New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【トヨタ新型クラウン】2022年末「FF化&セダン継続!」フルモデルチェンジ発売!最新情報、燃費、サイズ、価格は?

f:id:carislife:20201102133156j:plain

トヨタが、上級セダン「クラウン」のフルモデルチェンジ発売を予定しています。

 

新世代とし魅力をアップする新型クラウンのスペックやグレードなどについて最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】FF駆動に!トヨタ「新型クラウン」フルモデルチェンジ発売!

f:id:carislife:20201102133156j:plain

トヨタが、セダン「クラウン」のフルモデルチェンジ発売を予定しています。

 

トヨタ・クラウンは日本市場に向け開発、販売され、トヨタブランドのフラッグシップセダンとして快適な乗り心地や高い質感が評価されています。

 

f:id:carislife:20201102133405j:plain

トヨタ・クラウンは、海外でSUVモデル「クラウンクルーガー」が設定されていましたが、新世代のクラウンではこれまで通りのセダンスタイルを継続採用。

 

しかし、プラットフォームは、現行モデルの後輪駆動ベースから前輪駆動ベースに変更することで室内空間を拡大。

 

パワートレインには最新のターボエンジンとハイブリッドシステムを搭載し、内装には最新のデジタルメーターを採用することにより質感を向上。

 

安全システムには一部自動運転技術「Advanced Drive」を搭載することで、快適性がアップされます。

 

▼トヨタ・クラウンクルーガー

【トヨタ新型クラウンクルーガー】「クラウンSUV!」最新情報、サイズ、燃費、価格は?

▼トヨタMIRAI

【トヨタ新型MIRAI】「Advanced Drive搭載!」最新情報、航続距離、補助金、価格は?

 

トヨタ新型クラウンの【主な変更点】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型クラウンの変更点

  • 新世代のエクステリアデザインを採用
  • 前輪駆動を採用
  • 最新のターボエンジンとハイブリッドシステムを搭載
  • 一部自動運転技術「Advanced Drive」を採用
  • 最新のデジタルメーターを装備
  • ソフトウェアのワイヤレスアップデートに対応
  • 車高をアップした「クラウンクロスオーバー」を設定

 

高級感!トヨタ新型クラウンの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180626165029j:plain

新型クラウンの外装は、現行モデルから大型グリルを引き継ぎながら、より安定感のスタイルとすることで、フラッグシップモデルとしての質感が高められます。

 

フロントはバンパーのスタイルを変更し、水平のラインを使用することで重厚感のあるデザインに。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201102/20201102133209.jpg

リアもフロントにあわせ、よりワイドさを強調することにより、迫力あるリアビューがつくられます。

 

最新装備!トヨタ新型クラウンの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20201102133602j:plain

新型クラウンの内装は、最新の装備を採用することで質感がアップされます。

  

f:id:carislife:20201102133606j:plain

ディスプレイにはインフォテインメント用の大型タッチパネルのほか、新たに新世代のデジタルメーターを採用。

 

これによりドライバー前にナビや車両情報のほか、多彩な情報を表示することができるようになり、各種コネクティッドサービスとの連携を強化。

 

インテリアトリムは、本革シート表皮や木目、メタル加飾を組み合わせ、最上級セダンとしての質感を向上。

 

室内空間は前輪駆動をベースとしたプラットフォームを採用することにより、これまでより拡大されます。

 

新世代!トヨタ新型クラウンのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180626165655j:plain

▼新型クラウンのパワートレインとスペック

  • 直列4気筒2.4Lターボエンジン
    出力:320ps/45.0kgm
  • 【クラウンハイブリッド】
    直列4気筒2.4Lエンジン+電気モーター
    エンジン出力:230ps/24.5kgm
    モーター出力:143ps/27.5kgm
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:FF or 4WD

新型クラウンには、これまで搭載されていた2.5Lと3.5Lのハイブリッドに代え、新開発される2.4Lターボエンジンとハイブリッド仕様が搭載されます。

 

2.4Lターボエンジンは新開発のダウンサイジングエンジンとなり、3.5Lエンジンを上回る320ps/45.0kgmを発揮。

 

ハイブリッドモデルでは、電気モーターを組み合わせることで環境性能を向上。

 

新型クラウンでは、ガソリン車に8速AT、ハイブリッド車に後輪を電気モーターで駆動するシステムを進化させた「新型E-Four」が組み合わせられ、高レスポンスが実現されます。

 

「Advanced Drive」!トヨタ新型クラウンの安全装備は? 

f:id:carislife:20210408133722j:plain

f:id:carislife:20210408133724j:plain

f:id:carislife:20210408133727j:plain

トヨタ新型クラウンには、一部自動運転技術「Advanced Drive」が採用されます。

 

「Advanced Drive」は、最新の高度運転支援技術により、高速道路などの自動車専用道路において、ドライバー監視のもと実際の交通状況に応じて車載システムが適切に認知、判断、操作を支援。

  

f:id:carislife:20210408133729j:plain

車両が、車線と車間の維持、分岐、レーンチェンジ、追い越しなどをすることが可能となり、ドライバーはアクセル、ブレーキ、ステアリング操作もすることなく、ロングドライブでの疲労軽減が可能に。

 

f:id:carislife:20210408133732j:plain

また、ワイヤレス、有線でのアップデートにより、つねに最新のソフトウェア(制御ソフトおよび高精度地図ソフト)に更新することができるようになります。

 

改善!トヨタ新型クラウンの燃費は?

f:id:carislife:20171024161400j:plain

▼新型クラウンの燃費(WLTCモード値)

  • ガソリン:22km/L
  • ハイブリッド:13.0km/L

トヨタ新型クラウンの燃費は、最新のハイブリッドシステムを採用することによりアップします。

 

現行モデルは2.5Lハイブリッド車でWLTCモード値20.0km/Lとされていましたが、新型クラウンでは走行性能を重視した上級セダンながら22km/Lが見込まれています。

 

▼参考:トヨタ・クラウン(現行モデル)の燃費

  • 3.5Lハイブリッド
    JC08モード:18.0km/L
    WLTCモード:16.0km/L
  • 2.5Lハイブリッド
    JC08モード:24.0km/L
    WLTCモード:20.0km/L
  • 2Lターボ
    JC08モード:12.8km/L
    WLTCモード:12.4km/L

  

拡大!トヨタ新型クラウンのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171004/20171004133542.jpg

▼新型クラウンのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4930×1800×1465mm
  • ホイールベース:2930mm
  • ※参考
    ・トヨタ クラウン(現行モデル)
     全長×全幅×全高:4910×1800×1455mm
     ホイールベース:2920mm
     車重:1690kg~1900kg

新型クラウンのボディサイズは、現行モデルから拡大することで、さらなる快適性が追求されます。

 

しかし日本向けセダンとして、全幅は1800mmを維持することで取り回しの良さが確保されます。

 

アップ!トヨタ新型クラウンの価格は?

f:id:carislife:20171030105429j:plain

▼新型クラウンの価格

  • 510万円~750万円

トヨタ新型クラウンの価格は、最新の装備を採用することによりアップします。

 

アップ幅はデジタルメーターや一部自動運転技術を標準採用する上位モデルで拡大し、さらなる質感が追求されます。

 

▼参考:トヨタ・クラウン(現行モデル)の価格

▽2Lターボエンジン

  • RS:509万9000円
  • RS Advance:575万9000円

▽2.5Lハイブリッド(FR駆動)

  • B:489万9000円
  • S:520万2000円
  • G:587万9000円
  • RS-B:495万3000円
  • RS:531万9000円
  • RS Advance:597万9000円

▽2.5Lハイブリッド(4WD駆動)

  • B Four:511万9000円
  • S Four:542万2000円
  • G Four:609万9000円
  • RS-B Four:517万3000円
  • RS Four:553万9000円
  • RS Advance Four:619万9000円
  • G Executive Four:651万3000円

▽3.5Lハイブリッド

  • RS Advance:710万7000円
  • G Executive:739万3000円

   

いつ?トヨタ新型クラウンの発売日は?

f:id:carislife:20171024110357j:plain

フルモデルチェンジする新型クラウンは、2022年末の発売が予定されています。

  

トヨタはクラウンでセダンスタイルを維持しながら、最新の装備を採用することにより、さらなるユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

トヨタ・クラウンを「おさらい」 

▼トヨタクラウンアスリートS若草色edition(2015年モデル)

f:id:carislife:20171031112135j:plain

クラウンは、初代が1955年に登場したトヨタが製造する高級乗用車です。

 

7代目クラウンの宣伝キャッチコピー「いつかはクラウン」は、人々が憧れる高級セダンとしてクラウンの知名度を大きくあげ、レクサスが日本に導入された現在も、”日本の高級車”としてクラウンを指名買いするユーザーも多い人気車になっています。

 

前モデルのクラウンは14代目で、ユーザーのニーズにあわせ変化してきたクラウンを象徴する新しいコンセプトとしてスポーツ性能が打ち出されました。

 

モデルバリエーションは、上級セダンらしい表情のクラウンロイヤル、若い世代にもアピールするクラウンアスリートのほか、上級モデルのクラウンマジェスタをラインナップ。

 

クラウンマジェスタに採用されていたV型8気筒エンジンは廃止されましたが、新しく高環境性能とちから強い走りが可能なハイブリッドモデルと2Lターボモデルを用意。

 

ミニバンやSUV人気から販売が減少しているセダンにもう一度注目してもらうため、ピンクや若草色などの特徴的ボディカラーを販売したことも話題になりました。

 

▼トヨタ・クラウン(15代目/現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180626/20180626165714.jpg

15代目の現行モデルは2018年に登場し、新世代プラットフォーム「TNGA」に基づく「GA-Lプラットフォーム」を採用。

 

シャーシをドイツ・ニュルブルクリンクで開発することで走行性能を向上し、スポーティなセダンとしての魅力をアップ。

 

また車載通信機DCMを全車に標準搭載し、「初代コネクティッドカー」としてアピールされました。

 

新型トヨタ・クラウンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。