車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ポルシェ新型718スパイダー最新情報】ハイパフォーマンス日本発売!スペックや燃費、価格、発売日は?

f:id:carislife:20190619094104j:plain

ポルシェがミッドシップオープン「718ボクスター」のハイパフォーマンスモデルとなる、「718スパイダー」を発表しました。

 

独自の外観と高性能を持つ新型718スパイダーについて、スペックや発売日、価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ポルシェ新型718スパイダー日本発売!

▼ポルシェ新型718スパイダーの画像

f:id:carislife:20190619094119j:plain

ポルシェが、「718ボクスター」の最上位モデルとなる「718スパイダー」の日本発売を発表しました。

 

ポルシェ新型718スパイダーは、以前モデル名が「ボクスター」とされていたときに、ポルシェのミッドシップオープンのハイパフォーマンスモデルとして製作されたマシンの進化バージョンとなります。

 

発表された新型718スパイダーは、前モデルからさらにスペックをアップすることで718ボクスターをさらなる次元に持っていく設計とされ、クーペバージョンとなる「718ケイマンGT4」もあわせて発表されています。

 

▼ポルシェ新型718スパイダーの動画 

▼ポルシェ718ボクスター(ベースモデル)

【ポルシェ新型718ボクスター最新情報】GTSやスペック、価格、燃費は?

▼ポルシェ718ケイマンGT4

【ポルシェ新型718ケイマンGT4最新情報】最強モデル発表!スペックや燃費、価格、発売日は?

 

ポルシェ新型718スパイダーの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ポルシェ新型718スパイダーの変更点

  • 新世代の水平対向6気筒4L自然吸気エンジンを搭載
  • 手動式のオープンルーフを採用することでベースモデルから軽量化
  • ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメントシステムにより、ベースモデルから車高を30mmダウン
  • 機械式ディファレンシャルを採用する、トルクベクタリングシステムを搭載

 

ポルシェ新型718スパイダーの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20190619094104j:plain

ポルシェ新型718スパイダーの外装は、新設計のデザインにより走行性能がアップされています。

 

f:id:carislife:20190619094236j:plain

f:id:carislife:20190619094243j:plain

f:id:carislife:20190619094241j:plain

新型718スパイダーでは、リアのサイレンサーを小型化しダウンフォースを向上。

 

リアスポイラーは120km/hで可動する可変式とされ、高速度域での安定性をアップ。

 

f:id:carislife:20190619094246j:plain

f:id:carislife:20190619094238j:plain

f:id:carislife:20190619094234j:plain

ルーフはソフトトップルーフに変更され、起伏のある専用リアカウルに向かって伸び、そのスタイルを楽しむことができるようになっています。

 

このルーフは軽量化のため自動開閉機構が除去され、手動でオープンにすることができるようになっています。

 

ポルシェ新型718スパイダーを前モデルと比較!

▼ポルシェ・ボクスタースパイダー(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150401/20150401194110.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150401/20150401194112.jpg

ポルシェ新型718スパイダーを前モデルと比較すると、フェイスリフトモデルとなることから全体のコンセプトは維持されていることがわかります。

 

しかし細部のデザインは見直され、アップするスペックにあわせた空力性能に強化されています。

 

ポルシェ新型718スパイダーの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190619094231j:plain

ポルシェ新型718スパイダーの内装は、前モデルから引き継いだデザインが採用されています。

 

シートは専用の軽量モデルとなり、軽さがマシンの魅力となることからドアハンドルをストラップにするなど軽量化。

 

アルカンターラを使用することで、質感の高いインテリアに仕上げられています。

 

ポルシェ新型718スパイダーのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180207121818j:plain

▼ポルシェ新型718スパイダーのエンジンとスペック

  • エンジン:水平対向6気筒4L自然吸気
  • 最高出力:420ps
  • 最大トルク:42.9kgm
  • トランスミッション:6速MT
  • 0-100km/h加速:4.4秒
  • 最高速度:301km/h
  • 駆動方式:MR

ポルシェ新型718スパイダーには、新開発された4L水平対向6気筒自然吸気エンジンが搭載されました。

 

▼参考:ポルシェ718ボクスター他モデルのスペック

  • 718ボクスター
    水平対向4気筒 2L ターボ
    最高出力:300ps
    最大トルク:38.8kgm
  • 718ボクスターS
    水平対向4気筒 2.5L ターボ
    最高出力:350ps
    最大トルク:42.8kgm
  • 718ボクスターGTS
    水平対向4気筒 2.5L ターボ
    最高出力:365ps
    最大トルク:43.8kgm

ベースモデルのポルシェ718ボクスターは、モデル名の変更にあわせ前モデルの水平対向6気筒エンジンから4気筒のターボエンジンに変更しダウンサイジング。高出力化と環境性能のアップが行われていました。

 

ハイパフォーマンスモデルとなる新型718スパイダーでは、新世代モデルが発表されている「911」シリーズからくる新しいエンジンファミリーを搭載し、前モデルの3.8Lから200cc排気量をあげ、出力を385psから420psまで出力を向上。

 

8000rpmまで鋭く回転をあげる大排気量NAエンジンの魅力と、燃費の改善が両立されています。

 

足回りには、車高をベースモデルから30mmダウンする「ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント」を採用し、サーキット走行でのパフォーマンスを重視。

 

走行システムには、機械式ディファレンシャルを備えた「ポルシェ・トルク・ベクタリング」が搭載され、コーナリング性能が引き上げられています。

 

トランスミッションはマシンコンセプトにあわせ、操る楽しさを感じることができる6速MTのみとされています。

 

ポルシェ新型718スパイダーの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ポルシェ新型718スパイダーの燃費

  • 9.1km/L(欧州検査値)

ポルシェ新型718スパイダーの燃費は、欧州検査値で9.1km/Lと発表されています。

 

パワートレインに新世代のエンジンを搭載することで、スペックをアップしながらも環境性能が改善されています。

  

ポルシェ新型718スパイダーの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ポルシェ新型718スパイダーの価格

  • 1215万円

ポルシェ新型718スパイダーの日本価格は、1215万円からとされました。

 

この価格は、前モデルの1012万円から価格のアップが抑えられており、フラッグシップスポーツの911シリーズより手に入れやすくなっています。

 

ポルシェ新型718スパイダーの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ポルシェ新型718スパイダーは、2019年6月17日に欧州で発表され、2019年7月から日本での受注が開始されました。

 

納車の開始は2020年となる予定です。

 

ポルシェはハイパフォーマンスエンジンとマニュアルトランスミッションを組み合わせる新型718スパイダーをラインナップすることで、ミッドシップスポーツのドライビングフィールをアピールしていく考えです。

  

ポルシェ・ボクスターを「おさらい」

▼718ボクスター(左)と718ケイマン(右)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171018/20171018112833.jpg

ポルシェ・ボクスター(Boxster)は、初代が1996年に登場したミッドシップロードスターモデルです。

 

車名の由来は、ポルシェが伝統的に採用する水平対向エンジンを表す「ボクサー」(Boxer)と、ポルシェのオープンモデルの呼び名である「スピードスター」(Speedster)を組み合わせた造語になっています。

 

以前販売されていた「ポルシェ968」の後継モデルとなりますが、直列4気筒エンジンとFRレイアウトの組み合わせから、水平対向エンジンとMRレイアウトに大きく変更され、20年ぶりに登場したポルシェのミッドシップスポーツとなりました。

 

フラッグシップスポーツに設定されているポルシェ911に配慮し、ブランドのエントリーラインとなるエンジン出力とされていますが、ミッドシップ2シーターのスポーツカーに適したパッケージから独自のファンを獲得しています。

 

2004年に登場した2代目では、ボクスターをベースに製作されたクーペボディの初代ケイマンを2006年にラインナップし、ポルシェのエントリーラインを充実。

 

3代目として2012年に登場した現行モデルの981型は2016年のマイナーチェンジにあわせ、ボクスターとケイマンをポルシェ「718シリーズ」として統一し、エンジンもそれまでの水平対向6気筒自然吸気から、水平対向4気筒のターボチャージャーつきに変更。

 

同時に、ボクスターからケイマンが製作された経緯からコストがかかるオープンカーが安くなっていた価格設定を見直し、ケイマンのほうが低価格とされました。

 

「ポルシェ 718」の名前は、1958年のル・マン24時間レースでクラス優勝をはたしたレースマシンに由来しています。

 

ハイパフォーマンスモデルとなるボクスタースパイダーは、2代目と3代目前期モデルで設定され、ハイスペックなエンジンと軽量な車体によりピュアな走りを楽しむことができるモデルとなっています。 


新型718スパイダーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。