読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

トヨタ 電気から燃料電池車にシフト RAV4 EV終了へ

f:id:carislife:20140519204341j:plain

EVベンチャー企業のテスラが、トヨタと共同開発していた「RAV4 EV」が今年に限りになることを公表

 

トヨタが決意か

  

トヨタプラグインハイブリッドと燃料電池 

f:id:carislife:20140519204343j:plain

トヨタ RAV4 EV

 

トヨタテスラ 共同プロジェクト 終了 概要

【関連記事はこちら】

アメリカ トヨタマイナーチェンジ新型 RAV4にハイブリッド追加!

自動運転も!?700psテスラモデルS P85D/60Dは4WD! 

 

テスラはこのプロジェクトで、15億円ほどの収入があったらしい

 

それほどトヨタがコストをかけて電気自動車を販売していたのは、カリフォルニア州の厳しい排ガス規制に対応するため

 

けれど、テスラに頼った電気自動車も、来年のトヨタにはいらなくなる

 

その理由が、2015年に市販される燃料電池

トヨタ燃料電池車はこちら】

トヨタ燃料電池開発車:トヨタ本命エコカー公開!EVの未来は

トヨタ燃料電池コンセプトカー:トヨタの燃料電池車をスルーしたらマズイ…

 

 

燃料電池車の販売開始予定価格は1千万円と、500万ほどのRAV4 EVの2倍になるけれど、販売台数が少なくなる分は、プラグインハイブリッド車で埋めるらしい

 

トヨタの考えは、走行距離が少なく、インフラの整備にもコストがかかる電気自動車を作り続けるより、ガソリン車と遜色ない航続距離を持つ、燃料電池車にかけたいということなんだろうね

 

 

こうなると厳しくなるのが、電気自動車を推すメーカー

 

現状電気自動車は、航続距離の短さやインフラが充分ではないことから、プラグインハイブリッドや燃料電池車のような利便性を出せていない

 

トヨタが、燃料電池車こそ未来のクルマ、とアピールすることになれば、ますますインフラの整備は難しくなり、ユーザーが電気自動車を選択するメリットが薄くなりそう

 

 

このプロジェクトの終了を他メーカーがどのように受け取るかによっては、今自動車メーカーが頭を悩ます次世代を担う動力源が、一気に決まることにもなるかも