車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

燃費34.4km/L!トヨタ 新型 ヴィッツ ハイブリッド発売 価格181万円9800円~ 試乗動画

f:id:carislife:20170112134249j:plain

4/2:トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 試乗動画を追加しました。(記事下部)

 

トヨタがコンパクトカー「ヴィッツ」の改良と、ハイブリッドモデル「ヴィッツハイブリッド」の追加を発表 

 

ハイブリッド以外も大幅改良!

 

ボディ剛性&足回り改良!トヨタ 2017 新型 ヴィッツ / ヴィッツハイブリッド 

▼トヨタ ヴイッツ エクステリア 画像

f:id:carislife:20170112134234j:plain

f:id:carislife:20170112134235j:plain

f:id:carislife:20170112134236j:plain

トヨタ ヴィッツ 概要・改良ポイント・価格

  • ヨーロッパで販売していたハイブリッドモデルを日本にも導入
  • 新デザインのほか、ボディ剛性の強化、足回りの改良などをし、「持ちうる最大限の知恵と技術を注ぎ込み、通常のマイナーチェンジの枠を超えた大幅な改良を実施した」とした
  • 販売はネッツ店で行い、月販目標台数は9000台
  • 店頭発表会は1月21日(土)、22日(日)。店頭試乗会は1月28日(土)、29日(日)。
改良ポイント

走行性能

  • 「アクア」と同等のシステムを搭載したヴィッツハイブリッドを設定。
    ▼ヴィッツハイブリッド スペック
    パワートレイン:直列4気筒 1.5L + 電気モーター
    システム最高出力:100ps
    燃費:34.4km/L
    駆動用バッテリーをリヤシート下に配置することで、ガソリン車と同等の居住空間・荷室の広さを確保
  • 全長を前型+60mmの3945mmに延長
  • 新構造ショックアブソーバーの採用、ボディ各部のスポット溶接増し打ちなどによるボディ剛性の強化、インストルメントパネル周りのブレースの板厚アップにより、優れた操縦安定性と乗り心地を両立
  • 安全性能は、従来から設定の衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」に加え、ヒルスタートアシストコントロールを全車標準装備

デザイン

  • 新デザインのエクステリアを採用しワイド&ローの構えを強調
  • Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付・スモークメッキ加飾)をオプション設定し、ライン発光のLEDクリアランスランプとあいまって、精悍さを強調
  • LEDライン発光テールランプをオプション設定。ストップランプに6個のLEDを組み込み、印象的なリヤビューを演出
  • 新デザインホイールを採用
  • ボディカラーに、新色クリアブルークリスタルシャイン(オプション)、アバンギャルドブロンズメタリックを含む全17色を設定。
    「Jewela」専用オプション「シャイニーデコレーション」に、新色ダークブルーマイカとオリーブマイカメタリックを追加
  • インテリアの加飾箇所をブラックで統一し、洗練されたイメージを実現。
    「U」に茶系色のバレルブラウンを新規設定し、モダンかつ上質な空間を演出。また、「HYBRID Jewela」・「Jewela」に赤茶系色のマルサラを新規設定
  • 16インチアルミホイールとエアロパーツを装着した“Sportyパッケージ”を新設定

トヨタ ヴィッツ 価格

  • 118万1520円~223万7760円
  • ハイブリッドは181万9800円~

公式サイト:トヨタ ヴィッツ | トヨタ自動車WEBサイト

【関連記事はこちら】

ヴィッツTGR:6速MTも!トヨタ ヴィッツTGR / アクアTGR コンセプト公開

安全&ジュエラ色!トヨタ ヴィッツ / ヴィッツハイブリッド 特別仕様車”Safety Edition”価格138万4560円~

 

2014年の大幅改良時に燃費を最大25.0km/Lまで伸ばし、トヨタが復活参戦するWRCのベース車にもなっていた「ヴィッツ」

トヨタ WRCマシン:トヨタ 2017年WRC復活参戦マシン!ヤリスWRC 公開

 

しかし、ハイブリッドが人気の日本でガソリンエンジンだけのヴィッツはやはり苦しいということで、今回ヨーロッパで先に販売されていた「ヴィッツハイブリッド」の導入を決定

 

トヨタが「マイナーチェンジの枠を超えた」とする大幅な改良と共に、今回発売された 

 

f:id:carislife:20170112134247j:plain

 

新型ヴィッツでは、新しいデザインを採用することでモータースポーツにも参戦するスポーティさを演出

 

前後ランプには、ライン状に光るオプションも設定され、好みにあわせたデザインが可能に

 

f:id:carislife:20170112134248j:plain

 

ヴィッツハイブリッドは、「アクア」と同等のシステムを積みながら、背が高いことで燃費は2.6km/L低い34.4km/Lになっているけれど、もう少しスペースが欲しいという声も多かったアクアより使いやすく

f:id:carislife:20170112134245j:plain

f:id:carislife:20170112134246j:plain

 

ボディ剛性アップやサスペンションの改良によって大幅にあがった乗り心地と、グローバルでトヨタの主力とされていることで豊富なバリエーションを持ち、質を高めているインテリアで、走りを楽しむことができるようになっている

 

▼トヨタ ヴイッツ インテリア 画像

f:id:carislife:20170112134242j:plain

f:id:carislife:20170112134243j:plain

f:id:carislife:20170112134238j:plain

f:id:carislife:20170112134239j:plain

f:id:carislife:20170112134240j:plain

f:id:carislife:20170112134241j:plain

 

今年の東京オートサロンでは、新しいスポーツモデルのコンセプトも公開予定で、存在感を高めるヴィッツ

トヨタ 東京オートサロン:ヴィッツとアクアに「TGRコンセプト」!トヨタ 東京オートサロン2017出展概要発表

 

トヨタのコンパクトカーと言えばヴィッツが思い浮かぶという人も多いので、今回の大幅改良は、他モデルとの燃費差が気になっていた人を強力に引き戻しそうだね

 

▼4/2追加:トヨタ ヴィッツ ハイブリッド 試乗動画

 

▼トヨタ ヴィッツ 動画

▼トヨタ モデリスタカスタムパーツ装着 ヴィッツ

f:id:carislife:20170113100422j:plain