New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型ヤリスクロス】2021年5月10日マイナーチェンジ日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

f:id:carislife:20200723144151j:plain

トヨタが、クロスオーバー「ヤリスクロス」の改良日本発売を予定しています。

 

改良により魅力をアップするトヨタ新型ヤリスクロスについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】機能アップ!トヨタ新型「ヤリスクロス」改良日本発売!

▼トヨタ新型ヤリスクロスの画像

f:id:carislife:20200723144204j:plain

トヨタが、クロスオーバーSUV「ヤリスクロス(Yaris Cross)」の改良日本発売を予定しています。

 

新型ヤリスクロスは、コンパクトカー「ヤリス」をベースとしたSUVとして2020年8月に日本で発売され、力強い走りやデザインが人気になっています。

 

▼プラスサポート用スマートキー

f:id:carislife:20210306061352j:plain

f:id:carislife:20210306061355j:plain

早期の改良となる新型ヤリスクロスでは、専用キーでドアロックを解錠するだけで、障害物の有無にかかわらず、アクセルの踏みすぎや踏み間違いを抑制する「プラスサポート用スマートキー」に対応することで、安全性がアップされます。

 

新型ヤリスクロスの発売日は、2021年5月10日が予定されています。

 

▼トヨタ・ヤリス

【トヨタ新型ヤリス】マイナーチェンジ日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

▼トヨタ・GRヤリス

【新型GRヤリス】ハイパフォーマンスモデル発表!最新情報、馬力、価格、発売日は?

  

トヨタ新型ヤリスクロスの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型ヤリスクロスの変更点

  • 「プラスサポート用スマートキー」をオプション設定

▽2020年8月新設定時の特徴

  • ベースモデルの「ヤリス」からボディサイズを拡大
  • 専用のエクステリアデザインを採用し、悪路走行性能を向上
  • パワートレインに新世代の1.5Lガソリン、ハイブリッドパワートレインを搭載
  • ハイブリッド4WDモデル「E-Four」を設定
  • 4WD車に悪路走破性をアップする「マルチテレインセレクト」を標準装備
  • 3分割式リアシート、電動テールゲートを設定
  • 新世代「Toyota Safety Sense」を搭載し、安全性能を向上
  • トヨタ車初となる横風対応制御付きS-VSC(steering-assisted vehicle stability control)を搭載。
    高速走行中の強い横風を検知し、車線からの逸脱を抑制

  

維持!トヨタ新型ヤリスクロスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼トヨタ新型ヤリスクロスの価格

※4WD車は23万1000円高

  • 【1.5Lガソリン車】
    ・X ”B Package”:1,798,000円
    ・X:1,896,000円
    ・G:2,020,000円
    ・Z:2,210,000円
  • 【1.5Lハイブリッド車】
    ・HYBRID X:2,284,000円
    ・HYBRID G:2,394,000円
    ・HYBRID Z:2,584,000円

トヨタ新型ヤリスクロスの価格は、大幅な変更はなく維持されます。

 

ヤリスクロスをトヨタの他のSUVと比較すると、167万9000円からの「ライズ」、236万7000円からの「C-HR」の中間に設定されています。

  

トヨタ新型ヤリスクロスを試乗動画でチェック!

トヨタ新型ヤリスクロスは、試乗動画が公開されています。

 

コンパクトカーならではの軽快な走りや、SUVとしての高い使い勝手が高評価を受けています。 

 

 

タフ!トヨタ新型ヤリスクロスの外装(エクステリア)デザイン

▼トヨタ新型ヤリスクロスの画像

f:id:carislife:20200423171518j:plain

トヨタ新型ヤリスクロスの外装は、専用のデザインを採用することによりタフに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20200423171848j:plain

f:id:carislife:20200723144226j:plain

f:id:carislife:20200423171855j:plain

前後バンパーにはアンダーガードが採用され、サイドを強調してよりワイドな印象とすることによりクロスオーバーとしてのデザイン性を向上。

 

f:id:carislife:20200423171858j:plain

f:id:carislife:20200423171911j:plain

f:id:carislife:20200423171914j:plain

f:id:carislife:20200423171852j:plain

f:id:carislife:20200423171901j:plain

ホイールアーチや車体下部にはプラスチック素材を採用することで、傷への耐久性もアップ。

 

f:id:carislife:20200423171844j:plain

足元を引き締めるホイールには18インチが用意され、力強い印象に。

 

▼新型ヤリスクロス用カスタムパーツ

▽GR PARTS

f:id:carislife:20200831053349j:plain

▽MODELLISTA ADVANCE ROBUST STYLE

f:id:carislife:20200831053352j:plain

▽MODELLISTA ELEGANT ICE STYLE

f:id:carislife:20200831053355j:plain

また、専用カスタムパーツも設定され、個性をアップすることができるようになっています。

  

全15パターン!新型ヤリスクロスのボディカラーは?

f:id:carislife:20200723144459j:plain

 

▼新型ヤリスクロスのモノトーンカラー一覧 

  • ブラスゴールドメタリック
  • ダークブルーマイカメタリック
  • センシュアルレッドマイカ(オプション)
  • グレイッシュブルー
  • ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション)
  • ベージュ
  • シルバーメタリック
  • ブラックマイカ

新型ヤリスクロスには、全15パターンのボディカラーが設定されています。 

 

f:id:carislife:20200723150045j:plain

▼新型ヤリスクロスの2トーンカラー一覧 

【ルーフカラー×ボディカラー】

  • ブラックマイカ×ブラスゴールドメタリック
  • ブラックマイカ×グレイッシュブルー
  • ブラックマイカ×センシュアルレッドマイカ
  • ブラックマイカ×ベージュ
  • ブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ブラックマイカ×シルバーメタリック
  • ブラスゴールドメタリック×ブラックマイカ
    ※全カラーオプション

2トーンカラーは7パターンとなり、「G」「Z」グレードにオプション設定されています。

 

拡大!トヨタ新型ヤリスクロスのサイズは?

f:id:carislife:20200423171916j:plain

▼トヨタ新型ヤリスクロスのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4180×1765×1590mm
  • ホイールベース:2560mm
  • 最低地上高:175mm
  • ※参考
    ・トヨタ ヤリス(ベースモデル)
     全長×全幅×全高:3940×1695×1500mm
     ホイールベース:2550mm
    ・トヨタ ライズ
     全長×全幅×全高:3995×1695×1620mm
     ホイールベース:2525mm
    ・トヨタ C-HR
     全長×全幅×全高:4385×1795×1550~1565mm
     ホイールベース:2640mm

トヨタ新型ヤリスクロスのボディサイズは、ベースモデルの「ヤリス」から全長が240mm延長され、全高を高くしたことで最低地上高は30mmアップされています。

 

これにより、SUV「ライズ」と「C-HR」の中間のボディサイズとなっています。

 

全長の延長は、フロントオーバーハングに60mm、リアに180mmを追加することでより多くの居住空間が確保されています。

  

▼トヨタTNGA「GA-B」プラットフォーム

f:id:carislife:20190907074011j:plain

プラットフォームにはベースモデルとなった「ヤリス」にも採用された新世代「トヨタ・ニューグローバルアーキテクチャー」の「GA-B」プラットフォームを使用することで車両重量を軽量化しながら、ボディ剛性を向上。

 

悪路への対応力をアップするために最低地上高を上げながらも、重心高を低く設定することで軽快な走りがつくられています。

 

デザイン性UP!トヨタ新型ヤリスクロスの内装(インテリア)デザイン

▼新型ヤリスクロスの画像

f:id:carislife:20200423195935j:plain

f:id:carislife:20200423195937j:plain

トヨタ新型ヤリスクロスの内装は、専用のデザインやカラーリングを採用することによりグローバルSUVの上質なデザインがつくられています。

 

f:id:carislife:20200723144523j:plain

f:id:carislife:20200831051958j:plain

運転席にはドライビングポジションを簡単につくりだせる「6ウェイパワーシート」を採用するほか、乗降時の足腰の負担軽減に貢献する運転席ターンチルトシート、寒い日のドライブをサポートするステアリングヒーターおよびシートヒーターなどにより快適性を向上。

 

f:id:carislife:20200723060132j:plain

f:id:carislife:20200723060135j:plain

f:id:carislife:20200723060138j:plain

f:id:carislife:20200723060221j:plain

装備にはコネクティッドサービスに対応するディスプレイオーディオやカラーヘッドアップディスプレイを採用し、多彩な情報をドライバーに提供。

 

f:id:carislife:20200723144753j:plain

f:id:carislife:20200723144750j:plain

▼新型ヤリスクロス ラゲッジスペース動画

ラゲッジスペースは390Lが確保され、ベースモデルのヤリスで2分割式だったリアシートは量販グレードの「G」以上で3分割式に変更。

 

f:id:carislife:20200723144519j:plain

▼6:4分割アジャスタブルデッキボード

f:id:carislife:20200831052023j:plain
f:id:carislife:20200831052027j:plain

従来のトヨタ車と比較して開閉時間を半分に短縮した電動テールゲートがオプション設定されるほか、高さを2段階に調整できる6:4分割アジャスタブルデッキボードをコンパクトカーで初採用することで使いやすさをアップ。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20191220/20191220063855.jpg

ハイブリッド車にはアウトドアレジャーなどで便利に使うことができるAC100V 1500W電源も装備されています。

 

新世代!トヨタ新型ヤリスクロスのスペック、走行性能は?

▼直列3気筒1.5L「ダイナミックフォースエンジン」

f:id:carislife:20191016164010j:plain

▼トヨタ新型ヤリスクロスのパワートレインとスペック

  • 直列3気筒1.5Lガソリン「ダイナミックフォースエンジン」
    出力:120ps/14.8kgm
  • 【ヤリスクロスハイブリッド】
    直列3気筒1.5L「ダイナミックフォースエンジン」+電気モーターハイブリッド
    出力:エンジン 91ps、フロントモーター 80ps
     ※E-Four(4WD車)搭載リアモーター:5ps
  • 駆動方式:FF or 4WD
  • トランスミッション:CVT「Direct Shift-CVT」or 6速MT

トヨタ新型ヤリスクロスのパワートレインには、ベースモデルの「ヤリス」からくる新世代の直列3気筒1.5Lガソリンエンジンが搭載されています。

  

▼参考:ヤリス(ベースモデル)1Lエンジンのスペック

  • 直列3気筒1Lガソリン
  • 出力:69ps/9.4kgm
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF

ベースモデルの「ヤリス」ではエントリーモデルとしてFF駆動のみの1Lエンジンが設定されていましたが、新型ヤリスクロスではボディサイズが大きくなることから1.5Lエンジンを採用。

 

直列3気筒1.5Lエンジンは、「カムリ」から導入された「ダイナミックフォースエンジン」の排気量を縮小するとともに、ロングストロークやバルブ挟角拡大などの高速燃焼技術を採用し、低燃費と高出力を両立。

 

▼新世代1.5Lハイブリッドシステム

f:id:carislife:20191016155700j:plain

あわせて設定される1.5Lハイブリッドでは、システム全体の高効率化とハイブリッドシステム専用のエンジン設計、リチウムイオンバッテリーや高出力モーターの採用により、ハイブリッドシステム出力を15%アップし、燃費を前世代から20%以上向上。

 

リアにモーターを搭載するハイブリッド4WD「E-Four」も設定されています。

  

加えて、ハイブリッド車では外部給電機能を持つアクセサリーコンセント(1,500W)にも対応し、家庭用と同じコンセントを通じて電化製品を使用できるほか、災害などの非常時には発電機として使用できるようになっています。

   

▼トヨタ「Direct Shift-CVT」の技術解説動画

トランスミッションには「Direct Shift-CVT」が搭載され、従来のベルトとプーリーによる駆動に加え、発進用のギヤを追加することでダイレクトな発進・加速フィーリングを実現。

 

悪路など負荷の大きい路面での走行性能や耐久性にも優れたトランスミッションとなっています。

 

 

悪路も走破!新型ヤリスクロスの走行システムは?

f:id:carislife:20200723144844j:plain

新型ヤリスクロスの4WD車は、走行システムにより悪路走破性能が強化されています。

 

f:id:carislife:20200831052316j:plain

ハイブリッド車では、スタック時の脱出を実現する「TRAILモード」、雪路での安定した走行をサポートする「SNOWモード」を設定。

 

f:id:carislife:20200723144847j:plain

ガソリン車では「MUD&SAND」と「ROCK&DIRT」を選択できる「マルチテレインセレクト」を標準装備することで、悪路走破性が強化されています。

 

f:id:carislife:20200831052313j:plain

また、ガソリン、ハイブリッド車ともに4WD車には、降坂時の車速を一定の低車速に保つ「ダウンヒルアシストコントロール」を搭載することで、安定性が高められています。

 

高効率!トヨタ新型ヤリスクロスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型ヤリスクロスの燃費(WLTCモード値)

  • ガソリン
    WLTCモード値:FF 20.2km/L、4WD 18.5km/L
  • ハイブリッド
    WLTCモード値:FF 30.8km/L、4WD 28.7km/L
    JC08モード値:FF 31.3km/L、4WD 29.0km/L

トヨタ新型ヤリスクロスの燃費は、コンパクトな車体サイズにより上位SUVの「C-HR」から改善しています。

 

「C-HR」では新燃費規格のWLTCモード値でハイブリッド車が25.8km/Lとされていましたが、新型ヤリスクロスはベースとなる「ヤリス」で36.0km/Lとされた高効率パワートレインを活かし、ハイブリッド車で30.8km/Lまで高められています。

 

▼参考:トヨタ・ヤリスの燃費

  • 1Lガソリン:20.2km/L
  • 1.5Lガソリン
    6速MT&FF:19.6km/L
    CVT&FF:21.6km/L
    CVT&4WD:19.2km/L
  • 1.5ハイブリッド
    FF:36.0km/L
    4WD:30.2km/L
    ※全車WLTCモード値

  

機能充実!トヨタ新型ヤリスクロスの安全装備は?

f:id:carislife:20200723144858j:plain

新型ヤリスクロスの安全装備には、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準装備されています。

 

「Toyota Safety Sense」は、歩行者検知(昼間・夜間)および自転車運転者検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減に寄与する「プリクラッシュセーフティ」を採用。右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象とし、万が一の交差点事故への対応範囲を拡大。

 

また、低速時の事故予防をサポートする「低速時加速抑制」機能を採用。

 

自車の直前にいる歩行者、自転車運転者、車両をミリ波レーダーと単眼カメラで認識し、前方に対象物がある状態で、停車または徐行状態からアクセルペダルが必要以上に強く踏み込まれた場合には、エンジン出力を抑制または弱いブレーキをかけることで加速を抑制し、衝突回避または被害軽減をサポート。

 

f:id:carislife:20191016161438j:plain

高度駐車支援システム「Advanced Park」も設定され、ハンドルだけでなく、アクセルやブレーキも制御し、駐車に必要な操作を支援。

 

カメラと超音波センサーによって周辺を監視し、万一の場合は警報とブレーキ制御で接触回避をサポート。さらに事前に駐車位置を登録することで、白線のない駐車場でも使用を可能とする「メモリ機能」が採用されています。

 

f:id:carislife:20200831052210j:plain

また、トヨタ車初となる横風対応制御付き「S-VSC(steering-assisted vehicle stability control)」を搭載。

 

高速走行中の強い横風を検知して作動することで車線からの逸脱を抑制し、安全な走行がサポートされます。

 

▼プラスサポート用スマートキー

f:id:carislife:20210306061352j:plain

f:id:carislife:20210306061355j:plain

改良では、専用キーでドアロックを解錠するだけで、障害物の有無にかかわらず、アクセルの踏みすぎや踏み間違いを抑制する「プラスサポート用スマートキー」に対応することで、安全性がアップされます。

 

いつ?トヨタ新型ヤリスクロスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良される新型ヤリスクロスの発売日は、2021年5月10日が予定されています。

 

トヨタは人気モデルのヤリスクロスに早期の改良を実施することで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

  

トヨタ・ヤリスを「おさらい」

▼トヨタ・ヤリス(初代)

2003-2005 Toyota Echo (NCP10R) 3-door hatchback (2010-12-28).jpg

▼トヨタ・ヤリス(2代目)

2005-2008 Toyota Yaris (NCP91R) YRS 5-door hatchback 02.jpg

トヨタ・ヤリス(Yaris)は、国内で販売されていた「ヴィッツ」の海外仕様として初代が1999年に登場したコンパクトカーです。

 

「ヤリス」の車名の由来は、ギリシャ神話の美の女神「カリス(Charites)」の単数形「Charis」からの造語になっています。

 

日本名「ヴィッツ」の由来は英語の「Vivid」(鮮やか)とドイツ語の「Witz」(機知・発想の転換)を掛け合わせた造語となっていました。

  

初代は、登場前に販売されていたスターレットの後継車として開発され、コンパクトカーながらデザインや機能性を高めたモデルとすることで大人気になりました。

 

前モデルは3代目として日本で2010年、海外で2011年にフルモデルチェンジ。

 

欧州では2012年にヤリスハイブリッドが新設定されていましたが、日本では「アクア」が人気になっていたことから2017年に導入されました。

 

モータースポーツでのベース車としても使用され、ワンメイクレースのほか、2017年からは世界最高峰ラリーにも「ヤリスWRC」にて参戦。

 

トヨタの新スポーツブランドとして2017年に発表された「GR」では、ブランド最上位の限定モデル「GRMN」が一番最初に設定された車種にもなりました。

 

新型トヨタ・ヤリスクロスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。