読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

価格198万円!64馬力を超えたスペック ホンダ S660 試乗動画

f:id:carislife:20150326201458j:plain

8/6:ホンダ Modulo S660 土屋圭市 群サイアタック 動画を追加しました。

 

ホンダの軽自動車2シーターオープンカー「S660」の、試乗映像、スペック

 

S2000以上がつまった軽自動車!

 

ボディ剛性はS2000以上!6速マニュアル、前後輪ディスクブレーキのコスト度外視設計

▼8/6追加:土屋圭市 Modulo S660 群馬サイクルスポーツセンター 全開アタック 動画

▼ホンダ S660 公道試乗動画

▼ホンダ S660 試乗動画(布ルーフ取り付けは4:42~)

 

 

▼ホンダ S660 CVTモデル 試乗動画

▼ホンダ S660 生産現場こだわり 動画 

ホンダ S660 概要・スペック・グレード・限定車・価格

概要
  • ホンダの軽自動車オープンカー
  • 開発主査は、ホンダの創立記念「新商品提案企画」でS660を提案、最優秀賞を獲得した、26歳「椋本陵」氏
  • 走行状態にあわせブレーキを独立制御する「アジャイルハンドリングアシスト(AHA)」搭載
スペック
  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1180mm
  • ホイールベース:2285mm
  • エンジン:直列3気筒 660cc ターボ
  • 最高出力:64ps/6000rpm
  • 最高トルク:10.6kgm/2600rpm
  • ミッション:6速MT or 7速マニュアルモード付きCVT
  • 駆動:MR
  • サスペンション形式(前/後):F ストラット/R デュアルリンク
  • タイヤサイズ(前/後):F 165/55R15/R 195/55R15「アドバン ネオバ(ADVAN NEOVA)AD08R」
  • 車重:830kg
  • 燃費:6速MT 21.2km/L、CVT 24.2km/L
ホンダ S660 グレード・限定車・価格
  • ベータ:198万円
  • アルファ:218万円(ブレーキアシスト標準装備)
  • 特別限定車「CONCEPT EDITION」(660台):238万円
    (専用装備:ボルドーレッドロールトップ 、ツートンカラーサイドミラー、ガラスコーティング、シリアルナンバー、専用アルミホイール、アシンメトリーカラースポーツレザーシート)

【関連記事はこちら】

S660 無限コンプリート:660台限定 無限コンプリート!ホンダ S660 MUGEN RA 価格289万円 発表

ホンダ期間限定「S660 Bruno Leather Edition」発売!専用アプリ「Rev Beat S660」も提供

S660の660ccターボで421km/h!ホンダ ボンネビル クラス最速記録達成 動画

ホンダ S660のエンジン音はF1!?純正アプリ Sound of Honda 

S2000:350ps MRに!ホンダ 新型 S2000 後継車 Baby NSX 創業70周年記念2018年発売!価格600万円~

 

ホンダ期待の軽自動車オープンカー「S660」

 

▼ホンダ S660 特別仕様車 CONCEPT EDITION エクステリア・インテリア 画像

f:id:carislife:20150330140751j:plain

f:id:carislife:20150330140752j:plain

f:id:carislife:20150330140749j:plain

 

ライバルとするのは、さきに発表されている、ダイハツ「コペン」、スズキ「アルト ターボRS」の2台だ

アルトターボRS スペック・価格:MTなし5速AGS!スズキ 2015新型 アルト ターボRS 価格129万

コペン スペック・価格:評判のコペン スペックで見るS660/前型との性格差

 

 

エクステリアデザインは、2013年東京モーターショーで公開されていたコンセプトモデルから、大きな印象の変化はなし

【コンセプトモデルはこちら】

S660コンセプトは小さい!!

S660を動画でじっくりと見よう

 

コンセプトモデルを忠実に再現することにこだわったそうだ

 

f:id:carislife:20150326201500j:plain

f:id:carislife:20150326201502j:plain

f:id:carislife:20150326201503j:plain

 

しかしスペックはいい意味で予想をひっくり返し、上位モデルも驚く作りに

 

エンジンこそホンダ「N」シリーズと共通だけど、軽自動車では珍しい前後ディスクブレーキに、6速マニュアルまで装備

(ライバル2台は5速、後輪ドラムブレーキ)

 

ボディ剛性は、二重構造のセンタートンネルやタワーバーを採用し、2.2Lエンジンを積んでいたホンダのオープンスポーツカー「S2000」を超えたとのこと

 

 

ただ、収納スペースは少なく、室内のグローブボックスと小物入れ程度


フロントボンネット内は、幌をしまうスペースのみとなっている

 

オープンが気持ちいい春や秋に嬉しいシートヒーター装着グレードはなく、タイムを突き詰めるような「Theスポーツ」という設定になっている

 

f:id:carislife:20150326201504j:plain

f:id:carislife:20150326201505j:plain

f:id:carislife:20150326201506j:plain

 

そのスペックから生み出される走りは、動画からも伝わってくる通り、どこまでも曲がっていきそうなフィーリングで、ボディの小ささによるハンディを感じないね

 

f:id:carislife:20150326201507j:plain

 

ただ気になるのは、最低価格200万円弱からというところ

 

コペンは180万円、アルトターボRSにいたっては130万円からなので、ビート復活を願っていたファン以外の人にも気に入ってもらい、長く販売を続けるには、メーカー、ディーラーの売り込みかたが重要になってきそうだ

 

 

出力も軽自動車の自主規制枠を超えてくれると問題なかったと思うけれど、上位モデルの価格では、マツダ「ロードスター」も気になってくるだけに、軽自動車の可能性を試すようなモデルになっているんじゃないかな

マツダ ロードスター スペック・価格:車重990kg!マツダ新型ND ロードスター 価格249万 燃費18.8km/L