New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【アウディ新型Q2】「新開発エンジン!」2021年5月ビッグマイチェン日本発売!最新情報、サイズ、価格は?

f:id:carislife:20210224113921j:plain

アウディが、コンパクトSUV「Q2」のビッグマイナーチェンジ日本発売を発表しました。

 

改良により魅力を伸ばしたアウディ新型Q2について、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】初大幅改良!アウディ新型「Q2」マイナーチェンジ日本発売!

▼アウディ新型Q2の画像

f:id:carislife:20210224113949j:plain

アウディがSUV「Q2」のビッグマイナーチェンジ日本発売を発表しました。

 

アウディQ2はブランド最小のSUVとして開発され、日本でも2017年の発売以降、AudiのSUV「Qモデル」の中で、4年連続販売台数No.1の人気モデルとなっています。

 

f:id:carislife:20210224113955j:plain

初のビッグマイナーチェンジとなった新型Q2は、外装に新しいデザインを採用し、「advanced」と「S line」の2グレードを設定。

 

「advanced」では、アンダーガードにシルバー、サイドシルやブレードにはマンハッタングレーメタリックのコントラストペイントを採用。「S line」ではアンダーガードとサイドシルはボディ同色となり、ブレードのコントラストペイントはセレナイトシルバーで、Sルーフスポイラーが装備されています。

 

新型Q2のパワートレインには新開発の1.5L TFSIエンジンが搭載され、150ps/25.5kgmを発揮。エンジンが低負荷の際には2気筒となる気筒休止システムの「シリンダーオンデマンド(cod)」の採用により、WLTCモード値15.8km/Lの低燃費を実現。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200902/20200902081931.jpg

インテリアでは、エアベントやシフトレバーのデザインを変更し、ダイヤモンドペイントフィニッシュシルバーグレーのデコラティブパネルを採用。

 

また、オプションの「S lineプラスパッケージ」を装着することで、スポーツシートをはじめ、アルミニウムルックインテリア、マルチカラーアンビエントライティング、ステンレススチールフットペダル、ライトグラフィックのデコラティブパネル等により、さらにスポーティな仕様を楽しむことができるようになっています。

  

アウディ新型Q2は2021年5月に日本発売。価格は3,940,000円~5,440,000円となっています。

  

▼アウディ新型Q2の試乗動画

▼アウディQ3

【アウディ新型Q3最新情報】フルモデルチェンジ発表!スペックや燃費、価格、発売日は?

 

アウディ新型Q2の【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼アウディ新型Q2の変更点まとめ

  • 新設計されたエクステリア、インテリアデザインを採用
  • 新開発した1.5Lガソリンターボエンジンを搭載
  • ボディカラーにアウディとして初となる「アップルグリーンメタリック」を設定

▼2019年12月の変更点

  • ハイスペックモデルとなるSQ2を設定。
    チューニングを施したエンジンと専用内外装装備を採用

▼2018年9月日本改良

  • ベースモデルの「30 TFSI」に、アウディプレセンスフロントと、レイン/ライトセンサーを標準装備。
    アウディプレセンスフロントは前方車両と歩行者を検知し、警告、自動ブレーキを作動
  • オプション装備を充実し、「30 TFSIスポーツ」と「35 TFSI シリンダーオンデマンド スポーツ」に「S lineパッケージ」を設定。
    エクステリアにS lineロゴスポーツバンパー、インテリアにS lineステアリングホイールやS line ロゴ入りクロス/レザーシートを採用。
    足回りにスポーツサスペンションと5スポークYデザイン18インチアルミホイールを装備 

  

394万円から!アウディ新型Q2の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼アウディ新型Q2の価格

  • Q2 35 TFSI advanced:3,940,000円
  • Q2 35 TFSI S line:4,300,000円
  • 【導入記念車】(限定125台)
    Q2 1st edition:5,440,000円

アウディ新型Q2の価格は、394万円からとなっています。

 

前モデルは1Lターボエンジン車が312万円から、1.4Lターボエンジン車が419万円とされていましたが、新型Q2では新開発した1.5Lターボエンジン車の価格を抑えたラインナップとなっています。

 

導入記念車として限定125台が用意される「Q2 1st edition」では、コンビニエンス&アシスタンスパッケージ、ナビゲーションパッケージ、テクノロジーパッケージ、S lineプラスパッケージ、ブラックスタイリングパッケージのほか、Audi Sport 19インチアルミホイール、マトリクスLEDヘッドライトダイナミックインジケーター付(フロント・リヤ)を標準装備することで、さらなる魅力が追求されています。

 

▼参考:アウディQ2の価格(前モデル)

  • Audi Q2 30 TFSI:3,120,000円
  • Audi Q2 30 TFSI sport:3,860,000円
  • Audi Q2 35 TFSI cylinder on demand sport:4,190,000円
  • Audi Q2 35 TDI sport:4,890,000円
  • SQ2:5,990,000円

 

上質に!アウディ新型Q2の外装(エクステリア)デザイン

▼アウディ新型Q2の画像

f:id:carislife:20210224113952j:plain

アウディ新型Q2の外装は、新しいデザインを採用することで先進的なイメージに仕上げられています。

 

フロントは、バンパーサイドに配置されるエアインテークが垂直に伸びるデザインに変化。

 

グリルは格子状の新しいパターンを採用するとともに、これまでより幅広く、低重心なデザインとなっています。

 

ヘッドライトもあわせて新グラフィックとされ、ブランドの新世代モデルに搭載されていた上下に分割されたデザインを採用。

 

f:id:carislife:20200902081532j:plain

f:id:carislife:20200902081530j:plain

リアもフロントにあわせテールライトを見直し、新しいディフューザーを装備することでスポーティなリアビューがつくられていす。

 

アウディ新型Q2を前モデルと比較!

▼アウディQ2(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301215259.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301215303.jpg

アウディ新型Q2を前モデルと比較すると、大きくデザインコンセプトが変更されています。

 

前モデルではコンパクトSUVならではの軽快さをもったスタイルとされていましたが、新型Q2ではより上級をイメージするデザインになっています。

 

使いやすく!アウディ新型Q2の内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20200902081931j:plain

f:id:carislife:20200902081936j:plain

f:id:carislife:20200902081941j:plain

アウディ新型Q2の内装は、新しいデザインを採用することで質感が高められています。

 

f:id:carislife:20200902081939j:plain

f:id:carislife:20200902081928j:plain

情報は12.3インチデジタルメーターと8.3インチインフォテインメントシステムにより提供され、よりシンプルな操作性を実現。

  

f:id:carislife:20200902081926j:plain

アウディQ2のシートはホールド性が高められ、コーナリングや悪路でドライビングをサポート。

 

f:id:carislife:20200902081934j:plain

リアシートは、長いホイールベースにより空間が大きくとられ、最大5人の乗員が快適に過ごすことが可能に。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301215309.jpg

また、ラゲッジスペースも通常時で405Lの大容量とされ、後部座席を収納することで最大1050Lの空間を利用することができるようになっています。

 

ハイスペックSUV!アウディ新型「SQ2」も!

f:id:carislife:20201117055711j:plain

アウディ新型Q2には、ハイスペックモデルとなる「SQ2」が発表されています。

  

f:id:carislife:20201117055709j:plain

アウディ新型SQ2は、300馬力を出力する2Lターボエンジンと4WDシステム「クワトロ」で走行性能を強化。

 

これにより、0-100km/h加速4.9秒、最高速度250km/hのパフォーマンスを発揮します。

 

f:id:carislife:20201117055714j:plain

足回りには走行性能を高めるSスポーツサスペンションが採用され、SQ2専用のクイックなギアレシオとしたプログレッシブステアリングを組み合わせ。

 

デュアルクラッチトランスミッション式「7速Sトロニック」は「エフィシェンシー」モード選択時にクラッチを切り離すコースティング(惰性)走行にも対応し、燃費性能もアップ。

 

f:id:carislife:20181214085507j:plain

f:id:carislife:20181214085510j:plain

4WDシステム「クワトロ」は、電子制御多板クラッチを採用するセンターデフにより、前輪がグリップを失うと数ミリ秒でクラッチを締結し、リアに駆動力を伝達。

 

スポーツドライビングではドライバーの操舵にあわせ4輪駆動とし高いコントロール性を発揮するとともに、コーナー内側のホイールに軽いブレーキをかける「ホイールセレクティブコントロール」によりアンダーステアも防止されます。

  

パワフル!アウディ新型Q2のエンジンとスペックは?

▼アウディ製直列3気筒1Lターボエンジン

f:id:carislife:20180404110147j:plain

▼アウディ新型Q2のエンジンとスペック

▽日本仕様

  • 【35 TFSI】【新開発】
    気筒休止付き直列4気筒1.5Lガソリンターボ
    出力:150ps/25.5kgm
  • トランスミッション:7速デュアルクラッチ
  • 駆動方式:FF

▽海外仕様

  • 【30 TFSI】
    直列3気筒1Lガソリンターボ
    出力:116ps/20.4kgm
  • 【SQ2】
    直列4気筒2Lガソリンターボ
    出力:300ps/40.8kgm
    0-100km/h加速:4.9秒
    最高速度:250km/h(リミッター)

アウディ新型Q2のパワートレインには、新開発された1.5Lのガソリンターボエンジンが搭載されています。

 

1.5Lターボエンジンは、低負荷の際には2気筒となる気筒休止システム「シリンダーオンデマンド(cod)」の採用により低燃費と高い走行性能を両立。

 

トランスミッションには7速のデュアルクラッチ式を組み合わせることで、ダイレクト感ある走りが実現されています。

 

ハイスペックモデル「SQ2」は、2Lターボエンジンを搭載することで300馬力まで出力を向上。

 

専用のエアロキットや20mmダウンしたサスペンション、4WDシステム「クワトロ」により、最高速度250km/hを超えるポテンシャルを持つマシンを安定して走行させます。

  

電気自動車!アウディ新型Q2 E-Tronもラインナップ!

▼アウディ新型Q2 E-Tronのスクープ画像

f:id:carislife:20181207073351j:plain

アウディ新型Q2には、電気自動車バージョンとなる「Q2 E-Tron」の設定が予定され、開発が進行しています。

 

アウディ新型Q2 E-Tronは、電動パワートレインを使用し冷却に必要な空気が少ないことから、Q2の特徴になっている大型グリルが閉じられます。

 

f:id:carislife:20181207073344j:plain

リアからはマフラーが除去され、エンジンを搭載していないことがわかるように。

 

アウディ新型Q2 E-Tronは、大型バッテリーの搭載により航続距離500kmを達成するとみられ、Q2の先進性を表現し、アウディの主力となる電気自動車に仕上げられます。

 

走り両立!アウディ新型Q2の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼アウディ新型Q2の燃費

  • 1.5Lターボ:15.8km/L
    ※WLTCモード値

アウディ新型Q2の燃費は、最新の1.5Lエンジンにより良好な数値が確保されています。

 

前モデルは1.4Lターボエンジンで以前の燃費基準JC08モード値17.9km/Lとされていましたが、新型Q2ではより実燃費に近い新燃費規格WLTCモード値で15.8km/Lとなっています。

 

最新システム!アウディ新型Q2の安全装備は?

f:id:carislife:20180404112118j:plain

アウディ新型Q2の安全装備には、0-200km/hまで対応するアダプティブクルーズコントロールなど、最新システムが採用されています。

 

安全システムには約10-250km/hの速度域で車両を、約10-65km/hの速度域で歩行者も検知するアウディプレセンスフロントも採用され、危険回避をサポート。

 

その他、駐車時にモニターで周囲の状況を確認できるアウディパーキングシステム/リヤビューカメラや、死角に車両がいることを知らせるアウディサイドアシスト、車線内の走行をアシストするアウディアクティブレーンアシストなどにより、さまざまなシーンでの安全性が確保されます。

  

広さも!アウディ新型Q2のボディサイズは?

f:id:carislife:20200902082908j:plain

▼アウディ新型Q2のボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4200×1795×1530mm
  • ホイールベース:2595mm
  • 車重:1340kg
  • 参考
    ・アウディQ3
     全長×全幅×全高:4385×1830×1615mm
     ホイールベース:2605mm
     車重:1470kg

アウディ新型Q2のボディサイズは、上位モデルの「Q3」から全長-185mmとコンパクトになりますが、ホイールベースは-10mmと縮小幅を小さくすることで、効率よく広い室内空間が確保されています。

 

車体は全長の変更にあわせ全幅も1800mm未満とされるほか、全高も85mmダウンすることで、筋肉質なボディスタイルがつくられています。

 

いつ?アウディ新型Q2の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

初のビッグマイナーチェンジをうけたアウディ新型Q2は、2021年5月に日本で発売されます。

  

アウディは2020年8月に上位モデル「Q3」のフルモデルチェンジも発表しており、相乗効果でユーザーにアピールしていく予定です。

 

新型アウディQ2については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。