読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

ついに自動運転車がユーザーの手に!テスラ Autopilot 7.0 発表!試乗動画

f:id:carislife:20151015205045j:plain

テスラがソフトウェアアップデートにより提供する自動運転システム、「Autopilot 7.0」を発表

 

ついに乗れる!

 

ユーザーは補助 クルマが地図を作りながら走るテスラ Autopilot 7.0

▼テスラ モデルS Autopilot 7.0 搭載車 試乗動画

 

 

▼Autopilot 7.0が提供される テスラ「モデルS(左)」と「モデルX(右)」

f:id:carislife:20151015205046j:plain

テスラ Autopilot 7.0 概要・機能

概要
  • アメリカの電気自動車メーカー「テスラ」が新たに提供する高度自律走行システム
  • ワイヤレスソフトウェアアップデートにより、セダン「モデルS」とSUV「モデルX」に適用
機能
  • レーダーとカメラ、360°スキャンに対応したソナー、GPSナビゲーションソフトウェアが連動し危険を発見、自動走行が可能
  • さまざまなデータから地図を製作する独自技術「High Precision Digital maps」、自動学習システム、スムーズな走行を実現する「Autosteer function」により、他車が走行するハイウェイでの自動操縦と車線変更に対応
  • スマートフォン用アプリによる、自律縦列駐車機能も採用

【関連記事はこちら】

出力70馬力UP!90kWhバッテリー テスラ モデルS P90D 発表

760馬力のSUV電気自動車!テスラ モデルX 価格1200万円 

 

他社はきっと驚いているね

 

こんなに早く、ハンドルから手を離すことを可能にするなんて 

 

 

テスラが発表したソフト「Autopilot 7.0」は、2014年に発表されていたシステムのアップデート版

前システム 概要:自動運転も!?700psテスラモデルS P85D/60Dは4WD!

 

しかし、システムの目的は「ドライバーの補助」から、クルマが判断する「自律走行」に変わっており、動画でもわかるようにドライバーはクルマに乗っているだけで移動ができる

 

テスラは、まだこのシステムは「開発が進んでいる段階」で、提供はするが「手放しを許すものではない」としているけれど、ユーザーにとどく量産自動運転車として画期的だ

 

f:id:carislife:20151015205044j:plain

f:id:carislife:20151015205056j:plain

f:id:carislife:20151015205057j:plain

 

それを可能にしたのが、テスラ車に搭載されてきた危険を察知する各種センサーや標識を認識するカメラ、そしてワイヤレスソフトウェアアップデート

 

テスラは、大容量バッテリーの搭載でコストが厳しく、1台あたり4000ドルの赤字を出しているというクルマたちに、これまで実は全力を出していなかった装置を積み続けた

 

でも、それもこのシステムを発表する今のためだったと考えると、「世界最高の起業家」と言われるテスラCEOイーロン・マスクのすごさを感じるね

 

f:id:carislife:20151015205053j:plain

▼Autopilot 7.0 によるマッピング画像

f:id:carislife:20151015205054j:plain

f:id:carislife:20151015205055j:plain

テスラの技術は、トヨタが先日公開した自動運転車第1弾「Highway Teammate」や、話題になることが多いGoogleの自動運転車と、できることはほぼ同じ

トヨタ 自動運転車:トヨタ自動運転車 第1弾「Highway Teammate」と「Mobility Teammate Concept」を発表

Google 自動運転車:もっとカワイイ!Google自動運転車 完成版プロトタイプ公開!

 

だけど、今街を走っているクルマに、すぐ最新のソフトウェアを配信できるという点で、テスラが先にいっていると言えそう

 

 

電気自動車と自動運転、未来の自動車と言われる大きな要素を2つ持つテスラ

 

さらにアップするブランド力による販売が今後どうなるか、気になるところだね