New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【レクサス新型IS】2020年11月5日ビッグマイチェン日本発売!最新情報、燃費、サイズ、価格は?

f:id:carislife:20200616080148j:plain

レクサスが、ビッグマイナーチェンジしたミドルクラスセダン「IS」の日本発売を予定しています。

 

改良により魅力を大幅にアップする新型ISについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】大幅改良!レクサス「新型IS」ビッグマイナーチェンジ日本発売へ!

▼レクサス新型ISの画像・動画

f:id:carislife:20200616080201j:plain

レクサスがビッグマイナーチェンジした「IS」の日本発売を予定しています。

 

レクサスISは、ブランドのミドルクラスセダンとして設定され、以前にはハイパフォーマンスモデル「IS F」がラインナップされるなど、ブランドの主力モデルになっています。

 

ビッグマイナーチェンジする新型ISでは、新世代のデザインを採用することでボディサイズを拡大するとともに、新しい装備により魅力をアップ。

 

レクサス新型ISの日本での販売は、2020年8月後半から先行受注を開始、発売は2020年11月5日が予定されています。

 

▼レクサスES

【レクサス新型ES】マイナーチェンジ!ES300h最新情報、サイズ、燃費、価格は?

▼レクサスRX

【レクサス新型RX最新情報】マイナーチェンジ日本発売!3列シート7人乗りRX450hL/RX300、サイズ、価格、スペックは?

 

レクサス新型ISの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼レクサス新型ISの特徴

  • 最新のエクステリアデザインを採用し、ボディサイズを拡大。
    ボディ剛性をアップすることで運動性能も高めるとともに、ノイズや振動を徹底的に排除
  • 新デザインの19インチホイールを採用し、ホイールの締結にハブボルトを使用することで走行性能を向上
  • インフォテインメントシステムに10.3インチタッチ対応ディスプレイを搭載。SmartDeviceLink、Apple CarPlay、Android Autoに対応
  • 2.5Lハイブリッド、2Lターボモデルのチューニングを変更し、リニアなレスポンスを実現
  • 電動パーキングブレーキを採用
  • 機能を大幅に強化した安全システム「Lexus Safety System+」を採用
  • バネ下重量の軽量化、「スウィングバルブショックアブソーバー」の採用により、上質な乗り心地を実現
  • ボディカラーに新規開発色「ソニックイリジウム」「ソニッククロム」、F SPORT専用色「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」を設定
  • F SPORTにトルセンLSDを採用

  

スポーティに!レクサス新型ISの外装(エクステリア)デザインは?

▼レクサス新型ISの画像

f:id:carislife:20200616083452j:plain

▼参考:レクサスIS(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180913/20180913094841.jpg

レクサス新型ISの外装は、新世代のデザインを採用することでプレミアムセダンとしての質感がアップされています。

 

新型ISでは、改良モデルながらボディ幅を30mm拡大することにより、安定したスタンスに仕上げ。

 

ボディパネルは、緻密で立体的な造形を可能とする「寄絞り(よせしぼり)型構造」の最新プレス技術を使用することで、高精度でより鋭いキャラクターラインがつくられています。

 

f:id:carislife:20200616083359j:plain

フロントデザインには新世代の「スピンドルグリル」を採用し、シャープな印象に。

 

f:id:carislife:20200616080923j:plain

薄型のLEDヘッドランプなどにより、引き締まったシルエットがつくられています。

 

f:id:carislife:20200616080930j:plain

f:id:carislife:20200616080927j:plain

f:id:carislife:20200616080921j:plain

リアは、コンパクトSUV「UX」でも採用されていた一文字型とすることで質感を向上。

 

足元は、19インチホイールを採用することで引き締め。

 

ボディカラーには、強い陰影により造形を際立たせる「ソニックイリジウム」と、金属質感と高光沢を実現した「ソニッククロム」の新規開発2色が設定されています。

 

▼新型IS「F SPORT」

f:id:carislife:20200616080148j:plain

f:id:carislife:20200616061310j:plain

f:id:carislife:20200616080901j:plain

「F SPORT」グレードでは、専用のFメッシュパターンを採用するほか、グリルロア部のエアインテーク、専用19インチアルミホイール、リヤスポイラーなどの専用装備、専用ボディカラー「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」により、スポーティな印象が強化されています。

 

大きく!レクサス新型ISのボディサイズは?

f:id:carislife:20200616081148j:plain

▼レクサス新型ISのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4710×1840×1435mm
  • ホイールベース:2800mm
  • ※参考
    ・レクサスIS(前モデル)
     全長×全幅×全高:4680×1810×1430mm
     ホイールベース:2800mm

レクサス新型ISのボディサイズは、新しいデザインを採用することにより拡大されています。

 

拡大幅は全長と全幅が+30mm、全高が+5mmとなり、ボディサイズを拡大することによりプレミアムセダンとしての存在感がアップされています。

 

f:id:carislife:20200616081415j:plain

新型ISではその他、サイドラジエーターサポートの補強、フロントサイドメンバーのスポット打点追加、Cピラーからルーフサイドにかけての構造最適化などによりボディ剛性を高められています。

 

新装備!レクサス新型ISの内装(インテリア)デザイン

▼レクサス新型ISの画像

f:id:carislife:20200616081211j:plain

レクサス新型ISの内装は、最新世代のデザインを採用することで質感を高め、機能性にも優れたインテリアとされています。

 

インストルメントパネル上部やドアパネルは、2トーン配色とすることで左右方向の広がりを強調。

 

ドアトリムの一部には、LEXUSの新たな加飾表現である複数のエンボスラインを交差させたグラフィックパターンが採用され、オーナメントパネルにアッシュ(オープンフィニッシュ/墨ブラック)、ブラックジオメトリーフィルム、F SPORT専用サテンクロムを新規採用。

 

表面処理などのアクセントをつけることで、素材本来の質感表現にこだわったスポーティな室内空間とされています。

 

f:id:carislife:20200616081306j:plain

f:id:carislife:20200616061417j:plain

f:id:carislife:20200616081303j:plain

f:id:carislife:20200616061425j:plain

インフォテインメントシステムは、SmartDeviceLink、Apple CarPlay、Android Autoに対応することでスマートフォンとの連携を強化し、10.3インチタッチディスプレイを搭載。

 

f:id:carislife:20200616081239j:plain

あわせて新型ISでは、リモートコントロールをスティック式からタッチパッド式に変更し、電動パーキングブレーキも装備。

 

f:id:carislife:20200616061423j:plain

f:id:carislife:20200616081234j:plain

f:id:carislife:20200616081313j:plain

ボディ剛性を高めることで、室内に入り込むノイズも低減されています。

   

気持ちよく!レクサス新型ISのスペック、走行性能は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180626/20180626165655.jpg

▼レクサス新型ISのパワートレインとスペック

  • 【IS300】【改良】
    直列4気筒2Lターボエンジン
    出力:245ps/35.7kgm
  • 【IS300h】【改良】
    直列4気筒2.5Lエンジン+モーターハイブリッド
    エンジン出力:178ps/22.5kgm
    モーター出力:143ps/30.6kgm
    システム出力:226ps
  • 【IS350】
    V型6気筒3.5L
    出力:318ps/38.7kgm
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:FR or 4WD

レクサス新型ISには、改良された2Lターボエンジンと2.5Lハイブリッドが搭載されています。

 

2Lターボモデルではドライバーのアクセル開度などから走行環境を判定し、シーンに応じて適切なギヤ段を設定するアダプティブ制御を採用。

 

2.5Lハイブリッドモデルはアクセル開度に対するエンジンとモーターの駆動力制御を変更することで、ドライバーのアクセル操作や意図に対してリニアなレスポンスが実現されています。

 

f:id:carislife:20200616084607j:plain

その他、新型ISでは、19インチタイヤを採用することでコーナリングフォースを大幅に向上。

 

さらにホイールの締結にハブボルトを採用することで、締結力の強化と質量の低減を図り、気持ちの良いハンドリングとブレーキングを実現。

 

f:id:carislife:20200616084610j:plain

足回りはバネ下重量を軽量化するとともに、ショックアブソーバーのオイル流路に非着座式のバルブを設け、微小な動きに対しても流路抵抗による減衰力を発生させる「スウィングバルブショックアブソーバー」を採用し、アブソーバーのストローク速度が極めて低い場合でも、応答性が良く上質な乗り心地がつくられています。

 

機能充実!レクサス新型ISの安全装備は?

f:id:carislife:20200616081428j:plain

レクサス新型ISの安全装備には、最新の「Lexus Safety System +」が搭載されています。

  

「Lexus Safety System +」は、単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」の対応領域を拡大し、交差点右折前に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者の検知にも対応。

 

加えて、ドライバーの操舵をきっかけに車線内で操舵をアシストする緊急時操舵支援や低速時の事故予防をサポートする低速時加速抑制などの機能も追加されています。

 

f:id:carislife:20200616085157j:plain

また、自動車専用道路などで、設定した車速内で前走車との距離を一定になるよう加減速制御する「レーダークルーズコントロール」、同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する高度運転支援機能「レーントレーシングアシスト(LTA)」の車線認識性能を向上。

 

LTA作動時、カメラによる白線認識にAI技術を活用し、カーブの大きさに合わせてあらかじめ減速。カーブ走行時の横Gを常に一定にすることで、安定した快適な走行と、より半径の小さなカーブやトンネル内でも途切れの少ない運転支援が可能になっています。

 

f:id:carislife:20200616085153j:plain

その他、新型ISでは「オートマチックハイビーム(AHB)」「ロードサインアシスト(RSA)」「ドライバー異常時停車支援システム(LTA連動型)」「パーキングサポートブレーキ」「パノラミックビューモニター」などを採用することで、安全性が強化されています。 

 

乗りやすく!レクサス新型ISの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼レクサス新型ISの燃費

  • 2Lターボ:12.8km/L
  • 2.5Lハイブリッド:23.2km/L
  • 3.5L自然吸気:10.4km/L  

レクサス新型ISの燃費は、2.5Lハイブリッドパワートレインにより、プレミアムミドルクラスながら23.2km/Lの低燃費になっています。

 

ガソリンモデルも2Lターボエンジンで12.8km/L、上位の3.5Lエンジンでも10.4km/Lと、高い環境性能が実現されています。

 

アップ!レクサス新型ISの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼レクサス新型ISの価格

  • 480万円~640万円

レクサス新型ISの価格は、安全装備などをアップデートすることでアップします。

 

前モデルは2Lターボエンジンを搭載するIS300が471万4000円からラインナップされていましたが、新型ISでは10万円ほどのアップが見込まれています。

 

▼参考:レクサスISの価格(前モデル)

  • IS350 “version L”
    2WD (FR):6,242,000円
  • IS350 “F SPORT”
    2WD (FR):6,338,000円
  • IS350
    2WD (FR):5,634,000円
  • IS300h “version L”
    2WD (FR):5,802,000円、AWD:6,206,000円
  • IS300h “F SPORT”
    2WD (FR):5,694,000円、AWD:6,399,000円
  • IS300h
    2WD (FR):5,164,000円、AWD:5,568,000円
  • IS300 “version L”
    2WD (FR):5,322,000円
  • IS300 “F SPORT”
    2WD (FR):5,218,000円
  • IS300
    2WD (FR):4,714,000円

  

いつ?レクサス新型ISの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

レクサス新型ISは当初2020年6月10日の公開が予告されていましたが延期され、6月16日に発表されました。

 

レクサス新型ISの日本での販売は、2020年8月後半から先行受注を開始、発売は2020年11月5日が予定されています。

   

レクサスは2013年に登場したISに新世代のデザインを採用することで、プレミアムミドルクラス市場で存在感をアップしていきたい考えです。

 

レクサスISを「おさらい」

▼レクサスIS(初代、ベース車:アルテッツァ)

1999-2005 Lexus IS 200 (GXE10R) sedan 04.jpg

レクサスISは、初代が1999年に登場したミドルクラスのプレミアムセダンです。

 

ISの車名の由来は、「インテリジェント・スポーツ(Intelligent Sport)」の頭文字からとなっています。

 

初代はベースモデルとなった「トヨタ・アルテッツァ」が日本で発売された翌年に登場し、ライバルが少なかった全長4.5mほどのプレミアムミドルセダンとして人気になりました。

 

エンジンには、アルテッツァに搭載されていた直列4気筒が用意されず、2Lと3Lの直列6気筒のみが設定されました。

 

▼レクサスIS(2代目)

2008 Lexus IS250 -- NHTSA.jpg

▼レクサスIS C(2代目オープンモデル)

2010 Lexus IS C -- 2010 DC.jpg

2005年に登場した2代目では、日本でもレクサスとして販売を開始。

 

ラグジュアリー性を高めたモデルとして、ボディタイプを2ドアに変更しオープントップとした「IS C」も設定されました。

 

▼レクサスIS F(2代目ハイパフォーマンスモデル)

Lexus iS-F 2010.jpg

また、最高峰の走行性能を持つモデルとして、ブランドで初めて「F」のモデル名を冠した「IS F」を2007年に発売。

 

「F」は、トヨタF1の本拠地である「富士スピードウェイ」と開発拠点である「東富士研究所」に由来するものとされ、現在では他モデルにも展開されています。

 

エンジンにはV型8気筒5Lを採用することで423ps/51.5kgmを発揮し、8速AT&FRによる走りを楽しむことができるようにすることで、欧州プレミアムブランドのスポーツモデルに対抗しました。

 

現行モデルの3代目は2013年に登場し、IS CとIS Fが廃止されたものの、ISで初めてハイブリッド車を設定。

 

2015年の改良時には、レクサスのFR車で初となるターボエンジン搭載車が追加設定され、8速ATやフロントに装備されるパフォーマンスダンパーによるシャープな走りがアピールされています。

 

新型レクサスISについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。