車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ベントレー新型コンチネンタルGT最新情報】コンバーチブル発表!燃費やサイズ、価格は?

f:id:carislife:20181129094234j:plain

ベントレーが、「コンチネンタルGT」の新モデルを発表しました。

 

新モデルにより魅力をアップするベントレー新型コンチネンタルGTについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新型コンチネンタルGTコンバーチブル発表!

▼ベントレー新型コンチネンタルGTコンバーチブルの画像

f:id:carislife:20181129094543j:plain

ベントレーは、高級スポーツカー「コンチネンタルGT」の新モデルとなる「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表しました。

 

ベントレー・コンチネンタルGTは、超高級車を手がけるベントレーの2ドア4シーターモデルとしてラインナップされ、2017年に3世代目としてフルモデルチェンジしたクーペが公開されていました。

 

新モデルとして発表された新型コンチネンタルGTコンバーチブルは、クーペからくる圧倒的性能と存在感に、ブランドが持つ最上級のラグジュアリー性を融合したモデルとして制作されています。

 

▼ベントレー新型コンチネンタルGTコンバーチブルの動画

▼ベントレー・ベンテイガ

【ベントレー新型ベンテイガ最新情報】ハイブリッド公開!W12/V8やスペック、価格、燃費、ボディサイズは?

 

ベントレー新型コンチネンタルGTの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ベントレー新型コンチネンタルGTの特徴

  • ボディのデザインラインに、500℃でアルミパネルを成形する「スーパーフォーミング」を生産車初採用
  • ポルシェ新型「パナメーラ」にも採用されたプラットフォームをベースとしながら、82%を専用開発
  • 48Vの電制可変ロールコントロールシステムにより走行性能と快適性を両立
  • インテリアに3面式センターパネルを採用し、ウッドパネルがエンジン始動と同時に回転。3種類のメーターから選択し利用可能

 

ベントレー新型コンチネンタルGTの外装(エクステリア)デザイン

▼ベントレー新型コンチネンタルGT(クーペ)の画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140649.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140655.jpg

ベントレー新型コンチネンタルGTの外装は、ブランドが持つ強い存在感を持ちながらも、最新の成形技術を採用することで上質なデザインに仕上げられています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140520.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140526.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140531.jpg

解析により空力特性が改善されたボディは、500℃でアルミパネルを成形する「スーパーフォーミング」を生産車初採用することで制作。

 

歴代モデルが持っていたボリューム感が、滑らかなラインに修正され実現されています。

  

加えて、新型コンチネンタルGTでは、前輪を前モデルから135mm前側に移動させることにより、エレガントなスタイルが追求されています。

 

▼ベントレー新型コンチネンタルGTコンバーチブルの画像

f:id:carislife:20181129095814j:plain

f:id:carislife:20181129095826j:plain

追加設定されたオープンモデルの新型コンチネンタルGTコンバーチブルでは、クーペが持つデザインとオープン時のインテリアのコントラストを調和。

 

フロントのデザインはクーペと同じになっていますがリアは専用に設計され、リアライト上部の形状を変更するとともに、ガーニースポイラーとリップを大型化しダウンフォースのバランスがとられています。

 

f:id:carislife:20181129095817j:plain

f:id:carislife:20181129095823j:plain

ソフトトップは48km/h以下で19秒で開閉することができるようになっており、前モデルからノイズを3デシベル低減。

 

カラーもオーナーの好みにあわせ、複数から選択できるようになっています。

 

▼ベントレー新型コンチネンタルGTの動画

 

ベントレー新型コンチネンタルGTのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140701.jpg

▼ベントレー新型コンチネンタルGTのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4850×1954×1405mm
  • ホイールベース:2856mm
  • 車重:2250kg(コンバーチブルは+160kg)
  • 前後重量配分:55:45

ベントレー新型コンチネンタルGTのボディサイズは、前世代からホイールベースが+110mmとなっています。

 

この変更とあわせ前輪を135mm前側に移動させることで、魅力的なプロポーションがつくられています。

 

車重は歴代モデルで上質な走りの追求のため重くなっていましたが、新型コンチネンタルGTでは70kg軽量化。

 

同時に前後重量バランスも58:42から55:45に改善。


オープントップ機構と専用の補強を持つコンバーチブルの重量増は160kgになっていますが、前世代から5%の剛性アップと20%の軽量化が実現されています。

 

ベントレー新型コンチネンタルGTの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140536.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140623.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140627.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140633.jpg

ベントレー新型コンチネンタルGTの内装は、最上級素材を熟練の職人が加工することにより、最高品質の空間に仕上げられています。

 

12ウェイ調整式のシートには、ヒーターとベンチレーターのほか、マッサージ機能を搭載することで、快適なドライブ体験を提供。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140550.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140556.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140602.jpg

新型コンチネンタルGTの特徴となるセンターパネルは、通常隠された状態になる2面を含め3つのパネルを持っており、ウッドパネルがエンジン始動と同時に回転。

 

12.3インチタッチセンターディスプレイ、もしくは温度とコンパスとクロノの3メーターを選択することができるようになっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140645.jpg

メーターは高級車で人気になっているデジタル式とされ、多彩な情報がドライバーにわかりやすく表示されます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140613.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170830/20170830140608.jpg

2ドアモデルのため、後席には自動で動くフロントシートを倒して乗り込むことになりますが、後部にも高級セダン以上の空間が確保されています。

 

f:id:carislife:20181129102333j:plain

オープンモデルとなる新型コンチネンタルGTコンバーチブルでは、チーフデザイナーがコンバーチブルで最重要とする滑らかなトノーライン(リアシート後部のルーフ格納部)を追求。

 

オープン状態でボディラインの一部となる美しさが実現されています。

 

f:id:carislife:20181129102335j:plain

その他、ネックウォーマーやヒーテッドアームレストは新設計とすることで、より高い快適性を実現。

 

室内空間のサイズはクーペと同じになっていますが、ルーフを格納するためにラゲッジスペースはクーペより123L少ない235Lとなっています。

 

ベントレー新型コンチネンタルGTのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20181129103914j:plain

▼ベントレー新型コンチネンタルGTのエンジンとスペック

  • エンジン:W型12気筒6Lガソリンターボ
  • 最高出力:635ps/6000rpm
  • 最大トルク:91.8kgm/1350-4500rpm
  • 0-100km/h加速:3.7秒(コンバーチブルは+0.1秒)
  • 最高速度:333km/h(同コンバーチブル)
  • トランスミッション:8速デュアルクラッチ
  • 駆動方式:4WD

ベントレー新型コンチネンタルGTのエンジンには、最上級の走行性能を実現するW型12気筒6Lターボが搭載されています。

 

この12気筒エンジンは、前世代に採用されていたモデルの大幅改良バージョンとなっており、出力を45ps/18.4kgmも向上。

 

これにより0-100km/h加速タイムをクーペで0.8秒短縮し、最高速度+14km/hを実現。

 

3000rpm以下での6気筒休止システムも採用することで環境性能も改善しています。

 

組み合わせる8速デュアルクラッチトランスミッションは、コンフォートとスポーツモードを搭載し、シーンにあわせた選択が可能に。

 

7速と8速はクルージングに使用し、スポーツ走行時は最大6速を選択するようになっています。

 

オープンモデルのコンチネンタルGTコンバーチブルも同じパワートレインを採用し、100km/hまでの加速タイムは+0.1秒、最高速度は同じと、クーペとの性能差が小さくなっています。

 

ベントレー新型コンチネンタルGTの走行システムは?

f:id:carislife:20181129104712j:plain

ベントレー新型コンチネンタルGTの走行システムには、48Vを使うことでレスポンスをアップした電動式アクティブ・アンチロール・システムが装備されています。

 

ドライブモードは、スポーツ/コンフォート/ベントレー(バランス)/カスタムの4モードが用意され、あらゆるシーンに最適な乗り味を提供。

 

また、アクティブ式4WDとトルクベクタリングシステム、ベントレー初採用となる3チャンバーエアサスペンションなどにより、走りの質感もアップしています。

 

ブレーキはフロントに420mm10ピストン、リアに380mm4ピストンが採用され、大きいストッピングパワーを安定して発揮できるようになっています。

 

ベントレー新型コンチネンタルGTを試乗動画でチェック!

ベントレー新型コンチネンタルGTは、試乗動画が公開されています。

 

世界最高峰ブランドならではのラグジュアリーなつくりと、新世代であがった走行パフォーマンスが高い評価を受けています。

 

ベントレー新型コンチネンタルGTの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ベントレー新型コンチネンタルGTの燃費

  • クーペ:13.6L/100km(約7.4km/L)
  • コンバーチブル:14.0L/100km(約7.1km/L)

ベントレー新型コンチネンタルGTの燃費は、世界標準のWLTPサイクルで約7.4km/Lと発表されています。

 

コンバーチブルの燃費差は0.3km/Lとなっており、6Lのハイパフォーマンスエンジンを搭載するモデルでは燃費ダウンが抑えられています。

 

ベントレー新型コンチネンタルGTの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ベントレー新型コンチネンタルGTの価格

  • コンチネンタルGT(クーペ):2568万円
  • コンチネンタルGTコンバーチブル:2818万円

ベントレー新型コンチネンタルGTの価格は、クーペが2568万円に設定されています。

 

コンバーチブルは250万円差とされ、ベントレーの現行車で唯一のオープンカーになっています。

 

ベントレー新型コンチネンタルGTの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

新モデルとなるベントレー新型コンチネンタルGTコンバーチブルは、2018年11月に日本導入が発表されました。

 

日本での納車の開始は、2019年第3四半期が予定されています。

 

ベントレー・コンチネンタルGTを「おさらい」

▼ベントレー・コンチネンタルGT(初代)

SC06 2006 Bentley Continental GT.jpg

ベントレー・コンチネンタルGT(Continental GT)は、初代が2003年に登場した2ドア4シータースポーツカーです。

 

4ドアセダンバージョンとして、以前は「コンチネンタル・フライング・スパー」のモデル名で販売されていた「フライング・スパー」もラインナップされています。

 

▼ベントレー・コンチネンタルR(GT前モデル)

Continental R.JPG

初代は、2002年まで販売されていたコンチネンタルRの後継車として制作され、デザインを現代的なものに大きく変更。

 

あわせてエンジンもロールスロイス製からフォルクスワーゲン製のW型12気筒6.0Lツインターボとされ、560PS/66.3kgmを発揮。

 

ソフトトップを持つオープンモデルとして、「コンチネンタルGTC」も設定されました。

 

▼ベントレー・コンチネンタルGT(2代目)

Bentley Continental GT (II) – Frontansicht (1), 30. August 2011, Düsseldorf.jpg

2代目は2010年に発表され、初代からキープコンセプトで魅力を向上。

 

エンジンには、初代から引き継がれたW型12気筒のほか、アウディと共同開発された気筒休止機構付きV型8気筒4Lターボを搭載。

 

環境性能を重要視するVIPにアピールされ、人気モデルになりました。

 

3代目の現行モデルは2017年に登場し、デザインコンセプトを維持しながらも、より滑らかなボディラインにより空力性能を追求。

 

エンジンには大幅改良を実施したW型12気筒エンジンが搭載され、最上級ブランドであるベントレーのスポーツモデルの魅力をアップしています。

 

新型ベントレー・コンチネンタルGTについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!