New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

トヨタがi-ROADで想像する、円滑な未来都市

f:id:carislife:20140308214910j:plain

トヨタが超小型電気自動車「i-ROAD」による、未来的交通システムの実証実験を開始!

 

馴染みにくい走行映像も、いつかは普通になる?

 

交通システムすべてが連携!これはALL JAPANでやって欲しい!

 

トヨタ i-ROAD スペック・概要

  • 約3時間の充電で30~40km走行可能
  • 愛知県豊田市に4台導入し、2014年末まで「Ha:mo RIDE」(詳しくは下記)の実証実験予定
  • 今後、フランス グルノーブルでも実証実験予定

実証実験公式サイト:トヨタ企業サイト | スマートモビリティ社会 | i-ROAD 豊田市実証実験

【関連記事はこちら】

 ルノーTwizy衝突テストで、小型EVの安全に不安

 

昨年の東京モーターショーで公開されていたi-ROAD、不思議な動きだよね

 

こういう乗り物が実際に走り出すのは、もっと先なのかな?と思っていたな

 

けれど、トヨタは早速どれほどのメリットがあるか、カーシェアリングで試してみることにしたみたい

 

 

しかし「なんだそれだけか…」で、終わらせちゃいけない壮大な夢がトヨタにはあるらしい!

 

それが「Ha:mo」

 

 

小型EVシェアリングサービス Ha:mo RIDE (ハーモライド)概要

  • 2012年10月、愛知県豊田市で開始
  • 小型EV「COMS」を100台に、今月から「i-ROAD」を加える
  • 車両ステーションは21カ所、豊田市全域で本格運用
  • 目標は交通システムを統合管理し、円滑な都市づくりを実現するシステムの構築

 

2012年から既に開始されているカーシェアリングサービス「Ha:mo」は、電車やバスといった公共交通に、電気自動車による短距離移動、自動車の移動情報を組み合わせて、エコで速い、未来都市の移動をつくろうというもの

 

f:id:carislife:20140308221735j:plain

▲COMS

 

そのために今までトヨタは、小型の電気自動車COMSを使ってきたけれど、もっと小さく、移動が手軽になるi-ROADはどうか?ということなんだろうね

 

トヨタの思い描くHa:moが実現すれば、停車時間が長く、移動に時間がかかり、非エコな現在の交通を変えられるかも

 

 

しかし、それを拡大するのであれば、他メーカーや日本全体が共通したシステムを使用することが、この先必要になってくるんじゃないかな

 

今のところまだ実験段階だから、先のことはこれから…ということかもしれないけれど、海外ではボルボなども同様の取り組みを行っているし、2020年から販売が始まると言われている、自動運転車とも組み合わせて、今後もっと大きな波が起こりそう

【関連記事はこちら】

 ボルボ自動運転実験に100台!?駐車場は車任せ

 

なので、今の生活にプラスと考えられる効果がわかったら、積極的に日本の他メーカーも巻き込んで、「交通システム先進国」を目指してもいいんじゃないかな

 

この不思議な動きのi-ROADが、未来のクルマのベーシックになることもありえそう!

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。