New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型ノア】267万円!「3ナンバー化!」1月13日フルモデルチェンジ発売!90系最新情報、ハイブリッド4WD、サイズ、燃費、価格は?

f:id:carislife:20220113144157j:plain

トヨタが、ミニバン「ノア」のフルモデルチェンジ発売を発表しました。

 

新世代となり魅力をアップしたトヨタ新型ノアについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新技術満載!「新型ノア」フルモデルチェンジ発売!

▼新型ノア(ベースモデル)の画像

f:id:carislife:20220113133609j:plain

▼新型ノア(エアロモデル)の画像

f:id:carislife:20220113133504j:plain

トヨタが、ミニバン「ノア」のフルモデルチェンジ発売を発表しました。

 

トヨタ・ノアは、ブランドのミドルクラスとしてラインナップされ、「ヴォクシー」、と基礎を共有した主力ミニバンとなっています。

 

フルモデルチェンジし90系となった新世代モデルでは、標準デザインとエアロ仕様を設定する「ノア」と、エアロ仕様のみとされる「ヴォクシー」をラインナップ。

 

▼新型ノアの画像

f:id:carislife:20220113133622j:plain

トヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」を採用しボディをこれまでの5ナンバーサイズから3ナンバーサイズに拡大したほか、最新のハイブリッドパワートレインを搭載。ハイブリッド4WD「E-four」も新設定することで、使い勝手や燃費性能をアップ。

 

f:id:carislife:20220113133637j:plain

また、装備には8インチディスプレイオーディオのほか、10.5インチディスプレイオーディオを設定。

 

エアロ仕様最上位グレード「S-Z」では、「快適パッケージHi(ハイ)」として、室外サイドスイッチ付パワーバックドアや7人乗りキャプテンシートも選択できるように。

 

f:id:carislife:20220113133657j:plain

安全装備には、ハンズオフドライブが可能となる「アドバンスドドライブ(渋滞時支援)」のほか、スマートフォンを使って駐車操作が可能となる「アドバンストパーク(リモート機能付)」をトヨタ初採用することで使い勝手が高められています。

 

新型ノアは2022年1月13日に発売。価格は267万円~389万円となっています。

 

▼新型ノア・ヴォクシーの動画

▼トヨタ・ヴォクシー

【トヨタ新型ヴォクシー最新情報】フルモデルチェンジ!価格、サイズ、ハイブリッド燃費は?

 

トヨタ新型ノアの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型ノアの変更点

  • TNGAプラットフォームを採用し、ボディサイズを3ナンバーに拡大
  • ハイブリッド車に4WD「E-Four」を新設定し、アクセル操作による減速に対応
  • 電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能を標準装備
  • ハイブリッド車にAC100V/1500W外部給電機能を採用
  • 安全システムに、ハンズオフドライブが可能となる「アドバンスドドライブ(渋滞時支援)」のほか、「アドバンストパーク(リモート機能付)」、「プロアクティブドライビングアシスト」、「降車アシスト付きブラインドスポット警告」を装備
  • 10.5インチディスプレイオーディオを設定
  • 14インチリアエンターテイメントディスプレイを設定
  • 開閉位置を調整できる「フリーストップバックドア」を世界初採用
  • 最上位グレード「S-Z」に、パワーバックドア、オットマン&ヒーター付き7人乗りキャプテンシートをオプション設定
  • 兄弟車「エスクァイア」を廃止

 

267万円から!トヨタ新型ノアのグレード、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼トヨタ新型ノアのグレード・価格

▽ガソリン(駆動方式 FF or 4WD)

  • 【標準仕様】
    ・X(7人乗り or 8人乗り)
     FF:267万円、4WD:286万8000円
    ・G(7人乗り or 8人乗り)
     FF:297万円、4WD:316万8000円
    ・Z(7人乗り)
     FF:324万円、4WD:343万8000円
    【エアロ仕様】
    ・S-G(7人乗り or 8人乗り)
     FF:304万円、4WD:323万8000円
    ・S-Z(7人乗り)
     FF:332万円、4WD:351万8000円

▽ノアハイブリッド(駆動方式 FF or 4WD「E-Four」)

  • 【標準仕様】
    ・X(7人乗り or FF車のみ8人乗りも設定)
     FF:305万円、E-four:327万円
    ・G(7人乗り or FF車のみ8人乗りも設定)
     FF:332万円、E-four:354万円
    ・Z(7人乗り)
     FF:359万円、E-four:381万円
    【エアロ仕様】
    ・S-G(7人乗り or FF車のみ8人乗りも設定)
     FF:339万円、E-four:361万円
    ・S-Z(7人乗り)
     FF:367万円、E-four:389万円

▼装備

  • 8インチディスプレイオーディオ
    (Xグレードのみにレスオプションを設定)
  • 10.5インチディスプレイオーディオ(オプション)
  • 14インチリアディスプレイ(オプション)
  • 16インチホイール
  • 17インチホイール(S-Zグレードのみ標準)
  • AC100V/1500Wアクセサリーコンセント
    (ハイブリッド車にオプション、S-Zハイブリッドに標準)
  • 格納式ステップ(オプション)
  • 電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド
  • アドバンスドドライブ
  • アドバンスドパーク
  • パノラミックビューモニター
  • 【ドライビングサポートパッケージ】(オプション)
    ・カラーヘッドアップディスプレイ
    ・デジタルインナーミラー
  • 【快適パッケージMiddle】(オプション)
    ・ハンズフリースライドドア
    ・ナノイー
    ・フロントシートヒーター
  • 【快適パッケージHi】(S-Zのみオプション)
    ・パワーバックドア(室外サイドスイッチ付)
    ・ステアリングヒーター
    ・オットマン&ヒーター付き7人乗りキャプテンシート

トヨタ新型ノアのグレードは、「エアロ仕様」のみが設定される兄弟車の「ヴォクシー」と差別化され、「標準仕様」と「エアロ仕様」の2タイプを設定。「エアロ仕様」の価格はヴォクシーから「S-G」グレードで5万円、「S-Z」グレードで7万円低価格になっています。

 

駆動方式はガソリンとハイブリッドともにFFと4WDが設定されていますが、ハイブリッド4WD車では7人乗りのみをラインナップ。

 

装備では、エアロ仕様最上位の「S-Z」グレードでのみ「快適パッケージHi」オプションが選択でき、室外サイドスイッチ付パワーバックドア、7人乗りキャプテンシートなどを利用できるようになっています。

 

▼参考:トヨタ・ノアの価格(前モデル)

  • HYBRID Si(7人乗り/FF):3,347,300円
  • HYBRID G(7人乗り/FF):3,218,600円
  • HYBRID X(7人乗り/FF):3,059,100円
  • Si
    FF:7人乗り 2,844,600円、8人乗り 2,813,800円
  • G
    FF:7人乗り 2,855,600円、8人乗り 2,824,800円
  • X
    FF:7人乗り 2,587,200円、8人乗り 2,556,400円
  • Si“GR SPORT”:3,306,600円

 

新型ノアを動画でチェック!

 

力強く!トヨタ新型ノアの外装(エクステリア)デザイン

▼新型ノア(ベースモデル)の画像

f:id:carislife:20220113133609j:plain

▼参考:ノア(前ベースモデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703150114.jpg

トヨタ新型ノアの外装は、最新のデザインを採用することにより質感がアップされています。

 

フロントは、前モデルのイメージを引き継ぎながら、より押し出し感を強調。

 

▼新型ノア(エアロモデル)の画像

f:id:carislife:20220113133744j:plain

▼参考:ノア(前エアロモデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703150059.jpg

また、前モデルと同じく標準仕様のほか、よりアグレッシブなデザインとしたエアロ仕様を設定。

f:id:carislife:20220113133733j:plain

リアはこれまでよりスクエアな形状とし、アクセントラインをプラスすることで引き締まったスタイルに。

 

f:id:carislife:20220113144513j:plain

バックドアには、任意の角度で保持できる「フリーストップバックドア」を世界初採用し、バックドアを押すことで、“からくり”を使って任意の角度で停止可能とし使い勝手を向上。

 

パワーバックドア装着車は、両サイドのリヤクォーターパネルにあるパワーバックドアスイッチで開閉操作が可能となっています。

 

f:id:carislife:20220113140107j:plain

f:id:carislife:20220113140215j:plain

またスライドドアには、ロングアシストグリップを左右のBピラーに標準装備したほか、パワースライドドア装着車には、からくり機構で機械的にドア下部からステップを展開・格納する「ユニバーサルステップ」をオプション(3万3000円)設定。

 

ドアの動きと機械的に連動することによりモーターを省略し、部品点数を減らすとともに低価格化。ステップ高も2WD車で200mm、4WD車で225mmとされています。

 

全7色!新型ノアのボディカラーは?

f:id:carislife:20220113145405j:plain

▼新型ノアのボディカラー

  • ホワイトパールクリスタルシャイン(有料色)
  • メタルストリームメタリック
  • アティチュードブラックマイカ
  • スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(有料色)
  • グリッターブラックガラスフレーク(エアロ仕様のみ/有料色)
  • レッドマイカメタリック(エアロ仕様のみ)
  • スティールブロンドメタリック(標準仕様のみ)

新型ノアのボディカラーには全7色がラインナップされています。

 

新色の「グリッターブラックガラスフレーク」、「レッドマイカメタリック」はエアロ仕様のみで選択できるようになっています。

 

3ナンバー化!トヨタ新型ノアのボディサイズは?

f:id:carislife:20220113133826j:plain

▼トヨタ新型ノアのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4695×1730×1895mm
  • ホイールベース:2850mm
  • 最小回転半径:5.5m
  • ※参考
    ▽トヨタ ノア(前モデル)
    ・全長×全幅×全高
     標準仕様:4695×1695×1825mm(4WDは全高1865mm)
     エアロ仕様(ノアSi):4710×1735×1825mm
    ・ホイールベース:2850mm
    ▽トヨタ アルファード
     全長×全幅×全高:4950×1850×1950mm
     ホイールベース:3000mm

トヨタ新型ノアのボディサイズは、全幅を1700mm以上とすることで3ナンバーサイズとされています。

 

前モデルは、標準仕様で5ナンバー、エアロ仕様で3ナンバーサイズとされていましたが、新型ノアでは最新プラットフォーム「TNGA」を採用し、先にフルモデルチェンジされ3ナンバーサイズとなっている「カローラ」シリーズと同じく全幅を拡大。

 

しかし、フラッグシップミニバンの「アルファード」から全長と全幅を抑えることで最小回転半径は前モデルから維持され、使い勝手と広い室内空間が両立されています。

 

最新装備!トヨタ新型ノアの内装(インテリア)デザイン

▼新型ノアの画像

f:id:carislife:20220113133622j:plain

トヨタ新型ノアの内装は、最新の装備を採用することにより、使い勝手がアップされています。

 

f:id:carislife:20220113133637j:plain

インフォテインメントシステムには、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応する8インチディスプレイオーディオを標準採用し、HTMI端子やTVチューナーなどを備える大型の10.5インチディスプレイオーディオや車内Wi-Fi、スマートフォンを利用するデジタルキーをオプション設定。

 

無線通信または販売店での有線接続により、常に最新のソフトウェアに更新可能な「ソフトウェアアップデート」にも対応。

 

装備には、「ドライビングサポートパッケージ」として、カラーヘッドアップディスプレイやデジタルインナーミラーを採用することで、運転のしやすさをアップ。

 

f:id:carislife:20220113144425j:plain

リアシート用として、これまでより大型化した14インチリアエンターテイメントディスプレイも設定。

 

f:id:carislife:20220113144822j:plain

f:id:carislife:20220113133858j:plain

f:id:carislife:20220113135552j:plain

室内空間は、左右のCピラー間距離1295mm(従来比+75mm)と、左右方向に拡大。

 

室内高でも、セカンドシートの高さを地面から20mmアップしつつ、室内高1405mmと5mm拡大。シャークアンテナの50mmを含む全高の70mm拡大が室内高拡大に貢献しています。

 

f:id:carislife:20220113135547j:plain

2列目シートでは、キャプテンシートの7人乗りの場合で745mmのロングスライドを実現。

 

最上位グレードの「S-Z」には「快適パッケージHi」がオプション設定され、室外サイドスイッチ付のパワーバックドアやオットマン&ヒーター付き7人乗りキャプテンシートも利用できるようになっています。

 

f:id:carislife:20220113135550j:plain

8人乗りのセカンドシートでは、3人掛けベンチシートタイプの6:4分割チップアップシートを採用。705mmのロングスライドが可能に。

 

ラゲッジスペースには、大容量104Lのスーパーラゲージボックスを採用し、高さのあるものやスーツケースなどの収納に便利な床下収納スペースが確保されています。

 

▼新型ノアのインテリアトリム

  • 「X」グレード
    ダークグレー内装&ファブリックシート
  • 「G」グレード
    ブラック内装&上級ファブリックシート
  • 「Z」グレード
    ブラック or ダークブラウン内装&合皮コンビシート
  • 「S-G」グレード
    エアロ仕様専用ブラック内装&ファブリックシート
  • 「S-Z」グレード
    エアロ仕様専用ブラック内装&上級合皮コンビシート

 

新型ノアをカスタム!モデリスタ&GRパーツも設定!

▼モデリスタ「エアロパーツセット」装着車

f:id:carislife:20220113150831j:plain

新型ノアには、モデリスタから専用のカスタムパーツが設定されています。

 

▼モデリスタ「クールシャインキット」装着車

f:id:carislife:20220113150833j:plain

カスタムパーツには、「エアロパーツセット」と「クールシャインキット」の2タイプが設定され、個性をアップすることができるようになっています。

 

ハイブリッド4WDも!新型ノアのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20220113133920j:plain

▼トヨタ新型ノアのパワートレインとスペック

  • 【ガソリン】
    直列4気筒2Lガソリン「Dynamic Force Engine」
    出力:169ps/20.9kgm
    トランスミッション:発進ギヤ付きCVT「Direct Shift-CVT」
  • 【ハイブリッド】
    直列4気筒1.8L+電気モーター
    エンジン出力:98ps/14.5kgm
    フロントモーター出力:95ps/18.9kgm
    リアモーター出力(4WD車のみ):41ps/8.6kgm
  • 駆動方式:FF or 4WD【ハイブリッドに新設定】

トヨタ新型ノアのパワートレインには、「TNGA」パワートレインとして開発された最新の2Lガソリンと1.8Lハイブリッドが搭載されています。

 

▼「Dynamic Force Engine(2.0L)」の技術解説動画

2Lエンジンは、高速燃焼技術、可変制御システムの採用のほか、排気・冷却・機械作動時などの様々なエネルギーロスを少なくして熱効率を向上させるとともに高出力を実現。

 

世界トップレベルとなる熱効率41%を達成し、従来型エンジンに比べて、低回転から高回転まで全域でトルクアップをしています。

 

f:id:carislife:20220113140500j:plain

ハイブリッド車は、これまでハイブリッドシステムに「THS(Toyota Hybrid System)」の名称が使用されていましたが、新世代モデルでは「THS」が1世代進化した第5世代となったことから、一般的なハイブリッド機構を現わす「シリーズパラレルハイブリッド」に名称を変更。

 

リダクションギヤ部分をコンパクト化し、高密度電池セルを採用したほか、出力をアップしたフロントとリアモーターを採用。

 

リアモーターはアシストを100km/h以上の領域まで可能とすることで、より積極的に機能するようになっています。

  

23.6km/L!トヨタ新型ノアの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型ノアの燃費(WLTCモード値)

  • ノア(ガソリン):15.0km/L
  • ノアハイブリッド
    FF:23.6km/L、4WD:22.0km/L

トヨタ新型ノアの燃費は、新世代のパワートレインにより大幅に改善しています。

 

前モデルはハイブリッド車で19.8km/Lとなっていましたが、新型ノアハイブリッドでは23.6km/Lまで燃費をアップすることで、使いやすさが高められています。

 

▼参考:トヨタ・ノアの燃費(前モデル)

  • ノア(2Lガソリン):13.6km/L
  • ノアハイブリッド:19.8km/L
    ※WLTCモード値

 

新機能!トヨタ新型ノアの安全装備は?

▼新型ノアと前モデルの安全機能比較

f:id:carislife:20220113142040j:plain

新型ノアの安全装備には、最新の「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が装備されています。

 

▼プロアクティブドライビングアシスト

f:id:carislife:20211021063041j:plain

搭載されるシステムは、トヨタ初となる「プロアクティブドライビングアシスト機能」に加え、高度運転支援技術「トヨタチームメイト」の「アドバンストドライブ(渋滞時支援)」をトヨタ初採用。

 

「プロアクティブドライビングアシスト機能」では、これまでの安全システムより早く歩行者の横断などの危険性を検知し、事前にステアリングやブレーキなどにより運転を支援。

 

f:id:carislife:20220113142030j:plain

「アドバンスドドライブ(渋滞時支援)」は、0~40km/hにおける渋滞時のレーダークルーズコントロールおよびレーントレーシングアシスト作動中に、ドライバーモニタリングカメラによりドライバーが前を向いていることが確認されるなど一定条件を満たすとシステムが作動。

 

自動追従走行、3分間の停止機能、ステアリングのハンズオフドライブなど、高度な支援機能が可能とされています。

 

f:id:carislife:20220113133657j:plain

また、高度な機能を活かして、スマートフォンを使っての「アドバンストパーク(リモート機能付)」にも対応。

 

「アドバンストパーク(リモート機能付)」では、バック駐車に加え前向き駐車も可能とされ、トヨタ初採用となっています。

 

いつ?トヨタ新型ノアの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジしたトヨタ新型ノアは、前モデルの新規受注を2021年9月末に停止、新世代モデルは2022年1月13日に発売されました。

 

トヨタはノアと兄弟車のヴォクシーを新世代とすることで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

  

トヨタ・ノアを「おさらい」

▼トヨタ・ノア(初代)

2001-2004 Toyota Noah.jpg

トヨタ・ノア (NOAH) は、初代が2001年に登場したミドルクラスミニバンです。

 

ノアの車名の由来は「優しい語感がある英語の人名」となっており、「”ノアの方舟”をイメージしたものではない」とされていますが、TVCMでは「夢を、運ぶね」と言うキャッチコピーが使用されたこともあります。

 

初代は商用車「タウンエース」をベースとしたワゴン「タウンエースノア」の後継車として企画され、前モデルで後輪駆動だった駆動方式を前輪駆動とすることで低床化、両側スライドドアを採用するなど、ミニバンとしての使い勝手がアップされました。

 

「タウンエースノア」と同時期に販売されていた兄弟車「ライトエースノア」も、「ノア」の登場にあわせ兄弟車の「ヴォクシー」に切り替えられました。

 

▼トヨタ・ノア(2代目)

2nd generation Toyota Noah.jpg

2007年登場の2代目まではノアがトヨタカローラ店、ヴォクシーがネッツ店で販売されていましたが、2014年に登場した前モデルの3代目ではトヨタ店とトヨペット店向けとして上級装備を採用した兄弟車「エスクァイア」がラインナップされ、実質的な全店併売車種となっています。

  

3代目では「プリウス」からくる電動システムに2Lエンジンを組み合わせた「ノアハイブリッド」も新設定されたことからコンパクトカーを凌ぐほどの販売台数を記録し、ライバルであるホンダ・ステップワゴン、日産セレナにも影響を与えました。

 

新型トヨタ・ノアについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。