New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【ダイハツ新型トール】2022年末「ハイブリッド設定!」フルモデルチェンジ発売!最新情報、トールカスタム、燃費や価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200916/20200916054822.jpg

ダイハツが、「トール」のフルモデルチェンジ発売を予定しています。

 

新世代となり魅力をアップするダイハツ新型トールについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新世代技術搭載!「新型トール」フルモデルチェンジ発売!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200915/20200915141643.jpg

ダイハツが「トール」のフルモデルチェンジ発売を予定しています。

 

ダイハツ・トールは、ブランドの主力コンパクトワゴンとなっており、トヨタ「ルーミー」、スバル「ジャスティ」としてOEM供給。現行モデルは2016年11月に発売されていました。

 

フルモデルチェンジする新型トールでは、ダイハツの新世代プラットフォーム「DNGA」を採用することで基礎性能をアップし、最新技術に対応。

 

パワートレインには、新開発された「eスマートハイブリッド」システムを搭載する「トールハイブリッド」を新設定し、発電用の直列3気筒1.2Lエンジンと走行用の電気モーターを組み合わせたシリーズハイブリッド構成を採用することで、走行性能と燃費をアップします。

 

新世代となるダイハツ新型トールは、2022年末の発売が予定されています。

 

ダイハツ新型トールの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ダイハツ新型トールの変更点

  • 最新のデザインを採用
  • 新世代プラットフォーム「DNGA」を使用
  • 1.2Lハイブリッドを搭載する「トールハイブリッド」を新設定
  • ガソリン車のトランスミッションに最新の「D-CVT」を採用

 

精悍!ダイハツ新型トールの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200915/20200915141307.jpg

ダイハツ新型トールの外装は、最新のデザインを採用することにより質感が高められます。

 

ベースモデルでは、コンパクトカーとしての軽快さがイメージできるデザインとされ、最新の薄型ヘッドライトを採用。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200915/20200915141313.jpg

トールカスタムでは、現行モデルで人気になっている大型グリルを維持し、専用のクロームアクセントを採用することで、存在感がアップされます。

 

使いやすさUP!ダイハツ新型トールの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200915/20200915141556.jpg

ダイハツ新型トールの内装は、質感と使い勝手を両立したデザインとされます。

 

f:id:carislife:20200916054839j:plain

装備には、電子制御パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を採用。

  

f:id:carislife:20200915134627j:plain

インフォテインメントシステムは、スマートフォンとの連携やコネクティッド機能を強化することで、多彩なサービスを利用できるように。

 

f:id:carislife:20180904090153j:plain

室内空間は、多彩なシートアレンジが可能とされ、車中泊にも対応。

 

f:id:carislife:20161109133731j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161109/20161109133736.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161109/20161109133738.jpg

各所に収納スペースを配置することで、使い勝手が高められます。

 

ハイブリッド設定!新型トールのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180904090922j:plain

▼ダイハツ新型トールのエンジンとスペック

  • 【ガソリン】
    ・エンジン:直列3気筒1L「1KR-FE」
     出力:69ps/9.4kgm
    ・直列3気筒1Lガソリンターボエンジン
     出力:98ps/14.3kgm
    ・トランスミッション:CVT「D-CVT」
    ・駆動方式:FF or 4WD
  • 【トールハイブリッド】【新設定】
    直列3気筒1.2Lエンジン+電気モーター「eスマートハイブリッド」
    システム出力:120ps
    駆動方式:FF

ダイハツ新型トールには、新たにハイブリッドモデルが設定されます。

 

ハイブリッドモデルは、新開発された「eスマートハイブリッド」システムを採用し、発電用となる直列3気筒1.2Lエンジンと、走行用の電気モーターを組み合わせることで、走行性能をアップ。

 

▼ダイハツ「D-CVT」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190606/20190606143454.jpg

ガソリン車では、トランスミッションに最新の「D-CVT」が組み合わせられ、ギヤを組み込むことで、従来CVT同様の「ベルト駆動」に加え、より伝達効率の良い「ベルト+ギヤ駆動」が可能となる世界初の「パワースプリット技術」を採用。

 

高速域では「ベルト+ギヤ駆動」となり、伝達効率を約8%向上。

 

変速比幅をロー側、ハイ側ともに広げ、従来の5.3から7.3まで拡大することで、低速域でのパワフルでスムーズな加速と、高速域での低燃費で静かな走りが実現されます。

 

最新システム!ダイハツ新型トールの安全装備は?

f:id:carislife:20200915133438j:plain

ダイハツ新型トールの安全システムには、最新の「スマートアシスト」が搭載されます。

 

スマートアシストでは新型ステレオカメラ搭載により、衝突警報機能、衝突回避支援ブレーキ機能を、夜間歩行者検知、追従二輪車検知に対応させるとともに、検知距離、対応速度の向上を実現。

 

また、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールも備え、運転時の疲労が軽減されます。

 

改善!ダイハツ新型トールの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ダイハツ新型トールの燃費

  • 1L自然吸気エンジン:20km/L
  • トールハイブリッド:30km/L

ダイハツ新型トールの燃費は、新たにハイブリッドモデルを設定することで30km/Lが見込まれています。

 

ガソリン車でも最新のCVTを使用することで、燃費をアップします。

 

▼参考:トール(現行モデル)の燃費

  • 1L自然吸気エンジン:18.4km/L
  • 1Lターボエンジン:16.8km/L

 

広く!ダイハツ新型トールのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200915/20200915145726.jpg

▼ダイハツ・トールのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:3730×1675×1735mm
  • ホイールベース:2500mm
  • ※参考
    ・トール(現行モデル)
     全長×全幅×全高:3700×1670×1735mm
     ホイールベース:2490mm

ダイハツ新型トールのボディサイズは、より広い室内空間を確保するため、全長と全幅が拡大されます。

 

しかし、軽自動車からのクラスアップユーザーに対応する扱いやすいサイズが重視され、変更幅は小さくなります。

  

アップ!ダイハツ新型トールの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ダイハツ新型トールの価格

  • ガソリン:160万円~210万円
  • トールハイブリッド:200万円~220万円

ダイハツ新型トールの価格は、装備の充実により5万円ほどのアップが見込まれています。

 

新設定されるトールハイブリッドは、ガソリン車の上位グレードと比較できる200万円ほどからとされ、高い燃費性能がアピールされます。

 

▼参考:ダイハツ・トールの価格(現行モデル)

▽1L自然吸気エンジン

  • Χ
    2WD(FF) 1,556,500円、4WD 1,732,500円
  • G
    2WD(FF) 1,743,500円、4WD 1,919,500円
  • カスタムG
    2WD(FF) 1,914,000円、4WD 2,090,000円

▽1Lターボエンジン

  • Gターボ
    2WD(FF) 1,864,500円
  • カスタムGターボ
    2WD(FF) 2,046,000円

 

いつ?ダイハツ新型トールの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジするダイハツ新型トールは、2022年末の発売が予定されています。

 

ダイハツは主力コンパクトカーのトールに新世代技術を採用することで、ユーザーにアピールしていく予定です。

 

ダイハツ・トールを「おさらい」

Daihatsu THOR G"SA II" (DBA-M900S) front.jpg

ダイハツ・トール(THOR)は、初代となる現行モデルが2016年に登場したコンパクトカーです。

 

他メーカーにも供給されるOEMモデルとなっており、当初トヨペット店とネッツ店で販売される「タンク」、トヨタ店とカローラ店で販売される「ルーミー」、スバル「ジャスティ」と、基本共通の4モデルが展開されていましたが、2020年の改良にあわせ「タンク」が「ルーミー」に統合されました。

 

車名の「THOR」の由来は北欧神話の雷神"THOR"からとなっており、"THOR"の意味する「力強く頼りがいがある相棒」に加え、同じ発音で背が高いを意味する"TALL"をかけたものとなっています。

 

コンセプトは、Living(リビング)とDriving(ドライビング)を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」とされ、自宅のような快適性を持つクルマとしてつくられました。

 

登場前に販売されていたトヨタ「bB」「ラクティス」、ダイハツ「COO」、スバル「DEX」「トレジア」を統合し、両側スライドドアにより高い利便性が確保されたことで安定した販売を記録する人気モデルになっています。

 

新型ダイハツ・トールについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。