New Car/最新自動車情報/車好き新型車ニュース

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【メルセデス新型GLCクーペ】「安全装備充実!」2021年12月24日改良日本発売!最新情報、燃費、価格は?

f:id:carislife:20190321091632j:plain

メルセデス・ベンツが、ミドルクラスSUV「GLCクーペ」の改良日本発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップした新型GLCクーペについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】機能UP!「新型GLCクーペ」改良日本発売!

f:id:carislife:20200403133815j:plain

メルセデス・ベンツが、「GLCクーペ」の改良日本発売を発表しました。

 

メルセデス・ベンツGLCクーペは、ブランドのミドルクラスセダンであるCクラス相当のSUVとして開発された「GLCクラス」をベースに、スポーティなクーペSUVとしてラインナップされ人気になっています。

 

改良された新型GLCクーペでは、約35km/h以下で走行中、超音波センサーが左右の最適な駐車スペースを自動で検出し、自動操舵・ブレーキ・シフトチェンジ・速度コントロール機能により自動で並列駐車する「アクティブパーキングアシスト」のほか、Apple CarPlay および Android Autoに対応しメディアディスプレイで利用できるスマートフォン連携機能を標準装備。

 

「AMG GLC 43 4MATICクーペ」では、「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」を標準採用。

 

その他、新型GLCクーペでは、リモコンキーのシルバークローム部分をハイグロスからマットへ変更。

 

「GLC 220 d 4MATICクーペ」のAMGライン非装着車では、インテリアトリムの素材をブラウンアッシュウッドからブラウンウォールナットウッドに変更。

 

また、ボディカラー「ブリリアントブルー」を廃止し、新たに「スペクトラルブルー」を設定。

 

フットトランクオープナーとワイヤレスチャージングの標準装備設定、オプションの「レザーエクスクルーシブパッケージ」より「ブルメスターサラウンドサウンド
システム」の設定を停止。

 

「GLC 220 d 4MATICクーペ」「GLC 300 4MATICクーペ」「GLC 350 e 4MATICクーペ」では、内装色「マグマグレー/ブラック」を廃止。

 

「GLC 350 e 4MATICクーペ」では、車両左右の「EQ Power」バッジが廃止されています。

 

新型GLCクーペは2021年12月24日に日本発表。価格は7,630,000円~10,580,000円。納車の開始は2022年1月からが予定されています。

 

▼メルセデス・ベンツGLCクラス

 【メルセデス新型GLCクラス】「機能UP!」改良日本発売!最新情報、燃費、価格は?

 

メルセデスベンツ新型GLCクーペの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼メルセデスベンツ新型GLCクーペの変更点

  • 「アクティブパーキングアシスト」を標準装備
  • 全モデルでApple CarPlay および Android Autoに対応
  • 「AMG GLC 43 4MATIC」に、「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」を標準採用
  • リモコンキーのシルバークローム部分をハイグロスからマットへ変更
  • 「GLC 220 d 4MATICクーペ」のAMGライン非装着車で、インテリアトリムの素材をブラウンアッシュウッドからブラウンウォールナットウッドに変更
  • ボディカラー「ブリリアントブルー」を廃止し、新たに「スペクトラルブルー」を設定
  • フットトランクオープナーとワイヤレスチャージングの標準装備設定、オプションの「レザーエクスクルーシブパッケージ」より「ブルメスターサラウンドサウンドシステム」の設定を停止
  • 「GLC 220 d 4MATIC」「GLC 300 4MATIC」「GLC 350 e 4MATIC」の、内装色「マグマグレー/ブラック」を廃止
  • 「GLC 350 e 4MATIC」の「EQ Power」バッジを廃止

▽2020年4月の変更点

  • プラグインハイブリッドモデル「GLC350e 4MATICクーペ」を追加設定

▽2019年10月マイナーチェンジ時の変更点

  • 最新のブランドデザインを採用した外装を採用
  • 新しい2Lガソリンとディーゼル、3Lエンジンを採用し高出力化
  • 高精細10.25インチの「ワイドディスプレイ」を装備
  • AIを採用した最新の「MBUX」インフォテイメントシステムを搭載
  • 「エナジャイジング コンフォート」を設定し、各種ヒーターやパフュームアトマイザー、シート設定、照明、音楽等のシステムを統合的にコントロールし、「リフレッシュ」「バイタリティー」「トレーニング」の3プログラムを設定
  • 安全システムに「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」を採用

 

763万円から!メルセデスベンツ新型GLCクーペの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼メルセデスベンツ新型GLCクーペの価格

  • GLC 220 d 4MATIC クーペ:7,630,000円
  • GLC 300 4MATIC クーペ:8,540,000円
  • GLC 350 e 4MATIC クーペ:9,630,000円
  • メルセデスAMG GLC 43 4MATIC クーペ:10,580,000円

メルセデス・ベンツ新型GLCクーペの価格は、763万円からに設定されています。

 

前モデルの日本価格は721万円からとされていましたが、装備の変更や原材料費の高騰などにより価格がアップしています。

 

▼参考:メルセデス・ベンツGLCクーペの価格(前モデル)

  • GLC 220 d 4MATIC クーペ:7,210,000円
  • GLC 300 4MATIC クーペ:8,070,000円
  • GLC 350 e 4MATIC クーペ:9,220,000円
  • メルセデスAMG GLC 43 4MATIC クーペ:9,800,000円
  • メルセデスAMG GLC 63 4MATIC+ クーペ:13,440,000円
  • メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+ クーペ:15,190,000円

  

流麗!新型GLCクーペの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20190321091728j:plain

f:id:carislife:20190321091852j:plain

f:id:carislife:20190321091855j:plain

メルセデス・ベンツ新型GLCクーペの外装は、ヘッドライトや前後バンパーなどに最新のデザインコンセプトが採用されています。

 

f:id:carislife:20190321091836j:plain

ヘッドライトはデイタイムランニングライトがメインライトを囲むような形状とされ、硬質感を向上。

 

f:id:carislife:20190321091828j:plain

ダイヤモンドグリルは粒を散りばめたようなデザインとすることで、より華やかさをもったスタイルとなっています。

 

f:id:carislife:20190321091849j:plain

リアランプは、ヘッドライトと同じくスクエア形状を内部に取り込むことでデザインの統一感をアップ。

 

f:id:carislife:20190321091846j:plain

f:id:carislife:20190321091839j:plain

f:id:carislife:20190321091832j:plain

その他、新設計されたリアディフューザーやホイールなどにより、存在感がアップしています。

 

▼AMG GLC63クーペの画像

f:id:carislife:20190417071440j:plain

f:id:carislife:20190417071443j:plain

最上位ハイパフォーマンスモデルとなるAMG GLC63クーペは、専用のエアロやエクステリアアクセントにより、ベースモデルと差別化されています。

 

▼メルセデス・ベンツ新型GLCクーペの動画

 

メルセデスベンツ新型GLCクーペを前モデルと比較!

▼メルセデス・ベンツGLCクーペ(前モデル)

f:id:carislife:20181213093738j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160323/20160323201625.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160323/20160323201822.jpg

新型GLCクーペを前モデルと比較すると、ライトやバンパーなどの変更がわかりやすくなっています。

 

新型GLCクーペでは新世代のデザインを採用することで、質感がアップされています。

 

延長!メルセデスベンツ新型GLCクーペのボディサイズは?

f:id:carislife:20190321092639j:plain

▼メルセデス・ベンツ新型GLCクーペのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4735×1890×1605mm
  • ホイールベース:2875mm
  • ※参考
    ・メルセデス・ベンツGLCクラス
     全長×全幅×全高:4660×1890×1645mm
     ホイールベース:2875mm

メルセデス・ベンツ新型GLCクーペのボディサイズは、ベースとなるGLCクラスより全長を延長し、全高はダウンすることでクーペSUVの魅力あるデザインがつくられています。

 

ライバル車にはBMW X4を設定し、プレミアムSUVながら取り回しのしやすさも魅力とされます。

 

最新装備!新型GLCクーペの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190321092701j:plain

f:id:carislife:20190321092655j:plain

メルセデス・ベンツ新型GLCクーペの内装は、最新技術を採用することに使い勝手がアップされています。

 

システムには「エナジャイジング コンフォート」が設定され、各種ヒーターやパフュームアトマイザー、シート設定、照明、音楽等のシステムを統合的にコントロールし、快適性を向上。

 

「リフレッシュ」や「バイタリティー」「トレーニング」の3プログラムから選択することが可能となっています。

 

さらに「エナジャイジング コーチ機能」を使用すると、高度なアルゴリズムに基づき走行時間等が考慮され、さらにGarmin製スマートウォッチを装着した場合はドライバーのストレスレベルや睡眠の質などの個人データも活用し、運転手をサポートするモードを提案。

 

また、シートクッションとバックレストのわずかな動きにより、着座姿勢の変更をサポートする「エナジャイジングシートキネティクス」が装備されています。

 

f:id:carislife:20190321092704j:plain

f:id:carislife:20190321092658j:plain

インフォテイメントシステムには、AIを採用することにより会話をするように操作が可能な「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」を搭載。

 

ステアリングホイールにはタッチコントローラーが採用され、大型インフォテインメントディスプレイを操作することができるようになっています。

 

その他、これまで左右シート間に設置されていたロータリーコントローラーは大型のタッチパッドに変更され、操作性を向上するとともにシンプルなデザインとされています。

 

パワフル!新型GLCクーペのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20190321092825j:plain

▼メルセデス・ベンツ新型GLCクーペのパワートレインとスペック

  • GLC220d 4MATIC
    直列4気筒2Lディーゼルターボ
    出力:194ps/40.8kgm
  • GLC300 4MATIC
    直列4気筒2Lガソリンターボ
    出力:258ps/37.7kgm
  • GLC350e 4MATIC(プラグインハイブリッド)
    直列4気筒2Lガソリンターボ+電気モーター
    システム出力:320ps/71.4kgm
    EV航続距離:45.2km
  • AMG GLC43 4MATIC
    V型6気筒3Lガソリンターボ
    出力:390ps/53.0kgm
  • AMG GLC63 4MATIC+
    V型8気筒4Lガソリンターボ
    出力:476ps/66.3kgm
  • AMG GLC63S 4MATIC+
    V型8気筒4Lガソリンターボ
    出力:510ps/71.4kgm
  • トランスミッション:9速AT
  • 駆動方式:FR or 4WD「4MATIC」

メルセデス・ベンツ新型GLCクーペには、最新の2Lディーゼルとガソリン、3Lガソリンエンジンが搭載されています。

 

2Lディーゼルエンジンは、従来型のクリーンディーゼルエンジンの170ps/40.8kgmから194ps/40.8kgmと高出力化された一方、振動、騒音も低減。

 

2Lガソリンエンジンは、ツインスクロールターボチャージャーと可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC」を採用し、低回転から高回転まで伸びやかな加速を実現。従来モデルと比較して、最高出力が47ps向上しています。

 

また、「AMG43シリーズ」に搭載される3Lエンジンは、ターボの大型化と制御の改良により従来モデルより23ps高出力化され、伸びやかな加速がつくられています。

 

メルセデスベンツ新型GLCクーペを試乗動画でチェック!

メルセデスベンツ新型GLCクーペは試乗動画が公開されています。

 

充実した装備や高い質感が評価されています。

 

 

走り両立!メルセデスベンツ新型GLCクーペの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼メルセデス・ベンツ新型GLCクーペの燃費

  • 2Lガソリンターボ:10.7km/L
  • 2.2Lディーゼルターボ:15.1km/L
  • 3Lガソリンターボ:9.6km/L
  • 4Lガソリンターボ:7.8km/L

メルセデス・ベンツ新型GLCクーペの燃費は、最新の2Lディーゼルエンジンが採用されたことで最高15.1km/Lとなっています。

 

ガソリンエンジンモデルは2Lエンジンが10.7km/Lとなっており、3Lターボモデルでも燃費低下が抑えられています。

 

充実!メルセデスベンツ新型GLCクーペの安全装備は?

f:id:carislife:20180130120319j:plain

メルセデス・ベンツ新型GLCクーペの安全装備には、「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」が採用されています。

 

「アクティブブレーキアシスト」は、対向車線を横切って右折しようとするときに対向車線を直進してくるクルマと衝突する危険がある場合、10km/h以内であれば自動ブレーキを作動することで衝突回避を支援。

 

新型GLCクーペではその他、超音波センサーが最適な駐車スペースを自動で検出し、自動操舵・ブレーキ機能により簡単に駐車できるアクティブパーキングアシスト機能など、ブランドの最新機能が搭載されています。

 

▼メルセデス・ベンツ新型GLCクーペの安全装備

  • LEDインテリジェントライトシステム
  • アテンションアシスト
  • アダプティブハイビームアシスト・プラス
  • クロスウインドアシスト
  • アクティブパーキングアシスト
  • ディスタンスパイロット・ディストロニック(ステアリングパイロット付)
  • アクティブブレーキアシスト(歩行者検知機能付)
  • リアCPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)
  • アクティブブラインドスポットアシスト
  • PRE-SAFEブレーキ(歩行者検知機能付)

  

メルセデスベンツ新型GLCクーペの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良された新型GLCクーペは2021年12月24日に日本発表。納車の開始は2022年1月からが予定されています。

  

メルセデス・ベンツはベースモデルとなる「GLCクラス」とあわせ、アピールしていく予定です。

 

メルセデスベンツGLCを「おさらい」

▼メルセデス・ベンツGLCクラス

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150618/20150618204705.jpg

メルセデス・ベンツGLCは、初代となる現行モデルが2015年に登場したSUVです。

 

以前販売されていたGLKクラスの後継車として開発され、メルセデス・ベンツのネーミングルール変更から、SUVを表す「GL」に「”C”クラス相当」としてGLCのモデル名が採用されました。

 

この経緯から日本発表時のキャッチフレーズには「いよいよCクラスに、SUV」が採用され、車格がアピールされました。

 

ボディは前モデルのGLKクラスから全長と全幅を拡大しながら、全高を下げることでスポーティなイメージに変更。

 

新しいボディタイプとして、クーペSUVとなるGLCクーペもラインナップに加えられ、ブランドのミドルクラスSUVとしてセールスされています。

 

新型メルセデス・ベンツGLCクーペについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。