読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

自律走行で320km/h以上!Roboraceマシン「Robocar」スペック公開

f:id:carislife:20170228151310j:plain

自律走行車でレースを行う「Roborace」が、使用するマシン「Robocar」のスペックを発表

 

新しい走りが

 

多彩なセンサー情報をAIが判断!自律走行レーシングカー Robocar

▼Roborace マシン 画像

f:id:carislife:20170228151312j:plain

f:id:carislife:20170228151314j:plain

自律走行車レース「Roborace」概要・マシンスペック

  • 世界初のドライバーレス電動レーシングカー「Robocar」を使用するレース
  • 自律走行技術を発展させることを目的として開催
  • 映画「Tron:Legacy」のデザイナーがマシンデザインを担当
マシンスペック
  • 全長×全幅:4800×2000mm
  • パワートレイン:電気モーター×4
  • 最高出力(モーター1基):408ps
  • 車重:975kg
    カーボン製ボディを採用
  • 最高速度:320km/h以上
  • 車両状況把握ために、5台の光レーダー、2台の電波レーダー、18台の超音波センサー、2台の光学式スピードセンサー、6台のAIカメラ、GNSSポジショニングを搭載
  • 搭載するNvidia「Drive PX2」は、毎秒24兆回のAI処理が可能
  • 各チームで開発するAIが車の周囲の状況を360度学習し、安全で効率的な走行を計算
  • タイヤパートナーとして、ミシュランがサポート。
    自律走行に対応する独自の次世代ロードタイヤを開発

 

自動車や大手部品メーカーだけではなく、IT企業など、世界中のさまざまな会社が開発を進めている自律走行技術

 

その進化のためにレースをするとし、以前マシンデザインを発表していた「Roborace」が今回公開したのが完成形のマシンスペックだ

マシンデザイン:自律走行・無人の戦いRoborace ロボカーの完成デザインを発表!

 

 

完成形の「Robocar」は、1基400馬力以上を出力するモーターを各車輪に搭載

 

最高速度は320km/hと、トップカテゴリレースと変わらない速さに

 

f:id:carislife:20170228151315j:plain

 

そんなマシンをドライブするのは、Roboraceの主役となる自律走行用AI

 

AIは、光や超音波などを使ったセンサーのほか、カメラや衛星測位システムなどの多彩な情報から状況を判断

 

半導体メーカーのNvidiaが提供する「Drive PX2」がその処理を支える

 

f:id:carislife:20170228151316j:plain

 

レースから多くのフィードバックを受けてきたクルマの進化のように、自律走行用のAIを進化させるRoborace

 

ドライバーがいない4輪車のレースは不思議な感覚だけど、そのレース内容に世界中の関心が集まりそうだね