車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

レクサス新型LC F最新情報!LFA後継モデルに!発売日や価格、スペックは?

f:id:carislife:20171215094703j:plain

レクサスが最上級クーペのハイパフォーマンスモデルLC Fを計画しているとの情報が入ってきました。

 

ブランドトップのスポーツとなる新型LC Fについて、最新情報からスペックや価格、発売日などをご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】レクサス新型LC Fのスクープ画像を撮影!最上位スポーツカーに!

▼レクサス新型LC Fのスクープ画像

f:id:carislife:20180226084332j:plain

f:id:carislife:20180226084335j:plain

2018年2月、レクサスが開発を進めているブランドの最上位に位置するハイパフォーマンスクーペ「LC F」のスクープ画像が撮影されました。

 

レクサスLCは、2017年に日本でも発売されたレクサスのクーペで、フラッグシップセダンとして用意されているLSと同格のモデルとして製作されました。

 

現在レクサスLCには、5Lのガソリン「LC500」と3.5Lのハイブリッド「LC500h」が用意されていますが、ハイパフォーマンスモデルではレクサスブランドのスポーツラインとして設定されている「F」の名前を採用し、さらに走りが追求されます。

 

レクサス新型LC Fの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

  • 新開発したV型8気筒4Lターボエンジンを搭載し、670馬力を出力
  • カーボン製のボディパネルを使用することで、ベースモデルから130kg車重を軽量化
  • 専用のエアロパーツを使用することで、空力性能を強化

新型レクサスLC Fは、ベースモデルから最新のV8ターボエンジンに変更することで、出力が強化されるとみられています。

 

あわせて、最上級クーペとしてラグジュアリーな要素ももっている車体を、カーボン製パネルにより大幅に軽量化。

 

冷却性能やダウンフォースを強化する、専用のエクステリアデザインも用意されます。

 

レクサス新型LC Fは、LFAの後継モデルに?

▼レクサスLFAの画像

f:id:carislife:20171215102029j:plain

新型レクサスLC Fは、ブランド最上級スポーツカーとして製作されることで、レクサスが過去に販売したLFAの後継モデルになるとの予想もあります。

 

レクサスLFAは、レクサスが2010年から2012年にかけて販売したスーパーカーです。

 

レクサスのスポーツモデルである「F」シリーズの頂点として開発され、ボディの65%以上にカーボンパーツを採用。

 

パワートレインには、F1のイメージにあわせたV型10気筒4.8Lエンジンが搭載され、最高出力560馬力を出力。

 

世界限定500台で生産され、価格3450万円で販売されたことで、現在はプレミア価格から5000万円以上で取引されています。

 

▼レクサスLFAのスペックとボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4505×1895×1220mm
  • ホイールベース:2605mm
  • エンジン:V型10気筒4.8L
  • 最高出力:560ps/8700rpm
  • 最大トルク:48.9kgm/7000rpm 
  • トランスミッション:6速AT
  • 駆動方式:FR
  • 車両重量:1480kg

 

レクサス新型LC Fの外装(エクステリア)デザインは?予想CG登場!

▼レクサス新型LC Fの予想CG

f:id:carislife:20171215094703j:plain

新型レクサスLC Fの外装は、予想CGも製作され、ベースモデルよりアグレッシブなスタイルになると予想されています。

 

ボディパネルにはカーボンを使用することで、車体を7%(約130kg)と大幅に軽量化。

 

ダクトを備えるエンジンフードにより高出力なエンジンの冷却性能をアップし、フロントスプリッターなどが装備されます。

 

▼レクサスLC500レーシングカー

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160827/20160827113632.jpg

2017年シーズンからスーパーGTに参戦しているレクサスLCのレーシングカーとの関連性も感じられるエアロパーツも装備されると考えられます。

 

▼レクサスLCレーシングカー

RC Fからスイッチ!レクサス GAZOO Racing LC500 GT500マシン公開

 

レクサス新型LC Fのエンジンとスペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170316/20170316171433.jpg

▼レクサス新型LC Fのエンジンとスペック

  • エンジン:【新開発】V型8気筒4Lツインターボ
  • 最高出力:670ps
  • 最大トルク:66.3kgm
  • トランスミッション:10速AT
  • 駆動方式:FR
  • 車重:1800kg

レクサス新型LC Fのパワートレインには、新開発されるV型8気筒4Lツインターボエンジンが搭載されると考えられています。

 

レクサスLCのベースモデルには、ガソリンのLC500とハイブリッドのLC500hが用意されていますが、LC500に搭載されるV型8気筒5Lエンジンは、下位のハイパフォーマンスモデルRC Fに搭載されるものと同じになっています。 

 

▼参考:レクサスLC500とLC500hのスペック

▽LC500

  • エンジン:V型8気筒 5L
  • 最高出力:477ps/7100rpm
  • 最大トルク:55.1kgm/4800rpm
  • トランスミッション:10速AT
  • 車重:1940kg

▽LC500h

  • パワートレイン:V型6気筒 3.5L + 新設計軽量モーター×2
    「マルチステージハイブリッド」
  • システム最高出力:359ps
  • エンジン出力:299ps/6600rpm、36.3kgm/5100rpm
  • モーター出力:180ps
  • トランスミッション:CVT
  • 車重:2000kg

さらなるパフォーマンスが必要とされる新型LC Fでは、排気量をダウンサイズしながら低速から大きなトルクを発揮することができる4Lツインターボエンジンとされ、「デュアルクラッチ式に匹敵する変速速度を持つ」とされていた最新の10速ATと組み合わせられることになります。

 

レクサス新型LC Fの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

レクサス新型LC Fの価格は、176,000ドル(約2000万円)ほどに設定されると考えられています。

 

レクサスLCは最上級の走りを楽しむことができるラグジュアリークーペとして制作されていることから、ベースモデルでもセダンのLS、SUVのLXと比較して高価な1300万円からのスタート価格で販売されています。

 

新型LC Fでは堂々の車格のボディをカーボンパネルで軽量化、最新のハイパフォーマンスエンジンが搭載されることで、大幅に価格をアップすると予想されます。

 

▼レクサス新型LC Fの価格

  • 176,000ドル(約2000万円)
  • 参考:レクサスLCシリーズの日本価格
    LC500:1300万円~1400万円
    LC500h:1350万円~1450万円

 

レクサス新型LC Fの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

レクサス新型LC Fは、現在では2018年末に発表し、2019年初旬に発売されるとのスケジュールが有力になっています。

 

最上級クーペのモデルラインナップを強化することで、競合するメルセデスAMGなどにも対抗していきたい考えです。

 

レクサスLCを「おさらい」

▼レクサスLC500

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160112/20160112202908.jpg

▼レクサスLC500h

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160215/20160215202321.jpg

レクサスLCは、2017年3月に日本で発売されたFセグメントのクーペモデルです。

 

モデル名は、「Luxury Coupe(ラグジュアリークーペ)」が由来になっています。

 

レクサス初のFセグメントのクーペモデルとなり、現在も販売されているRC以来2車種目のレクサスのクーペに。

 

プラットフォームには、トヨタの新世代「TNGA」コンセプトを採用した新開発の「GA-L(Global Architecture-Luxury)」が採用されました。

 

パワートレインはガソリンのLC500とハイブリッドの500hで大きく違い、LC500にはハイパフォーマンスモデルのRC FやGS Fに採用された、V型8気筒5Lエンジン「2UR-GSE」を搭載し、乗用車で初めてダイレクトシフト式10速オートマチックトランスミッションを組み合わせ。

 

LC500hには新開発エンジンの3.5L「8GR-FXS」を搭載し、世界初採用となるマルチステージハイブリッドシステムが導入。

 

マルチステージハイブリッドシステムは、トヨタ「THS2」を進化し、2つのモーターを使用した電気式無段変速機と4段ギアの自動変速機構を組み合わせ、走りと燃費が両立されています。

 

レクサス新型LC Fについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!