New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

FIA世界ラリークロス選手権2014トルコ決勝動画

f:id:carislife:20141013133426j:plain

今年から世界選手権になった「FIA 世界ラリークロス選手権」(もと”FIA ヨーロッパラリークロス選手権”)、通称「WorldRX」の第11戦トルコラウンドのダイジェスト動画

 

ライン取りの自由さは観客にとっても魅力的!

  

激突、クロスライン、ドライバーのひらめきが速さになる

【関連記事はこちら】

FIA世界ラリークロス選手権「WorldRX」2014ハイライト動画 

 

舗装路とダートを組み合わせたコースを走るラリークロスマシンは、舗装路では他のレースマシンのように性能のすべてを出しきれない

 

けれどその分コントローラブルで、どこからでもドリフトで向きを変えられる走行性能と4WDの加速性能は独特の走りで面白いよね

 

 

プロレスのように車体をぶつけあうのが普通のラリークロスの走りは、驚きの連続!

 

スタート直後のコーナーですでにぶつかりあっているのには、メカニックのボディ修復の苦労を考えさせられるけれど、それでもマシンを前に進めるドライバーのテクニックは、人間の判断力の限界にも近いんじゃないかな

 

 

このトルコラウンドで最高に格好よかったのは、動画0:51~のラインが交差するシーン

 

ブレーキングの突っ込みで前に出ようとするプジョーに対して、一歩も引かずドリフトでマシンをコーナー出口に向けるシトロエン

 

f:id:carislife:20141013135431j:plain

 

このバトルの結果は、前にいたシトロエンがプレッシャーに負けず、しっかり自分の走りを守りきり、勝利

 

f:id:carislife:20141013133431j:plain

 

ラリークロスらしい迫力だね!

 

レースは、フォード フォーカスSTを駆る、ANDREAS BAKKERUDが優勝している

 

 

【ちなみに…】 

初年度の世界ラリークロス選手権は、このあと1戦で終了

 

初代チャンピオンは2戦を残した時点ですでに決定しており、スバルからWRCに参戦していたことで日本にも馴染みがあり、現在はシトロエンからWorldRXに参戦している”ペター・ソルベルグ”が獲得

 

ペター・ソルベルグは、WRC、WorldRXと、史上初2つのFIA世界選手権シリーズでチャンピオンをとったドライバーになった!

 

WRCへの復活参戦を希望していたペターだけど、この結果は良かったんじゃないかな

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。