New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【スバル新型レガシィ最新情報】2019年11月8日F型マイナーチェンジ日本発売!B-SPORT/アウトバックX-BREAK/B4の燃費、価格は?

f:id:carislife:20190903134909j:plain

スバルが「レガシィB4」「レガシィアウトバック」のマイナーチェンジを発表しました。

 

改良により魅力をアップするスバル新型レガシィについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します 

 

▼この記事の目次

【最新情報】スバル新型レガシィF型にマイナーチェンジ!

f:id:carislife:20190903134944j:plain

スバルが、上級モデル「レガシィB4」「レガシィアウトバック」のマイナーチェンジを発表しました。

 

スバル・レガシィは、ブランドのフラッグシップモデルとしてラインナップされ、セダンの「レガシィB4」、クロスオーバーの「レガシィアウトバック」を販売。スバル独自の走行システムなどが人気になっています。

 

マイナーチェンジした新型レガシィでは、新グレードや性能をアップした走行システムにより魅力がアップされています。

 

▼スバル新型レガシィアウトバック

【スバル新型レガシィアウトバック最新情報】フルモデルチェンジ!A型2.4Lターボ、発売日や燃費、価格は?

▼スバル新型レガシィB4

【スバル新型レガシィB4最新情報】フルモデルチェンジ!A型2.4Lターボ燃費やサイズ、価格、日本発売は?

 

スバル新型レガシィの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スバル新型レガシィの変更点

  • 「B-SPORT」グレードを新設定。
    ダークメッキを施した専用外装、内装にダークエンボスシルバー加飾パネルなどを採用しながら、他グレードより低価格に設定。
    前モデルまで設定したエントリーグレードを廃止
  • アウトバックのボディカラーに「クールグレーカーキ」を新採用
  • 上級グレードの「Limited」にブラウンレザー内装を追加設定
  • アウトバックに採用する走行システム「X-MODE」に、「SNOW・DIRT」「DEEP SNOW・MUD」の2モードを追加

▽2018年改良での変更点

  • アイサイトのプリクラッシュブレーキ性能を向上
  • ボディカラーに、マグネタイトグレー・メタリック、ストームグレー・メタリック(アウトバックのみ)を追加設定
  • オートビークルホールド(AVH)、セキュリティフードアラームを追加
  • スバル60周年記念特別仕様車「レガシィアウトバックX-BREAK」を設定。
    撥水ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートや、ブラックとイエローグリーンでコーディネートした専用エクステリアなどを装備

 

スバル新型レガシィの外装(エクステリア)デザイン

▼スバル・レガシィB4

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170904/20170904133648.jpg

スバル新型レガシィの外装は、アウトバックとB4の個性を際立たせたデザインが採用されています。

 

グリルには強調した1本のラインをプラスし、あわせて大型のフォルランプベゼルでワイドさをアップ。

 

アウトバックは上質さや力強さ、B4はより上質かつスポーティなデザインに仕上げられています。

 

▼スバル・レガシィアウトバック

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170904/20170904133655.jpg

クロスオーバーモデルとなるレガシィアウトバックは、専用サスペンションによりリフトアップされた車体や、悪路の障害物からボディを守るガードなどが特徴とされています。

 

▼新型レガシィ/レガシィアウトバック「B-SPORT」の専用装備

f:id:carislife:20190903132557j:plain

f:id:carislife:20190903132608j:plain

最新の改良で新設定された「B-SPORT」グレードでは、ダークメッキの専用グリルやエンブレム、ダークグレーメタリックの18インチアルミホイールを採用。

 

f:id:carislife:20190903132605j:plain

ローマウントタイプルーフレールのカラーも、標準のシルバーからブラックに変更されています。

 

▼レガシィアウトバック「クールグレーカーキ」

f:id:carislife:20190903134615j:plain

また、レガシィアウトバックのボディカラーには新たに「クールグレーカーキ」が設定され、デザインを楽しむことができるようになっています。

 

アグレッシブ!新型レガシィアウトバックX-BREAK設定!

▼レガシィアウトバックX-BREAKの画像

f:id:carislife:20180910111139j:plain

f:id:carislife:20180910112723j:plain

スバル新型レガシィには、「レガシィX-BREAK」が設定されています。

 

f:id:carislife:20180910112712j:plain

f:id:carislife:20180910112714j:plain

レガシィX-BREAKは、全面改良を発表したSUV「フォレスター」にも設定されており、専用装備によりアクティブなイメージをアップ。

 

f:id:carislife:20180910112710j:plain

f:id:carislife:20180910112721j:plain

撥水シートやカーゴフロアボードなどにより、使い勝手も引き上げたモデルになっています。

 

f:id:carislife:20180910111141j:plain

▼スバル新型レガシィX-BREAKの専用装備

  • エクステリア
    ・ フロントグリル(ピアノブラック調&ラスターブラック塗装+イエローグリーン加飾)
    ・ ブラックカラードドアミラー
    ・ フロント&リヤドア・サイドクラッディング(フロントはOUTBACKロゴ入り(イエローグリーン))
    ・ OUTBACKリヤオーナメント(ラスターブラック)
    ・ シンメトリカルAWDリヤオーナメント(ラスターブラック)
    ・ 18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)&225/60R18タイヤ
    ・ ルーフレール(クロスバービルトインタイプ)

f:id:carislife:20180910112716j:plain

f:id:carislife:20180910112718j:plain

  • インテリア
    ・ 撥水ファブリック/合成皮革シート(グレー/グレー&ブラック、イエローグリーンステッチ)
    ・ フロントセンターアームレスト(イエローグリーンステッチ)
    ・ メタルメッシュ+ブラック塗装加飾パネル(インパネ、ドアトリム)
    ・ レザー調素材巻ドアトリム&ドアアームレスト(イエローグリーンステッチ)
    ・ インパネアッパートリム(イエローグリーンステッチ)
    ・ 高触感本革巻ステアリングホイール(イエローグリーンステッチ、ブラック加飾、ステアリングヒーター付)
    ・ シフトブーツ(イエローグリーンステッチ)+ピアノブラック調加飾パネル
    ・ 大型マルチインフォメーションディスプレイ付メーター(X-BREAK用ホワイトリング照明付)
    ・ フロント&リヤドア・プルハンドル照明(X-BREAK用ホワイト)
    ・ センタートレイ(X-BREAK用ホワイト照明付)
    ・ カーゴフロアボード(ラゲッジスムーザー機能付)

▼参考:フォレスターX-BREAK

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180518/20180518113915.jpg

▼スバル・フォレスター

【スバル新型フォレスター最新情報】フルモデルチェンジ日本発売日は2018年7月19日!e-BOXERハイブリッド燃費、価格は?

 

スバル新型レガシィのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170904/20170904133659.jpg

▼スバル新型レガシィのボディサイズ

  • 【レガシィB4】
    全長×全幅×全高:4800×1840×1500mm
    ホイールベース:2750mm
    車重:1540kg
    最低地上高:150mm
  • 【レガシィアウトバック】
    全長×全幅×全高:4820×1840×1605mm
    ホイールベース:2745mm
    車重:1570kg
    最低地上高:200mm

スバル新型レガシィのボディサイズは、現行モデルで主力市場の米国を意識し全幅が+60mmと大幅に拡大され、居住性がアップされています。

 

クロスオーバーとなるレガシィアウトバックは、専用のデザインにより全長+20mmとされ、最低地上高はSUVにも匹敵する200mmまで高めることで悪路も安心して走行することができるようになっています。 

 

スバル新型レガシィの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180829094005j:plain

スバル新型レガシィの内装は、上級モデルとして質感がアップされています。

 

▼新型レガシィ/レガシィアウトバック「B-SPORT」の専用装備

f:id:carislife:20190903135721j:plain

f:id:carislife:20190903132601j:plain

新設定された「B-SPORT」グレードでは、専用のウルトラスエード/本革シート、ダークエンボスシルバー加飾パネルを採用。

 

f:id:carislife:20190903133440j:plain

上級グレードの「Limited」には、モダンさとスポーティさを表現したブラウンレザー内装が新設定されました。

 

f:id:carislife:20180829094008j:plain

f:id:carislife:20180829094010j:plain

レガシィシリーズでは、インストルメントパネルにダブルステッチを使用し、後席にはUSB電源を備え、オートドアロック機能の採用により利便性を向上。

 

f:id:carislife:20180829094012j:plain

インテリアカラーにはシックなブラックのほか、トーンをアップするアイボリーも用意されています。

 

▼スバル新型レガシィの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高
    レガシィB4:2030×1545×1220mm
    レガシィアウトバック:2030×1545×1240mm

 

スバル新型レガシィのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180829094905j:plain

▼スバル新型レガシィのエンジンとスペック

  • 水平対向4気筒2.5L「FB25型」【日本仕様】
    最高出力:175ps/5800rpm
    最大トルク:24.0kgm/4000rpm
  • 水平対向6気筒3.6L「EZ36型」【米国仕様】
    最高出力:260ps/6000rpm
    最大トルク:34.2kgm/4400rpm
  • トランスミッション:7速マニュアルモード付CVT「リニアトロニック」
  • 駆動方式:4WD「シンメトリカルAWD」

スバル新型レガシィのパワートレインには、改良された水平対向2.5L自然吸気エンジンが搭載されています。

 

2.5Lガソリンエンジンは、エンジンの部品軽量化、フリクション低減、制御見直しや、リニアトロニックチェーン改良により静粛性と燃費を向上。

 

あわせて足回りは、サスペンションのチューニング変更、電動パワーステアリング改良により、フラットな乗り心地と安定感のあるリニアなハンドリングが実現されています。

 

最新の改良では、アウトバックに採用する走行システム「X-MODE」に、雪道や砂利道など滑りやすい道を走行する時に使用する「SNOW・DIRT」、深雪やぬかるみといったタイヤが埋まってしまうような道を走行する時に使用する「DEEP SNOW・MUD」の2つのモードを新設定。

 

悪路走破性が高められています。

 

スバル新型レガシィの走りを試乗動画でチェック!

スバル新型レガシィは、試乗動画が公開されています。

 

質感がアップした走行性能が高い評価を受けています。

 

スバル新型レガシィの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スバル新型レガシィの燃費

  • 14.8km/L(B4/アウトバック同値)

スバル新型レガシィの燃費は、2.5Lと走行性能を重視した排気量ながら14.8km/Lの低燃費に仕上げられています。

 

C型までは14.6km/Lとされていましたが、D型への改良時にエンジンパーツの軽量化などが実施され、フィーリングアップとともに燃費も改善しました。

 

スバル新型レガシィの安全装備は?

f:id:carislife:20180910111717j:plain

スバル新型レガシィの安全装備には、改良された「アイサイト」が全車標準搭載されています。

 

改良ではアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良し、アイサイトの認識対象が、車両と同一方向に進行する歩行者や自転車であった場合、減速制御の作動タイミングを早期化することで、衝突回避の可能性を向上。

 

また、低速走行中、前方に障害物がある状態で誤ってアクセルを踏み込んだと判断した場合には、プリクラッシュブレーキを作動させることで、衝突回避をアシストする機能が追加されています。

 

スバル新型レガシィの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼スバル新型レガシィの価格

  • レガシィアウトバック
    B-SPORT:3,410,000円
    X-BREAK:3,465,000円
    Limited:3,630,000円
  • レガシィB4
    B-SPORT:3,135,000円
    Limited:3,300,000円

スバル新型レガシィの価格は、前モデルで設定されていたエントリーグレードが廃止されたことで、スタート価格がアップしています。

 

専用の外装を採用するレガシィアウトバックXブレークは346万5000円とされ、アウトバックの中間グレードになっています。

  

▼参考:スバル・レガシィの価格(前モデル)

  • レガシィB4:3,024,000円
  • レガシィB4「Limited」:3,240,000円
  • レガシィアウトバック:3,294,000円
  • レガシィアウトバック「Limited」:3,564,000円
  • レガシィアウトバック「X-BREAK」:3,402,000円

 

スバル新型レガシィの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジするスバル新型レガシィF型は、2019年9月3日に発表、発売日は11月8日とされました。

 

レガシィシリーズは海外でフルモデルチェンジした新型が発表されていますが、2019年の日本への導入は見送られ、2020年の発売が予定されています。

 

スバル・レガシィを「おさらい」

▼スバル・レガシィ(初代)

Subaru legacy rs-ra 02.jpg

スバル・レガシィ(LEGACY)は、初代が1989年に登場したセダンとワゴンのボディタイプを持つモデルです。

 

モデル名のレガシィは英語で「遺産」を表す言葉が由来となっており、「後世に受け継ぐもの」という意味を持つことから採用されました。

 

初代は富士重工業の倒産が噂されるほどの経営難の中で開発され、状況を打開するために大規模な組織改革を行い、1966年発売のスバル・1000から改良されてきたプラットフォームを完全新設計品に変更。

 

エンジンには、現在でも使用される水平対向4気筒「EJ」型を新開発し搭載。

 

前後輪へのトルク配分を6対4から無段階に変化させる「アクティブ・トルク・スプリット4WD(ACT-4)」も採用したことで人気車となり、「インプレッサ」が登場するまで世界ラリー選手権(WRC)に参戦。

 

ニュージーランド・ラリーでは、コリン・マクレーがドライブするレガシィがスバル初のWRC優勝を獲得しました。

 

▼スバル・レガシィ(2代目)

Subaru legacy bd5 ts 1 f.jpg

▼スバル・レガシィ(3代目)

Subaru Legacy B4 (16912117199).jpg

1993年登場の2代目、1998年の3代目では、ライバル車が車体幅を拡大し3ナンバー化するとともに排気量をアップしたのに対し、レガシィは5ナンバーサイズを維持。

 

結果、セダンの「B4」とツーリングワゴンのボディタイプそれぞれが、上級車にも負けない走行性能を持つスポーツセダン、スポーツワゴンとして話題になり、好調な販売を記録しました。

 

また、2代目から悪路走行向け装備を装備する「アウトバック」をラインナップしクロスオーバーSUVの先駆け的存在になり、郊外に未舗装路が多い北米で大ヒットしたことから現行モデルでもラインナップされています。

 

▼スバル・レガシィ(4代目)

79419.jpg

2003年に登場した4代目では、欧州市場への対応や衝突安全性能向上のために、ボディの全幅を35mm拡大し3ナンバー化。

 

しかし、アルミニウムや高張力鋼板を採用することで、ボディ剛性をアップしながらも100kgに近い軽量化を実現。

 

生産は日本と米国の2カ国体制になりました。

 

▼スバル・レガシィ(5代目)

Subaru Legacy B4 BM.jpg

2009年に登場した5代目では全幅を+50mmの1780mmまで拡大したことから、北米でスバル車の販売拡大に貢献。

 

2014年発売の6代目現行モデルでは、北米をメインターゲットとし全幅が1840mmに大きく変更されました。

 

6代目の登場にあわせ、5代目までレガシィが担当してきたツーリングワゴンを新モデルの「レヴォーグ」が引き継ぎ、レガシィはセダンの「B4」とクロスオーバーの「アウトバック」の2タイプになっています。
 

新型スバル・レガシィについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。