New Car/最新自動車情報/車好き新型車ニュース

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型ノート】「AUTECHクロスオーバー追加!」2024年5月29日改良日本発表!

日産が、コンパクトカー「ノート」の追加モデルとなる「ノートAUTECHクロスオーバー」の発売を発表しました。

 

追加モデルにより魅力をアップした日産新型ノートについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】タフ!「新型ノートAUTECH CROSSOVER」マイナーチェンジ発売!

▼日産新型ノートAUTECH CROSSOVERの画像

日産が、「ノート」の追加モデルとなる「ノートAUTECH CROSSOVER(オーテック クロスオーバー)」の発売を発表しました。

 

日産ノートはブランドの主力コンパクトカーとしてラインナップされ、現行モデルは2023年12月に新デザインを採用するなど、ビッグマイナーチェンジが実施されていました。

 

追加設定されたノートオーテッククロスオーバーは、マイナーチェンジ前にも設定されていたシリーズのオフロードモデルとなり、ベースモデルを「ノートオーラ」に変更する標準の「オーテック」とは異なり、「ノート」に継続設定。

 

新型ノートオーテッククロスオーバーでは、標準仕様から25mmアップした地上高などにより悪路への対応力を向上。

 

改良ではエクステリアデザインを一新し、フロント、リヤともに新たに専用デザインのプロテクターを装着。ブラックのサイドシルプロテクターやホイールアーチガーニッシュとコーディネート。

 

また、ルーフモールをシルバー化することで、SUVらしいスタイルをさらに強調。

 

さらに、専用シグネチャーLEDにおいて、「AUTECH」ブランド発祥の地である湘南・茅ヶ崎の海にインスパイアされたデザインとして、海を進むボートの後方に生じる波のパターン「航跡波」をモチーフとした模様を新たに採用し、「AUTECH」ブランドらしい個性やプレミアム感をさらにアップ。

 

インテリアでも質感を高めた専用デザインを採用することで、快適に走りを楽しむことができるように。

ボディカラーは、「AUTECH CROSSOVER」専用カラーとなる「サンライズカッパー」に「スーパーブラック」のルーフを組み合わせた2トーンカラーのほか、ベース車と同様に「ターコイズ」を新設定し、全8色のカラーバリエーションとされています。

 

日産新型ノートAUTECHクロスオーバーは2024年5月29日に発表され、2024年9月に発売。価格は2,756,600円~3,063,500円となっています。

 

▼日産新型ノートAUTECH CROSSOVERの動画

▼日産ノートオーラ

 【新型ノートオーラ】6月13日「新デザイン!」マイナーチェンジ日本発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

 

日産新型ノートの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼日産新型ノートの変更点

  • 「AUTECHクロスオーバー」を追加設定

▽2023年12月の変更点

  • 新しいデザインを採用
  • グローブボックスの容量を拡大
  • ボディカラーに「ターコイズブルー」、「スミレ」を設定

  

229万円から!日産新型ノートの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼日産新型ノートの価格

  • 【Xグレード】:FF 2,299,000円、4WD 2,580,600円
  • 【ノートオーテック・クロスオーバー】
    FF 2,756,600円、4WD 3,063,500円

日産新型ノートの価格は、2023年12月の改良にあわせアップしています。

 

ベースグレードのアップ幅は49,500円とされ、充実した機能と先進的なイメージをアピール。

 

「オーテック」グレードはベース車を「ノートオーラ」に変更、「オーテック・クロスオーバー」のみノートに継続設定。価格アップ幅は130,900円となっています。

 

▼参考:日産ノート(前モデル)の価格

  • 【Xグレード】:FF 2,249,500円、4WD 2,508,000円
  • 【ノートオーテック】:FF 2,592,700円、4WD 2,851,200円
  • 【ノートオーテック・クロスオーバー】
    FF 2,625,700円、4WD 2,884,200円
  • 【ノートオーテック・クロスオーバー+Active】
    FF 2,669,700円、4WD 2,928,200円

 

日産新型ノートを試乗動画でチェック!

 

新スタイル!日産新型ノートの外装(エクステリア)デザイン

▼日産新型ノートの画像

▼参考:日産ノート(前モデル)

f:id:carislife:20201124120644j:plain

日産新型ノートの外装は2023年12月の改良時に、新世代のデザインを採用することにより質感がアップされています。

 

ブランドデザインのVモーショングリルは、日産「セレナ」や「ルークス」から採用されていた、ストライプが入った「デジタルVモーション」に変更。

 

フロント・リヤバンパーをボディカラーと同色にし、車両全体の統一感を図ることで、よりフレッシュで先進感を感じられるデザインに。

 

加えて、フロントグリルは、有彩色のボディカラーには同色のカラードグリルを、無彩色のボディカラーにはダークメタルグレーのグリルを採用し、フロントフェイスを豊かに表現。

 

▼日産新型ノートの画像

▼参考:日産ノート(前モデル)

f:id:carislife:20201124120800j:plain

リヤバンパーは、下部にアシンメトリーな模様を施し、日本の風景に溶け込む佇まいに仕上げ。

 

新デザインの16インチホイールカバーは、日本の伝統的な幾何学模様をあしらうことで、立体感と和モダンが演出されています。

 

最新装備!日産新型ノートの内装(インテリア)デザイン

日産新型ノートの内装は2023年12月の改良時に、最新のデザインを採用することにより、使い勝手と質感がアップされています。

 

改良では、インストルメントパネルに水引をモチーフにしたデザインを採用し、シート地にランダムストライプを施すことで、エクステリアと調和した雰囲気に仕上げ。

 

また、助手席側にあるグローブボックスは容量を拡大。収納スペースを上下2段に仕切ることで、取扱説明書やティッシュボックスなど、かさばりやすいものもすっきりと収納可能とし、利便性を向上しています。

 

f:id:carislife:20201124120853j:plain

f:id:carislife:20201124120725j:plain

その他、新型ノートでは、インストルメントパネルにインフォテインメントディスプレイとデジタルメーターを装備。

 

f:id:carislife:20201124120859j:plain

また、小型の電制シフトレバーが乗るブリッジ型のセンターコンソールには、大型の収納スペースやロングリーチのアームレストを装備することで、革新的なデザインと快適なドライビング空間を両立。

 

装備には電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能や、スマートフォンのワイヤレス充電器を採用することで使い勝手が引き上げられています。

 

後席はリクライニング機能を備え、ニールーム、ヘッドルームともに、クラストップのゆったりとしたスペースを確保。

 

さらに荷室では、広い開口部と荷室幅を確保することで、ストレスなく荷物を収納することができるようになっています。

 

パワフル!日産新型ノートのパワートレインとスペックは?

▼日産e-POWERパワートレイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171226/20171226111430.jpg

▼日産新型ノートのパワートレインとスペック

  • 【e-POWER】
    パワートレイン:電気モーター+直列3気筒1.2L(発電専用)
    エンジン出力(発電用):82ps/10.5kgm
    モーター出力(駆動用)
     前輪:116ps/28.6kgm
     後輪(4WD車):68ps/10.2kgm
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

日産新型ノートのパワートレインには、前世代のマイナーチェンジ時に追加され一気に主力になった「e-POWER」の第2世代が搭載されています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171226/20171226111436.jpg

第2世代のe-POWERでは、トルクを10%、出力を6%向上させ、よりパワフルで気持ちの良い発進加速と、中高速からの追い越しでの力強い加速感を実現。

 

加えて、インバーターは、第1世代よりも40%小型化、30%軽量化し、パワートレインを軽量化するとともに室内空間を拡大。

 

f:id:carislife:20201124130120j:plain

システムの制御は、路面状況とロードノイズの大きさを予測しエンジンの始動を制御することで発電を行うエンジンのノイズが車内に侵入するのを低減し、さらなる静粛性が確保されています。

 

▼新型ノート4WD車のシステム

f:id:carislife:20201224055935j:plain

また、4WD車に採用される後輪用モーターは、出力を前世代から大幅に引き上げ、作動最高速度も発進加速を重視していた前モデルから新型ノートでは全域に拡大し、幅広い走行シーンでのアシストが可能となっています。

 

良好!日産新型ノートの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼日産新型ノートの燃費

  • e-POWER
    WLTCモード値:28.4km/L
    JC08モード値:34.8km/L

日産新型ノートの燃費は2022年8月の改良時に、燃費を重視していた「F」グレードが廃止されたことで変化しています。

 

前モデルでは「F」グレードのみWLTCモード値29.5km/Lとされていましたが、新型ノートでは最高28.4km/Lとなっています。

 

▼参考:日産ノートの燃費(前モデル)

  • WLTCモード値:29.5km/L
  • JC08モード値:38.2km/L

 

プロパイロット!日産新型ノートの安全装備は?

日産新型ノートの安全装備には、一部自動運転技術「プロパイロット」が採用されています。

 

搭載されるプロパイロットはシステムを改良し、ナビとあわせカーブ前で車速を調整。

  

また、新型ノートでは、標識検知機能、前方衝突予測アラート、ふらつき警報を全車に標準装備。

 

ブラインドスポットアラート&後側方衝突防止アシストがオプション設定され、安全性が高められています。

 

▼日産新型ノートの安全装備

  • インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)
  • ヒルスタートアシスト
  • ハイビームアシスト
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • インテリジェント・エマージェンシーブレーキ
  • ヒルスタートアシスト
  • オートブレーキホールド
  • 電動パーキングブレーキ
  • ハイビームアシスト
  • インテリジェントオートライトシステム
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • インテリジェントエマージェンシブレーキ
  • インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)
  • エマージェンシーストップシグナル
  • SOSコール

  

-55mm!日産新型ノートのボディサイズは?

▼日産新型ノートのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高
    ノート:4045×1695×1520mm
    ノートオーテッククロスオーバー:4110×1700×1545mm
  • ホイールベース:2580mm
  • 車重:1230kg
  • 最低地上高
    ノート:135mm(4WD車:140mm)
    ノートオーテッククロスオーバー:160mm(4WD車:165mm)
  • ※参考
    ・ノート(前世代)
     全長×全幅×全高:4100×1695×1520mm
     ホイールベース:2600mm
     車重:1030kg
     最低地上高:150mm
     最小回転半径:5.2m

日産新型ノートのボディサイズは、前世代から全長-55mm、ホイールベース-20mmとコンパクト化されています。

  

搭載する「e-POWER」ハイブリッドはバッテリーサイズを薄型化し、また小型化したインバーターも採用することでシステム重量を軽量化。

 

車体には、日産初の1470MPa級の超ハイテン材(冷間プレス用超高張力鋼板)を使用することで、軽量化と衝突安全性が高い次元で両立されています。

 

いつ?日産新型ノートの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

日産新型ノートに追加設定された「AUTECHクロスオーバー」は、2024年5月29日に発表され、2024年9月に発売されます。

 

日産は主力モデルであるノートのラインナップを拡大することで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

 

日産ノートを「おさらい」

 ▼日産ノート(初代)

2005-2008 NISSAN NOTE.jpg

日産ノート(NOTE)は、初代が2004年に発売されたコンパクトカーです。

 

車名のノートの由来は、英語で同じ表記の「音符」と「筆記帳」と掛け、「日常に溶け込み、使用者の生活の一部になって欲しい」という思いから採用されました。

 

世界的に販売が行われるブランドの主力モデルとされ、欧州では小型ミニバンに分類される車体サイズが確保されていることから、初代ではコンパクトカーでは排気量が大きい1.5Lエンジンがエントリーグレードになっていました。

  

2012年に2代目として登場した前モデルでは、プラットフォームから見直し70kg軽量化するのにあわせ、エンジンの排気量を1.2Lに縮小。

 

上位グレードとして1.2Lスーパーチャージャーのパワートレインも用意され、エンジンをミラーサイクル化し電磁クラッチを持つスーパーチャージャーにより補助することで、1.2L自然吸気エンジン以上の出力と燃費が実現されました。

 

2016年のマイナーチェンジでは、1.2Lエンジンを発電機として使用し、電気モーターでのみ走行する「e-POWER」ハイブリッドを追加設定したことで、販売台数を大幅にアップ。

 

スポーツ性能を伸ばしたノートニスモや、クロスオーバースタイルのノートCギアなど、ユーザーニーズにこたえた多彩なモデルラインナップも人気要素になりました。

 

新型日産ノートについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。