New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【スズキ新型ソリオ】2020年7月フルモデルチェンジ発表!最新情報、ソリオバンディット、クロスオーバー、燃費、価格、サイズ、発売日は?

f:id:carislife:20190924094552j:plain

スズキが、コンパクトワゴン「ソリオ」のフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。

 

新世代とし魅力をアップするスズキ新型ソリオについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】全面改良!スズキ新型ソリオにフルモデルチェンジ!

f:id:carislife:20180702120726j:plain

スズキが、コンパクトカー「ソリオ」のフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。

 

スズキ・ソリオは、ブランドのコンパクトトールワゴンとして製作され、独自技術のフルハイブリッドモデルによる高い燃費性能や使い勝手の良さが人気になっています。

  

フルモデルチェンジする新型ソリオでは、ブランドの最新技術やデザインを採用し、魅力をアップします。

 

▼スズキ・ワゴンR

【スズキ新型ワゴンR最新情報】マイナーチェンジ!スティングレー、ターボ/ハイブリッド燃費、サイズ、価格、発売日は?

▼スズキ・ハスラー

【スズキ新型ハスラー最新情報】フルモデルチェンジ!ハイブリッド燃費やサイズ、価格、発売日は?

▼スズキ・バレーノ

【スズキ新型バレーノ最新情報】マイナーチェンジ発表!XT/XSや燃費、サイズ、価格、発売日は?

  

スズキ新型ソリオの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スズキ新型ソリオの変更点

  • 新デザインの外装、内装を採用
  • 1Lターボエンジンを設定
  • 傷に強い樹脂製エクステリアパーツを採用する「ソリオクロスオーバー」を設定。
    はっ水加工シート、防汚仕様の荷室フロアとリアシート背面を採用
  • ヘッドアップディスプレイを搭載し、機能性を向上
  • 安全システムに最新の「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用

 

スマート!スズキ新型ソリオの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180702120730j:plain

f:id:carislife:20180702120733j:plain

スズキ新型ソリオの外装には、新世代のデザインが採用され質感がアップされます。

 

ベースモデルではLEDランプユニットが採用され、クロームパーツを採用することにより、スマートなデザインに仕上げ。

 

f:id:carislife:20180702124046j:plain

f:id:carislife:20180702120739j:plain

カスタムモデルとなる新型ソリオバンディットでは、グリルのサイズを大型化することで存在感をアップ。

 

バンパーサイドを強調することでよりワイドな印象とされ、広い室内空間がアピールされます。

 

また、新モデルとして、バンパーやホイールアーチなどの車体下部に樹脂パーツを採用することで悪路での傷への耐久性をアップし、タフな外観とするソリオクロスオーバーもラインナップされます。

  

取り回し維持!スズキ新型ソリオのボディサイズは?

f:id:carislife:20180618092116j:plain

スズキ新型ソリオのボディサイズは、現行モデルから大幅な変更はなく、維持される予定です。

 

現行モデルは、クロスオーバーモデルの「クロスビー」より高い全高と長いホイールベースにより、広い室内空間が確保されています。

 

新型ソリオではより室内空間の効率化が図られ、剛性をアップしながら軽量化が可能な新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」とあわせ、高い使い勝手と軽快な走りが作られます。

 

▼参考:スズキ・ソリオ(現行モデル)のボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3710×1625×1745mm
  • ホイールベース:2480mm
  • 最低地上高:140mm
  • 車重:930kg(ハイブリッドは990kg)
  • タイヤサイズ:165/70R14 or 165/65R15
  • 参考
    ・スズキ・クロスビー
     全長×全幅×全高:3760×1670×1705mm
     ホイールベース:2435mm
     最低地上高:180mm
     車重:960kg

   

新装備!スズキ新型ソリオの内装(インテリア)デザイン、シートレイアウトは?

f:id:carislife:20180702121214j:plain

f:id:carislife:20180702121211j:plain

スズキ新型ソリオの内装は、新しい装備の採用などにより使い勝手がアップされます。

 

f:id:carislife:20190924085005j:plain

ドライバー前には、車速や安全システムの警告などを表示するヘッドアップディスプレイを採用することで視点の移動を少なくし、運転の疲労を軽減することで安全性を向上。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150826/20150826200052.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150826/20150826200053.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150826/20150826200903.jpg

シートレイアウトは、後席をフラットに格納できるようにすることでラゲッジスペースの利便性を向上。

 

助手席シートはロングスライドが可能とされ、車外にでることなく後席へアクセスすることができるようになります。

 

室内長は、現行モデルでコンパクトハイトワゴン最長の2515mmとなっていましたが、より効率化され、長尺物の荷物に対応できるようになります。

 

▼参考:スズキ・ソリオの室内サイズ(現行モデル)

  • 室内長×室内幅×室内高:2515×1420×1360mm
  • 乗員:5人乗り

 

新エンジン!スズキ新型ソリオのパワートレインとスペックは?

▼スズキ製1.2Lハイブリッドパワートレイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161129/20161129141153.jpg

▼スズキ新型ソリオのパワートレインとスペック

  • 【自然吸気エンジン】
    直列4気筒1.2Lガソリン
    出力:91ps/12.0kgm
    トランスミッション:CVT
    駆動方式:FF or 4WD
  • 【1.2Lマイルドハイブリッド】
    直列4気筒1.2Lガソリン+電気モーター
    エンジン出力:91ps/12.0kgm
    モーター出力:3.1ps/5.1kgm
    トランスミッション:CVT
    駆動方式:FF or 4WD
  • 【1Lターボマイルドハイブリッド】【新設定】
    直列3気筒1Lターボ+マイルドハイブリッド
    エンジン出力:99ps/15.3kgm
    モーター出力:3.1ps/5.1kgm
    トランスミッション:6速AT
    駆動方式:FF or 4WD
  • 【ハイブリッド】
    パワートレイン:直列4気筒1.2Lガソリンエンジン+電気モーター
    エンジン出力:91ps/12.0kgm
    モーター出力:13.6ps/3.1kgm
    トランスミッション:5速AGS
    駆動方式:FF

新型ソリオには、1.2Lガソリン自然吸気エンジンとマイルドハイブリッド、1.2Lストロングハイブリッドに加え、新たに新世代の1Lターボエンジンが設定されます。

 

1Lターボエンジンは、1700rpmの低回転から4000rpmまで幅広く1.5L自然吸気エンジンなみの大きなトルクを発揮し、軽快な走りが可能に。 

 

燃費性能は、小排気量による効率化にエンジンをアシストすることが可能なマイルドハイブリッドシステムも組み合わせることで向上。

 

f:id:carislife:20180702121952j:plain

トランスミッションには小型車では豪華な6速ATが採用され、パドルシフトも採用することで、CVTよりダイレクト感のある走りを楽しむことができるようになります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161129/20161129141145.jpg

1.2Lストロングハイブリッドモデルは、トランスミッションに5速マニュアルをベースに自動変速機構を追加した「5AGS(オートギヤシフト)」を採用することで伝達ロスを低減した独自システムを搭載。

 

変速時にエンジンとの接続を切ることで発生する駆動力の途切れを電気モーターでカバーし、滑らかな走りに仕上げられます。

 

電気モーターは約60km/h以下の低負荷時に電力のみを使った走行も可能となり、1トンを切る車重で軽快な走りと高い環境性能が両立されます。

 

改善!スズキ新型ソリオの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

スズキ新型ソリオの燃費は、軽量な車体や最新のパワートレインにより改善されます。

 

現行モデルは、1.2Lガソリンでも24.8km/L、最も高い燃費のストロングハイブリッドで32.0km/Lの低燃費となっており、新型ソリオでは最高33.0km/Lほどが見込まれています。

 

▼参考:スズキ・ソリオ(現行モデル)の燃費

  • 1.2Lガソリン:24.8km/L
  • 1.2Lマイルドハイブリッド:27.8km/L
  • 1.2Lストロングハイブリッド:32.0km/L 

 

性能UP!スズキ新型ソリオの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171220/20171220095033.jpg

スズキ新型ソリオの安全装備には、スズキの先進安全機能パッケージ「スズキ セーフティ サポート」として、最新システム「デュアルセンサーブレーキサポート」が搭載されます。

 

現行モデルでは、ステレオカメラを採用する前世代の安全システム「デュアルカメラブレーキサポート」が採用されています。

 

「デュアルセンサーブレーキサポート」は、歩行者認識に対応した自動ブレーキ機能をはじめ、標識認識、ハイビームアシストなどの最新機能に対応。

 

f:id:carislife:20180702122544j:plain

f:id:carislife:20180702122548j:plain

その他、新型ソリオでは全方位モニター用カメラに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」と、自車の前方および後方で左右から人や物が自車に近づいてくることをお知らせする「左右確認サポート機能」を採用することで、安心して運転ができるようになります。

 

最新!スズキ新型ソリオのプラットフォームは?

▼スズキ新世代プラットフォーム「ハーテクト」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171018/20171018084900.jpg

新型ソリオには、スズキの新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」が採用されます。

 

ハーテクトは、フルモデルチェンジしているアルトやワゴンR、スイフトなどにも採用。

 

構造や部品の配置を全面的に刷新することでアンダーボディーを理想的な骨格構造とし、基本性能の向上と軽量化を両立。屈曲した骨格を最短距離で滑らかにつなぐことで、合理的かつシンプルな形状に。

 

前モデルから曲げ剛性とねじり剛性を約30%向上しながらも、車重を軽量化。


足まわりもHEARTECTに合わせて最適化され、前後のサスペンションストロークを拡大して乗り心地を向上。

 

フロントサスペンションとリアのトーションビーム式サスペンションは高剛性化が施され、操縦安定性が向上します。

  

スズキ新型ソリオの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

スズキ新型ソリオの価格は、現行モデルから大幅な変更はなく維持されます。

 

現行モデルは1.2Lエンジン車が145万9080円から設定され、最も低燃費なストロングハイブリッドモデルでも201万9600円からと低価格になっています。

 

▼参考:スズキ・ソリオの価格(現行モデル)

▽1.2L自然吸気エンジン

  • ソリオG
    FF:1,459,080円、4WD:1,585,440円
  • ソリオG スズキ セーフティ サポート装着車
    FF:1,545,480円、4WD:1,671,840円

▽1.2Lマイルドハイブリッド

  • ソリオHYBRID MX
    FF:1,703,160円、4WD:1,829,520円
  • ソリオHYBRID MZ
    FF:1,954,800円、4WD:2,081,160円
  • ソリオバンディットHYBRID MV
    FF:1,944,000円、4WD:2,070,360円

▽1.2Lストロングハイブリッド

  • ソリオHYBRID SX
    FF:2,019,600円
  • ソリオHYBRID SZ
    FF:2,179,440円
  • ソリオバンディットHYBRID SV
    FF:2,168,640円

 

スズキ新型ソリオの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジするスズキ新型ソリオの発売日は、2020年7月が予定されています。

 

スズキは2015年に登場した現行モデルをフルモデルチェンジすることにより、主力コンパクトカーとなっているソリオの競争力をあげ、コンパクトトールワゴン市場での存在感をアップしていきたい考えです。

 

スズキ・ソリオを「おさらい」

▼ワゴンRソリオ(初代)

Suzuki WagonR+ front 20070831.jpg

スズキ・ソリオ(SOLIO)は、初代となる「ワゴンRソリオ」が2000年に登場したコンパクトトールワゴンです。

 

軽自動車「ワゴンR」とパーツを共有し開発された普通車「ワゴンRワイド」が1999年のフルモデルチェンジにより「ワゴンR+」とされましたが、翌年の改良時にモデル名を「ワゴンRソリオ」に変更。

 

さらに2005年の改良時に、現在使用されている「ソリオ」へ車名を独立しました。

 

▼ソリオ(2代目)

Suzuki Solio G MA15S 0516.JPG

2010年に登場した2代目では、新設計のプラットフォームによりコンパクトカーに最適化することで、名実ともに独立。

 

カスタムモデルとなる「ソリオバンディット」も新設定されました。

 

▼ソリオ(3代目)

Suzuki SOLIO HYBRID MX (DAA-MA36S) front.JPG

2015年に登場した3代目では、スズキの新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用することで、1トン以上だった車重を930kgまで軽量化。

 

マイルドハイブリッドやストロングハイブリッドパワートレインを搭載し、クラストップの燃費性能を持つモデルになっています。

 

三菱自動車にもOEM供給され、「デリカD:2」として販売されています。

 

新型スズキ・ソリオについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。