLEクーペの走行システムは?

f:id:carislife:20190828111058j:plain

メルセデス・ベンツ新型GLEクーペの走行システムには、新たに「E-アクティブボディコントロールシステム」が採用されています。

 

「E-アクティブボディコントロールシステム」は、48Vの電気システムを使用し、エアサスペンションのダンパーを各コーナーで個別に制御。

 

オフロードでスタックするような場合には、システムがサスペンションを上げ下げすることでタイヤの接地圧を変化させ、トラクションを向上させることができるようになっています。

 

メルセデスベンツ新型GLEクーペの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼メルセデスベンツ新型GLEクーペの燃費

  • 3Lディーゼル:14.0km/L

新型GLEクーペの燃費は、新世代の3Lディーゼルエンジンで14.0km/Lまで改善されました。

 

前モデルでは13.3km/Lとなっていましたが、新型GLEクーペは大型SUVでも使いやすく仕上げられています。

 

メルセデスベンツ新型GLEクーペの安全装備は?

f:id:carislife:20190828111429j:plain

新型GLEクーペには、メルセデスの最新運転支援システムが搭載されます。

 

システムには「Active Distance Assist Distronic」機能が採用され、常に走行状況を監視することで、渋滞などが検出された場合、予防措置として自動で減速。

 

ドライバーやシステムが、回避操作を余裕をもって行うことができるようになります。

 

メルセデスベンツ新型GLEクーペの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

メルセデス・ベンツ新型GLEクーペの価格は、前モデルの日本価格が900万円からとなっていましたが、最新のパワートレインや装備が搭載されることから変更されます。

 

先にフルモデルチェンジしたGLEクラスでは940万円からとなっており、新型GLEクーペでは1000万円前後の設定になるとみられています。

 

▼参考:メルセデス・ベンツ新型GLEクラスの日本価格

  • GLE 300 d 4MATIC:9,400,000円
  • GLE 400 d 4MATIC:11,090,000円
  • GLE 450 4MATIC スポーツ:11,530,000円

 

メルセデスベンツ新型GLEクーペの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジしたメルセデス・ベンツ新型GLEクーペは、2019年8月28日に発表され、9月に開催されるフランクフルト・モーターショーで一般公開されます。

 

欧州では2019年後半から受注が開始され、日本発売日は2020年になるとみられています。

 

メルセデス・ベンツはGLEクーペを新世代とすることにより、先に発表されたGLEクラスとあわせて、上級SUVをアピールしていきたい考えです。

 

メルセデスベンツGLEクーペを「おさらい」

▼メルセデス・ベンツGLEクラス

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151017/20151017170653.jpg

メルセデス・ベンツ・GLEクーペ(Mercedes-Benz GLE-Coupe)は、初代となる現行モデルが2016年に登場したSUVです。

 

Mクラスの後継モデルとして2015年に登場した「GLEクラス」のクーペSUVバージョンとして制作されました。

 

 モデル名はメルセデス・ベンツ内の新しい命名ルールにより、メルセデスでSUVを表す「GL」に、ブランドの上位モデル「Eクラス」相当の「クーペ」であるということがわかるようになっています。

 

▼メルセデス・ベンツGLCクーペ

f:id:carislife:20180806101812j:plain

下位モデルとして「Cクラス」相当となる「GLCクーペ」もラインナップされ、クーペSUVとして大きなシェアを持つBMWの「X4」や「X6」がライバルに設定されています。

 

新型メルセデス・ベンツGLEクーペについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。