車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【テスラ新型モデルY最新情報】新SUV発表!3列シート7人乗り、サイズや航続距離、充電時間、価格、発売日は?

f:id:carislife:20190318090053j:plain

アメリカの電気自動車メーカーであるテスラが、新しいSUVとなる「モデルY」を発表しました。

 

使い勝手を追求したテスラ新型モデルYの航続距離やバッテリー、価格などについて最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ミドルSUV!テスラ新型モデルY発表!

▼テスラ新型モデルYの画像

f:id:carislife:20190318090438j:plain

米国の電気自動車メーカーであるテスラが、新しいSUVモデルとなるテスラ「モデルY」を発表しました。

 

テスラ・モデルYは、電気自動車メーカーとして世界的に有名になったテスラにラインナップされている「モデルX」に次ぐミドルクラスSUVとしてラインナップ。

 

低価格のミドルクラスサルーンとして生産されている、「モデル3」をベースに制作されています。

 

テスラ新型モデルYは、電気自動車SUVとしての力強い走りと高い使い勝手を両立し、主力電気自動車として設計されています。

 

▼テスラ新型モデルYの発表会動画

▼テスラ・ロードスター

【テスラ新型ロードスター最新情報】フルモデルチェンジ発売!スペックや航続距離、バッテリー充電や価格は?

▼テスラ・モデルX

0-100km/h 3.1秒の電気SUV!テスラ モデルX 日本発売 価格895万円~ 試乗動画

 

テスラ新型モデルYの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼テスラ新型モデルYの特徴と主な変更点

  • 最新のパワートレインにより、航続距離480km以上を実現
  • デュアルモーターAWDにより、高い走行パフォーマンスを発揮
  • 第3世代スーパーチャージャーに対応し、5分の充電で120kmの走行が可能
  • 自律運転システム「オートパイロット」を採用

 

テスラ新型モデルYの外装(エクステリア)デザイン

▼テスラ新型モデルYの画像

f:id:carislife:20190318090053j:plain

f:id:carislife:20190318090232j:plain

テスラ新型モデルYの外装は、最新のテスラブランドのデザインにより、その高い動力性能が感じられる仕上げになっています。

 

f:id:carislife:20190318090438j:plain

フロントは、小型なLEDヘッドライトとテスラ独特の滑らかな曲線を描くパネルで構成され、グリルは電動パワートレインを採用することで大掛かりな冷却が不要になるため廃止。 

f:id:carislife:20190318090653j:plain

ボディスタイルは、人気の高いクーペSUVとすることで空力性能をアップ。

 

効率的配置が可能になる駆動システムにより、広い室内空間が作られています。

 

ホイールは標準モデルで18インチまたは19インチ、トップグレードであるモデルYパフォーマンスには20インチが採用されます。

 

テスラ新型モデルYをモデルXと比較!

▼テスラ・モデルX

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150930/20150930222947.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150930/20150930223048.jpg

新型テスラ・モデルYを上位車となるモデルXと比較すると、ブランドのデザインコンセプトを引き継ぎながら、より軽快なデザインになっていることがわかります。

 

モデルXで特徴とされていたリアのガルウイングドアは、新型モデルYでは通常のスイングドアとされ、車体の軽量化とコストダウンが図られています。

 

テスラ新型モデルYのボディサイズは?

f:id:carislife:20190318091223j:plain

テスラ新型モデルYのボディサイズは、ブランドのミドルクラスサルーンとして発表されていた「モデル3」をベースにすることで、フラッグシップSUVのモデルXよりコンパクトになります。

全長は4700mmとモデルXから300mmほど短縮し、全幅も約1900mmとすることで、運転のしやすさを向上。

 

しかし、室内空間は乗員スペースを広げることができる電動パワートレインにより広くとられ、7人乗りに対応しています。

 

▼参考:テスラ・モデル3/モデルXのボディサイズ

  • テスラ・モデル3
    全長×全幅×全高:4676×1885×1435mm
    ホイールベース:2870mm
    車重:1610kg
  • テスラ・モデルX
    全長×全幅×全高:5037×2070×1680mm
    ホイールベース:2965mm
    車重:2468kg

 

テスラ新型モデルYの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190318092103j:plain

テスラ新型モデルYの内装は、最新システムにより上質さと使い勝手を両立した仕上げとなっています。

 

フロントには、テスラの特徴となっている大型ディスプレイとして15インチシステムが搭載され、走行モードや室内機能の変更、オンラインサービスの利用に対応。

 

フロントシートは最適なポジションを提供する電動パワーシートとされ、14スピーカーのプレミアムオーディオも標準装備されています。

 

f:id:carislife:20190318092106j:plain

室内空間は通常5人乗りですが、クーペSUVスタイルながらオプションで3列シート7人乗りに対応。

 

ルーフには開放感を高めるパノラミックガラスが装備されます。

 

f:id:carislife:20190318092512j:plain

また、ラゲッジスペースも大きくとられ、テスラの他モデルと同様にフロントに大きな空間が用意されるほか、分割可倒式2列目シートにより室内にも最大1868Lが確保されています。

 

テスラ新型モデルYのパワートレインスペックと走行性能は?

f:id:carislife:20190318090232j:plain

▼テスラ新型モデルYのパワートレインと走行スペック

  • パワートレイン:電気モーター
  • 後輪駆動(1モーターモデル)
    ・【Standard Range】
      最高速度:193km/h
      0-96km/h加速:5.9秒
    ・【Long Range】
      最高速度:210km/h
      0-96km/h加速:5.6秒
  • 4輪駆動(デュアルモーターモデル)
    ・【Long Range AWD】
      最高速度:217km/h
      0-96km/h加速:4.8秒
    ・【Performance】
      最高速度:241km/h
      0-96km/h加速:3.5秒

テスラ新型モデルYには、高出力の電気モーターを使用した最新パワートレインが採用されます。

 

モデルは大きくリア駆動となる1モーターと4輪駆動となるデュアルモーターの2種類とされ、スタンダードモデル以外にはロングレンジバッテリーを搭載。

 

走行スペックは、最上位モデルとなるパフォーマンスで最高速度241km/h、0-96km/h加速はスーパーカーなみとなる3.5秒にまで短縮されることが発表されています。

 

テスラ新型モデルYの航続距離と充電時間は?

f:id:carislife:20171120115650j:plain

 ▼テスラ新型モデルYの航続距離と充電時間

  • 後輪駆動(1モーターモデル)
    ・【Standard Range】:370km
    ・【Long Range】:482km
  • 4輪駆動(デュアルモーターモデル)
    ・【Long Range AWD】:450km
    ・【Performance】:450km
  • 充電時間
    第3世代スーパーチャージャー使用時:5分充電/120km走行

テスラ新型モデルYの航続距離は、効率を重視したロングレンジモデルで最高482kmと、クラストップの性能に仕上げられました。

 

スタンダードモデルも370kmと日常の使用では充分な走行距離とされ、高い走行性能を持つAWDモデルでも450kmと使いやすくなっています。

 

充電時間は、最新のテスラ第3世代スーパーチャージャーを使用することで、5分の充電で120kmもの走行が可能とされています。

 

テスラ新型モデルYの安全装備は?

f:id:carislife:20190318095526j:plain

テスラ新型モデルYには、完全自律運転にも対応できる「オートパイロット」システムが採用され、最高峰の安全性能に仕上げられています。

 

「オートパイロット」システムは、8台のサラウンドカメラや12個の超音波センサーにより構成され、緊急ブレーキ、衝突警告、死角監視などの機能により高い安全性を確保。

 

将来法律の整備が進んだ場合には、ワイヤレスによるソフトウェアアップデートを通じて完全自動運転が可能とされています。

 

テスラ新型モデルYの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼テスラ新型モデルYの価格

  • 後輪駆動(1モーターモデル)
    ・【Standard Range】:約435万円
    ・【Long Range】:約530万円
  • 4輪駆動(デュアルモーターモデル)
    ・【Long Range AWD】:約570万円
    ・【Performance】:約670万円

テスラ新型モデルYの価格は、スタンダードモデルで約435万円と抑えられています。

 

ロングレンジバッテリーが搭載される上位グレードでは約100万円の価格アップとなりますが、40万円の価格差でAWDモデルも選択できるようになっています。

 

テスラ新型モデルYの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

テスラ新型モデルYは、発表にあわせ世界的に予約受け付けが開始されました。

 

発売日&デリバリー開始は2020年となっており、エントリーグレードとなるスタンダードモデルのみ2021年とされています。

 

テスラは、価格をダウンしたことで人気になったテスラ・モデル3に続きミドルクラスのラインナップを強化することで、幅広いユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

新型テスラ・モデルYについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!