車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【三菱新型パジェロ最新情報】フルモデルチェンジ!PHEV/ディーゼル、サイズ、燃費、価格は?

f:id:carislife:20180920084150j:plain

三菱が、フラッグシップSUV「パジェロ」のフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。

 

新世代とすることで魅力をアップする三菱新型パジェロについて、変更点やスペック、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】三菱新型パジェロにフルモデルチェンジへ!

f:id:carislife:20180920084433j:plain

三菱が、「パジェロ」のフルモデルチェンジを計画しています。

 

三菱パジェロは、ブランドのフラッグシップSUVとしてラインナップされ、パリ・ダカールラリーなどでの活躍により、世界的にも高い知名度を持つモデルとなっています。

 

フルモデルチェンジする新型パジェロでは、新世代の技術により大きくスペックを進化させ、長期間販売されてきた現行モデルを置き換える予定です。

 

三菱新型パジェロの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型パジェロPHEVの変更点

  • 新世代のエクステリア、インテリアデザインを採用
  • 剛性を強化したラダーフレームにより乗り心地を上げ、室内空間を拡大
  • プラグインハイブリッドパワートレインを搭載
  • ディーゼルエンジンモデルを設定

 

三菱新型パジェロの外装(エクステリア)デザイン

▼パジェロスポーツ

f:id:carislife:20180920085532j:plain

三菱新型パジェロの外装は、新しいブランドデザインによりタフなデザインとされます。

 

デザインは、海外で販売されているミドルクラスSUV「パジェロスポーツ」からくるものとされ、フロントには三菱車を象徴する「ダイナミックシールド」デザインが採用されます。

 

f:id:carislife:20180920085534j:plain

装備には、LEDヘッドライトやスキッドプレートを採用し、先進的なイメージに三菱の伝統的なSUVの力強さがプラスされます。

 

また、空力性能を向上させるボディラインやリアスポイラーなどにより、走行性能や環境性能も高める設計となります。

 

三菱新型パジェロを現行モデルと比較!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161027/20161027162813.jpg

三菱新型パジェロを現行モデルと比較すると、印象の変化がより大きく感じられます。

 

現行モデルのパジェロには前世代の三菱車のデザインが採用されていますが、新型パジェロでは薄型LEDヘッドライトなどの新技術も取り入れることでデザインの自由度がアップします。

 

三菱新型パジェロのボディサイズ、ラダーフレームは?

f:id:carislife:20180920090619j:plain

三菱新型パジェロのボディサイズは、現行モデルで全長4.9mの堂々たるサイズとなっていることから大幅な変更はないとみられています。

 

しかし、ホイールベースを延長することで空間の効率をあげ、室内を拡大。

 

f:id:carislife:20180920091741j:plain

プラットフォームには現行モデルと同じく、モノコックボディに前後貫通したはしご状のラダーフレームを溶接し剛性をあげる「ラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディ」が採用され、設計を見直すことで耐久性や快適性を大きく向上します。

 

▼参考:三菱パジェロのボディサイズ(現行モデル)と比較

  • 全長×全幅×全高:4900×1875×1870mm
  • ホイールベース:2780mm
  • 車重:2130kg
  • 参考
    ・三菱アウトランダー
     全長×全幅×全高:4695×1810×1710mm
     ホイールベース:2670mm
     車重:PHEV:1890kg、ガソリン:1490kg

  

三菱新型パジェロの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180823153039j:plain

三菱新型パジェロの内装は、新世代の装備により高い使い勝手が追求されます。

 

インフォテインメントシステムには大型のディスプレイが採用され、タッチや音声認識による操作に対応。

 

スマートフォンとの連携を高めることで、より幅広い情報がドライバーに提供されます。

 

f:id:carislife:20180920085536j:plain

インテリアトリムは、クロームや木目などを採用することで重厚な仕上げとされ、フラッグシップSUVの存在感がプラスされます。

  

室内空間はボディ設計を大幅に進化させることで拡大し、現行モデルで下位のアウトランダーに譲っていた室内長も延長。使いやすい高さのあるスペースとされます。

 

▼参考:三菱パジェロの室内サイズ(現行モデル)と比較

  • 室内長×室内幅×室内高
    パジェロ:2535×1525×1235mm
    アウトランダーPHEV:1900×1495×1235mm
    アウトランダー(ガソリン):2580×1495×1265mm
  • 乗車定員
    パジェロ:7人乗り
    アウトランダー:PHEV 5人乗り、ガソリン車 7人乗り

 

三菱新型パジェロのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180920093205j:plain

▼三菱新型パジェロのパワートレインとスペック

  • 【パジェロPHEV】
    パワートレイン:直列4気筒2.4L「MIVEC」+電気モーター×2基
    ・エンジン出力:128ps/20.3kgm
    ・モーター出力
     フロント:82ps/14.0kgm
     リア:95ps/19.9kgm
    ・バッテリー容量:リチウムイオンバッテリー13.8kWh
    ・EV最高速度:135km/h
  • 【パジェロ】
    直列4気筒3.2Lディーゼルターボ
    出力:190ps/45.0kgm
    トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:4WD

三菱新型パジェロのパワートレインには、2018年8月に大幅改良を受けた「アウトランダーPHEV」にも搭載されたプラグインハイブリッドと、大排気量クリーンディーゼルエンジンが搭載されます。

 

f:id:carislife:20180920094859j:plain

パジェロPHEVに搭載されるシステムは、新設計された駆動用バッテリーとエンジンを搭載し、モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、前世代のプラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち約9割ものコンポーネントが改良されています。

 

エンジン排気量を2Lから2.4Lに変更することで上位SUVのパジェロにも対応できるようになっており、カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により高膨張比サイクル(アトキンソンサイクル)化により、低回転域で効率のよい発電が可能になっています。

 

▼新世代駆動用バッテリー

f:id:carislife:20180920094529j:plain

さらに駆動用バッテリーの容量は15%向上され、出力も10%向上。

 

ジェネレーターやリアモーターの出力も10%向上させることにより、力強い走りが実現されています。

 

その他、新型パジェロには、改良により性能をアップする直列4気筒3.2Lディーゼルエンジンも設定され、トランスミッションを現行モデルの5速ATから8速ATに多段化させることで、より高い走行性能を発揮することができるようになります。

  

三菱新型パジェロの走行システムは?

f:id:carislife:20180221113337j:plain

新型パジェロPHEVには、進化した車両運動統合制御4WDシステム「S-AWC」が搭載されます。

 

「S-AWC」には、「NORMAL」「4WD LOCK」「SPORT」「SNOW」の走行モードが用意され、シーンにあわせて最適な運動性能を発揮できるようになります。

 

f:id:carislife:20180920095153j:plain

ディーゼルモデルには、後輪駆動とフルタイム4WD、センターデフロック、ローギヤデフロック4WDを選択できる「スーパーセレクト4WD」を採用することで、世界トップクラスと評価されるオフロード性能が魅力とされます。

  

三菱新型パジェロの燃費やPHEV充電時間は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

三菱新型パジェロの燃費は、プラグインハイブリッドパワートレインを搭載することで大幅に向上します。

 

プラグインハイブリッドシステムは、アウトランダーPHEVのWLTCモードで総合16.4km/Lとなっており、65kmのEV航続距離を使うことで日常の走行を電気のみで余裕をもってこなすことができるようになっています。 

 

パジェロPHEVでも15km/L前後の燃費が見込まれ、新型パジェロでは3.2Lディーゼルもトランスミッションを多段化することで12km/L前後に燃費をアップするとみられています。

 

▼参考:三菱パジェロの燃費(現行モデル)と比較

  • 【パジェロ】
    3.2Lディーゼル:10.4km/L
    3Lガソリン:8.0km/L
  • 【アウトランダーPHEV】
    ・JC08モード燃費:18.6km/L
    ・WLTCモード燃費(新燃費基準/PHEVのみ公開)
     複合:PHEV 16.4km/L
     市街地モード:PHEV 15.4km/L
     郊外モード:PHEV 16.8km/L
     高速道路モード:PHEV 16.8km/L
    ・EV航続距離:65km
    ・普通充電時間(200V):4.5時間
    ・急速充電時間:約25分(バッテリー容量の80%まで)

   

三菱新型パジェロの安全装備は?

f:id:carislife:20180823152504j:plain

三菱新型パジェロの安全装備には、三菱の先進システム「e-Assist」が採用されます。

 

現行モデルは設計が古いことから先進システムへの対応が難しく、非搭載となっていました。

 

システムには、衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」や誤発進抑制機能、アダプティブクルーズコントロールなどが装備され、フラッグシップモデルとして高い安全性が確保されます。

 

三菱新型パジェロの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

三菱新型パジェロの価格は、PHEVモデルの設定や装備の充実によりアップします。

 

アップ幅は現行モデルから20万円前後とみられ、前モデルでは対応が難しかった先進装備を標準搭載します。

 

パジェロPHEVは、アウトランダーPHEVから70万円ほど価格をアップした460万円ほどに設定され、ディーゼルの上級モデルとも比較できるラインナップになると考えられています。

  

▼参考:三菱パジェロの価格(現行モデル)

  • SUPER EXCEED(ディーゼル):4,951,800 円
  • EXCEED(ディーゼル):4,282,200 円
  • GR(ディーゼル):3,751,920 円
  • EXCEED(ガソリン):3,839,400 円
  • GR(ガソリン):3,277,800 円

 

三菱新型パジェロの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジする三菱新型パジェロの発売日は、2019年が予定されています。

 

三菱は2006年から販売を継続しているフラッグシップSUVのパジェロを新世代とすることで、得意とするSUV市場での存在感をアップしていきたい考えです。

 

三菱・パジェロを「おさらい」

▼三菱・パジェロ(初代)

Mitsubishi Pajero LF.jpg

三菱・パジェロ(PAJERO)は、初代が1982年に登場した三菱自動車のフラッグシップSUVです。

 

「PAJERO」の車名の由来は、チリ・アルゼンチン地方南部のパタゴニア地方に生息するヤマネコの「パジェロキャット」からとったものとなっており、野性味と美しさを調和したイメージから採用されました。

 

スペインでは「猟師」を意味する「Montero」、イギリスでは日本語の「将軍」から「SHOGUN」というモデル名で販売されています。

 

初代は、1973年の第20回東京モーターショーに4輪駆動車の代名詞的存在になっていた「三菱・ジープ」の名前を採用するコンセプトカー「ジープパジェロ」が出品されました。

 

ラダーフレームやサスペンションなどは三菱が製造していたピックアップトラック「フォルテ」をベースとし、フロント車軸をエンジンよりも前に置くことで前後重量バランスを50:50としたフロントミッドシップレイアウトが採用され、現行モデルまで続くパジェロの特徴となりました。

 

▼三菱・パジェロ(2代目)

Mitsubishi pajero v44w kickuproofxp 1 f.jpg

1991年に登場した2代目では、世界初の「スーパーセレクト4WD」を採用。

 

「スーパーセレクト4WD」は、トランスファーにビスカスLSD付きセンターデフを追加し、通常の4WD時にはセンターデフを持つフルタイム4WDと同等の舗装路での走行性能を確保。

 

センターデフロック機構も装備し、パートタイム4WDとフルタイム4WDのメリットを両立したシステムとし、路面状況を選ばず高い走行性能が発揮できるようになりました。

 

▼三菱・パジェロ(3代目)

Mitsubishi pajero v75w longexceed 1 f.jpg

1999年に登場した3代目では、シャーシをそれまでのラダーフレームから、モノコックボディにラダーフレームを熔接する「ラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディ」に変更することで車重をロングボディで約100kg軽量化。

 

低重心化により優れた操縦安定性と乗り心地を実現するのとあわせ、曲げ、捩り剛性ともに従来の約3倍にまで引き上げられました。

 

4WDシステムも「スーパーセレクト4WD II」へと進化し、前後の駆動配分を自動的にフロント33から50、リヤ67から50の範囲で電子制御することができるようになりました。

 

現行モデルの4代目は2006年に登場。ラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディやスーパーセレクト4WD IIを前モデルから引き継ぎ、高張力鋼板の採用、溶接部位の拡大、構造用接着剤の使用などによりさらなるボディ剛性を確保。


ボディタイプには5ドアのロングと3ドアのショートが設定されましたが、ショートボディは2018年2月に生産が終了されました。

 

新型三菱パジェロについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!