New Car/最新自動車情報/車好き新型車ニュース

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型コルベット】4WD HEV化!「コルベットE-Ray」2023年1月17日発表!C8最新情報、スペック、サイズ、価格は?

シボレーが、フラッグシップスポーツ「コルベット」のハイブリッドモデルとなる「コルベットE-RAY」を発表しました。

 

新モデルにより魅力をアップした新型コルベットC8について、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】最強加速性能!シボレー「新型コルベットE-Ray」発表!

▼シボレー新型コルベットE-Rayの画像

シボレーが、フラッグシップスポーツ「コルベット」のハイブリッドハイパフォーマンスモデルとなる「コルベットE-Ray」を発表しました。

  

シボレー・コルベットは、ブランドを代表するスポーツモデルとして長く販売され、2020年にフルモデルチェンジした現行車「コルベットC8」では、伝統的なFRレイアウトからMRレイアウトに変更。高い走行性能が人気になっています。

 

新設定された「コルベットE-Ray」は、コルベット初の4WD車、ハイブリッドモデルとなり、ベースモデルからくるV型8気筒6.2Lエンジン「LT2」に、前輪を駆動する162ps/17.3kgmの電気モーターを組み合わせ、システム合計出力は661psを発揮。

 

車重は標準のコルベットの1,530kgからコルベットE-Rayでは1,712kgまでアップしていますが、0-96km/h加速タイムは内燃機関ハイパフォーマンスモデル「コルベットZ06」の2.6秒から、コルベットE-Rayでは4WDと電気モーターの瞬間的に立ち上がるトルクにより2.5秒に短縮。

 

1/4マイル加速でも、コルベットZ06より0.1秒短縮した10.5秒を実現。

 

また、ラゲッジスペースは内燃機関モデルから2Lの減少に抑えられ、低負荷時にV型8気筒エンジンの半分の気筒を休止して走行する時間が延長されています。

 

その他、新型コルベットE-Rayは、コルベットZ06からくる91mmワイドなボディを採用し、軽量カーボンセラミックブレーキを設定。

 

ボディタイプは、クーペとコンバーチブルから選ぶことができるように。

 

加えて、オプションの「エレクトリックブルーストライプパッケージ」により、特徴的なスタイルを楽しむことができるようになっています。

 

新型コルベットE-Rayは2023年1月17日に発表され、米国で2023年後半に発売。米国での価格は104,295ドル(約1340万円)とされ、ベースモデルの64,500ドル(約830万円)からアップしていますが、「コルベットZ06」との比較では1,005ドル(約13万円)の価格ダウンとされています。

 

▼シボレー新型コルベットE-Rayの動画

▼シボレー・カマロ

【シボレー新型カマロ】改良日本発売!最新情報、クーペ/コンバーチブル、燃費、価格は?

  

シボレー新型コルベットC8の【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼シボレー新型コルベットC8の変更点

  • ハイブリッドモデル「コルベットE-RAY」を設定

▽2021年10月の変更点

  • ハイパフォーマンスモデル「コルベットZ06」を設定

▽フルモデルチェンジ時の変更点

  • 駆動方式をFRからMRに変更することで、運動性能を向上
  • ドライサンプ潤滑システムを採用したV型8気筒6.2L「LT2」エンジン、8速デュアルクラッチ式トランスミッションを搭載
  • クーペにタルガトップルーフ、コンバーチブルに電動ハードトップを採用

 

新スタイル!新型コルベットC8の外装(エクステリア)デザインは?

▼シボレー新型コルベットC8の画像

▽クローズ時

f:id:carislife:20190719125605j:plain

▽オープン時

f:id:carislife:20190719125609j:plain

f:id:carislife:20190719125733j:plain

f:id:carislife:20190719125925j:plain

シボレー新型コルベットC8の外装は、ミッドシップレイアウトを採用することで前世代からスタイルが変化しています。

 

f:id:carislife:20190719125725j:plain

f:id:carislife:20190719125919j:plain

f:id:carislife:20190719125934j:plain

f:id:carislife:20190719125727j:plain

フロントデザインは前世代と共通したイメージになるように仕上げられていますが、トランクだったリア部分はエンジンを搭載するために高くボリュームアップ。

 

f:id:carislife:20190719113556j:plain

f:id:carislife:20190719125931j:plain

ボディスタイルは空力性能が追求され、大きなダウンフォースを発生させることができるようになっています。

 

f:id:carislife:20190719125722j:plain

f:id:carislife:20190719125730j:plain

f:id:carislife:20190719125936j:plain

クーペはルーフにタルガトップを採用することによりオープンエアを楽しむことも可能とされ、外したルーフはエンジン後部にあるラゲッジスペースに収納することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20190719134703j:plain

 

シボレー新型コルベットC8を前モデルと比較!

▼シボレー・コルベット(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170411/20170411130901.jpg

新型コルベットを前モデルと比較すると、イメージを引き継ぐため、全体のスタイルが調整されています。

 

キャビンはエンジンをリアに搭載するために前方に移動され、フロント部分はより鋭い傾斜になっています。

 

電動ハードトップ!新型C8コルベットコンバーチブルも設定!

▼シボレー新型コルベットC8コンバーチブルの画像

f:id:carislife:20191004065218j:plain

シボレー新型コルベットは、電動オープン仕様となる「コルベット・コンバーチブル」が設定されています。

 

f:id:carislife:20191004065215j:plain

f:id:carislife:20191004065205j:plain

f:id:carislife:20191004065213j:plain

シボレー新型コルベットは、ベースモデルにタルガトップが採用されオープンエアを楽しむことができるようになっていますが、新型コルベットコンバーチブルでは48km/h以下で16秒で開閉を終了できる軽量電動ハードトップを歴代初採用。

 

f:id:carislife:20191004065209j:plain

ドライバーの後部にはディフレクターを装備し、オープン走行時の風切り音を低減。

 

エンジンはクーペと同じものとなっていますが、スプリングとダンパーは専用チューニングされ、クーペ同等のパフォーマンスを発揮できるように仕上げられています。

 

▼シボレー新型コルベットコンバーチブルの動画

 

大幅変更!シボレー新型コルベットC8のボディサイズは?

f:id:carislife:20190719125735j:plain

▼シボレー新型コルベットのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高
    ベースモデル:4630×1934×1234mm
    コルベットZ06:4685×2025×1225mm
  • ホイールベース:2725mm
  • 車重:1530kg(コンバーチブルは+36kg)
  • 乗車定員:2名
  • ※参考
    ・コルベットC7(前モデル)
     全長×全幅×全高:4495×1877×1230mm
     ホイールベース:2710mm
     車重:1450kg
     乗車定員:2名

シボレー新型コルベットのボディサイズは、ミッドシップレイアウトを採用することで拡大されています。

 

全長はベース車で前モデルから+135mmと大きく延長され、全幅もワイド化。

 

この変更により、高速走行時に大きなダウンフォースを獲得することもできるようになっています。

 

コルベットコンバーチブルは、複合素材を使用した軽量ルーフによりクーペからの重量増が抑えられています。

 

使いやすさも!シボレー新型コルベットC8の内装(インテリア)は?

 ▼シボレー新型コルベットC8の画像

f:id:carislife:20190719083747j:plain

f:id:carislife:20190719130439j:plain

シボレー新型コルベットC8の内装は、ドライバーを中心に作成され、ドライビングに集中できる空間に仕上げられています。

 

f:id:carislife:20190719130442j:plain

f:id:carislife:20190719130450j:plain

f:id:carislife:20190719130452j:plain

f:id:carislife:20190719130454j:plain

f:id:carislife:20190719130447j:plain

室内にはレザーとステッチを効果的に使用し、メーターには多くの情報をわかりやすくドライバーに提供するデジタルメーターを採用。

 

f:id:carislife:20190719130420j:plain

インフォテインメントシステムも大きくドライバー側に傾けることで、マシンの状態などを瞬時に確認することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20190719130500j:plain

f:id:carislife:20190719130457j:plain

車両の操作系はナビシートと仕切るように縦に配置することで、独自の室内空間を創出。

 

f:id:carislife:20190719130431j:plain

f:id:carislife:20190719130433j:plain

f:id:carislife:20190719130435j:plain

オーディオシステムには、BOSEが手がけたプレミアムモデルが採用されています。

 

f:id:carislife:20190719130427j:plain

f:id:carislife:20190723065127j:plain

f:id:carislife:20190719130413j:plain

また、ラゲッジスペースはフロントのほか、ミッドシップレイアウトながらリアにも大きな空間が確保され、ゴルフバッグや旅行用のバッグを積み、レジャーを楽しむことができるようになっています。

 

レーシングエンジン!新型「コルベットZ06」も!

▼シボレー新型コルベットZ06の画像

f:id:carislife:20211027060614j:plain

シボレー「コルベット」には、ハイパフォーマンスモデルとなる「コルベットZ06」が発表されています。

 

f:id:carislife:20211027060646j:plain

f:id:carislife:20211027060633j:plain

新型コルベットZ06は、ボディタイプにクーペとコンバーチブルを設定し、ボディ幅はベースモデルから85mmワイド化した2025mmとすることで、フロント275/30ZR20、リア345/25ZR21サイズのタイヤを装着。

 

f:id:carislife:20211027060635j:plain

f:id:carislife:20211027060631j:plain

あわせて空力性能がアップされ、拡大したエアインテークにより効率よくエンジンやブレーキにクリーンな空気を供給するほか、専用のフロントスプリッターとリアスポイラーを装備。

f:id:carislife:20211027060644j:plain

搭載されるエンジンは、レーシングカー「C8.R」からくるV型8気筒5.5L自然吸気「LT6」とされ、フラットプレーンクランクシャフトやダブルオーバーヘッドカム、レーシングスタイルのドライサンプシステム、鍛造アルミニウムピストン、鍛造チタンコネクティングロッドにより、高強度と軽量化を両立。

 

これにより出力は、ベースモデルの上位として設定されている「Z51パッケージ」の502psを大幅に上回る646ps/63.6kgmとなり、0-96km/h加速タイムは2.9秒から2.6秒まで短縮。

 

f:id:carislife:20211027060618j:plain

足回りには、サーキットから市街地まで最適な乗り心地を提供する「Magnetic Selective Ride Control 4.0」を採用し、ブレーキにフロント370mm、リア380mmのBrembo製ローターと、フロント6ピストン、リア4ピストンのキャリパーを装着。

 

また、走行システムにも最適化されたトラクションコントロールや電制LSDが採用されています。

 

f:id:carislife:20211027060626j:plain

f:id:carislife:20211027060629j:plain

インテリアは、軽量化と質感の高さを両立した仕上げとされ、カーボン製ステアリングホイールやシフトパドルなどを装着。

 

f:id:carislife:20211027060637j:plain

f:id:carislife:20211027060639j:plain

f:id:carislife:20211027060641j:plain

ラグジュアリーな仕上げを好むユーザーのために、アドレナリンレッドカラーのレザートリムが設定されています。

 

▼シボレー新型コルベットZ06の動画

 

最新!シボレー新型コルベットC8のエンジンとスペックは?

▼シボレー製V型8気筒6.2L「LT2」エンジン

f:id:carislife:20190719131304j:plain

▼シボレー新型コルベットC8のパワートレインとスペック

  • 【ベースモデル】
    V型8気筒6.2L「LT2」
    ・最高出力
     ベースモデル:497ps
     Z51パッケージ:502ps
    ・最大トルク:65.0kgm
    ・最高速度:320km/h
    ・0-96km/h加速:3.0秒(Z51パッケージ:2.9秒)
  • 【コルベットZ06】
    V型8気筒5.5L「LT6」
    ・出力:646ps/63.6kgm
    ・0-96km/h加速:2.6秒
  • 【コルベットE-Ray】
    V型8気筒6.2L「LT2」+電気モーター
    ・エンジン出力:502ps/65.0kgm
    ・モーター出力:162ps/17.3kgm
    ・システム出力:661ps
    ・0-96km/h加速:2.5秒
  • トランスミッション:8速デュアルクラッチ
  • 駆動方式:MR or AWD(コルベットE-Ray)

シボレー新型コルベットはミッドシップレイアウトが採用され、リアに搭載されるエンジンにはベースモデルでV型8気筒6.2L「LT2」が採用されています。

 

▼参考:コルベットC7(前モデル)のスペック

  • V型8気筒6.2L「LT1」
  • 出力:466ps/64.2kgm
  • 0-96km/h加速:3.6秒

同排気量のエンジンは前モデルのC7型コルベットでも採用され466psを出力していましたが、新型コルベットではベースモデルで497ps、Z51パッケージを装備することで502psを発揮。

 

1Gを超えるコーナリング性能に対応するため、オイル循環にはドライサンプ潤滑システムが採用され、安定した性能を発揮することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20190719131340j:plain

トランスミッションは前モデルの8速ATから、新型コルベットC8では新開発された8速デュアルクラッチ式とすることで変速時間を短縮。

 

1速のギヤ比を低く設定することでトラクションを高め、2速から6速まではクロスレシオ設定としてサーキット走行でのパフォーマンスをアップ。7速と8速は高めのギヤ比とすることで、ロングドライブでの快適性や燃費性能もアップされています。

 

走行モードは前モデルで用意されていた「Weather」「Tour」「Sport」「Track」に、新しく「マイモード」「Zモード」を追加。

 

Zモードでは、ドライバーがエンジンとトランスミッションの調整を行なうことが可能になっています。

 

0-96km/h加速タイムは、リアにエンジンを移動したことによるトラクションアップの効果もありベースモデルで3.0秒、Z51パフォーマンスパッケージで2.9秒まで短縮されています。

 

シボレー新型コルベットを試乗動画でチェック!

 

シボレー新型コルベットC8の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼シボレー新型コルベットの価格

  • 日本価格
    ▼クーペ
     コルベット 2LT:1400万円
     コルベット 3LT:1600万円
    ▼コンバーチブル
     コルベット コンバーチブル:1750万円

シボレー新型コルベットの価格は、日本仕様に最高出力をアップするZ51パッケージが標準装備され、1400万円からに設定されています。

 

日本仕様の装備には、フロントカーブビューパーキングカメラ、HDリアビューカメラ&リアパークアシストなどの運転支援機能を標準装備。

 

「2LT」グレードでは、GT2バケットシートを採用。

 

上位の「3LT」グレードでは内外装にカーボンパーツを採用するほか、シートにはよりホールド性を高めたコンペティションスポーツバケットシートを装備し、加えてエンジンアピアランスパッケージやカラードブレーキキャリパーなどが追加されています。

  

いつ?シボレー新型コルベットC8の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

シボレー新型コルベットは、日本で2020年1月10日から受注を開始し、デリバリーは2021年5月から開始されています。

 

新しく設定されたハイブリッドモデルの「コルベットE-RAY」は、2023年1月17日に発表。米国で2023年後半の発売が予定されています。

 

シボレーはコルベットの性能を高めることで欧州のスーパーカーに対抗し、ブランド力を高めていきたい考えです。

 

シボレー・コルベットを「おさらい」

▼シボレー・コルベット(初代C1型)

53 Corvette.jpg

シボレー・コルベット(Chevrolet Corvette)は、初代が1954年に登場したゼネラルモーターズ (GM) のシボレーブランドで販売されているスポーツカーです。

  

シボレーはコルベットの登場により、その後発売されたカマロとともにレースで活躍し、大衆車ブランドから徐々にスポーツ性能をアピールするように変化。

  

▼シボレー・コルベット(3代目C3型)

1971 Chevrolet Corvette LT1.jpg

1968年に登場する3代目のC3型では、コーラの瓶のようなくびれを持つことから通称コークボトルと呼ばれるボディラインが大人気になりました。

 

エンジンは、初代ではヨーロッパのライトウェイトスポーツカーをお手本に、ハイパワーすぎない直列6気筒3.9Lエンジンで150馬力になっていましたが、その後アメリカでハイパワーV型8気筒エンジンの人気が高まったことから徐々に出力をアップ。 

 

2代目は250馬力、3代目は300馬力、4代目では410馬力となり、前モデルの7代目C7型ではベースモデルでも460馬力、最上級のコルベットZR1では766馬力まで高出力化。

 

▼シボレー製V型8気筒OHVエンジン

f:id:carislife:20171222145643j:plain

搭載するV型8気筒エンジンは、カムをシリンダー横に配置しプッシュロッドを介してバルブを開閉するOHV(オーバーヘッドバルブ)式を伝統的に採用。

 

OHV式は、シリンダー上部にカムを配置し現在一般に使用されているOHC(オーバーヘッドカム)式よりバルブ開閉パーツの重量が重くなるため、緻密な制御が難しく、高回転には不向きであることから採用車が減っていましたが、コルベットでは、カムをシリンダーサイドに配置することで低重心にできるメリットを重視。

 

各パーツの性能を改善することで、他のエンジン同等となる6000rpm以上のエンジン回転数に対応。

 

ホイールアーチより一段低いボンネット位置も車両デザインの特徴になっていました。

 

新型シボレーコルベットについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。