車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

フォルクスワーゲン新型eゴルフ日本発売!航続距離、価格、補助金は?

f:id:carislife:20171020090040j:plain

フォルクスワーゲンは、電気自動車の新型e-Golf(イー ゴルフ)の日本発売を発表しました。

 

この記事では、人気モデルのゴルフ電気自動車版となるe-Golfのデザインや航続距離、パワートレインなどをご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

電気自動車フォルクスワーゲン新型eゴルフとは?

▼フォルクスワーゲンe-Golf

f:id:carislife:20171020090045j:plain

新型e-Golfは、フォルクスワーゲンの主力モデルであるゴルフをベースにした、シリーズ初のゼロエミッションビークルとなる電気自動車です。

 

ベースとなるゴルフシリーズは先に2017年モデルとして改良されていましたが、eゴルフも最新の生産モジュール「MQB」を用いたGolf初の電気自動車として製造され、新型の駆動用バッテリーを搭載するなど、電気自動車としての使い勝手が向上されています。

 

▼ゴルフ2017年モデルはこちら

デジタルメーター&半自動運転!VW 2017新型 ゴルフ / ゴルフヴァリアント 試乗動画

  

フォルクスワーゲン新型eゴルフの外装(エクステリア)デザイン

▼フォルクスワーゲンe-Golf

f:id:carislife:20171020090206j:plain

f:id:carislife:20171020090202j:plain

新型e-Golfの外装は、ベースモデルのゴルフに専用のアクセントが採用されています。

 

グリルにブルーの挿し色、フロントにC字型LEDポジショニングランプを装備することで、フォルクスワーゲンの“e-Mobility”ファミリーであることをアピール。

 

消費電力の少ないLEDヘッドライトを標準装備し、ボディーカラーには「ピュアホワイト」のみが設定されています。

 

f:id:carislife:20171020090120j:plain

f:id:carislife:20171020090112j:plain

f:id:carislife:20171020090117j:plain

 

フォルクスワーゲン新型eゴルフの内装(インテリア)デザイン

▼フォルクスワーゲンe-Golf

f:id:carislife:20171020090109j:plain

f:id:carislife:20171020090102j:plain

新型e-Golfの内装には、質感を高める多くの専用装備が用意されています。

 

シートには、27万円高のオプションとしてレザーシートパッケージが設定され、レザーシートや運転席メモリー機能付きパワーシート、パワーランバーサポート、シートヒーターを装備。

 

f:id:carislife:20171020090049j:plain

他モデルでも人気のデジタルメータークラスター「Active Info Display」も採用。

 

走行情報のほか、ナビゲーションなどもメーター画面にわかりやすく表示されます。

 

f:id:carislife:20171020090055j:plain

暖房システムには、電力の消費を抑えた省電力ヒートポンプシステムを搭載。

 

エアコンディショナーの電動コンプレッサーに追加されたヒートポンプが、周囲の大気熱やドライブシステムが発生する熱を回収。

 

ヒートポンプシステムの導入により、エアコン使用時に高電圧ヒーターが消費する電力を大幅に減らすことが可能になっています。

 

フォルクスワーゲン新型eゴルフのパワートレイン・航続距離は?

▼フォルクスワーゲンe-Golf

f:id:carislife:20171020090134j:plain

新型e-Golfは、電気自動車らしいちから強い走行が可能な電気モーターが搭載されました。 

▼新型e-Golfパワートレインスペック

  • パワートレイン:電気モーター
  • 最高出力:136ps/3300-11750rpm
  • 最大トルク:29.5kgm/0-3300rpm
  • 駆動:FF

f:id:carislife:20171020090126j:plain

駆動用バッテリーには総電力量35.8kW/hの新型を搭載し、航続距離は前世代の電気自動車から50%延長。

 

▼新型e-Golf航続距離

  • 301km

eゴルフでは、航続距離の調整のためにモーターの出力とエアコンの制御を「ノーマル」「エコ」「エコ+」の3つのモードから選択して走行が可能に。

 

f:id:carislife:20171020090059j:plain

加えて、4段階の調整ができるブレーキエネルギー回生システムを採用。

 

これは、通常のDレンジでは抵抗を減らすコースティング(滑走)走行となりますが、シフトレバーを左に倒して「D1」「D2」「D3」の順にシフトすると回生ブレーキが強くなり、あわせてバッテリーの充電量も増加。

 

シフトレバーを「B」レンジにすることで、最大の回生ブレーキが利くシステムになっています。

 

フォルクスワーゲン新型eゴルフの充電規格と充電時間は?

▼フォルクスワーゲンe-Golf普通充電イメージ

f:id:carislife:20171020090146j:plain

f:id:carislife:20171020090138j:plain

f:id:carislife:20171020090141j:plain

新型e-Golfは電気自動車のため、バッテリーに電力を充電して走行します。

 

駆動用バッテリーの充電は200Vの普通充電(3kW/6kW)のほか、急速充電規格「CHAdeMO」にも対応。

 

普通充電は、グリルに配置されているフォルクスワーゲンのエンブレムをはずし充電器を装着。

 

▼フォルクスワーゲンe-Golf急速CHAdeMO充電イメージ

f:id:carislife:20171020090157j:plain

f:id:carislife:20171020090151j:plain

急速充電器のCHAdeMOを使用する場合は、ガソリン車で燃料を補給する位置にある接続口に装着。

 

それぞれの充電時間は以下の通りです。

  • 急速充電:約35分(80%充電)
  • 普通充電:約12時間(3kW)

また、将来の充電環境を見据え、倍速での普通充電を可能とする6kWの充電規格にも対応しています。

 

フォルクスワーゲン新型eゴルフのサイズと車重は?

f:id:carislife:20171020090206j:plain

新型e-Golfのボディサイズは以下の通りです。

  • 全長×全幅×全高:4265×1800×1480mm
  • ホイールベース:2635mm
  • トレッド(前/後):1545/1515mm
  • 最低地上高:140mm
  • 車重:1590kg

eゴルフのボディサイズはベースモデルから維持されています。

 

車重は、駆動用の大容量バッテリー搭載のためにゴルフのガソリンモデル(Golf TSI Trendlineグレード値)の1240kgから、350kg重量が増えた1590kgになっています。

 

フォルクスワーゲン新型eゴルフの機能と安全装備は?

▼「Discover Pro」のe-mobility専用メニュー

f:id:carislife:20171020104044j:plain

f:id:carislife:20171020104049j:plain

f:id:carislife:20171020104054j:plain

新型e-Golfの安全装備には、以下のシステムが搭載されています。

 

▼VW新型e-Golfの安全装備

  • レーンキープアシストシステム「Lane Assist」
  • アクティブクルーズコントロール「ACC」(全車速追従機能付)
  • 渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」
  • プリクラッシュブレーキシステム「Front Assist」(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)

 

その他、機能装備として「Volkswagen Car-Net」による各種モバイルオンラインサービスが提供され、スマートフォンとインフォテイメントシステムの接続を簡単にする「App-Connect」はApple CarPlayやAndroid Autoなどに対応。

 

テレマティクス機能「Guide&Inform」の利用で、オンライン充電ステーション検索など最新の情報に基づくナビゲーションを受けることができ、予約充電なども行なえるEV/PHEV専用サービス「e-Remote」に対応しています。

 

f:id:carislife:20171020104037j:plain

   

フォルクスワーゲン新型eゴルフの価格、補助金は?

f:id:carislife:20171020090040j:plain

新型eゴルフの価格と補助金は以下の通りです。

  • 価格:499万円
  • クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金:30万1000円

eゴルフは電気自動車となっていることで、補助金額はプラグインハイブリッドモデルのGolf GTEの20万円より10万円高く、補助金を利用することで実質469万円ほどで購入することができます。

 

新型e-Golfの販売は、他のゴルフシリーズとは違いインターネットの専用サイトからの申込みとし、2017年末から納車が開始される予定です。

 

▼新型e-Golf専用サイト

気付いたら、もう当たり前のライフスタイル。New e-Golf