New Car/最新自動車情報/車好き新型車ニュース

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型オデッセイ】「復活!」2023年12月8日日本発売!最新情報、サイズや価格は?

ホンダが、上級ミニバン「オデッセイ」の復活日本発売を発表しました。

 

最新技術により高い魅力を持つ新型オデッセイのスペックや価格などをご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】復活販売!ホンダ「新型オデッセイ」日本発売!

▼ホンダ新型オデッセイの画像

ホンダが、「オデッセイ」の復活発売を発表しました。

 

ホンダ・オデッセイは、ブランドの上級ミニバンとして販売されていましたが、狭山工場の完成車生産終了に伴い、新規の受注が停止されていました。

 

復活発売された新型オデッセイは、上級ミニバンを求めるユーザーの要望にこたえるため、生産が継続されている中国からの輸入により再設定。

 

新タイプとして「e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION(アブソルートEXブラックエディション)」を設定し、ブラッククロームメッキのフロントグリルを始め、ブラックスモークレンズのリアコンビランプ、マットベルリナブラックの18インチアルミホイール、ブラックのルーフ/ピラーライニングなど、内外装の随所にブラック加飾を取り入れることによって、最上級モデルとしての洗練さを演出。

 

また、全タイプの2列目に4ウェイパワーシートを採用。オットマンとリクライニングの操作を新たに電動化することで、きめ細やかな調節が可能となり、より快適な着座姿勢をとることができるように。

 

加えて、2列目シートにはシートヒーターや折りたたみ式のセンターテーブル、ミニテーブル付きのアームレスト、シート足元にはUSBチャージャー(Type-C)を全タイプに標準装備し、快適性を向上。

 

インフォテインメントには、大型の11.4インチHonda CONNECTナビを設定。

 

また、車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を搭載し、安心・快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム)」が利用できるように。

 

その他、減速セレクターが新設定され、アクセルオフ時の減速の調節が可能となり、下り坂での走行や、前走車との車間距離の調整などに活用することができるように。

 

加えて、指一本でスムーズなシフト操作ができるエレクトリックギアセレクターもオデッセイとして初めて採用されています。

 

安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」は、新たに近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能を追加。

 

パワートレインは2.4Lガソリンエンジンが廃止され、2LハイブリッドのFF車のみが設定されます。

 

ホンダ新型オデッセイは2023年12月7日に発表され、12月8日に発売。価格は480万400円~516万4500円となっています。

 

▼ホンダ新型オデッセイの動画

▼ホンダ・ステップワゴン

 【ホンダ新型ステップワゴン】「価格改定!」発売!

  

新型オデッセイの 【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型オデッセイの変更点まとめ

  • 輸入により、販売を再開
  • 「ブラックエディション」を設定
  • 11.4インチ大型インフォテインメントシステムを設定
  • 車載通信モジュール「Honda CONNECT」により、コネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアムに対応
  • エレクトリックギアセレクター、ワイヤレス充電器を新装備
  • 「Honda SENSING」に、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能を追加
  • 2.4Lガソリン車、4WD車を廃止

▽2020年11月の変更点

  • 新しいエクステリア、インテリアデザインを採用
  • 日本初となる「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」を採用
  • ハンズフリーテールゲートを設定
  • ホンダ初となる「予約ロック」機能を搭載
  • コンビメーターパネルの高精細フルカラー液晶パネルを3.5インチから7インチに大型化
  • 運転席側の収納式ドリンクホルダー追加し、リッド付きのインパネアッパーボックスを新たに設定
  • 大画面10インチナビをディーラーオプション設定
  • 安全システム「ホンダセンシング」の機能を向上し、「後方誤発進抑制機能」に対応
  • 「G・AERO」グレードを廃止し、「アブソルート」と「アブソルートEX」の2グレードをガソリン車とハイブリッド車に設定
  • ボディカラーに新色「オブシダンブルー・パール」を追加

 

480万円から!新型オデッセイの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ホンダ新型オデッセイのグレード、価格

  • グレード
    ・e:HEV ABSOLUTE:480万400円
    ・e:HEV ABSOLUTE・EX:500万600円
    ・e:HEV ABSOLUTE・EX BLACK EDITION:516万4500円
     全車 駆動方式:FF、乗員:7人乗り
  • ▽EX BLACK EDITIONの専用装備
    ・ブラックエディション専用エクステリア
    ・ブラックエディション専用インテリア
    ▽新装備
    ・2列目両側アームレスト付4ウェイパワーシート(リクライニング / オットマン)
    ・2列目シートセンターテーブル(折りたたみ式、ドリンクホルダー付)
    ・2列目シートヒーター
    ・ワイヤレス充電器
    ・USBチャージャー(Type-A / 急速充電対応タイプ2個付)〈センターコンソールボックス後部〉
    ・USBチャージャー(Type-C / 急速充電対応タイプ2個付)〈2列目シート〉
    ・自動防眩ルームミラー
    ・エレクトリックギアセレクター
    ・減速セレクター
    ▽その他の装備
    ・本革シート&インテリア
    ・ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約ロック付)
    ・LEDシーケンシャルターンシグナルランプ
    ・運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート
    ・運転席&助手席シートヒーター
    ・トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナー
    ・マルチビューカメラシステム
    ・運転席大型アームレスト
    ・センターコンソールボックス

ホンダ新型オデッセイの価格は、ガソリン車の廃止や、原材料費の高騰などによりアップしています。

 

前モデルはガソリン車が349万5000円から、ハイブリッド車が419万8000円からとされていましたが、新型オデッセイでは480万400円からとされています。

 

▼参考:ホンダ・オデッセイの価格(前モデル)

  • 【2.4Lガソリン車】
    ・アブソルート
     8人乗り:FF 3,495,000円、4WD 3,715,000円
     7人乗り:FF 3,583,000円
    ・アブソルートEX
     8人乗り:4WD 3,815,000円
     7人乗り:FF 3,929,400円
  • 【e:HEV ハイブリッド】
    ・アブソルート
     8人乗り:FF 4,198,000円
     7人乗り:FF 4,286,000円
    ・アブソルートEX
     7人乗り:FF 4,580,000円

 

ホンダ新型オデッセイを動画でチェック!

 

迫力UP!新型オデッセイの外装(エクステリア)デザイン

▼新型オデッセイ「ブラックエディション」の画像

▼参考:オデッセイ(前モデル)

f:id:carislife:20200929060509j:plain

新型オデッセイの外装は、最新のデザインにより力強いスタイルに仕上げられています。

 

▼新型オデッセイの画像

復活販売では、新デザインのフロントグリルを採用。グリルの開口部を拡大することによってワイド感を強調し、水平基調の5本メッキバーに突起状のデザインを組み合わせることで高級感をアップ。

 

また、Hondaのエンブレムをより前方に配置することでフロント部の突き出し感を高め、迫力と重厚感を感じさせるデザインに。

 

▼新型オデッセイの画像

▼参考:オデッセイ(前モデル)

f:id:carislife:20200929060544j:plain

リアもフロントにあわせ、ブラックのテールランプやガーニッシュにより上質感を高め、安定感のあるスタイルとされています。

 

上質!新型オデッセイの内装(インテリア)デザイン

▼参考:オデッセイ(前モデル)

f:id:carislife:20171117093655j:plain

新型オデッセイの内装は、素材やデザインを見直すことで上級ミニバンとしての高い質感がつくられています。

 

新型オデッセイでは、スマートなデザインとしたエレクトリックギアセレクターのほか、ワイヤレス充電器を新たに装備し、利便性をアップ。

 

インフォテインメントには、11.4インチのHonda CONNECTナビを採用し、車内Wi-Fiや自動地図更新サービス、Hondaデジタルキーなどにも対応。

 

2列目シートには、両側アームレスト付4ウェイパワーシートとシートヒーター、折りたたみ式の2列目シートセンターテーブルを採用、低床設計とあわせることで、最上級セダン以上の高い乗り心地を味わうことができるように仕上げ。

 

▽ハンズフリーテールゲート

f:id:carislife:20200929061626j:plain

ラゲッジへのアクセスにはハンズフリーテールゲートが設定され、足元のジェスチャーにより開閉を行うことができるようになっています。

 

迫力&快適性UP!ホンダ新型オデッセイ用カスタムパーツ設定!

▼ホンダ新型オデッセイ カスタムパーツ装着車の画像

ホンダ新型オデッセイには、ホンダアクセスから純正アクセサリーが設定されています。

 

アクセサリーは、エクステリアにブラッククロームとベルリナブラックで重厚かつスポーティな表情を演出する「フロントグリル」を設定。

 

大型化した「テールゲートスポイラー」は、ハイマウントストップランプのまわりにブラッククロームメッキのガーニッシュを配することで、黒を基調としたアクセントによりオデッセイの存在感をアップ。

 

インテリアには、追加装着できる「USBチャージャー」のほか、「フットライト」「インナードアハンドル&ドアポケットイルミネーション」「サイドステップガーニッシュ」などをラインナップ。

 

ディスプレイには、大型の「15.6インチ リア席モニター」が設定されています。

 

パワフル!新型オデッセイのパワートレインとスペックは?

▼ハイブリッドシステム「e:HEV」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171016/20171016162043.jpg

▼ホンダ新型オデッセイのパワートレインとスペック

  • 【オデッセイハイブリッド】
    ・直列4気筒2.0L+電気モーターハイブリッド「e:HEV」
     エンジン出力:145ps/17.8kgm
     モーター出力:184ps/32.1kgm
     駆動:FF

▽廃止

  • 【ガソリン】
    ・直列4気筒2.4L
     出力:175ps/23.0kgm
     トランスミッション:CVT
     駆動:FF or 4WD

ホンダ新型オデッセイには、2Lハイブリッド「e:HEV」が搭載されています。

 

ハイブリッドシステム「e:HEV」は、以前採用されていた「SPORT HYBRID i-MMD」から名称を変更。

 

2つのモーターを搭載し発電用と走行用のモーターを分け、「EV」「ハイブリッド」「エンジンドライブ」の3つの走行モードを利用することで、高い環境性能を実現しています。 

 

走り両立!新型オデッセイの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ホンダ新型オデッセイの燃費

  • オデッセイハイブリッド
    WLTCモード値:19.9km/L

▽廃止

  • オデッセイ(ガソリン)
    WLTCモード値:12.8km/L

新型オデッセイの燃費は、最新ハイブリッドシステムによりWLTCモード値19.9km/Lとなっています。

 

これにより充実した機能と高い走行性能、使いやすさが両立されています。

 

機能充実!新型オデッセイの安全装備は?

f:id:carislife:20201105113753j:plain

新型オデッセイの安全装備には、最新の「ホンダセンシング」が全車標準装着されています。

 

搭載されるホンダセンシングには新たに、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能を追加することで安全性が高められています。

  

ワイド&ロー!新型オデッセイのボディサイズは?

▼ホンダ新型オデッセイのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4860×1820×1695mm
  • ホイールベース:2900mm
  • 参考
    ・トヨタ アルファード/ヴェルファイア
     全長×全幅×全高:4950×1850×1950mm
     ホイールベース:3000mm

ホンダ新型オデッセイのボディサイズは、他の上級ミニバンから全高が抑えられ、スポーティなスタイルとなっています。

 

ライバルのトヨタ・アルファード/ヴェルファイアと比較すると、全長が90mm、全高が255mm抑えられています。

 

いつ?ホンダ新型オデッセイの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

復活設定された新型オデッセイは2023年9月に先行予約を開始、2023年12月7日に発表され、12月8日に発売されます。

  

ホンダは上級ミニバンとしてオデッセイを設定することにより、ユーザーの要望にこたえていく予定です。

  

ホンダ・オデッセイを「おさらい」

▼ホンダ・オデッセイ(初代)

1996 Honda Odyssey van (2015-08-07) 01.jpg

▼ホンダ・オデッセイ(2代目)

2000 Honda Odyssey (Japan).jpg

ホンダ オデッセイ(Odyssey)は、初代が1994年に発売された上級ミニバンです。

 

ホンダが提唱した「クリエイティブ・ムーバー(生活創造車)」の第1弾として発売され、ミドルセダンのアコードのプラットフォームを使用した低ルーフのミニバンとして大人気になりました。

 

▼ホンダ・オデッセイ(3代目)

Honda Odyssey (third generation) (front), Serdang.jpg

2003年に発売された3代目以降は、初代から続く特徴を「低床」「低重心」のキャッチコピーにあわせて進化させ、セダンより広い室内空間と気持ちがいい走りを両立しました。

 

▼ホンダ・オデッセイ(4代目)

2009-2011 Honda Odyssey Luxury van (2011-04-28) 01.jpg

▼ホンダ・オデッセイ(5代目)

Honda ODYSSEY ABSOLUTE EX (RC1) front.jpg

4代目までは一般的なセダン型乗用車と同様に前ヒンジのドアを採用していましたが、2013年に発売された5代目では、最上級ミニバンとして販売されていたエリシオンと統合されたことにより、さらなる低床化と車高アップで室内空間を拡大し両側スライドドアが採用されました。

 

シリーズ通して、床下に収納可能な3列目シートが特徴となっており、8人が乗り込むことができる室内空間を確保しながら、必要なときにはワゴン以上のラゲッジスペースも利用できるようになっています。

 

新型ホンダ・オデッセイについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。