車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【スズキ新型スイフト最新情報】2020年1月マイナーチェンジ!スイフトスポーツ/RSターボ/ハイブリッド燃費、サイズ、価格、発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912210650.jpg

スズキが、「スイフト」のマイナーチェンジに向けて開発を進行しています。

 

マイナーチェンジにより魅力をアップするスズキ新型スイフトについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】スズキ新型スイフトにマイナーチェンジ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170712/20170712132702.jpg

スズキが、「スイフト」のマイナーチェンジを予定しています。

 

スズキ・スイフトは、ブランドの主力グローバルモデルとしてラインナップされ、小排気量ターボやハイブリッド、スポーツモデルのスイフトスポーツをラインナップし人気車になっています。

  

マイナーチェンジする新型スイフトでは、新しいデザインなどを採用することにより魅力がアップされます。

 

スズキ新型スイフトの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スズキ新型スイフトの変更点

  • 新しく設計されたエクステリアデザインを採用
  • インテリア素材の質感をアップし、内装色に新色を設定
  • ボディカラーに新色をラインナップ

 

スズキ新型スイフトの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20190220094951j:plain

f:id:carislife:20190220094957j:plain

スズキ新型スイフトの外装は、新しいデザインを採用し、より躍動感のあるスタイルとされます。

 

▽スズキ・バレーノ

f:id:carislife:20190130100052j:plain

デザインコンセプトは、先に改良が発表されている上位モデルのバレーノからくるものとなり、バンパー開口部を左右で広げることでワイドさを強調。

 

ライトには最新のLED技術が採用され、深みのあるデザインとされます。

 

f:id:carislife:20190220094954j:plain

スポーティモデルとなる新型スイフトRSでは、レッドのアクセントや専用のエアロデザインにより、走行性能の高さがアピールされます。

 

スズキ新型スイフトスポーツもラインナップ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912210631.jpg

スズキ新型スイフトには、最上位スポーツモデルとなるスイフトスポーツも設定されます。

 

新型スイフトスポーツは、ベースモデルからくる運動性能の高さを表現した新しいデザインに変更され、専用のフロント&ルーフスポイラーやデュアルエキゾーストを装備。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912210638.jpg

足回りには専用サスペンションを採用するほか、フロントのブレーキサイズを拡大し安定して高い制動力を獲得。

 

一体化したホイールハブとホイールベアリング、前モデルからトー剛性を1.4倍、キャンバー剛性を3倍にアップしたリヤトレーリングアームなどにより、切れ味鋭い走りがつくられます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170803/20170803135244.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170803/20170803135248.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170803/20170803135238.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170803/20170803135241.jpg

 

スズキ新型スイフトのボディサイズは?

f:id:carislife:20190220095752j:plain

▼スズキ新型スイフトのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高
    スイフト:3840×1695×1500mm
    スイフトスポーツ:3890×1735×1500mm
  • ホイールベース:2450mm
  • 車重:840kg
  • ※参考
    ・スズキ バレーノ
     全長×全幅×全高:3995×1745×1470mm
     ホイールベース:2520mm
     車重:910kg

スズキ新型スイフトのボディサイズは、上位モデルであるバレーノよりコンパクト化することで取り回しのしやすさをアップし、車重が840kgまでダウンされています。

 

スイフトスポーツでは、専用のエアロパーツにより全長を延長しているほか、全幅を1700mm以上まで拡大し走行安定性をアップすることで3ナンバーボディとなっています。

 

スズキ新型スイフトの内装(インテリア)デザインは?

▼スズキ新型スイフト

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161227/20161227144214.jpg

スズキ新型スイフトの内装は、新しいデザインと装備により魅力がアップされます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161227/20161227144215.jpg

▼参考:スズキ・バレーノ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190130/20190130101447.jpg

これまで黒基調とされていたシートには、改良されたバレーノと同じくネイビーなどを使用することでデザイン性を向上。

 

f:id:carislife:20190130101451j:plain

インフォテイメントシステムには、最新世代の車載コネクティビティ「スマートプレイスタジオ」を採用し、新開発の17.8cmタッチモニターと組み合わせ。

 

「スマートプレイスタジオ」はインターフェースをカスタマイズでき、スマートフォンやクラウドサービスによりお気に入りの音楽を聴くほか、ニュースの閲覧や最新の天気情報の入手、飲食店の検索などができるようになります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161227/20161227144357.jpg

▼スズキ新型スイフトの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:1910×1425×1225mm
  • 乗員:5人乗り

 

スズキ新型スイフトのパワートレインとスペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912210626.jpg

▼スズキ新型スイフトのパワートレインとスペック

  • 【ガソリン】
    直列4気筒1.2Lガソリン「デュアルジェット」
    出力:91ps/12.0kgm
    トランスミッション:CVT or 5速MT
  • 【マイルドハイブリッド】
    直列4気筒1.2Lガソリン「デュアルジェット」+ISG(モーター機能付発電機)
    出力:91ps/12.0kgm
    モーター出力:3.1ps/5.1kgm
    トランスミッション:CVT
  • 【ストロングハイブリッド】
    直列4気筒1.2Lガソリン「デュアルジェット」+電気モーター
    エンジン出力:91ps/12.0kgm
    モーター出力:13.6ps/3.1kgm
    トランスミッション:5速AGS
  • 【RSt】
    直列3気筒1Lターボ「ブースタージェット」
    出力:102ps/15.3kgm
    トランスミッション:6速AT
  • 【スイフトスポーツ】
    直列4気筒1.4Lターボ「ブースタージェット」
    出力:140ps/23.4kgm
    トランスミッション:6速MT or 6速AT

スズキ新型スイフトには、1.2Lガソリンとマイルドハイブリッド、ストロングハイブリッドのほか、RStには1Lターボ、スイフトスポーツには1.4Lターボエンジンが搭載されます。

 

▼スズキ・ストロングハイブリッドシステム 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170712/20170712132714.jpg

スイフトハイブリッドは、トランスミッションに5速マニュアルをベースとし自動変速機構を組み合わせた5速AGSを搭載する独自方式を採用。

 

電気モーターだけで走行できるようにすることで変速時におこる動力伝達切れの時間をなくし、クラッチで直接動力を伝達するマニュアルトランスミッションの効率の良さとダイレクト感ある走りを獲得しています。

 

▼スズキ製直列3気筒1Lターボ「BOOSTERJET」エンジン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160309/20160309201055.jpg

1Lターボエンジンは、排気量を縮小し気筒数を減らしたダウンサイジングターボエンジンとして制作され、1.5Lエンジンなみのトルクを発揮。

  

トランスミッションには6速まで多段化したオートマチックを採用することで、軽快な走りを楽しむことができるようになっています。

 

▼スズキ製直列4気筒1.4Lターボ「BOOSTERJET」エンジン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912210654.jpg

トップの走りを持つスイフトスポーツには、排気量をアップした1.4Lターボエンジンが搭載され、点火とターボ過給圧制御を専用チューニングすることで、レスポンスを向上。

 

軽量な車体で140ps/23.4kgmの大きな出力を、クロスレシオ化された6速MTとパドルシフト付6速ATで楽しむことができるようになります。

 

スズキ・スイフトを試乗動画でチェック!

▼スイフトスポーツ

現行世代のスズキ・スイフトは、注目度の高さから多くの試乗動画が公開されています。

 

新世代となりあがった走りの質感が高い評価を受けています。

 

▼スイフト(ガソリン、ターボ、ハイブリッド)

 

スズキ新型スイフトの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スズキ新型スイフトの燃費

  • 1.2Lガソリン:24.0km/L
  • 1.2Lマイルドハイブリッド:27.4km/L
  • 1.2Lハイブリッド:32.0km/L
  • 1Lターボ:20.0km/L
  • スイフトスポーツ:16.4km/L

スズキ新型スイフトの燃費値は、最新プラットフォームを採用することで軽量化された車体により、1.2Lハイブリッドで最高32.0km/Lの低燃費となります。

 

トップスポーツモデルのスイフトスポーツでも16.4km/Lの良好な数値とされ、気軽に走りを楽しむことができるように仕上げられます。

 

スズキ新型スイフトの安全装備は?

f:id:carislife:20190220103217j:plain

スズキ新型スイフトの安全装備には、最新安全装備の「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載されます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171011/20171011094904.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171011/20171011094908.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171011/20171011094912.jpg

「デュアルセンサーブレーキサポート」は、フロントガラスに設置されているセンサーとカメラにより、障害物のほか、前方の歩行者や車、走行レーンなども検知。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171011/20171011094915.jpg

以前のシステムでは対応が難しかった、オートハイビーム機能も採用されています。

  

スズキ新型スイフトのプラットフォームは?

▼スズキ新世代プラットフォーム「ハーテクト」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171018/20171018084900.jpg

新型スイフトには、スズキの新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」が使用されます。

 

ハーテクトは、フルモデルチェンジしているアルトやワゴンR、バレーノなどにも採用。

 

構造や部品の配置を全面的に刷新することでアンダーボディーを理想的な骨格構造とし、基本性能の向上と軽量化を両立。屈曲した骨格を最短距離で滑らかにつなぐことで、合理的かつシンプルな形状に。

 

前世代のモデルから曲げ剛性とねじり剛性を約30%向上しながらも、スイフトでは車重を840kgまで軽量化。

 

足まわりもHEARTECTに合わせて最適化され、前後のサスペンションストロークを拡大して乗り心地を向上。

 

フロントサスペンションとリアのトーションビーム式サスペンションは高剛性化が施され、操縦安定性が向上しています。

  

スズキ新型スイフトの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

スズキ新型スイフトの価格は、デザインの変更が主となるため大幅な変更はないとみられています。

 

現行モデルはエントリーグレードが134万円に設定され、最上級グレードとなるHYBRID SLグレードでも200万円を切る設定となっています。

 

▼参考:スズキ・スイフトの価格(現行モデル)

  • XG(1.2Lガソリン):1,343,520円~
  • XL(1.2Lガソリン):1,555,200円~
  • HYBRID ML(1.2Lマイルドハイブリッド):1,625,400円~
  • HYBRID SG(1.2Lフルハイブリッド):1,668,600円~
  • HYBRID SL(1.2Lフルハイブリッド):1,949,400円~
  • RS(1.2Lガソリン):1,685,880円~
  • RSt(1Lターボ):1,704,240円~
  • HYBRID RS(1.2Lマイルドハイブリッド):1,691,280円~
  • スイフトスポーツ(1.4Lターボ):1,836,000円~

 

スズキ新型スイフトの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジするスズキ新型スイフトは、2020年1月に発売される予定です。

 

スズキは、現行スイフトの発売から3年を迎えるのにあわせリフレッシュし、使い勝手の良さや質感を再度ユーザーにアピールする予定です。

 

スズキ・スイフトを「おさらい」

▼スズキ・スイフト(初代)

Suzuki-swift 1st-front.jpg

スズキ・スイフト(SWIFT)は、日本国内で初代が2000年に登場したコンパクトハッチバック車です。

 

「SWIFT」の車名の由来は英語の「軽快・快速」からとなっており、中国市場でも同じ意味を示す「雨燕」が採用されています。

 

なお、日本国外でスイフトの車名は、1980年代に発表された「カルタス」の輸出名として採用され、日本より長い歴史を持つ名称となっています。

 

初代は「ワゴンR+(現・ソリオ)」のプラットフォームを使用した低価格なコンパクトカーとして企画。

 

海外向けの車名には、後継モデルが日本でも発売された「イグニス」が使用されました。

 

2002年にはエントリーグレード「SE-Z」を一律6.3万円値下げしたことでスタート価格が79万円とされ、軽自動車をも下回る価格をアピール。

 

一般向けのほか、事業所や官公庁向けの公用車やパトカーとしても全国的に導入されました。

 

世界ラリー選手権のエントリーカテゴリである「JWRC(ジュニア世界ラリー選手権)」にも参戦したホットハッチ「スイフトスポーツ」は、現行車でも設定されるトップスポーツモデルとなっています。

 

▼スズキ・スイフト(2代目)

2004 Suzuki Swift 01.jpg

2代目からはスズキの世界戦略車として企画され、車名を世界共通で「スイフト」に変更。

 

グローバルで受けいれられる性能を盛り込んだ車体やプラットフォーム、デザインとしてすべてを新設計したことで、世界的人気車になりました。

 

▼スズキ・スイフト(3代目)

3rd Suzuki Swift 1.jpg

3代目は、好評だった2代目からキープコンセプトとしつつ、軽量・高剛性な新プラットフォームに刷新。

 

ホイールベースを40mm拡大しトレッドも拡大したことで、直進安定性や乗り心地が高められました。

 

▼スズキ・スイフト(4代目)

Suzuki SWIFT HYBRID SL (DAA-ZC43S) front.jpg

現行モデルとなる4代目は2016年にフルモデルチェンジ。

 

パワートレインには1.2Lガソリンのほか、マイルドハイブリッドモデルを設定し、後に電気モーターのみで走行可能なストロングハイブリッドを設定。

 

新世代パワートレインとなる1Lと1.4Lのダウンサイジングターボエンジンも搭載し、初代から一貫してマニュアルトランスミッションを設定していることで、コンパクトカーながら多彩なパワートレインを選択できるようになっています。

 

新型スズキ・スイフトについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!