New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【スズキ新型イグニス】2020年2月ビッグマイナーチェンジ発表!サイズ、燃費、価格、発売日は?

f:id:carislife:20200108083239j:plain

スズキが、クロスオーバー「イグニス」のビッグマイナーチェンジを予定しています。

 

改良により魅力をアップする「イグニス」の最新情報や価格、スペックなどをご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】画像がリーク!スズキ新型「イグニス」にビッグマイナーチェンジ!

▼スズキ新型イグニスのリーク画像

f:id:carislife:20200108083239j:plain

スズキがビッグマイナーチェンジを予定するクロスオーバー「イグニス」の画像がリークされました。

  

スズキ・イグニスは、グローバルに販売されるコンパクトクロスオーバーとしてラインナップされ、力強い走りや取り回しの良さが評価されています。

 

ビッグマイナーチェンジをうける新型イグニスでは、新しいデザインや装備を採用することで魅力がアップします。 

 

▼スズキ・ハスラー

【スズキ新型ハスラー最新情報】フルモデルチェンジ!ハイブリッド燃費やサイズ、価格、発売日は?

 

スズキ新型イグニスの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スズキ新型イグニスの変更点

  • 新しいエクステリア、インテリアデザインを採用
  • 安全装備に、夜間歩行者検知機能を備えたデュアルカメラブレーキサポートのほか、後退時ブレーキサポートや前後の衝突被害軽減ブレーキを搭載
  • 全車速追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロールや、車線逸脱抑制機能を採用
  • Apple CarPlay、Android Auto、SmartDeviceLinkに対応するインフォテインメントシステムを採用

 

タフに!スズキ新型イグニスの外装(エクステリア)デザインは?

▼新型イグニスの画像

f:id:carislife:20200108083239j:plain

▼参考:現行イグニスの画像

f:id:carislife:20200108082912j:plain

スズキ新型イグニスの外装は、よりSUVテイストを高めることで力強いデザインに仕上げられます。

 

フロントはバンパーのデザインを変更し、下部にスキッドプレートのデザインを採用。

 

▼新型イグニスの画像

f:id:carislife:20200108084415j:plain

▼参考:現行イグニスの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150930/20150930194600.jpg

リアもフロントにあわせて変更され、これまで水平のラインが採用されていた前後バンパーに、クロスオーバーとしての軽快なイメージが追加されます。

 

f:id:carislife:20200117070356j:plain

f:id:carislife:20200117070320j:plain

 

魅力アップ!スズキ新型イグニスの内装(インテリア)デザインは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150930/20150930194602.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160121/20160121205622.jpg

新型イグニスの内装は、実用性の高さを感じられるレイアウトに、遊び心が加えられたデザインに仕上げられます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160121/20160121205624.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160121/20160121205625.jpg

改良では、Apple CarPlay、Android Auto、SmartDeviceLinkに対応するインフォテインメントシステムを採用することでスマートフォンとの連携を強化。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150930/20150930194603.jpg

インテリアのカラーリングを変更することにより、質感が向上します。

 

コンパクト!スズキ新型イグニスのボディサイズは?

f:id:carislife:20200108085419j:plain

▼スズキ新型イグニスのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:3700×1660×1595mm
  • ホイールベース:2435mm
  • 最低地上高:180mm
  • 車重:850kg(4WD車:890kg)
  • ※参考
    ・スズキ クロスビー
     全長×全幅×全高:3760×1670×1705mm
     ホイールベース:2435mm
     最低地上高:180mm
     車重:960kg(4WD車:1000kg)

スズキ新型イグニスのボディサイズは、コンパクトクロスオーバーワゴンとしてラインナップされている「クロスビー」よりコンパクトとすることで車重を大きくダウンし、軽快な走りを楽しむことができるようになっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160121/20160121205533.jpg

しかし、ホイールベースは同じ数値とされ、空間効率がアップされています。

 

高効率!スズキ新型イグニスのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20200108085811j:plain

▼スズキ新型イグニスのパワートレインとスペック

  • 直列4気筒 排気量 1.2L「デュアルジェット」 + マイルドハイブリッド
  • エンジン最高出力:91ps/6000rpm
  • エンジン最大トルク:12.0kgm/4400rpm
  • モーター最高出力:3.1ps/1000rpm
  • モーター最大トルク:5.1kgm/100rpm
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動:FF or 4WD

スズキ新型イグニスには、1.2L「デュアルジェットエンジン」にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたパワートレインが搭載されます。

 

▼スズキ製1.2L「DUALJET ENGINE」

f:id:carislife:20200108085933j:plain

「K12C」型デュアルジェットエンジンは、高圧縮比化とバルブやベルトなどの低フリクション化に加え、吸気ポートや燃焼室形状の最適化により、熱効率を徹底的に追求。

 

高い燃費性能を発揮しながらコンパクトな設計により広い室内空間の獲得にも貢献しています。

 

加えて、発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により減速時のエネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電するマイルドハイブリッドシステムを採用。

 

加速時にはその電力を活かしてモーターでエンジンをアシストすることで、さらなる燃費の向上を実現することができるようになっています。

  

悪路走破!スズキ新型イグニスの走行システムは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160121/20160121205535.jpg

スズキ新型イグニスは、前後に配置した大径タイヤや高い最低地上高により、悪路走破性能が高められます。

 

イグニスでは加えて走行システムに、スタックしたタイヤにブレーキをかけることで駆動力が逃げるのを防ぐ「グリップ・コントロール」、急な坂道も一定の速度で安定して下る「ヒルディセント・コントロール」システムを装備することで幅広いシーンに対応できるようになっています。   

 

大幅性能向上!スズキ新型イグニスの安全装備は?

f:id:carislife:20200108090836j:plain

スズキ新型イグニスの安全装備には、夜間歩行者検知機能を備えたデュアルカメラブレーキサポートが採用されます。

 

そのほか新型イグニスでは、後退時ブレーキサポートや前後の衝突被害軽減ブレーキを採用。

 

長距離や高速走行での運転の疲れやストレスを軽減する全車速追従機能を備えたアダプティブクルーズコントロールや、車線逸脱抑制機能も装備することで、ロングドライブも快適に仕上げられます。

 

▼スズキ新型イグニスの安全装備

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 後退時ブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • ハイビームアシスト
  • 標識認識機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能)
  • 全方位モニター用カメラ

 

低燃費!スズキ新型イグニスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スズキ新型イグニスの燃費

  • FF:28.8km/L
  • 4WD:25.4km/L

スズキ新型イグニスの燃費は、高効率なパワートレインの採用により低燃費に仕上げられます。

 

また、軽量、高剛性な最新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」により車重を850kgまで抑えることで、FF車で28.8km/Lと良好な数値がつくられます。

 

抑えめ!スズキ新型イグニスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼スズキ新型イグニスの価格

  • 140万円~195万円

スズキ新型イグニスの価格は、安全装備をアップデートすることでアップします。

 

しかし、現行モデルと同じく安全装備非装着グレードを設定することでスタート価格を維持し、上位モデルでのアップ幅も3万円ほどとなります。

 

▼参考:スズキ・イグニス(現行モデル)の価格

  • HYBRID MG
    FF:1,408,000円、4WD:1,547,700円
  • HYBRID MX
    FF:1,628,000円、4WD:1,767,700円
  • HYBRID MZ
    FF:1,771,000円、4WD:1,910,700円

 

いつ?スズキ新型イグニスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ビッグマイナーチェンジをうけるスズキ新型イグニスは、2020年2月が予定されています。

 

スズキはグローバルモデルであるイグニスを改良することで、クロスオーバー市場での存在感をアップしていきたい考えです。

 

スズキ・イグニスを「おさらい」

▼スズキ・イグニス(欧州仕様初代)

Suzuki Ignis.jpg

スズキ・イグニス(IGNIS)は、初代が欧州で2000年に登場したコンパクトクロスオーバーです。

 

「IGNIS」のモデル名の由来は、ラテン語で「炎」を意味する言葉からとなっています。

 

初代は、日本で「スイフト」として販売されたモデルの欧州名として登場し、ボディ後部を延長した欧州独自仕様の車体を採用したモデルも販売。

 

その後、スイフトの2代目への変更時に国内外で車名が統一されたことから、イグニスのモデル名は一時廃止されました。

 

▼スズキ・イグニス(日本仕様初代/欧州仕様2代目)

Suzuki IGNIS HYBRID MZ (DAA-FF21S) front.JPG

欧州で2代目、日本では初代となる現行モデルは2016年に登場。

 

最新プラットフォームを採用するとともに、パワートレインにマイルドハイブリッドシステムを搭載することで高効率を追求。

 

デザインコンセプトは「シンプルアイコニック、シンプルスタンダード」とされ、わかりやすく特徴的なデザインと人が触れる部分の上質感が印象に残るつくりとされました。

 

販売は日本の他、欧州、インド、台湾などでも行われ、インド市場では上級車チャネル「NEXA(ネクサ)」で取り扱われるモデルとなっています。 

  

新型スズキ・イグニスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。