車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【三菱新型eKワゴン最新情報】2019年フルモデルチェンジ!eKワゴンEVやカスタム、燃費、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180529/20180529121316.jpg

三菱が、軽自動車「eKワゴン」のフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。

 

新世代とし魅力をアップする三菱新型eKワゴンについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】三菱新型eKワゴンにフルモデルチェンジへ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180529/20180529120800.jpg

三菱が、軽自動車「eKワゴン」のフルモデルチェンジを予定しています。

 

三菱eKワゴンはブランドの主力軽自動車としてラインナップされ、日産デイズと共同開発された兄弟車となっています。

 

フルモデルチェンジする三菱新型eKワゴンでは、高環境性能モデルとして電気自動車を設定。

 

クラストップの安全装備を採用するなど、軽自動車の枠を超えた最新モデルとなります。

 

▼三菱eKワゴン(現行モデル)

【三菱新型eKワゴン最新情報】マイナーチェンジ発売!eKカスタムやACTIVE GEAR、スペック、燃費、価格は?

▼三菱eKスペース

【三菱新型eKスペース最新情報】フルモデルチェンジ2020年発表!カスタム、燃費、価格は?

 

三菱新型eKワゴンの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型eKワゴンの変更点

  • 電気自動車バージョン「eKワゴンEV」を設定
  • 新世代のエクステリア、インテリアデザインを採用
  • パワートレインの出力を向上し、より快適な走行性能を実現
  • 安全システムに、一部自動運転機能「プロパイロット」を装備

 

三菱新型eKワゴンの外装(エクステリア)デザイン

▼eKワゴン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180529/20180529120848.jpg

三菱新型eKワゴンの外装は、馴染みやすさを持ちながらもボディラインを強調したスタイリッシュなデザインとなります。

 

▼eKカスタム

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180529/20180529120851.jpg

引き続き設定される新型eKカスタムは、大型のグリルやサイドを強調したバンパーなどにより、先進性をアピールする表情とされます。

 

これによりベースモデルとの差別化を進め、新世代のeKワゴンに採用する最新技術を標準装備する上位モデルとしての魅力がつくられます。

 

三菱新型eKワゴンのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180529/20180529121741.jpg

三菱新型eKワゴンのボディサイズは、軽自動車規格をいっぱいまで使用した全長、全幅により、現行モデルから維持されます。

 

しかし、基礎から見直すことで、ボディ剛性をアップしながら軽量化を実施することで、より軽快さが感じられる設計となります。

 

▼参考:三菱eKワゴンのボディサイズ(現行モデル)と比較

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1620mm
  • ホイールベース:2430mm
  • 最低地上高:150mm
  • 車重:830kg
  • 参考
    ・eKスペース
     全長×全幅×全高:3395×1475×1775mm
     ホイールベース:2430mm
     最低地上高:150mm
     車重:920kg

  

三菱新型eKワゴンの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180529/20180529122048.jpg

三菱新型eKワゴンの内装は、質感をアップすることで上級を意識した作りとなります。

 

▼eKカスタム

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180529/20180529121940.jpg

eKカスタムでは、ブラックのインテリアパネルやシートを採用することでスポーティなデザインとされます。

 

室内空間は新世代プラットフォームにより拡大され、電気自動車バージョンでもバッテリーをフロア下部に配置することでガソリン車同等の空間に仕上げられます。

 

▼参考:三菱eKワゴンの室内サイズ(現行モデル)

  • 室内長×室内幅×室内高:2028×1295×1280mm
  • 乗員:4人乗り

 

三菱新型eKワゴンのエンジンとスペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180529/20180529122434.jpg

▼三菱新型eKワゴンのエンジンとスペック

  • 直列3気筒660cc
    出力:53ps/6.2kgm
  • 直列3気筒660ccターボ
    出力:64ps/10.5kgm
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

三菱新型eKワゴンのエンジンには、軽自動車規格に対応しながら、改良により走行性能をあげる直列3気筒660ccエンジンが搭載されます。

 

▼参考:三菱eKワゴン(現行モデル)のスペック

  • 直列3気筒660cc
    出力:49ps/6.0kgm
  • 直列3気筒660ccターボ
    出力:64ps/10.0kgm

eKワゴンの現行モデルでは自然吸気エンジンの出力が49psとなっており、スズキとダイハツの52ps、ホンダの58ps軽自動車エンジンに走行性能で譲っていました。

 

近年、軽自動車でも走行性能に注目するユーザーが増えたことから、新型eKワゴンではエンジン内部の低フリクション化やセッティングの熟成を進め、走行性能がアップされます。

 

ターボエンジンは軽自動車の64ps自主規制から最高出力に変更はありませんが、低回転でのトルクが太くされます。

 

新型eKワゴンではこれらの変更に軽量化した車体をあわせることで、これまでより一段上の走行性能が実現されます。

 

三菱新型eKワゴンに電気自動車(EV)を設定!

f:id:carislife:20181005090423j:plain

▼三菱新型eKワゴンEVのスペック

  • パワートレイン:電気モーター
  • 最高出力:64ps
  • 最大トルク:16.5kgm
  • 航続距離:220km
  • 駆動方式:FF

三菱新型eKワゴンには、三菱と日産がラインナップ強化を予定する電気自動車が設定されます。

 

新型eKワゴンEVは、三菱が製造していた軽電気自動車「i-MIEV」の後継モデルとして制作されます。

 

i-MIEVはグループ最小の電気自動車として販売されていますが、2018年の改良で衝突安全性確保の課題からボディサイズを拡大し、軽自動車から登録車に変更されていました。

 

新型eKワゴンEVでは、再度軽自動車とすることで今後増加が見込まれるカーシェアへの需要に対応します。

 

同時に、航続距離もi-MIEVの164kmから、最新のバッテリーと効率化された車体設計ににより220kmに延長し実用性をアップします。

 

▼三菱i-MiEV

【三菱新型i-MiEV最新情報】マイナーチェンジ!航続距離や充電時間、価格は?

 

三菱新型eKワゴンの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

三菱新型eKワゴンの燃費は、軽量化される車体によりアップします。

 

現行モデルは燃費偽装の問題から最高25.8km/Lとされていましたが、基礎から再度開発を行うことで30km/Lほどの燃費が見込まれ、アップする走行性能とあわせアピールされます。

 

▼参考:三菱eKワゴンの燃費(現行モデル)

  • 660cc自然吸気:25.8km/L
  • 660ccターボ:23.2km/L

  

三菱新型eKワゴンの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180529/20180529122719.jpg

三菱新型eKワゴンの安全装備には、同グループになった日産が持つ先進安全技術「プロパイロット」が採用されます。

 

プロパイロットは、これまでミニバンのセレナやSUVのエクストレイルに採用され、ステアリングやアクセルの操作をクルマに任せることができる一部自動運転技術として人気になっています。

 

新型eKワゴンでは、軽自動車初の一部自動運転採用車とすることで安全性でライバルをリードするとともに、設定を予定する電気自動車モデルの利用拡大にもつなげたい考えです。

  

三菱新型eKワゴンの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

三菱新型eKワゴンの価格は、エントリーモデルで大幅な価格変更はされない見込みです。

 

しかし、上位モデルでは先進安全装備を搭載することから10万円ほどの価格アップとなります。

 

設定が予定される電気自動車バージョンは、三菱i-MIEV同等の290万円ほどとされ、15万円前後の補助金を受け取ることができるようになります。

 

▼参考:三菱eKワゴンの価格(現行モデル)

  • T Safety Package
    FF:1,473,120円、4WD:1,580,040円
  • G Safety Package
    FF:1,413,720円、4WD:1,520,640円
  • M e-Assist
    FF:1,220,400円、4WD:1,327,320円
  • E e-Assist
    FF:1,109,160円 
  • eKワゴン G Safety PLUS Edition
    FF:1,413,720円、4WD:1,520,640円
  • eKワゴン M e-Assist PLUS Edition
    FF:1,220,400円、4WD:1,327,320円

▽eKカスタムの価格

  • T Safety Package
    FF:1,594,080円、4WD:1,701,000円
  • G Safety Package
    FF:1,512,000円、4WD:1,618,920円
  • eKカスタム ACTIVE GEAR
    FF:1,702,080円、4WD:1,809,000円
  • eKカスタム T Safety PLUS Edition
    FF:1,594,080円、4WD:1,701,000円

 

三菱新型eKワゴンの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジする三菱新型eKワゴンの発売日は、2019年6月が予定されています。

 

電気自動車バージョンはベースモデルから遅れ、2020年半ばに投入される予定です。

 

三菱は軽自動車ラインナップを新世代とすることで、ユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

三菱eKワゴンを「おさらい」

▼参考:日産デイズ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180529/20180529093234.jpg

三菱eKワゴンは、初代が2001年に登場した軽自動車です。

 

車名の由来は「excellent K-car」の頭文字と、「いい軽」の語呂合わせになっています。

 

初代と2代目は三菱が開発と製造を手がけ、日産ではOEMモデル「オッティ」が販売されていました。

 

2013年に登場した3代目は、開発を日産と三菱自動車の合弁会社NMKVが担当し、日産デイズと共同開発されました。

 

2016年4月に三菱自動車の燃費改ざん問題から一時販売中止となりましたが、排ガス値や保安基準などの基準を満たしていたことから型式指定の取り消しは行われず、2016年7月に販売が再開されました。

 

車体は2代目までが軽セミトールワゴンに分類されていましたが、3代目から全高をアップすることで軽トールワゴンにクラスアップし、広い室内空間が確保されています。

 

新型三菱eKワゴンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!