車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【三菱新型パジェロミニ最新情報】2020年フルモデルチェンジ!4ドアやパジェロミニカスタム、燃費、価格、発売日は?

f:id:carislife:20181105091633j:plain

三菱が、軽自動車「パジェロミニ」のフルモデルチェンジに向けて開発を進行しています。

 

新世代とし魅力をアップする三菱新型パジェロミニについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】三菱新型パジェロミニにフルモデルチェンジへ!

f:id:carislife:20181105091744j:plain

三菱が、軽自動車「パジェロミニ」のフルモデルチェンジを予定しています。

 

三菱パジェロミニは、ブランドの軽自動車SUVとして過去にラインナップされ、フラッグシップSUVである「パジェロ」からくるデザインと高いオフロード性能が人気となり、日産にも「キックス」としてOEM提供されていました。

 

フルモデルチェンジする三菱新型パジェロミニでは、次期型「eKワゴン」などと基礎を共有し、高い実用性と頼れる走行性能を両立。

 

クラストップの安全装備を採用するなど、軽自動車の枠を超えた最新モデルとなります。

 

▼三菱パジェロ

【三菱新型パジェロ最新情報】2020年フルモデルチェンジ!PHEV/ディーゼル、サイズ、燃費、価格は?

▼三菱eKワゴン

【三菱新型eKワゴン最新情報】2019年フルモデルチェンジ!eKワゴンEVやカスタム、燃費、価格は?

▼三菱eKスペース

【三菱新型eKスペース最新情報】フルモデルチェンジ2020年発表!カスタム、燃費、価格は?

 

三菱新型パジェロミニの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型パジェロミニの変更点

  • 新世代のエクステリア、インテリアデザインを採用
  • マイルドハイブリッドシステムを採用し、燃費を向上
  • パワートレインの出力を向上し、より快適な走行性能を実現
  • 安全装備に日産「プロパイロット」の三菱バージョンとなる「MI-PILOT(マイパイロット)」を採用
  • 高剛性モノコック構造を採用し、車体を軽量化
  • 乗降用4ドアにボディタイプを変更
  • スリップした駆動輪にブレーキかけ、脱出をサポートする「グリップコントロール」を搭載

 

三菱新型パジェロミニの外装(エクステリア)デザイン

▼新型パジェロミニの予想CG画像

f:id:carislife:20181105092516j:plain

三菱新型パジェロミニの外装は、ブランドデザインのダイナミックシールドを取り入れた新世代デザインが採用されます。

 

フロントには、大型のグリルやサイドを強調したバンパーを装備することで、先進性をアピールする表情とされます。

 

▼パジェロミニデューク

f:id:carislife:20181105094117j:plain

加えてカスタムモデルとして、バンパーまで拡大された縦ライングリルを持つことで人気になったパジェロミニデュークもラインナップ。

 

f:id:carislife:20181105093124j:plain

リアには、前モデルまでスペアタイヤが装備されていましたが、乗降用に4ドアを持つボディとするため廃止し、設計効率をあげ車体を延長。

 

これにより、ユーザーからの要望が多かった実用性の向上も行われる予定です。

  

出展:http://patty091017.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

 

三菱新型パジェロミニのボディサイズは?

f:id:carislife:20181105094729j:plain

三菱新型パジェロミニのボディサイズは、軽自動車規格をいっぱいまで使用した全長、全幅により、前モデルから維持されます。

 

しかし、エンジンを後輪駆動ベースの縦置きから横置きに変更することで室内空間を拡大し、乗降用に4ドアをもつボディスタイルを採用。

 

車体をeKワゴンにも採用する新世代プラットフォームとすることで軽量化し、増加する装備に対応しながら軽快な走りが実現されます。

 

▼参考:三菱パジェロミニのボディサイズ(前モデル)

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1635mm
  • ホイールベース:2430mm
  • 最低地上高:150mm
  • 車重:850kg~990kg

  

三菱新型パジェロミニの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20181105095946j:plain

三菱新型パジェロミニの内装は、質感をアップすることで上級を意識した作りとなります。

 

インフォテイメントシステムは最新モデルとされ、スマートフォンとの連携を強化。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180529/20180529121940.jpg

カスタムモデルでは、ブラックのインテリアパネルやシートを採用することでスポーティなデザインとされます。

 

室内空間は新世代プラットフォームにより大きく拡大され、特にリアシートは乗降用ドアが追加されることで快適性を向上。

 

室内長は、eKワゴンと同等の2m以上とされます。

 

▼参考:三菱パジェロミニの室内サイズ(前モデル)と比較

  • 室内長×室内幅×室内高
    パジェロミニ:1665×1220×1210mm
    eKワゴン:2028×1295×1280mm
  • 乗員:4人乗り

 

三菱新型パジェロミニのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20181105100620j:plain

▼三菱新型パジェロミニのエンジンとスペック

  • 【自然吸気エンジン+マイルドハイブリッド】
    直列3気筒660cc+マイルドハイブリッド
    出力:52ps/6.2kgm
    モーター出力:2.1ps/4.1kgm
  • 【ターボエンジン+マイルドハイブリッド】
    直列3気筒660ccターボ+マイルドハイブリッド
    出力:64ps/10.2kgm
    モーター出力:2.1ps/4.1kgm
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

三菱新型パジェロミニのエンジンには、軽自動車規格に対応しながら走行性能をあげる新世代直列3気筒660ccエンジン「BR06」が搭載されます。

 

▼参考:三菱パジェロミニ(前モデル)のスペック

  • 直列3気筒660cc
    出力:49ps/6.0kgm
  • 直列3気筒660ccターボ
    出力:64ps/10.0kgm

新型パジェロミニでは、エンジンを日産製のロングストロークタイプとし、自然吸気エンジンで最高出力を52psまで向上。

 

従来からトルク値を最大15%高めるとともに、ステップATのような変速制御を行なう新開発のCVTを組み合わせることで力強い走りが実現されます。

 

新型パジェロミニではこれらの変更にあわせ、駆動方式をこれまでのFRベースからFFベースとすることで、ライバル車をクロスカントリーモデルのスズキ・ジムニーから、クロスオーバーのスズキ・ハスラーに変更して設計されます。

  

組み合わせるマイルドハイブリッドシステムではリチウムイオンバッテリーを新採用することで、モーターサイズを従来型より小型化しながら、回生量は約2倍、アイドリングストップ時間は約10%向上、モーターアシスト時間は10倍以上に進化。

 

その他、新型パジェロミニには、スリップした駆動輪にブレーキかけ脱出をサポートする「グリップコントロール」が搭載され走行性能をアップ。

 

サスペンションは、振動を吸収するショックアブソーバーをサイズアップし、高応答バルブを採用することで衝撃を抑制。

 

また、エンジン音を小さくするとともに、遮音・吸音材を効果的に配置し、高い静粛性が確保されます。

 

三菱新型パジェロミニの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

三菱新型パジェロミニの燃費は、軽量化される車体によりアップします。

 

前モデルは走破性能を重視したクロスカントリー車として制作されたことで5速MT車で14.6km/Lとなっていましたが、新型パジェロミニではクロスオーバーとすることで25km/L前後まで大きく改善します。

 

▼参考:三菱パジェロミニの燃費(前モデル)

  • 5速MT:14.6km/L
  • 4速AT:13.8km/L

  

三菱新型パジェロミニの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190314/20190314192309.jpg

三菱新型パジェロミニの安全装備には、日産の一部自動運転技術「プロパイロット」の三菱自動車バージョンとなる「MI-PILOT(マイパイロット)」が採用されます。

 

これにより、軽快な走りを楽しみながらも、長距離ドライブでは快適に過ごすこともできるようになります。

 

加えて、車両を上空からみるように360度が確認できるアラウンドビューモニターを採用、サイド/カーテンエアバッグを全車に標準装備し、高い安全性能が確保されます。

 

▼三菱新型eKスペースの安全装備

  • インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)
  • ヒルスタートアシスト
  • ハイビームアシスト
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • インテリジェント・エマージェンシーブレーキ
  • ヒルスタートアシスト
  • オートブレーキホールド
  • 電動パーキングブレーキ
  • ハイビームアシスト
  • インテリジェントオートライトシステム
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • インテリジェントエマージェンシブレーキ
  • インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)
  • エマージェンシーストップシグナル
  • SOSコール

  

三菱新型パジェロミニの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

三菱新型パジェロミニの価格は、パーツの共有化を進めコストをダウンすることで、装備を充実しながら前モデルから大幅な変更はないとみられています。

 

主力グレードは140万円ほどとされ、ミドルクラスの軽自動車とも比較しやすい設定となります。

 

▼参考:三菱パジェロミニの価格(前モデル)

  • XR
    4AT:1,241,000円
  • ZR
    5MT:1,335,000円、4AT:1,398,000円
  • VR
    5MT:1,440,000円、4AT:1,503,000円
  • エクシード
    4AT:1,602,000円
  • ナビエディションXR
    4AT:1,470,000円
  • ナビエディションVR
    4AT:1,696,000円

 

三菱新型パジェロミニの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジする三菱新型パジェロミニの発売日は、2020年が予定されています。

 

三菱は新型パジェロミニを硬派なクロスカントリーモデルから、より実用性を重視したクロスオーバー車に変更しラインナップすることで、より幅広いユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

三菱パジェロミニを「おさらい」

▼三菱パジェロミニ(初代)

Mitsubishi pajeromini h56a vr-ii 1 f.jpg

三菱パジェロミニ(Pajero Mini)は、初代が1994年に登場した軽自動車です。

 

車名は初代発表時に「人気車パジェロの弟分」として一般公募されたことで話題になりました。

 

フラッグシップSUV「パジェロ」の技術を最大限に凝縮した軽自動車として企画され、初代はNAエンジンの「XR」とターボエンジンの「VR」の2タイプに、装備品の差によって「I」と「II」のグレードが組み合わせられました。

 

エンジンには1気筒5バルブとした直列4気筒DOHC20バルブエンジンを搭載し、車体にはラダーフレームのようにプレス加工された部材をフロアパンに溶接した「ビルドインフレーム」モノコック構造を採用。

 

さらに、40km/h前突時乗員障害値規制や1994年安全強化規制をクリアしたほか、4輪ABS/SRSエアバッグシステムを装備するなど、高い安全性と安定性を両立。

 

駆動方式はFRのほか、Hi/Low2段の副変速機を持つパートタイム4WD「イージーセレクト4WD」が用意されました。

 

▼三菱パジェロミニ(2代目)

Pajeromini2ndkouki.jpg

▼三菱パジェロミニデューク(2代目ベース)

Mitsubishi Pajero Mini 251.JPG

1998年に登場した2代目は、軽自動車規格の変更に対応してフルモデルチェンジ。

 

初代にも用意されたカスタムモデル「パジェロデューク」も同時に全面改良されました。

 

エンジンは前モデルの20バルブ形式にツインスクロールターボチャージャーを装着した環境ミニエンジン「リーンバーンMVV」とすることで、安定した希薄燃焼を実現し燃費を改善。

 

車体は衝突時のエネルギーを吸収して緩和する「クラッシャブルボディ構造」とされ、緊急時のブレーキをサポートする「ブレーキアシスト機構」なども装備することで、高い安全性が確保されました。

 

これにより軽自動車の衝突安全性能総合評価においては、2006年にホンダ・ゼストが販売されるまで、他の軽自動車を押さえてトップとされていました。

 

▼日産キックス(2代目ベース)

NISSAN KIX RS.jpg

2008年には、発売から10年が経過した車種では異例の日産へのOEM提供が決定し、日産「キックス」としても販売。

 

その後2012年まで販売されましたが、エコカー減税非対応などで販売数が最盛期の1/10に落ち込んだことと、独自プラットフォームのため他車種との共用によるコスト削減が困難であること、新基準の「歩行者頭部保護基準」に対応できないことから生産が終了されました。

 

新型三菱パジェロミニについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。