New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【レクサス新型ES】2020年10月マイナーチェンジ!ES300h最新情報、サイズ、燃費、価格は?

f:id:carislife:20181024135719j:plain

レクサスが、上級セダン「ES」のマイナーチェンジ発売を予定しています。

 

改良により魅力をアップする新型ESについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】パワートレイン改良!レクサス「新型ES」改良発売!

f:id:carislife:20181024135730j:plain

レクサスが「ES」の改良日本発売を予定しています。

 

レクサスESは、過去にトヨタ「カムリプロミネント」「ウィンダム」として日本でも販売され、2018年10月に新世代モデルを日本で発売。世界初となるミラーレスシステムや最新のパワートレイン、プラットフォームを採用したことで人気になっています。

 

改良されるレクサス新型ESでは、ハイブリッドシステムに採用するバッテリーをニッケル水素電池から、より効率の高いリチウムイオン電池に変更。

 

f:id:carislife:20180912102245j:plain

f:id:carislife:20180912102247j:plain

その他、デジタルアウターミラーの広角表示の利便性を向上し、「F SPORT」に新設定。

 

ワイヤレス充電システムのスペースを拡大することで、大型のスマートフォンにも対応できるようになります。

 

▼レクサスIS

【レクサス新型IS】ビッグマイチェン日本発売!最新情報、燃費、サイズ、価格は?

▼レクサスRX

【レクサス新型RX】マイナーチェンジ日本発売!最新情報、RX450hL/RX300、サイズ、価格は?

 

レクサス新型ESの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼レクサス新型ESの変更点

  • ハイブリッドシステム用バッテリーにリチウムイオン電池を採用
  • デジタルアウターミラーの広角表示の利便性を向上し、「F SPORT」グレードに新設定
  • ワイヤレス充電システムのスペースを拡大
  • ヘッドライト法規対応

▽2018年10月新世代モデル導入時の特徴

  • 上級FFセダンとして日本に導入
  • トヨタ・カムリをベースとし、ハイブリッドモデル「ES300h」を設定
  • 第2世代「Lexus Safety System +」など、最先端の安全技術を採用
  • 世界初のミラーレスシステムを搭載し、サイドミラーをカメラに置き換え 

▼レクサス新型ESの動画

 

上質!レクサス新型ESの外装(エクステリア)デザインは?

▼レクサス新型ES

f:id:carislife:20180418131624j:plain

f:id:carislife:20180425121619j:plain

f:id:carislife:20180425121623j:plain

レクサス新型ESの外装は、新世代プラットフォームからくる重心の低さを活かし、走りを予感させるワイド&ローのプロポーションが実現されています。

 

f:id:carislife:20180425122011j:plain

ボディは、フロントピラーの後方配置やリヤピラーの傾斜により、引き締まったキャビンシルエットに。

 

また、クラストップレベルの空力性能を目指したボディ形状や、広く快適な室内空間、質感の高い細部の造形など、機能美と上質さを両立。

 

f:id:carislife:20180425121629j:plain

f:id:carislife:20180425125635j:plain

スピンドルグリルは、鋭利に折り返すフレームと波紋のように連続する縦フィン形状のグリルメッシュを組み合わせ、ESのシャープなノーズを強調する形状とし、小型の3眼LEDヘッドランプは端整かつ鋭い表情がつくられています。

 

f:id:carislife:20180425122014j:plain

f:id:carislife:20180425125639j:plain

リヤは、タイヤの踏ん張り感を強調する造形としたほか、3つのL字を層状に重ねた奥行きのあるデザインとしたリヤコンビネーションランプで、LEXUSとしての個性を強調。

  

▼レクサス新型ES F SPORTの画像

f:id:carislife:20181024135615j:plain

f:id:carislife:20181024135618j:plain

f:id:carislife:20181024135622j:plain

f:id:carislife:20181024135626j:plain

f:id:carislife:20181024135630j:plain

スポーツモデルとして、よりスピード感あるデザインとしたレクサス新型ES F SPORTも設定され、デザインを楽しむことができるようになっています。

   

使いやすく!レクサス新型ESの内装(インテリア)デザイン

▼レクサス新型ES

f:id:carislife:20181024135907j:plain

▼レクサス新型ES F SPORT

f:id:carislife:20181024135933j:plain

レクサス新型ESの内装は、程よい包まれ感でドライビングの高揚感を高めるコクピットと、乗客がくつろげるゆとりある空間を融合させたインテリアに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20200629063942j:plain

改良では、ワイヤレス充電システムのスペースを拡大することで、大型のスマートフォンにも対応できるようになります。

 

f:id:carislife:20181024135922j:plain

f:id:carislife:20181024135937j:plain

f:id:carislife:20181024135939j:plain

レクサス新型ESのインテリアは、センターコンソール・アームレストとの連続感を持たせた上下2分割構成のデザインとされた前席シートバックがステアリング操作がしやすいショルダー形状となっているほか、ディスプレイやスイッチ類を操作時の姿勢変化や視点移動が少ないレイアウトとすることで、運転に集中できる空間になっています。

 

f:id:carislife:20181024135913j:plain

f:id:carislife:20181024135927j:plain

また、水平基調のインストルメントパネルからドアトリムまで連続する構成によって、空間の広がりが表現されています。

 

f:id:carislife:20180425122827j:plain

ドライビングポジションは、ペダル配置、ステアリングの傾角や調整幅、シートのホールド性など、徹底的な走りこみやデータ解析に基づく細部にこだわったレイアウトとされています。

 

f:id:carislife:20181024135910j:plain

f:id:carislife:20181024135924j:plain

後席は、広い足元の空間による開放感と、包み込まれるような安心感を両立。

 

また、シートは、快適な座り心地と上質な仕上がりを追求するとともに、電動リクライニング機能を付与することで、くつろぎの空間がつくられています。


センターコンソール・ドアアームレストの表皮には立体的なパターンで加工を施すビスコテックス技術を採用し、深みのある表現で、室内空間に程よい包まれ感と広がりを演出し、エレガントな印象をプラス。

 

f:id:carislife:20181024135951j:plain

f:id:carislife:20181024135952j:plain

f:id:carislife:20181024135955j:plain

ラゲッジスペースは、FFレイアウトならではの空間効率の良さを活かし広くとられ、足元のジェスチャーによって開くことも可能になっています。

 

レクサス新型ESカスタム「F SPORT PARTS」設定!

▼レクサス新型ES TRDカスタムパーツ装着車

f:id:carislife:20181027094102j:plain

f:id:carislife:20181027094108j:plain

レクサス新型ESには、TRDから専用のカスタムパーツ「F SPORT PARTS」が設定されます。

 

「F SPORT PARTS」は、商品の開発コンセプトを「Aerodynamic Control」「Total Balance」とし、新型ESでは“洗練されたスタイルで、美意識と機能美にこだわり抜いたスポーツパーツ“をキーワードに採用。

 

エアロパーツには「フロントスポイラー」「エアロダイナミクスミラーカバー」「サイドスカート」「スポーツマフラー&リヤディフューザー」のほか、純正のボディカラーを際立たせる黒塗装のエアロパーツ“BLACK EDITION”などを設定。

 

f:id:carislife:20181027094114j:plain

f:id:carislife:20181027094120j:plain

f:id:carislife:20181027094122j:plain

機能性パーツとして、車種専用開発を行なった軽量・高剛性の20インチ鍛造アルミホイール、“ギャラクシーダークガンメタリック”19インチ鍛造アルミホイール、メンバーブレースなども用意されます。

 

最新バッテリー採用!レクサス新型ESのスペックは?

f:id:carislife:20180425123313j:plain

▼レクサス新型ESのパワートレインとスペック

  • 【ES300h】【改良】(日本&欧州仕様)
    直列4気筒2.5L「Dynamic Force Engine」エンジン+モーターハイブリッド
    最高出力:178ps/5700rpm
    最大トルク:22.5kgm/3600-5200rpm
    モーター最高出力:120ps
    モーター最大トルク:20.6kgm
    トランスミッション:電気式無段変速機
  • 【ES350】(米国仕様)
    V型6気筒3.5L
    最高出力:306ps
    最大トルク:36.9kgm
    トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:FF

レクサス新型ESには、最新の2.5Lハイブリッドシステムが搭載されます。

 

▼Dynamic Force Engine

f:id:carislife:20180425123542j:plain

レクサス新型ESハイブリッドには、新世代のハイブリッド車用「Dynamic Force Engine(ダイナミックフォースエンジン)」を採用。

  

ダイナミックフォースエンジンは、「TNGA(トヨタ・ニューグローバルアーキテクチャー)」に基づいて新開発され、吸気ポート形状の工夫などにより高吸気効率と高タンブルを両立させ、世界トップレベルの最大熱効率41%を達成。

 

f:id:carislife:20181024135917j:plain

レクサス新型ES300hでは、組み合わせる電気モーターも使用し、高トルクと高レスポンス、高い燃費性能を実現。

 

改良では、ハイブリッドシステム用バッテリーをこれまでのニッケル水素電池から、軽量で高効率のリチウムイオン電池に変更することで、走行性能がアップされます。

 

f:id:carislife:20181024135905j:plain

その他、新型ESでは足回りに、ショックアブソーバーのオイル流路に非着座式のバルブを設け、微小な動きに対しても流路抵抗による減衰力を発生させる「スウィングバルブショックアブソーバー」を採用。

 

アブソーバーのストローク速度が極めて低い場合でも減衰力を発揮することで、応答性が良く上質な乗り心地が実現されます。

 

▼Dynamic Force Engine解説動画 

 

レクサス新型ESを試乗動画でチェック!

レクサス新型ESは、試乗動画が公開されています。

 

質感の高い走りと広い室内空間が高い評価を受けています。

 

 

改善!レクサス新型ESの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼レクサス新型ESの燃費

  • WLTCモード値:21.5km/L

レクサス新型ESの燃費は、ハイブリッドシステムに新しくリチウムバッテリーを採用することで改善します。

 

改善幅は1km/Lほどが見込まれ、走行性能を重視するプレミアム上級セダンながら良好な数値が確保されます。

 

▼参考:レクサスESの燃費(現行モデル)

  • JC08モード燃費:23.4km/L
  • WLTCモード(新燃費規格)
    総合:20.6km/L
    市街地モード:16.6km/L
    郊外モード:22.7km/L
    高速道路モード:21.4km/L

 

最新システム!レクサス新型ESの安全装備は?

レクサス新型ESの安全装備には、衝突回避支援や高度運転支援機能である「Lexus CoDrive」を含む、第2世代の「Lexus Safety System +」が搭載されます。

 

第2世代の「Lexus Safety System +」は、以前採用されていた第1世代のLexus Safety System +に採用している「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、各機能を進化させ、事故の防止や交通事故死傷者の更なる低減とドライバーの負担を軽減。

 

▼第2世代「Lexus Safety System +」の機能

  • 単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」
  • 自動車専用道路等においてレーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、操舵を支援する「高度運転支援機能Lexus CoDrive(レーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシスト)」
  • 先行車や対向車を眩惑しないよう、ハイビームの照射を制御する「アダプティブハイビームシステム(AHS)」
  • カメラで主要な道路標識を読み取り、メーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」 

また、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突や、接近する後方車両との接触事故による被害の軽減に寄与するパーキングサポートブレーキ、車両周辺の安全確認をサポートするパノラミックビューモニターなども採用されます。

 

レクサス新型ESのボディサイズは?

f:id:carislife:20180425122248j:plain

▼レクサスESのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4975×1865×1445mm
  • ホイールベース:2870mm
  • 最低地上高:145mm
  • 車重:1680kg
  • ※参考
    ・トヨタ・カムリ
     全長×全幅×全高:4860×1840×1440mm
     ホイールベース:2825mm
    ・レクサスLS
     全長×全幅×全高:5235×1900×1450mm
     ホイールベース:3125mm

レクサス新型ESのボディサイズは、基礎を共有するトヨタ「カムリ」から全長+115mmと延長され、より大きな室内空間が確保されています。

 

全幅を拡大することで低重心なデザインとし、走行性能の向上にも貢献しています。

 

f:id:carislife:20180425130030j:plain

加えて、新型ESはFF駆動を採用しパワートレインが前側に集中していることから、レクサスのフラッグシップセダンである「LS」より長さのある室内空間が魅力となっています。

 

▼レクサス新型ESの室内サイズと比較

  • 室内長×室内幅×室内高:2170×1535×1145mm
  • 参考
    室内長×室内幅×室内高
    ・LS:2145×1615×1160mm
    ・GS:2025×1535×1180mm

 

アップ!レクサス新型ESの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼レクサス新型ESの価格

  • 600万円~720万円

レクサス新型ESの価格は、パワートレインの改良によりアップします。

 

アップ幅は10万円ほどが見込まれ、2019年の消費税アップにより端数が発生していた価格も見直されます。

 

▼参考:レクサスESの価格(現行モデル)

  • ES300h “version L”:7,109,259円
  • ES300h “F SPORT”:6,406,481円
  • ES300h:5,907,407円

 

いつ?レクサス新型ESの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジするレクサス新型ESは、2020年10月の日本発売が予定されています。

  

レクサスは発売から2年ほどでESをアップデートすることで、より広いユーザーに魅力をアピールしていきたい考えです。

 

レクサスESを「おさらい」

▼レクサスES(初代、ベース車:カムリプロミネント)

Lexus ES250

レクサスESは、初代が1989年に登場したアッパーミドルクラスのプレミアムセダンです。

 

車名の「ES」の由来は「エグゼクティブセダン」からとなっています。

 

米国で1989年にレクサスブランドが立ち上げられたときからフラッグシップセダンの「LS」と共にラインアップされ、日本国外ではSUVの「RX」と並ぶ、レクサスの最量販モデルになっています。

 

初代は、V型6気筒エンジンを搭載したトヨタ・カムリプロミネントに専用のデザインを採用。

 

▼レクサスES(4代目、ベース車:ウィンダム)

Lexus ES300 -- 09-12-2009

2代目から4代目は日本でトヨタ・ウィンダムとして販売されましたが、2006年に登場した5代目から海外専用となりました。

 

2012年に登場した前モデルの6代目は、ベース車をそれまでのカムリから、北米でトヨタのフラッグシップとして販売されているアバロンに変更していましたが、フルモデルチェンジされた新型ESではカムリベースに戻っています。

 

新型レクサスESについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。