New Car/最新自動車情報/車好き新型車ニュース

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型ミニキャブバン/タウンボックス】103.5万円!「装備充実!」2022年4月21日改良発売!最新情報、燃費や4WD、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190717/20190717083547.jpg

三菱が、「ミニキャブバン」「タウンボックス」の改良発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップした三菱新型ミニキャブバンとタウンボックスについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】使い勝手UP!「新型ミニキャブバン/タウンボックス」改良発売!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190717/20190717083704.jpg

三菱が「ミニキャブバン」「タウンボックス」の改良発売を発表しました。

 

三菱ミニキャブバンとタウンボックスは、スズキ「エブリイ」のOEM軽キャブバン、キャブワゴンとして販売され、大きな室内空間を利用した車中泊など、レジャーに使うユーザーにも人気になっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190708/20190708090954.jpg

改良された新型「ミニキャブバン」では、可変バルブタイミング機構を排気側にも採用するなどエンジンを改良したほか、4速AT車はアイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー」を採用することで、燃費性能を約10%向上。

 

また、上級グレードはターボエンジン搭載の「ブラボーターボ」を廃止して自然吸気エンジン搭載の「ブラボー」を新設定し、ディスチャージヘッドライトの採用や新色の「クールカーキパールメタリック」を設定。

 

ワゴンの「タウンボックス」では、上級グレード「Gスペシャル」のステアリングホイールをウレタンから本革巻きに変更して質感を向上させたほか、「クールカーキパールメタリック」が設定されています。

 

改良された三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスは2022年4月21日に発売。価格は「ミニキャブバン」が1,035,100円~1,585,100円、「タウンボックス」が1,778,700円~1,995,400円となっています。

 

▼三菱ミニキャブトラック

【三菱新型ミニキャブトラック】改良発売!最新情報、燃費、価格は?

▼スズキ・エブリイ(OEM元モデル)

 【新型エブリイ】マイナーチェンジ発売!最新情報、バン/ワゴン、燃費や4WD、価格は?

 

三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスの変更点

  • 【ミニキャブバン】
    ・可変バルブタイミング機構を排気側にも採用するなどエンジンを改良
    ・4AT車にアイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー」を採用
    ・自然吸気エンジン搭載の「ブラボー」グレードを新設定し、ディスチャージヘッドライトの採用や新色の「クールカーキパールメタリック」を設定
    ・ターボエンジン搭載の「ブラボーターボ」を廃止
  • 【タウンボックス】
    ・「Gスペシャル」のステアリングホイールをウレタンから本革巻きに変更
    ・「クールカーキパールメタリック」を設定

▽2021年9月の変更点

  • 【ミニキャブバン】
    ・「アクティブスタビリティコントロール[ASC]」、「オートライトコントロール」、「プライバシーガラス」を全グレードに標準装備
    ・「ヒルスタートアシスト」を「M」グレードの4速AT車に標準装備
    ・「G」グレードに電動格納式リモコンドアミラーを採用し、4WD車に「ヒーテッドドアミラー」を装備
    ・「ブラボーターボ」に、メッキフロントフードガーニッシュを採用
    ・「M」以外のグレードに、USB電源ソケット(2個)を標準装備
  • 【タウンボックス】
    ・「停車時アイドリングストップシステム」と「USB電源ソケット(2個)」を全機種に装備。
    ・2WD車に運転席シートヒーターを追加し、全機種標準装備。

 

103.5万円から!三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスの価格

  • ミニキャブバン:1,035,100円~1,585,100円
  • タウンボックス:1,778,700円~1,995,400円

三菱新型ミニキャブバンの価格は、装備の充実によりアップしています。

 

スタート価格のアップ幅は、バンで45,100円、ワゴンで24,200円となっています。

 

▼参考:ミニキャブバン/タウンボックス(前モデル)の価格

  • ミニキャブバン:990,000円~1,596,100円
  • タウンボックス:1,754,500円~1,960,200円

 

精悍!新型ミニキャブバン/タウンボックスのエクステリアデザイン

▼三菱新型ミニキャブバン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190717/20190717084048.jpg

▼三菱新型タウンボックス

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190717/20190717083704.jpg

三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスの外装は、室内空間を最重視した設計ながら質感がアップされています。 

 

タウンボックスのフロントには、メッキグリルやディスチャージヘッドランプを採用することで、デザイン性をアップ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190717/20190717084151.jpg

リアにはLEDテーブランプを採用し先進的な印象に仕上げられているほか、後続車からの視認性も高められています。

  

広く!三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190708/20190708090605.jpg

▼三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1895mm
    ※タウンボックスは全高1910mm
  • ホイールベース:2430mm
  • ※参考
    ・三菱eKスペース
     全長×全幅×全高:3395×1475×1780mm
     ホイールベース:2495mm

三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスのボディサイズは、全長と全幅が軽自動車規格を一杯まで使用したものとされ、全高はブランドの軽自動車ワゴンでトップとなっています。

 

三菱eKスペースと比較すると、全高はバンで+115mm、ワゴンでは+130mmとなっており、余裕をもってレジャー用の荷物を積み込むことができるようになっています。

 

実用的!新型ミニキャブバン/タウンボックスのインテリアデザインは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190708/20190708090954.jpg

三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスの内装は、広い室内空間により機能性が高められています。

 

f:id:carislife:20190131094350j:plain

シートレイアウトは、後部座席を前後に180度まで倒すことができるようになっていることで、用途にあわせて多彩な選択が可能に。

f:id:carislife:20190131094131j:plain

アクセサリーパーツを使用することで、さらに荷物が積みやすくなるほか、車中泊も快適にこなすことができるようになっています。

 

力強く!三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスのスペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190717/20190717083547.jpg

▼三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスのエンジンとスペック

  • 【自然吸気エンジン】
    エンジン:直列3気筒660cc「R06A型」
    最高出力:49ps/5700rpm
    最大トルク:6.1kgm/4000rpm
  • 【ターボエンジン】
    エンジン:直列3気筒660ccターボ「R06A型」
    最高出力:64ps/6000rpm
    最大トルク:9.7kgm/3000rpm
  • トランスミッション:5速MT or 5速AGS or 4速AT
  • 駆動方式:FR or パートタイム4WD or フルタイム4WD

三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスのエンジンには、軽自動車規格に対応するR06A型660ccエンジンが設定されています。

 

R06A型ターボエンジンは、3000rpmで最大トルクを発生する使いやすい特性に仕上げ。

 

タウンボックスでは4速ATと組み合わせることで、乗用軽自動車の多くに採用されるCVTより、荷物を積み込んだ際の大きな負荷にも対応できるようになっています。

 

駆動方式は、リアに荷重がかかった際に大きなトラクションを得られるFRベースとされ、4WDも選択することができるようになっています。

 

走り両立!新型ミニキャブバン/タウンボックスの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスの燃費

  • 【ミニキャブバン】
    自然吸気エンジン:17.2km/L
  • 【タウンボックス】
    ターボエンジン:13.3km/L

三菱新型ミニキャブバンの燃費は、新燃費規格WLTCモード値に対応し、最高17.2km/Lとなっています。

 

乗用モデルとなるタウンボックスは、ターボエンジンと後輪駆動レイアウトを採用しながら、13.3km/Lが確保されています。

 

充実!三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスの安全装備は?

f:id:carislife:20190625103550j:plain

三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスの安全装備には、ステレオカメラ方式の「e-Assist」が搭載されています。

 

ステレオカメラを使用した安全システムは、夜間の歩行者も検知し、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストなど、最新の安全機能を提供。

 

新型ミニキャブバン/タウンボックスではこの他、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」、「後方誤発進抑制機能」、「リヤパーキングセンサー」が採用され、安全性をアップしています。

 

三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良された三菱新型ミニキャブバン/タウンボックスは、2022年4月21日に発売されました。

 

三菱は車中泊などで人気になっている軽キャブバン/ワゴンの魅力をアップすることで、より幅広いユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

新型三菱ミニキャブバン/タウンボックスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。