車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

カスタムにも!メルセデスベンツマイナーチェンジ新型Bクラス価格307万円

f:id:carislife:20150111120024j:plain

メルセデス・ベンツが、フェイスリフトしたコンパクトカー新型「Bクラス」の日本仕様を発表

 

発表会にはイメージにあったRIP SLYMEも登場!

 

2015オートサロンで発表になった4WDも追加されるBクラス

▼新型Bクラス 発表会動画 (RIP SLYME登場は12:52~)

▼新型Bクラス 画像

f:id:carislife:20150111120026j:plain

メルセデス・ベンツ Bクラス マイナーチェンジ 改良概要・グレード・価格 

改良概要
  • 新エクステリアデザインにより、スポーティなデザインへ進化
  • 空気抵抗係数(Cd値)が従来型の0.26から0.25に向上
  • ヘッドライトのメインビームにLEDを採用
  • 荷室容量が従来型の486L(最大1545L)から488L(最大1547L)へ拡大
  • ボタン操作でエンジンが始動できる「キーレスゴー」搭載
  • Wi-Fiテザリング機能追加
  • 室内照明のカラーバリエーションを12色に増加
  • ドライバーの疲労や眠気を検知して注意を促す「アテンションアシスト」の疲労レベルの表示を5段階表示へと拡大、検知レベルも2段階に設定が可能
  • 可変トルク配分型4WDシステム 「4MATIC」を搭載した「B250 4MATIC」を追加
Bクラス グレード・価格
  • B180(直列4気筒 1.6Lターボ):307万円
  • B180スポーツ(直列4気筒 1.6Lターボ):384万円
  • B250 4MATICスポーツ(直列4気筒 2Lターボ):490万円

【関連記事はこちら】

2017改良新型:AMG価格ダウン!メルセデス 新型 Aクラス / Bクラス / CLAクラス 2017改良 日本発売

 

顔の印象が、昨年発表されたGLAや新型Cクラスと同じくスポーティになったBクラス

 

f:id:carislife:20150111120032j:plain

 

改良内容を見ると、空気抵抗係数0.1ダウンやラゲッジスペース2L拡大など、差は小さいけれど、ユーティリティを大事にするBクラスらしい

 

販売拡大に確実にきいてくる4WDモデル「B250 4MATICスポーツ」の追加は、FFモデルとの価格差が大きいのが気になるけれど、それもメルセデスの新型Bクラスへの自信の現れかもしれない

 

▼新型Bクラス インテリア画像

f:id:carislife:20150111120034j:plain

f:id:carislife:20150111120036j:plain

f:id:carislife:20150111120038j:plain

f:id:carislife:20150111120040j:plain

 

動画6:55~の「カスタム・チューニングする際のベース車両としても適切」という社長の言葉は、上級車ブランドメルセデスとしては、大胆すぎるようにも感じる

 

けれど、カスタムカーの祭典オートサロンで公開され、ヒップホップグループ「RIP SLYME」ともコラボするBクラスとカスタムの取り合わせは、確かに違和感がないね

 

これまでメルセデスの中で不人気と言われることもあったBクラスの印象を変えるのには、これくらいのインパクトが必要だったのかも