車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【トヨタ新型エスクァイア最新情報】2019年1月7日マイナーチェンジ発売!価格、サイズ、ハイブリッド燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703150122.jpg

トヨタが「エスクァイア」のマイナーチェンジを予定しています。

 

改良により魅力をアップするトヨタ新型エスクァイアについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】トヨタ新型エスクァイアにマイナーチェンジへ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180604/20180604100352.jpg

トヨタがエスクァイアのマイナーチェンジを計画しています。

 

トヨタ・エスクァイアは、ブランドのミドルクラスとしてラインナップされ、ノア、ヴォクシーと基礎を共有した主力ミニバンとなっています。

 

マイナーチェンジする新型エスクァイアでは、安全装備を新設定し魅力をアップします。

 

トヨタ新型エスクァイアの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型エスクァイアの変更点

  • 安全装備にインテリジェントクリアランスソナーを設定し、機能を充実

 

トヨタ新型エスクァイアの外装(エクステリア)デザイン

▼トヨタ・エスクァイア(ベースモデル) 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703150126.jpg

トヨタ新型エスクァイアの外装は、兄弟車のノア、ヴォクシーより上級を意識したデザインとされています。

 

兄弟車のノアとヴォクシーに設定されているエアロ仕様の3ナンバーボディは用意されていませんが、ベースモデルから存在感があるスタイルが追求されています。 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703150131.jpg

リアにもフロントとイメージをあわせたワイドなアクセントを装備することで、上質なリアビューがつくられています。

 

トヨタ新型エスクァイアのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180604/20180604100843.jpg

トヨタ新型エスクァイアのボディは5ナンバーサイズとされ、ノアとヴォクシーに用意されているエアロ仕様3ナンバーボディは未設定となっています。

 

エスクァイアではベースモデルを上級車として制作することで、使い勝手も両立した5ナンバープレミアムミニバンに仕上げられています。

 

▼トヨタ新型エスクァイアのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高
    標準仕様:4695×1695×1825mm(4WDは全高1865mm)
    ※参考
     ノア&ヴォクシーエアロ仕様:4710×1735×1825mm
  • 車重
    ハイブリッド
    ・標準仕様(FF):1610kg
    ガソリン
    ・標準仕様:FF 1570kg、4WD 1650kg

 

トヨタ新型エスクァイアの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180604/20180604101443.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180604/20180604101445.jpg

トヨタ新型エスクァイアの内装は、ノア、ヴォクシーより上級を意識し仕上げられ、さらなる高級感をもったつくりとされています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180604/20180604101449.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180604/20180604101452.jpg

インテリアトリムには、エアコンパネルにピアノブラック塗装、大型オープントレイとドアトリム上部に金属調加飾とステッチを採用。

 

インテリアトリムに触感のいい合成皮革などが採用され、他モデルと差別化されています。

  

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703150053.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170703/20170703150056.jpg

▼トヨタ新型エスクァイアの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:2930×1540×1400mm
  • 乗員:7人乗り or 8人乗り

 

トヨタ新型エスクァイアのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20181023085505j:plain

▼トヨタ新型エスクァイアのパワートレインとスペック

  • 【エスクァイア(ガソリン車)】
    エンジン:直列4気筒2Lガソリン「3ZR-FAE」
    出力:152ps/19.7kgm
    トランスミッション:7速スポーツモード付きCVT
    駆動方式:FF or 4WD
  • 【エスクァイアハイブリッド】
    パワートレイン:直列4気筒1.8Lガソリンエンジン「2ZR-FXE」+電気モーター
    エンジン出力:99ps/14.5kgm
    モーター出力:82ps/21.1kgm
    トランスミッション:電気式無段変速機
    駆動方式:FF

新型エスクァイアのパワートレインには、2Lのガソリンと1.8Lのハイブリッドが設定されています。

 

2Lガソリンエンジンはアイドリングストップ機能を備え、自然吸気エンジンの気持ちのいい加速感と燃費性能を両立。

 

エスクァイアハイブリッドは、電気モーターの低速トルクを使うことで、発進から力強い加速を楽しむことができるようになっています。 

 

トヨタ新型エスクァイアの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型エスクァイアの燃費

  • エスクァイア(2Lガソリン):FF 16.0km/L、4WD 15.0km/L
    「Gi」グレードの4WDモデルのみ14.8km/L
  • エスクァイアハイブリッド:FF 23.8km/L

新型エスクァイアの燃費は、7人乗りと8人乗りが同じ燃費値となっています。

 

ガソリンモデルもしくはハイブリッドで、燃費を気にせず好みのグレードを選択することができるようになっています。

 

トヨタ新型エスクァイアの安全装備は?

f:id:carislife:20181011095619j:plain

新型エスクァイアの安全装備には、トヨタの安全システム「Toyota Safety Sense」が採用されます。

 

トヨタセーフティセンスでは、衝突被害軽減ブレーキの「プリクラッシュセーフティシステム」、車線逸脱を防止する「レーンディパーチャーアラート」、「オートマチックハイビーム」機能を利用することができます。

 

▼インテリジェントクリアランスソナー

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180403/20180403134619.jpg

加えて新型エスクァイアでは、アクセルとブレーキを踏み間違えた時などに、障害物を検知して自動でブレーキをかけるインテリジェントクリアランスソナーが新設定され、安全性が高められます。

 

トヨタ新型エスクァイアの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

トヨタ新型エスクァイアの価格は、安全システムの充実からアップすることになります。

 

価格変更は3万円ほどとされ、ユーザーのニーズに対応することになります。 

  

▼参考:トヨタ・エスクァイアの価格(現行モデル)

  • HYBRID Gi“Premium Package”(7人乗り/FF):3,358,800円
  • HYBRID Gi(7人乗り/FF):3,300,480円
  • HYBRID Xi(7人乗り/FF):3,151,440円
  • Gi“Premium Package”(7人乗り)
    FF:2,980,800円、4WD:3,186,000円
  • Gi
    FF:7人乗り 2,922,480円、8人乗り 2,892,240円
    4WD:7人乗り 3,127,680円、8人乗り 3,097,440円
  • Xi
    FF:7人乗り 2,705,400円、8人乗り 2,675,160円
    4WD:7人乗り 2,910,600円、8人乗り 2,880,360円

 

トヨタ新型エスクァイアの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

トヨタ新型エスクァイアのマイナーチェンジ発売日は、2019年1月7日が予定されています。

 

トヨタはミドルクラスミニバンを改良することで、ユーザーに再度魅力をアピールしたい考えです。

 

▼トヨタ・エスクァイア次期型

【トヨタ新型エスクァイア最新情報】フルモデルチェンジ!発売日や価格、サイズ、ハイブリッド燃費は?

 

トヨタ・エスクァイアを「おさらい」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180604/20180604104026.jpg

トヨタ・エスクァイア (Esquire) は、初代となる現行モデルが2014年に登場したミドルクラスミニバンです。

 

エスクァイアの車名の由来は、英語で「~~様」「~~殿」を意味する「ESQUIRE」からきており、もともとは中世ヨーロッパの従騎士を表した言葉になっています。

 

その語源や意味から、フロントエンブレムには従騎士の盾と矛、紳士の襟元のモチーフが採用されています。

 

5ナンバーミニバンの高い人気から、ノアとヴォクシーが販売されていないトヨタ店とトヨペット店向けとして企画され、3代目ノア、ヴォクシーと同時開発されました。

 

しかし、発表は兄弟車の2モデルから9ヶ月後と期間がとられ、トヨタの販売チャネルの中でも上級車を担当するトヨタ店とトヨペット店にあわせ、高級感を高めた内外装などがアピールされました。

 

ノアとヴォクシーとの違いは、専用デザインや高めの価格設定、3ナンバーエアロ仕様とGRスポーツが設定されていないなど幅広く、5ナンバーボディと質感の高い内装からタクシーとして導入されることも増えています。

 

新型トヨタ・エスクァイアについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!