読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車好きの勝手な妄想/新型車最新情報&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

終わる…三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 価格430万円

f:id:carislife:20150410201637j:plain

7/25:ドリキン土屋圭市 三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 試乗動画を追加しました。

 

三菱が、WRCなどで活躍したスポーツ「ランサーエボリューション」の最終モデル、「ランサーエボリューション ファイナルエディション」を発表 

 

あのランエボが、三菱からなくなる・・・

 

最後のランエボは「X」じゃない!ビルシュタイン、アイバッハ、ブレンボ、BBS、すべてを詰め込んだファイナルエディション

▼7/25追加:土屋圭市 三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 試乗動画

▼三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 試乗動画

▼三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション エクステリア 画像

f:id:carislife:20150410201647j:plain

f:id:carislife:20150410201638j:plain

f:id:carislife:20150410203720j:plain

三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション 概要・スペック・価格

概要
  • 三菱のスポーツモデル「ランサーエボリューション」の最後を飾る特別仕様車
  • 1000台限定販売
  • このモデルの生産終了と同時に、ランサーエボリューションはモデル廃止
  • エンジンは、ナトリウム封入エキゾーストバルブを採用し、最高出力をUP
スペック
  • ベースモデル:ランサーエボリューションX「GSR」5速MT
  • 全長×全幅×全高:4495×1810×1480mm
  • ホイールベース:2650mm
  • エンジン:直列4気筒 2L MIVECインタークーラーターボ「4B11型」
  • 最高出力:313ps/6500rpm
  • 最大トルク:43.7kgm/3500rpm
  • ミッション:5速MT
  • トレッド(前後):1545mm
  • 最低地上高:140mm
  • 車両重量:1530kg
  • サスペンション(前/後):マクファーソンストラット式/マルチリンク式
  • ブレーキ(前後)
    ・F:4ピストン、2ピースキャリパー、ベンチレーテッドディスク
    ・R:2ピストンキャリパー、ベンチレーテッドディスク
  • タイヤサイズ:245/40 R18 93W
その他スペック
  • メーカーオプション「ハイパフォーマンスパッケージ」を標準装備
    ▽ハイパフォーマンスパッケージ装備
    ・ビルシュタイン製前後単筒式ショックアブソーバー
    ・アイバッハ製前後コイルスプリング
    ・ブレンボ製2ピースタイプフロント大径ベンチレーテッドディスクブレーキ
    ・ハイパフォーマンスタイヤ
  • ボディーカラーは全5色。ルーフをブラック塗装とした2トーンカラーもメーカーオプション設定
  • フロントグリルモールにダーククロームメッキを採用
  • バンパーセンター、ボンネットフードエアアウトレットにグロスブラック塗装
  • ダーク調塗装BBS製18インチ鍛造アルミホイール
  • インテリアでは、ルーフトリム、各ピラーをブラックに統一。
    レッドステッチレカロ製レザーコンビネーションシート、ステアリング&シフトノブ、パーキングレバー、フロアコンソールリッド
ランサーエボリューション ファイナルエディション 価格
  • 429万8400円

▼ランサーエボリューション ファイナルエディション スペシャルサイト

【関連記事はこちら】

316km/h!1000馬力 ランサーエボリューションX アタック動画

ランエボはXが最終型で生産終了…復活に期待

ランエボ ラリーカーVSボブスレー!スノーダウンヒル

 

1992年10月の初代「ランサーエボリューション」誕生から23年

 

車好きを騒がせ続けた「ランエボ」が、ついに終わる

 

 

2015東京オートサロンでもコンセプトモデルが公開されていた「最後のランエボ」は、名前から「X」がなくなり、「ランサーエボリューション ファイナルエディション」に

三菱 2015オートサロン:480ps!三菱ランサーエボリューションX Finalを東京オートサロン2015に出展!

 

ライバル「スバル インプレッサ WRX STI」と一緒に知名度をあげた、ビルシュタインダンパー、アイバッハスプリング、ブレンボキャリパー、BBSホイールを標準装備して登場

 

アフターパーツてんこ盛りだったコンセプトモデルほどではないけれど、エンジンの出力もアップする

 

f:id:carislife:20150410201644j:plain

f:id:carislife:20150410201645j:plain

f:id:carislife:20150410201646j:plain

  

できれば最終型は、先に生産が終了した、三菱が作りたかった「6速ツインクラッチSST」で飾ってもらいたかったけれど、5速MTというのも悪くない

6速ツインクラッチモデル:ランエボX販売継続もミッションは5速MTのみ

 

▼三菱 ランサーエボリューション ファイナルエディション インテリア 画像

f:id:carislife:20150410201642j:plain

f:id:carislife:20150410201639j:plain

 

トルクがあるので走りは5速MTでも不満はでないレベル

 

5速MTが積まれていたランエボ7までのオーナーさんなら、三菱がこだわり続けたエンジンのパワー、トルク、レスポンスが、どれほど進化したのか感じられると思う

 

f:id:carislife:20150410201643j:plain

 

ランサーエボリューションXまで、23年続いたランエボの歴史 

  

エボ乗りだった、エボに憧れていた、といった方は、後悔のないように…