車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ブガッティ新型シロン最新情報】スポーツ追加!スペックや燃費、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082709.jpg

ブガッティが、ハイパーカー「シロン」の新モデルを発表しました。

 

さらなる速さを追求するブガッティ新型シロンについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】ブガッティ新型シロン・スポーツ発表!

▼ブガッティ新型シロン・スポーツの画像

f:id:carislife:20180313090831j:plain

ブガッティは、「シロン」の新しいモデルとなる「シロンスポーツ」を正式発表しました。

 

ブガッティ・シロンは、その性能で大きな話題になった「ヴェイロン」の後継モデルとして登場したハイパーカーで、世界トップクラスのハイパワーを持つモデルになっています。

 

新型シロンスポーツでは、その走りをアップするために新しいカーボンパーツなどが採用されています。

 

▼ブガッティ新型シロン・スポーツの動画 

 

ブガッティ新型シロンの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ブガッティ新型シロンの特徴

  • ハンドリング性能を高めた新モデル「シロン・スポーツ」を設定
  • W型16気筒クアッドターボエンジンにより、1500馬力を出力
  • 400km/hを超える最高速度を実現

▼ブガッティ新型シロンの動画

 

ブガッティ新型シロンの外装(エクステリア)デザイン

▼ブガッティ・シロン(ベースモデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082712.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082716.jpg

ブガッティ・シロンの外装は、ブランドデザインの馬てい形フロントグリルを中心に、戦前の名モデルから続く機能的なデザインとされています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082724.jpg

世界トップクラスのパワーを出力するW型16気筒エンジンを冷却するため、外装は抵抗を減らしながら、積極的に空気を取り入れることが可能とされました。

 

フロントディフューザーとリアデュフューザーには油圧フラップが搭載され、エアブレーキ機能などのアクティブエアロダイナミクスが受けられるようになっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082713.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082726.jpg

また、高い速度から減速する大きなストッピングパワーを発揮するため、チタンピストンを採用したフロント8ピストン、リア6ピストンキャリパーに、前モデルとなるヴェイロンより大型のセラミックカーボンブレーキディスクを組み合わせています。

 

▼ブガッティ・シロンスポーツ

f:id:carislife:20180313090846j:plain

f:id:carislife:20180313090834j:plain

新モデルとして発表されたシロンスポーツは、ベースモデルからカーボン製パーツを増やすことで軽量化。

 

f:id:carislife:20180313092857j:plain

装備されるカーボンパーツはスタビライザーやインタークーラーカバーのほか、カーボン製のワイパーを新設計。

 

カーボンワイパーは、ジョイント機能を不要とすることで1.4kgの軽量化が可能となり、形状を最適化することで空力性能も向上しています。

 

f:id:carislife:20180313092900j:plain

f:id:carislife:20180313095703j:plain

その他、さらに軽くなったホイールやエキゾースト・ディフレクターも採用され、シロンスポーツは全体で18kg軽くなっています。

 

ブガッティ新型シロンのボディサイズは?

f:id:carislife:20180313090843j:plain

▼ブガッティ新型シロンのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4544×2038×1212mm
  • ホイールベース:2711mm
  • 車重:1995kg(シロンスポーツは1977kg)
  • タイヤサイズ
    ミシュラン製フロント285/30R20、リア355/25R21
  • 乗員:2人乗り
  • 参考
    ・ブガッティ・ヴェイロン
     全長×全幅×全高:4462×1998×1206mm
     ホイールベース:2710mm
     車両重量:1888kg

ブガッティ新型シロンのボディサイズは、前モデルのヴェイロンから全長+82mm、全幅+40mmと大きくなり、高速度でも高い安定性を発揮することができるようになっています。

 

車重は100kg以上ヴェイロンより増加していますが、シャシー単体では16kg軽量とされ、ル・マン24時間レースなどでトップカテゴリとなるLMP1レースカーと同等のねじれ剛性と曲げ剛性を実現するフルカーボン構造シャシーが採用されています。

 

ブガッティ・シロンのボディサイズを参考に国産スポーツカーとして人気のスバルWRX STIと比較すると、全長はシロンが-51mmと小さいものの、ホイールベースは+61mm、全幅は2mを超えることで+243mmにもなっており、独特なボディスタイルになっています。

 

▼参考:スバル WRX STI

  • 全長×全幅×全高:4595×1795×1465mm
  • ホイールベース:2650mm

 

ブガッティ新型シロンの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082718.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082721.jpg

ブガッティ新型シロンの内装は、最上級スポーツモデルとして伝統と質感の高さが感じられる仕上がりになっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082711.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082714.jpg

インテリアの仕上げはオーナーのさまざまなオーダーに対応し、高いパフォーマンスを最大限味わうことができるようにつくられたコクピットを飾ります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082720.jpg

ブガッティ・シロンのラゲッジスペースは、車体後部に大型のエンジンを搭載していることでフロントフード下に設けられ、バッグなどを収納できるようになっています。

 

▼ブガッティ・シロンスポーツ

f:id:carislife:20180313095706j:plain

f:id:carislife:20180313095711j:plain

f:id:carislife:20180313095714j:plain

上位モデルとなるシロンスポーツでは、独自のカラーリングやアクセントパーツが採用され、ベースモデルとは違う雰囲気でさらに走りに集中することができるようになっています。

 

ブガッティ新型シロンのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180313101610j:plain

▼ブガッティ新型シロンのエンジンとスペック

  • エンジン:W型16気筒8Lクワッドターボ
  • 最高出力:1500ps/6700rpm
  • 最大トルク:163.2kgm/2000-6000rpm
  • トランスミッション:新開発7速デュアルクラッチ
  • 駆動:4WD

ブガッティ・シロンには、1500馬力もの出力を発揮するW型16気筒8Lクワッドターボエンジンが搭載されています。

 

▼ブガッティ製W型16気筒クワッドターボエンジン

Volkswagen W16.jpg

W型エンジンは、V型エンジンを2つ組み合わせたような形状とすることでシリンダーが4列に並び、エンジンサイズを抑えることができるようになっています。

 

ブガッティ・シロンでは、シリンダー列ごとにターボを組み合わせ、4つのターボにより空気をエンジン内に過給。

 

このパワートレインは前モデルのヴェイロンにも使用されていましたが、改良により出力を大幅に向上。

 

新型ブガッティ・シロンには、ハイパワーエンジンが発するすさまじい熱を冷却するため、15台ものラジエーターが搭載されています。

  

▼参考:ブガッティ・ヴェイロンのスペック

  • ヴェイロン:1001ps/127.5kgm
  • ヴェイロンスーパースポーツ:1200ps/153kgm

新モデルのシロン・スポーツでは、エンジン性能は維持されますが、ベースモデルからサスペンションとダンパーが強化され10%ほどレスポンスをアップ。

 

イタリアのナルド・サーキットでは、シロン・スポーツはシロンに対して5秒ラップタイムを短縮したとされています。

 

ブガッティ新型シロンの走行性能は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082708.jpg

▼ブガッティ新型シロンの走行性能

  • 0-100km/h加速:2.5秒未満
  • 0-200km/h加速:6.5秒未満
  • 0-300km/h加速:13.6秒以下
  • 0-400km/h:42秒
  • 最高速度:420km/h

ブガッティ新型シロンは、高出力エンジンと高性能4WDシステム、7速デュアルクラッチトランスミッションの組み合わせにより、100km/hまで2.5秒で加速できる走行性能をもっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082723.jpg

最高速度は420km/hと発表されていますが、ブガッティは「さらなる速度に耐えるタイヤがあれば480km/h以上も可能」としています。

 

ブガッティ・シロンで最高速度アタックを行うには、通常のキーの他に用意される2つ目の「Speed Key」を差し込み「Top Speed」モードを選択することで、はじめてすべてのパワーを使うことができるようになっています。

 

また、最高速度のアタック後はタイヤ、ホイール、車両内の全オイル交換(エンジンオイルのみで23L)が必要となり、タイヤは1セット250万円以上の価格で販売されています。

 

ブガッティ新型シロンの走りを試乗動画でチェック!

ブガッティ新型シロンは、そのハイパワーが注目され、多数の試乗動画が公開されています。

 

圧倒的走行パフォーマンスが評判になっています。

 

  

ブガッティ新型シロンの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ブガッティ新型シロンの燃費(米国値)

  • 市街地:9mpg(約3.8km/L)
  • ハイウェイ:14mpg(約5.9km/L)
  • 複合:11mpg(約4.6km/L)

ブガッティ新型シロンの燃費は米国検査値が発表されており、複合燃費で約4.6km/Lとなっています。

 

ハイパワーを発揮することが最重要のため良好な燃費値とは言えませんが、前モデルのヴェイロンの複合燃費値10mpg(約4.3km/L)から若干改善された数値になっています。

  

ブガッティ新型シロンの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ブガッティ新型シロンの価格

  • シロン(ベースモデル):約260万ドル(約2億8000万円)
  • シロンスポーツ:約326万ドル(約3億5000万円)

ブガッティ新型シロンの価格は、日本円で約2億8000万円からに設定されています。

 

新モデルとなるシロンスポーツは約3億5000万円と発表され、シロンの最上級モデルになりました。

 

この価格は、前モデルのヴェイロンの価格約1億8000万円から2倍以上の設定になっています。 

 

ブガッティ新型シロンの限定台数、納車時期は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ブガッティ新型シロンは、450台が製造されたヴェイロンより多い、シリーズ合計500台が限定販売されます。

 

その多くの車両のオーナーはすでに決まっており、完売まで10年がかかったヴェイロンより順調に販売が推移していることが発表されています。

 

オーダーから納車までは、フルオーダーメイドになることから最短で9ヶ月、長ければ1年以上の期間がかかるとされています。

 

ブガッティとシロンを「おさらい」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160301/20160301082712.jpg

ブガッティ・オトモビル(Bugatti Automobiles)は、フランスに本社を置く超高級自動車メーカーです。

 

ブガッティの創始者エットーレ・ブガッティはイタリア・ミラノに生まれ、若くして自動車エンジンの設計に携わり、1909年に自動車会社を設立。

 

自動車の設計も開始し、高級市販車とレースでの活躍により知名度を高めました。

 

その後、飛行機用エンジンの製造を手がけたことからフランスメーカーに吸収され、ブランドは1987年にイタリア人実業家にわたったあと、1998年に現在の親会社であるフォルクスワーゲン傘下になりました。

  

ハイパーカーのブガッティ・シロン(Chiron)は、ブガッティの復活モデルとして2005年から販売されていたヴェイロン完売の翌年となる2016年に登場。

  

▼ブガッティ・ヴェイロン

2億円!ブガッティ ヴェイロン450台が売切れ!最終モデル ラ・フィナーレ

 

「シロン」の車名の由来は、かつてブガッティ車で活躍したレーシング・ドライバー「ルイ・シロン(Louis Chiron)」になっています。

 

搭載するエンジンはヴェイロンと同じW型16気筒8Lエンジンとなっていますが、ヴェイロンの上位モデル「スーパースポーツ」から300馬力パワーを向上し、最適化されたシャシーにより新世代の性能を持つモデルになっています。

 

新型ブガッティ・シロンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。