車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

ホンダ新型レジェンド ビックマイナーチェンジ!最新情報 発売日と価格、燃費は?

f:id:carislife:20180208153727j:plain

ホンダが、フラッグシップセダンであるレジェンドのビッグマイナーチェンジモデルを発表しました。

 

最上級モデルとして大幅改良された新型レジェンドの価格、燃費などについて最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】ホンダ新型レジェンドがビッグマイナーチェンジし日本発売!

▼ホンダ新型レジェンドの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170929/20170929132001.jpg

ホンダは2018年2月8日、ビッグマイナーチェンジした新型レジェンドの日本仕様を発表しました。

 

ホンダレジェンドは、海外ではホンダの上級ブランドであるアキュラのRLXとして販売され、ホンダのフラッグシップセダンに位置づけられているモデルです。

 

現行モデルは2015年に新しい3モーターハイブリッドシステムの「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載して登場。

 

海外モデルのアキュラRLXは一足先にマイナーチェンジが発表されており、日本仕様も最新モデルになります。

 

ホンダ新型レジェンドの【主な変更点】

f:id:carislife:20180208153742j:plain

▼ホンダ新型レジェンドの変更点

  • 新デザインの外装と内装を採用
  • フラッグシップスポーツ「NSX」から得たデータによりハイブリッドシステムを最適化
  • ボディー骨格の接着剤塗布範囲を拡大することで剛性感を高め、ダンパー特性などのシャシーセッティングを変更
  • 安全システムのホンダセンシングに、渋滞での低速走行時に車間距離と車線維持をサポートする運転支援機能「トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)」をホンダ車初搭載

新型レジェンドでは、前モデルでくちばし形と言われたグリルやライトなどが新しくなっています。

 

あわせて、ホンダNSXに搭載されるパワートレインの前後を入れ替えたレイアウトのハイブリッドシステムは、NSXでの経験から走りの気持ちよさをアップ。

 

安全システムのホンダセンシングも機能が充実しています。

 

ホンダ新型レジェンドの外装(エクステリア)デザイン

▼ホンダ新型レジェンド

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170929/20170929132001.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170929/20170929132014.jpg

新型レジェンドの外装は、大きくあいたシグネチャーダイアモンドペンタゴングリルの採用がポイントになっています。

 

その他にも、新デザインのホイールやデュアルエキゾーストパイプ、光沢のあるブラックリアディフューザーも装備。

 

f:id:carislife:20171031134415j:plain

テールライトは複数の線をLEDでデザインすることで、上級モデルとしてのエレガントさが表現されました。

 

新型レジェンドを前モデルと比較!

▼ホンダ・レジェンド(前モデル)

f:id:carislife:20171031141648j:plain

f:id:carislife:20171031141645j:plain

新型レジェンドの外装を前モデルと比較すると、グリル上部のカバーがなくなっています。

 

複雑なカットを与えた光学レンズとLEDを組み合わせた「ジュエルアイLEDヘッドライト」は、グリルの印象が強くなるのにあわせてより直線的ラインに変更。

 

リアにはクロームパーツが追加され、質感とワイドさがアップしました。

 

ホンダ新型レジェンドのボディカラーは?(全8色)

f:id:carislife:20180208153450j:plain

▼ホンダ新型レジェンドのボディカラー

  • プラチナホワイト・パール(新採用色)
  • スーパープラチナ・メタリック
  • モダンスティール・メタリック(新採用色)
  • マジェスティックブラック・パール(新採用色)
  • プレミアムディープロッソ・パール(新採用色)
  • ギルデッドピューター・メタリック
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック(新採用色)
  • オブシダンブルー・パール(新採用色)

 

ホンダ新型レジェンドのボディサイズは?

f:id:carislife:20180208152722j:plain

▼ホンダ新型レジェンドのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4995×1890×1480mm
  • ホイールベース:2850mm
  • 参考
    ・ホンダ・アコード
     全長×全幅×全高:4945×1850×1465mm
     ホイールベース:2775mm

ホンダ新型レジェンドのボディサイズは、下位モデルのアコードから全長+50mm、全幅+40mmと大きいサイズになっています。

 

ホイールベースは75mmとボディサイズ以上に延長することで、高い走行安定性が確保されています。

 

ホンダ新型レジェンドの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180208154005j:plain

f:id:carislife:20180208154012j:plain

新型レジェンドの内装は、シート形状を大幅に変更することで安心感のあるホールド性と快適性が両立されています。

 

f:id:carislife:20180208154116j:plain

その他、インストルメントパネルを中心にシルバー加飾を変更。

 

▼ホンダ新型レジェンドのインテリアカラーパターン(全4種)

f:id:carislife:20180208154726j:plain

f:id:carislife:20180208154729j:plain

f:id:carislife:20180208154734j:plain

f:id:carislife:20180208154737j:plain

内装のカラーバリエーションを追加し、さらなる上質な室内空間を実現。

 
ハイブリッドシステムのインテリジェント・パワー・ユニット(IPU)の小型化によりトランク容量を13L拡大したほか、パワートランクを採用することで、使い勝手も向上しています。

 

▼ホンダ新型レジェンドの室内サイズ

  • 全長×全幅×全高:2080×1540×1155mm

 

ホンダ新型レジェンドのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180208154317j:plain

▼ホンダ新型レジェンドのパワートレインとスペック

  • エンジン:フロントV型6気筒 3.5L+モーター / リア モーター×2
    「SPORT HYBRID SH-AWD」
  • トランスミッション:7速デュアルクラッチ
  • エンジン最高出力:314ps/6500rpm
  • エンジン最大トルク:37.8kgm/6500rpm
  • フロントモーター最高出力:48ps/3000rpm
  • フロントモーター最大トルク:15.1kgm/500-2000rpm
  • リアモーター最高出力(1基あたり):37ps/4000rpm
  • リアモーター最大トルク(1基あたり):7.4kgm/0-2000rpm
  • システム合計出力:382ps
  • 駆動:4WD
  • 車両重量:1990kg

ホンダ新型レジェンドのパワートレインには、4WDハイブリッド「SPORT HYBRID SH-AWD」が採用されています。

 

SPORT HYBRID SH-AWDシステムは、ホンダのフラッグシップスポーツNSXが前輪を2モーター、後輪をエンジンと1モーターで駆動するのに対し、レジェンドでは前後を逆にすることで高性能と広い室内空間を確保。

 

新型レジェンドでは、NSXで得た駆動力制御などの経験からシステムが見直され、走行性能をアップ。

 

あわせて、ボディー、シャシーなど細部までチューニングを施し、「意のまま」と感じられるハンドリング性能と上質な乗り心地を磨き上げ、ドライバーズカーとしての性能を向上。


ボディー骨格の接着剤塗布範囲を拡大することで剛性を高め、ダンパー特性などのシャシーセッティングも最適化されています。

 

▼ホンダNSX

ホンダ新型NSX日本受注開始!2017年2月27日発売 価格2370万円、スペック文句なし!

 

ホンダ新型レジェンドの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ホンダ新型レジェンドの燃費

  • 燃費:16.4km/L

ホンダ新型レジェンドの燃費は、フラッグシップセダンとしてのラグジュアリーなつくりとシステム合計382psの高出力としながらも、最新ハイブリッドシステムにより16.4km/Lの低燃費とされています。

搭載される3つのモーターを走行状況にあわせて使用することで、さまざまなシーンで高い環境性能を発揮するシステムになっています。

 

ホンダ新型レジェンドの安全装備は? 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180601/20180601072838.jpg

新型レジェンドでは、ホンダの先進安全運転支援システムである「ホンダセンシング」がアップデートされました。

 

ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に「トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)」をホンダ車で初搭載。

 

トラフィックジャムアシストは、高速道路などの渋滞時0km/hから約65km/hまでの速度域で前走車との車間を保ちながら自車の走行車線をキープするよう、アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をアシストし、ドライバーの運転負荷を軽減します。

 

▼ホンダセンシング機能

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • 先行車発信お知らせ機能
  • 標識認識機能

 

ホンダ新型レジェンドに無限カスタムパーツを設定!

▼無限カスタム新型レジェンド

f:id:carislife:20180208155859j:plain

f:id:carislife:20180208155902j:plain

無限は、ホンダ新型レジェンド用カスタムパーツの設定を発表しました。

 

レジェンド用無限パーツは“Extreme Quality”をコンセプトに、フラッグシップカーに相応しい素材や質にこだわった商品を設定。

 

f:id:carislife:20180208155908j:plain

エアロパーツはカーボンエアスポイラーをラインナップし、ドライカーボンを採用し、レーシングカーに使用されているボディパーツと同じように、無限ファクトリーで一つ一つ丁寧に生産されます。

 

f:id:carislife:20180208155905j:plain

また、アルミホイールはレジェンド専用デザイン、専用サイズとなる20インチ切削鍛造ホイール“MFL”を設定。

 

鍛造らしいシャープなデザインとしながらもガンメタリックとブラックアルマイトの上質な2トーンカラーとし、プレミアム感も両立しています。

 

ホンダ新型レジェンドの価格は?

f:id:carislife:20171031134431j:plain

▼ホンダ新型レジェンドの価格

  • レジェンドHybrid EX:7,074,000円

ホンダ新型レジェンドは、最新システムの採用にあわせ前モデルの680万円から価格がアップし、707万円に設定されました。

 

設定グレードは、前モデルと同じく1グレードとなっています。 

 

ホンダ新型レジェンドの発売日は? 

f:id:carislife:20171024110357j:plain

ホンダ新型レジェンドは2018年2月8日に発表され、発売日は2月9日とされました。

 

最新技術を搭載することで、ホンダの最上級モデルの性能をセールスしていくことになります。

 

ホンダ レジェンドを「おさらい」

▼ホンダレジェンド現行モデル

f:id:carislife:20171031151220j:plain

ホンダレジェンドは、1985年から製造されているホンダのフラッグシップセダンです。

 

初代は初の3ナンバー仕様を持つ新しいフラッグシップカーかつ、アメリカで展開する高級ブランド「アキュラ」向けの専用車として登場。

 

海外では、2代目までが「レジェンド」、3代目と4代目が「RL」、現行モデルの5代目は「RLX」というモデル名で販売。

 

日本では、2015年にハイブリッド専用車として現行モデルが発売され、エンジンの前後レイアウトが違うもののホンダNSXと同じ3モーターハイブリッドシステムを搭載。

 

駆動力を最適に制御することで、気持ちのいい走りが楽しめるハイブリッドスポーツセダンになっています。

 

新型レジェンドについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!